zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ⑭冷凍装置の運転状態

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • アンモニア冷凍装置の吐出しガス温度は、同じ蒸発と凝縮の温度の運転条件でも、フルオロカーボン冷凍装置の吐出しガス温度より数十°C高くなる。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アンモニア冷凍装置の吐出しガス温度は、同じ蒸発と凝縮の温度の運転条件でも、フルオロカーボン冷凍装置の吐出しガス温度より数十°C高くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    冷凍装置を長期間休止させる場合、低圧側の冷媒を受液器に回収し、空気の侵入を防止するために、低圧側と圧縮機内には、ゲージ圧力で10kPa程度のガス圧力を保持した。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    蒸発器に厚く着霜しても、熱通過率は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    冷凍装置を運転開始するときは、受液器の液出口弁が閉止していることを確認する。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    冷蔵庫に高い温度の品物が入って、蒸発器の負荷が増大すると、温度自動膨張弁の冷媒流量は増大し、蒸発圧力は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    冷蔵庫内の品物が冷えて、蒸発器の負荷が減少すると蒸発圧力が低下し、凝縮負荷は大きくなって凝縮圧力は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    冷蔵庫の蒸発器に厚く着霜すると、霜付きによる熱伝導抵抗が増加し、蒸発器の熱通過率が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    冷蔵庫の蒸発器に厚く着霜すると、蒸発圧力が低下し、膨張弁の冷媒流量が減少するので、蒸発器の冷却能力は減少する。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    冷蔵庫に高温の品物が入り庫内温度が上昇すると、蒸発器における出入口空気の温度差は増加し、また、凝縮圧力も上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    冷蔵庫の蒸発器に厚く着霜すると、空気の流れ抵抗が増加するので風量が減少し、また、蒸発器の熱通過率が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    圧縮機の吐出しガス圧力が高くなれば、蒸発圧力が一定のもとでは、圧力比が大きくなるので圧縮機の体積効率は増大する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    蒸発温度が低くなるほど、冷凍装置の成績係数は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    一定の凝縮圧力のもとでは、圧縮機の吸込み蒸気圧力の低下により、圧力比が大きくなり、冷凍能力は増加する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    アンモニア冷媒の場合は、蒸発と凝縮のそれぞれの温度が同じ運転状態でも、フルオロカーボン冷媒に比べて圧縮機の吐出しガス温度が数十°C高くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    冷蔵庫の冷凍負荷が減少すると、蒸発温度は低下し、圧縮機の吸込み圧力は低下する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    冷凍装置を運転開始するときは、凝縮器の冷却水出入口弁が閉じていることを確認する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    蒸発温度が低くなるほど、圧縮機の吸込み蒸気の比体積は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    横型シェルアンドチューブ凝縮器(開放形冷却塔使用)の運転状態が、冷却水の出入り口温度差は4~6Kで、凝縮温度は冷却水出口温度よりも3~5K高い温度であったので、正常であると判定した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    フルオロカーボン用半密閉圧縮機を使用した冷凍装置で、吐出しガスの温度が150°Cであったので、正常であると判断した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    多気筒圧縮機のクランクケース内の冷凍機油(鉱油)の温度が65°Cであったが、油圧が正常であったので、圧縮機の運転状態は異常なしと判定した。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    冷蔵庫の負荷が増加したとき、冷蔵庫の庫内温度と蒸発温度が上昇し、温度自動膨張弁の冷媒流量が増加するが、蒸発器における空気の出入口の温度差は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    冷蔵庫の蒸発器に厚く着霜すると、空気の流れの抵抗が増加するので、風量が減少し、熱通過率が大きくなり、庫内温度が低下する。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    圧縮機の吐出しガス圧力が高くなると、蒸発圧力が一定ならば、圧縮機の体積効率が低下し、圧縮機駆動の軸動力は増加するが、装置の冷凍能力は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    凝縮圧力が一定の場合、蒸発温度が低くなるほど冷媒循環量が減少し、圧縮機の軸動力の減少割合よりも、冷凍能力の減少割合のほうが大きい。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    冷凍装置の運転開始前には、多気筒圧縮機の吸込み止め弁を全開とし、吐出 し止め弁を全閉として圧縮機を始動する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    冷凍装置の運転開始後には、液管にサイトグラスがある場合に、それにより気泡が発生していないことを確認する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    冷凍装置の停止時には、多気筒圧縮機の停止直後に吸込み止め弁を全閉とし、吸込み圧力を大気圧以下とする。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    冷凍装置の停止時には、油分離器の返油弁を全閉とし、油分離器内の冷媒が圧縮機へ流入しないようにする。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    冷凍装置の運転開始前にはクランクケースヒータの通電を確認するが、これは起動時のオイルフォーミングを防止するために油温を周囲温度以上に維持する必要があるからである。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    より一層省エネルギーの運転をするには、蒸発温度をより高い温度に維持する必要がある。このため、過熱度にかかわらず膨張弁の開度を大きくすればよい。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    圧縮機を運転するとき、蒸発温度が高いほど冷凍能力は大きくなるが、これは蒸発温度が高いほど冷凍効果が著しく大きくなるからである。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    アンモニア冷凍装置の吐出しガス温度は、同じ蒸発と凝縮の温度条件でも、フルオロカーボン冷凍装置の吐出しガス温度より数十°C高くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

56883

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ