zuknow learn together

新しい教材を作成

経済活動と法 一学期末

カード 94枚 作成者: あんち (作成日: 2016/06/27)

  • 法律が権利能力を取得するときは、(①)によって成立した時である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

1学期末

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    法律が権利能力を取得するときは、(①)によって成立した時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①民法やその他の法律

    解説

  • 2

    法人を設立するには(①)の作成や(②)など法律に定める一定の手続きを行うことが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①定款 ②登記

    解説

  • 3

    定款とは 会社を運営するうえで必要な(①)、(②)など(③)を定めたもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ルール ②目的 ③根本基礎

    解説

  • 4

    法人の権利能力と行為能力とは?(①)などに定められて(②)で行うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①定款 ②目的範囲内

    解説

  • 5

    法人の権利能力と行為能力は(①)を営むのに必要な行為や事業に関連する(②)な行為も含む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①個々の事業 ②有益

    解説

  • 6

    一定の目的のために(①)作った法人をなんていうか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人が集まって 社団法人

    解説

  • 7

    一定の目的のために(①)作った法人をなんていうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①運用される財産を基礎として 財団法人

    解説

  • 8

    権利能力のない団体 法人と同じで組織はととのい、活動をしているが(①)をしていないため法人ではない。 例:3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法律上の手続き 同窓会 PTA 町内会

    解説

  • 9

    (①)を目的としない社団・財団のことをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①営利 一般法人

    解説

  • 10

    一般法人の種類2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般社団法人 一般財団法人

    解説

  • 11

    行政庁の(①)を(①)目的事業を行う法人 例:2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公益認定 日本地震学会 日本オリンピック委員会

    解説

  • 12

    会社に入社すると、一般的に(①)保険に加入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①社会

    解説

  • 13

    権利能力の説明

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利・義務の主体

    解説

  • 14

    (①)を目的とする法人であり、(②)に分類される。得た利益を法人の構成員である(③)に分配する。 この法人をなんていうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①営利 ②社団法人 ③社員

    解説

  • 15

    営利法人は(①)より設立される(②)が該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①会社法 ②株式会社

    解説

  • 16

    会社法とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療・福祉・衛生・労働に関する法律

    解説

  • 17

    *さらに分類* 国家や地方公共団体など(①)に基づくものをなんというか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公法 公法人

    解説

  • 18

    民法・(①)など、(②)に基づくものをなんというか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一般法人法 ②私法 私法人

    解説

  • 19

    公法人に分類されるもの3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国 地方公共団体 公共組合

    解説

  • 20

    公共組合の例 2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康保険組合 農業共済組合

    解説

  • 21

    私法人に分類されるもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社団法人 財団法人

    解説

  • 22

    社団法人に分類されるもの3つ 財団法人に分類されるもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社団法人・・・公益法人、営利法人、一般法人 財団法人・・・公益法人、一般法人

    解説

  • 23

    人間のように経済活動を行うために人によって作られた組織のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法人

    解説

  • 24

    法人の機関 活動の基本方針などを決める(①)機関、業務を行う(②)機関、②機関のうち外部に対して法人を代表する(③)機関、監査する(④)機関などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①意思決定 ②業務執行 ③代理 ④監査

    解説

  • 25

    一般社団法人 意思決定機関は(①) 業務執行・代理機関は(②) 監査機関は(③)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①社員総会 ②理事 ③監事

    解説

  • 26

    一般財団法人 意思決定機関は(①) 業務執行・代理機関は(②) 監査機関は(③)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①評議員・評議員会 ②理事・理事会 ③監事

    解説

  • 27

    営利法人 意思決定機関は(①) 業務執行・代理機関は(②) 監査機関は(③)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①株主総会 ②取締役会・代表取締役 ③監査役

    解説

  • 28

    法人名義で(①)や(②)をすることができ、事業のために借り入れをしたり、(③)をすることも認められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①銀行預金 ②不動産登記 ③裁判

    解説

  • 29

    (①)や法人は権利の主体としてさまざまな財産を支配し財産を利用することで社会生活を営んでいる。これらの支配している財産のことを(②)といい、その中心が(③)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自然人 ②権利の客体 ③物

    解説

  • 30

    物とは (①)に役立ち、人間が自由に管理し、(②)することができるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①経済活動 ②取引

    解説

  • 31

    法律上(①)などの形のないものも物として扱われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①電気

    解説

  • 32

    物の種類4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不動産 動産 特定 不特定物

    解説

  • 33

    不動産とは、(①)および①に(②)して付着しているもの 例5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①土地 ②固定 土地・トンネル・橋・建物・石垣

    解説

  • 34

    動産とは、不動産以外のもの 例 4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本・机・米・自転車

    解説

  • 35

    特定とは、物を(①)して取引する場合。例:6丁目12番地の土地

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①指定

    解説

  • 36

    不特定物とは物の(①)や(②)を示して取引する場合。 例:2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米~キロ・ビール~ダース

    解説

  • 37

    物と物の関係には2つある答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主物と従物 元物と果実

    解説

  • 38

    主物:(①)させているもの 従物:補っているもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①付属

    解説

  • 39

    主物が売られる原則として、(②)ことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ②従物も一緒に売られる

    解説

  • 40

    生み出すもの(①) 生み出されたもの(②)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①元物 ②果実

    解説

  • 41

    元物から(①)に生み出されるもの 例3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自然 天然果実 果物、米、牛乳

    解説

  • 42

    元物を他人に使用させその(①)として受け取るもの 例2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①対価 法定果実 地代・利息

    解説

  • 43

    法定果実の対価を受け取る権利者が変わった場合、権利の存続期間は(①)で分配する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①日割り

    解説

  • 44

    債権とは、(①)の人に対して、(②)を求める権利である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①特定 ②一定の行為

    解説

  • 45

    債権の一定の行為とは? 2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売買代金の支払い 品物の引き渡し

    解説

  • 46

    債権のなかの法律用語2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作為 不作為

    解説

  • 47

    作為と不作為の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作為:一定の行為を行うこと 不作為:一定の行為をしないこと

    解説

  • 48

    作為・不作為のことを(①)といい、①しなければならない義務を(②)といい、要求されるものを(③)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①給付 ②債権 ③債権者

    解説

  • 49

    債権者による(①)が約束通りに実現されることを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①給付 履行

    解説

  • 50

    (①)で初めて債権の目的を達成したことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①履行

    解説

  • 51

    物権とはある一定の物を(①)して直接に支配し、利用できることを内容とする権利 権利の客体は(②)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①他人を排除 ②物

    解説

  • 52

    債権とは(①)に対して、一定の行為(②)することを求める権利 権利の客体は(③)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①特定の人 ②給付 ③債務者の給付

    解説

  • 53

    有価証券とは(①)をあらわした証券

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①財産権

    解説

  • 54

    有価証券のうち、一定の債権をあらわしたもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①債権 小切手、手形

    解説

  • 55

    一定の品物に対する権利をあらわしたものは何か?2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸物引換証 船荷証券

    解説

  • 56

    一定の地位をあらわしたもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株券

    解説

  • 57

    有価証券とは別に区分 2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金券 証拠証券

    解説

  • 58

    金券は(①)や(②)などそのもの自体に価値があるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①紙幣 ②郵便切手

    解説

  • 59

    証拠証券とは(①)証明となるもの 例2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法律上 預金証明 保険証明

    解説

  • 60

    財産権とは物を使用・他人に貸すなど(①)を得る権利の事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①経済的利益

    解説

  • 61

    財産権3つの分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物権 債権 知的財産権

    解説

  • 62

    物権とはある一定の物を(①)からの影響や干渉を排除して(②)に支配し、利用できることを内容とする絶対的な権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①他人 ②直接

    解説

  • 63

    物権の種類は(①)によって定められており、(②)で新たに作り出すことはできない。このことをなんていうか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法律 ②契約 特権法定主義

    解説

  • 64

    民法で定められている物権は(①)種類ある。(②)上の物権としては(③)や(④)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10 ②特別法 ③鉱業権 ④漁業権

    解説

  • 65

    所有権とはあるものにたいして「①・②・③」を自由にすることが出来る権利。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①使用 ②収益 ③処分

    解説

  • 66

    収益とは他人に貸して(①)をとること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①賃料

    解説

  • 67

    処分とは(①)を売却する事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①所有物

    解説

  • 68

    法令によって制限があるもの4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相隣関係 公共の福祉 権利の濫用 特別法による制限

    解説

  • 69

    他人が所有する土地を一定の制限内で使用・収益することが内容の(①)をなんていうか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①物権 用益物権

    解説

  • 70

    用益物権4種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地上権 永小作権 地役権 入会権

    解説

  • 71

    地上権とはある目的のために(①)の土地を使用することが出来る権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①他人

    解説

  • 72

    永小作権とは(①)を支払って工作や牧畜のために他人の土地を使用できる権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①小作料

    解説

  • 73

    地役権とは(①)の便益のために他人の土地を利用できる権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自己の土地

    解説

  • 74

    入会権とは(①)にもとづいて農村の人々が他人の土地に入って、(②)や草などをとることが出来る権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①古来の習慣 ②薪

    解説

  • 75

    占有権とは物を事実上自分の支配下においている状態に対してその(①)を問わずとりあえず認める権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①理由

    解説

  • 76

    占有権を侵された場合やそのおそれがある場合に相手に請求できる権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 占有訴権

    解説

  • 77

    傘の所有者Aから占有権のあるBが傘を奪った場合、AはBが持っている傘を奪うことが出来ない。奪われたらBは(①)があり、場合によっては(②)を請求できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①占有訴権 ②損害賠償

    解説

  • 78

    知的財産権の別名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無体財産権

    解説

  • 79

    知的財産権の分類2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業財産権 著作権

    解説

  • 80

    産業財産権のなかの4権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特許権 実用新案権 意匠権 商標権

    解説

  • 81

    著作権の権利は、著作物を(①)に創造した人に与えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①最初

    解説

  • 82

    著作権はプロ、アマチュア、大人、子供すべての人が(①)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①対象

    解説

  • 83

    出願や登録をしなくても(①)を創造した時点で権利が発生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①著作物

    解説

  • 84

    (①)が著作権者となり、原則として創作してから(②)まで。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①創作者 ②死後50年

    解説

  • 85

    著作者が持つ権利は 著作権(①) (②)を保護する権利 一部または全部を他人に(③)あるいは相続することが出来る権利→④

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①財産権 ②財産的な利益 ③譲渡 ④譲渡権

    解説

  • 86

    著作者が持つ権利その2 複製を作る権利 ① ネットワークで発信する権利 ②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①複製権 ②公衆送信権

    解説

  • 87

    著作物が複製可能の場合は私的利用、(①)や(②)、福祉目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公共機関 ②公共図書館

    解説

  • 88

    著作権の(①)を保護する権利を②という。 著作者だけに与えられ、譲渡したり相続したりすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人格的な利益 ②著作人格権

    解説

  • 89

    いつ公表するかを定める権利 ① どのような名前で表示をするかを定める権利 ② 勝手に改変されない権利 ③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公表権 ②氏名表示兼 ③同一性保持権

    解説

  • 90

    著作権の例外として、(①)では有名人の物を使う認められているが、卒業後は利用することが出来ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①教育機関

    解説

  • 91

    新しいもの又は方法の技術面のアイデアのうち高度なもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特許権

    解説

  • 92

    物品の形状、構造などの技術面でのアイデアで早期実施できるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実用新案権

    解説

  • 93

    物品の形状、模様、色彩など、ものの外見としてのデザイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意匠権

    解説

  • 94

    商品やサービスについて自他の識別力を有する文字、図形、記号、立法的形状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商標権

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ