zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ⑬試運転・圧力試験

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • 圧縮機を防振支持したときは、配管を通じて他に振動が伝わることを防止するために、可とう管を挿入する。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

問13

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    圧縮機を防振支持したときは、配管を通じて他に振動が伝わることを防止するために、可とう管を挿入する。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    圧力容器について実施する耐圧試験は、気密試験の前に行う。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    気密試験に圧縮空気を使用する場合は、空気温度は140°C以下とする。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    中大形冷凍装置に冷媒を充てんする場合は、受液器の液出口弁を閉じ、その先の冷媒チャージ弁から蒸気の状態の冷媒を入れる。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    冷凍装置全体の気密試験は、低圧部と高圧部の区別なく、低圧部に対して規定されている試験圧力で試験を行えばよい。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    冷凍装置全体の気密試験を行った後に、装置の気密の最終確認をするために真空放置試験を実施した。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    真空放置試験を実施する場合には、圧縮機軸受が過熱しないように注意して行えば、冷凍装置の圧縮機を用いて実施してもよい。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    冷凍装置に使用する冷凍機油は、圧縮機の種類、冷媒の種類、運転温度条件などによって異なるので、装置のメーカーが指定した油を使用する。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    耐圧試験は、圧縮機、圧力容器、冷媒液ポンプ、潤滑油ポンプなどについて行う。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    気密試験に使用するガスは、一般に乾燥した空気、窒素ガス、二酸化炭素(炭酸ガス)が用いられるが、アンモニア冷凍装置に対しては酸素ガスも使用できる。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    真空放置試験では、冷凍装置内部の乾燥のため、必要に応じて水分の残留しやすい場所を加熱するとよい。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    圧力試験に使用される圧力計の文字板の大きさは、耐圧試験では定められているが、気密試験では定められていない。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    気密試験は、気密の性能を確かめるための試験であり、漏れを確認しやすいように、ガス圧で試験を行う。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    真空試験(真空放置試験)では、真空圧力の測定には連成計が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    冷凍機油および冷媒を充てんするときには、冷凍装置内への水分混入を避けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    冷凍装置の圧縮機に充てんする冷凍機油として、低温用には一般に流動点が高いものを選定する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    冷凍装置の気密試験を実施したとき、加圧終了時刻の外気温度(周囲温度)を記録した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    冷凍装置の真空放置試験を、内圧8kPa(絶対圧力)で実施した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    圧力容器の耐圧試験を、気密試験の後に実施した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    圧力容器の耐圧試験を気体で行う際、圧力計の文字板の大きさが75mmのものを使用した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    耐圧試験は気密試験を実施した後に行う。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    耐圧試験を気体で行う場合は、耐圧試験圧力を設計圧力または許容圧力のいずれか低い圧力の1.25倍以上とする。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    耐圧試験と気密試験に使用する圧力計の最高目盛は、試験圧力の1.25倍以上、2倍以下とする。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    アンモニア冷凍装置の気密試験には、乾燥空気、窒素ガスまたは炭酸ガスが使用できる。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    耐圧試験は、気密試験の前に冷凍装置のすべての部分について行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    真空試験は、気密試験と同様に微少な漏えい箇所を発見するために行う。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    真空試験を行う場合は、気密試験後に行う。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    高速回転で軸受荷重の小さい圧縮機を用いる場合には、一般に、粘度の低い冷凍機油を用いる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    気密試験に空気圧縮機を使用して圧縮空気を供給する場合は、冷凍機油の劣化などに配慮して空気温度は140°C以下とする。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    耐圧試験は、圧縮機、圧力容器、冷媒液ポンプ、潤滑油ポンプなどについて行う。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    真空放置試験では、真空圧力の測定には連成計が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    圧縮機を防振支持したときは、配管を通じて他に振動が伝わることを防止するために、吸込み管と吐出し管に可とう管を挿入する。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ