zuknow learn together

新しい教材を作成

漢文 限定累加選択抑揚系

カード 21枚 作成者: kaito (作成日: 2016/06/27)

  • 唯だに帰るを忘るるのみならず、以て老を終ふべし

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    唯だに帰るを忘るるのみならず、以て老を終ふべし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただ帰るのを忘れてしまうだけでなく、晩年を送っても良いと思っている

    解説

  • 2

    其の放心を求むるのみ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その失ってしまった心を探し求めるだけだ

    解説

  • 3

    故郷は何ぞ独り長安に在るのみならんや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故郷はどうしてただ長安にあるだけだろうか、いや長安だけではない

    解説

  • 4

    独り賢者のみ是の心有るに非ざるなり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただ賢者だけがこの心を持っているのではない

    解説

  • 5

    豈に唯だに口腹のみ飢渇の害有らんや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どうしてただ口や腹だけに飢渇の害があるだろうか、いや口や腹だけではない

    解説

  • 6

    霜葉は二月の花よりも紅なり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 霜にあたって紅葉した葉は二月の花よりも赤い

    解説

  • 7

    天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天の時は地の有利さには及ばない、また地の有利さは人の和には及ばない

    解説

  • 8

    六国従親して、以て秦を擯くるに若くは莫し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 六つの国が同盟を結んで、秦の国をのけものにするのが一番よい

    解説

  • 9

    民の之に帰すること由ほ水の下に就きて沛然たるがごとし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人民がこれに従う様子は、ちょうど水が下に向かって盛んに流れていくようなものだ

    解説

  • 10

    民の口を防ぐは、水を防ぐよりも甚だし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人民の口をふさぐのは、水をふさぎ止めるよりも難しい

    解説

  • 11

    其の不孫ならんよりは、寧ろ固なれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不遜であるよりは固であるほうがよい

    解説

  • 12

    其の富みて人を畏れんよりは、貧にして屈する無きに若かず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金持ちで人を恐れて暮らすよりは貧しくとも人に屈することなくくらすほうがよい

    解説

  • 13

    時に望みて之を侍するは、時に応じて之を使ふに孰与れぞ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四季の変化をあてにしてこれに従って待っているのと、四季の変化に応じてこれを活用するのではどちらがよいか

    解説

  • 14

    人我を刃せんよりは、寧ろ自刃せん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が私を斬るよりは、自ら命を絶つほうがよい

    解説

  • 15

    其の身に楽しみ有らんよりは、其の心に憂ひ無きに孰与れぞ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身に楽しいことがあるよりは、心に心配がない方が良いのではないか

    解説

  • 16

    天地すら尚ほ久しきに能はず。而るを況んや人に於いてをや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天地でさえも永遠であることは出来ない。まして人間はなおさら永遠ではありえない

    解説

  • 17

    猟較すら猶ほ可なり。而るを況んや其の賜を受くるをや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 獲物の取りくらべでさえもかまわないのだ。まして贈り物を受け取るのはなおさらかまわない

    解説

  • 18

    此の句他人すら尚ほ聞くべからず。況んや僕の心をや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この語句は他人でさえも聞くに耐えないのです。まして私の心はなおさら聞くにたえません

    解説

  • 19

    布衣の交はりすら尚ほ相欺かず。況んや大国をや。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無官の人の交友でさえもだまし合ったりはしない。まして大国同士の交わりならばなおさらだまし合ったりはしないのだ。

    解説

  • 20

    身すら且つ愛せずして、安んぞ能く君を愛せんや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分自身でさえも愛さずに、ましてどうして主君を愛することができようか、いや愛することはできない

    解説

  • 21

    畜の老いたるすら猶ほ之を殺すを憚る。 而るを況や君をや。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家畜の年老いたのでさえも殺すのを嫌がる。まして主君を殺すのであればなおさらいやがる

    解説

56751

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ