zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ⑫圧力容器・機器強度

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • 設計圧力は耐圧試験や気密試験の試験圧力の基準であり、許容圧力は安全装置の作動圧力の基準としている。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    設計圧力は耐圧試験や気密試験の試験圧力の基準であり、許容圧力は安全装置の作動圧力の基準としている。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    圧力容器は、溶接継手の種類に応じて溶接継手の効率が、また、使用材料の種類に応じて腐れしろの値が、冷凍保安規則関係例示基準に定められている。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    内圧の作用する円筒胴圧力容器の胴板に誘起される引張応力は、内圧と円筒胴内径に比例し、円筒胴板厚に反比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    圧力容器の鏡板の必要厚さは、鏡板の形状には関係ない。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    円筒胴圧力容器の胴板に生じる引張応力は、接線方向の引張応力が最大である。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    圧力容器の材料に銅合金を使用したときは、腐れしろを考慮しなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    圧力容器を設計するとき、許容引張応力として、その材料の引張強さと同じ値を用いる。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    同じ設計圧力の圧力容器の鏡板は、さら形より半球形の形状のほうが板厚を薄くできる。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    応力とひずみの関係が直線的で、正比例する限界を比例限度といい、この限界での応力を引張強さという。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    JIS規格のSM400B材の最小引張強さは400N/mm2であり、許容引張応力は100N/mm2である。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    内圧の作用する圧力容器の円筒胴の接線方向の引張応力は、長手方向の引張応力の1/2倍である。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    応力集中は、形状や板厚が急変する部分やくさび形のくびれの先端部に発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    冷媒がフルオロカーボンの場合には、2%を超えるマグネシウムを含有したアルミニウム合金は使用できない。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    円筒胴圧力容器にかかる応力は、接線方向にかかる応力と長手方向にかかる応力があるが、接線方向の応力のほうが長手方向の応力よりも大きい。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    円筒胴圧力容器の板厚を計算する場合、設計圧力、容器の内径、材料の許容引張り応力、溶接継手の効率、腐れしろを考慮する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    圧力容器の腐れしろは、鋼材は1mmとし、銅、銅合金およびステンレス鋼は0mmとする。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    円筒胴の圧力容器の胴板に生じる応力は、接線方向の引張応力が長手方向の引張応力よりも大きい。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    円筒胴の直径が小さいほど、また、内圧が高いほど、円筒胴の必要とする板厚は厚くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    さら形鏡板は、半球形鏡板よりも板厚を薄くすることができる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    応力集中は、形状や板厚が急変する部分に発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    圧力容器の必要とする腐れしろの大きさは、材質、使用条件にかかわらず、一定値である。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    円筒胴の直径が大きく、内圧が高いほど、円筒胴の必要とする板厚は厚くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    さら形鏡板は、半球形鏡板よりも板厚を薄くすることができる。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    応力集中が小さい形状であると、より安全な圧力容器といえる。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    応力集中は、容器の形状や板厚が急変する部分やくさび形のくびれの先端部に発生しやすいため、鏡板の板厚はさら形よりも半球形を用いたほうが薄くできる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    一般の鋼材の低温脆性による破壊は、低温で切欠きなどの欠陥があり、引張応力がかかっている場合に、繰返し荷重が引き金になってゆっくりと発生する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    ニ段圧縮の冷凍設備では、低圧段の圧縮機の吐出し圧力以上の圧力を受ける部分を高圧部とし、その他を低圧部として取り扱う。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    圧力容器の円筒胴の設計板厚は、設計圧力、円筒胴内径、材料の許容引張応力、溶接継手の効率および腐れしろから求めることができる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    薄肉円筒胴に発生する応力は、長手方向にかかる応力と接線方向にかかる応力があるが、長手方向にかかる応力のほうが接線方向にかかる応力よりも大きい。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    円筒胴にかかる内圧が一定の場合、円筒胴の直径が大きいほど、円筒胴に必要な板厚は厚くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    ステンレス鋼の圧力容器には、腐れしろを設ける。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    圧力容器を設計するときに、一般的に材料の引張強さの1/2の応力を許容引張応力として、その値以下になるように設計する。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ