zuknow learn together

新しい教材を作成

教育心理 人物一問一答

カード 68枚 作成者: Kazuaki Ito (作成日: 2016/06/27)

  • 生理的早産

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生理的早産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトマン

    解説

  • 2

    人間の身体各部の発達は一様でなく、それぞれ独自に速度があることを発達曲線によって示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキャモン

    解説

  • 3

    発達の方向性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェルナー

    解説

  • 4

    境界人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レヴィン

    解説

  • 5

    心理的離乳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホリングワース

    解説

  • 6

    感情の発達:「満足、苦痛、興味」という3つの感情は6ヶ月ころまでにほぼ発達、2-3歳までに基本的な感情が出揃う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルイス

    解説

  • 7

    各発達段階において複数の発達課題を提唱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハヴィガースト

    解説

  • 8

    愛着(アタッチメント)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボウルビィ

    解説

  • 9

    親の養育態度による子どもの性格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモンズ

    解説

  • 10

    ストレインジ・シチュエーション法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エインスワース

    解説

  • 11

    マターナル・デプリベーション(母性的養育の欠如)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボウルビィ

    解説

  • 12

    代理母の実験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーロー

    解説

  • 13

    古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パブロフ

    解説

  • 14

    オペラント条件付け(道具的条件づけ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキナー

    解説

  • 15

    試行錯誤説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーンダイク

    解説

  • 16

    洞察説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケーラー

    解説

  • 17

    サイン・ゲシュタルト説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トールマン

    解説

  • 18

    場の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レヴィン

    解説

    生活空間が未分化な状態から高度に分化していくに従い、個々の事象が新しい視点によって結び付けられる

  • 19

    効果の法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーンダイク

    解説

  • 20

    学習性無力感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セリグマン

    解説

  • 21

    社会的学習理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンデューラ

    解説

    モデリング、観察学習

  • 22

    機能的自律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オルポート

    解説

  • 23

    適正処遇交互作用(ATI)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロンバック

    解説

  • 24

    同一要素説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーンダイク

    解説

  • 25

    形態移調説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケーラー

    解説

  • 26

    一般化説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャッド

    解説

    ある経験を一般的な原理として認識→他の場面に応用したとき転移が起こる

  • 27

    記憶=一種の情報処理過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アトキンソン、シフリン

    解説

  • 28

    自分自身を被験者として、無意味つづりを用いた記憶忘却の実験をした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エビングハウス

    解説

  • 29

    体質によって性格を類型しようとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレッチマー

    解説

    細長型:分裂気質(神経質) 闘士型:粘着気質(義理堅い) 肥満型:躁うつ気質(陽気と陰気)

  • 30

    体型によって人格類型しようとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェルドン

    解説

    内胚葉型、中胚葉型、外胚葉型

  • 31

    価値観よって類型しようとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュプランガー

    解説

  • 32

    5因子論による特性論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッテル

    解説

  • 33

    オルポートの理論をもとに13種類の性格特性を抽出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギルフォード

    解説

  • 34

    4層構造による特性論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイゼンク

    解説

  • 35

    心誌の作成、共通特性・個別特性による特性論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オルポート

    解説

  • 36

    性格=学習を通して習得した習慣の総和

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミラー、ダラード

    解説

  • 37

    ミネソタ多面人格目録(MMPI)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハサウェイ、マッキンレイ

    解説

    精神障害者の性格特徴を基準として作成。性格の中の異常性に着目。合計で550項目からなる質問

  • 38

    モーズレイ性格検査(MPI)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイゼンク

    解説

    60項目の質問に「はい」「いいえ」「?」で答えさせる。内向性・外向性の程度と神経症的傾向を調べることができる

  • 39

    エゴグラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュセイ

    解説

    自我状態を知ることを目的として開発された検査

  • 40

    16PF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッテル

    解説

    性格を16個の因子で分類、それぞれを測定することで性格をとらえる

  • 41

    EPPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドワーズ

    解説

    マレーの社会的欲求の概念に基づき、その顕在性欲求リストを取り入れて作成した検査

  • 42

    主題統覚検査(TAT、CAT)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マレー、モーガン

    解説

    人物を含む漠然とした状況の白黒の絵を見て、それから未来・現在・過去にわたる自由な空想物語を作らせる

  • 43

    P-Fスタディ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローゼンツヴァイク

    解説

    日常生活で体験する欲求不満場面を描いた絵の中で、一方の人物が発した言葉に対して、他方の人が何と答えるか記入させる。

  • 44

    遊戯療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンナ・フロイト、アクスライン

    解説

    遊びの中で自己を表現させるとともに、遊びを通して形成された治療者との人間関係を発展させて問題の解決を目指す

  • 45

    箱庭療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローエンフェルド、カルフ

    解説

  • 46

    心理劇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モレノ

    解説

    舞台の上で自由な筋書きのない即興劇を行わせ、その中で各個人が新しい体験をすることを重視する心理療法

  • 47

    系統的脱感作法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウォルピ

    解説

    不安階層表に従って体を慣れさせ、徐々に不安を克服していく古典的条件付けを応用した技法

  • 48

    合理情動行動療法(論理療法)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリス

    解説

    過去の経験ではなく、本人の現在の非合理的な信念体系に不適応の原因があると考える。合理的な信念体系を身に付けさせることで解決を目指す

  • 49

    自律訓練法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュルツ

    解説

    自己催眠による心身の調節法。自律機能を自己コントロールする力を訓練

  • 50

    ゲシュタルト療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パールズ

    解説

    「今、ここで」の体験と関係の全体性に重点を置き、自己に責任をもつことを重視して、自発的な感情や自己への気づきを喚起しながら自己実現を促進

  • 51

    交流分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーン

    解説

    「今、ここで」の対人関係のありかたの不適切さが不安や神経的症状の原因と考え、対人関係を分析することで自己コントロールを目指す

  • 52

    交流分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーン

    解説

    「今、ここで」の対人関係のありかたの不適切さが不安や神経的症状の原因と考え、対人関係を分析することで自己コントロールを目指す

  • 53

    エンカウンター・グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジャーズ

    解説

    数人から10人程度の参加者とファシリテーターでがっゆくを行い、医師や感情を率直に表明しあうことで、自己成長や対人関係の発展と改善を図る

  • 54

    構成的グループ・エンカウンター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 國分康孝

    解説

    リーダーのインストラクション、実際に体験するエクササイズ、そして感じたことのシェアリングを通して自己理解を深める

  • 55

    指示的カウンセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィリアムソン

    解説

  • 56

    来談者中心カウンセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジャーズ

    解説

  • 57

    折衷的カウンセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーン

    解説

  • 58

    フォーカシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェンドリン

    解説

    静かに心に感じられた「実感」に触れ、それをイメージや言語で象徴化して意味を見出すことにより安心感や解放感を生み出す

  • 59

    ピグマリオン効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローゼンタール

    解説

    教師が、特定の子どもに対して将来成績が伸びる予断をもっていると、その子どもの成績と期待と一致した方向に変化してしまう現象。教師期待効果

  • 60

    知能=「抽象的思考を行いうる能力」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ターマン

    解説

  • 61

    知能=「目的的に行動し、合理的に思考し、環境を効果的に処理する総合的・全体的能力」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェクスラー

    解説

  • 62

    「8つの独立した知能が存在する」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガードナー

    解説

  • 63

    知能=「学習する能力」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディアボーン

    解説

  • 64

    K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カウフマン夫妻

    解説

    子どもの知的能力を、継次処理ー同時処理からなる情報処理様式と知能・技能の習得度という二つの側面から総合的に評価する

  • 65

    2因子説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スピアマン

    解説

    一般因子と特殊因子

  • 66

    多因子説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーストン

    解説

    特殊因子から一般因子の発見へ

  • 67

    立体構造モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギルフォード

    解説

  • 68

    DAM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グッドナフ

    解説

    人物の正面全身像を描かせ知能水準を検査する

57003

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ