zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ⑩冷媒配管

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • 冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、配管内の流れの抵抗が小さくなる。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、配管内の流れの抵抗が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    蒸発器から吸込み主管に接続する管は、冷媒液や油が逆流しないように、主管の上側に接続する。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    吐出し管では、過大な圧力降下や騒音が生じないように、一般に冷媒ガス速度を25m/s以下におさえる。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    アンモニア冷媒配管の材料には、銅は使用できないが銅合金は使用できる。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    吸込み配管には、管表面の結露あるいは着霜を防止し、吸込み蒸気の温度上昇を防ぐために防熱を施す。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    横走り吸込み配管にUトラップがあると、軽負荷運転時や停止時に油や冷媒液が溜まり、圧縮機の再始動時に液圧縮の危険を生じる。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    飽和温度以上に高圧液管が温められても、フラッシュガスは発生しない。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    高圧側液配管とは、膨張弁から蒸発器に至る配管のことである。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    冷凍装置内各部の冷媒配管は、冷媒の流れ抵抗を小さくするためにできるだけ太くし、油の戻りについては考慮しなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    吐出し管施工上の大切なことの一つは、圧縮機が停止中に、配管内で凝縮した液や油が逆流しないようにすることである。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    圧縮機吸込み管の二重立ち上がり管は、冷媒液の戻り防止のために設置する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    高圧冷媒液管内にフラッシュガスが発生すると、膨張弁の冷媒流量が減少して、冷凍能力が減少する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    フルオロカーボン冷凍装置の吸込み配管では1m/s以下の流速にし、油が確実に圧縮機に戻るようにする。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    液流下管を冷媒液が流下しやすくするための方法の一つとして、凝縮器と受液器の間に均圧管を設ける。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    アンモニア冷凍装置の配管には、銅及び銅合金を用いることができない。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    横走り管の途中にはUトラップを設け、冷媒液を保持するようにする。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    圧縮機吸込み管の管径は、冷媒蒸気中に混在している油を、最小負荷時にも圧縮機に戻せるような蒸気速度が保持でき、かつ、過大な圧力降下が生じない程度の蒸気速度を上限として決定する。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    横走り吸込み配管にUトラップがあると、軽負荷運転時や停止時に油や冷媒液が溜まり、圧縮機の再始動時に液圧縮の危険がある。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、配管内の流れの抵抗が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    配管用炭素鋼鋼管(配管用炭素鋼管)(SGP)は、設計圧力が1.6MPaのフルオロカーボン冷媒配管に使用できる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    アンモニア冷媒用の配管には、銅および銅合金を使用してはならない。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    圧縮機への吸込み管の立ち上がりが非常に長い場合には、約10mごとに中間トラップを設けることがあるが、これは油を圧縮機に吸い込ませないためである。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、膨張弁の冷媒流量が増加し、冷凍能力が増加する。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    圧縮機吐出し管の施工上の大切なことは、圧縮機の停止中に配管内で凝縮した液や油が逆流しないようにすることである。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    配管材料としての銅および銅合金は、アンモニア冷媒に使用できる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    吐出し管は、冷媒ガス中に混在している油が確実に運ばれるガス速度が確保できる管径とする。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    高圧液管は、冷媒液がフラッシング(気化)するのを防ぐために、流速はできるだけ小さくなるような管径とする。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    吸込み管の管径は、冷媒蒸気中に混在している油を、最小負荷時にも確実に圧縮機に戻せるような蒸気速度が保持できるように選定する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    配管用炭素鋼鋼管(SGP)は、アンモニアなどの毒性を持つ冷媒の配管には使用しない。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、このガスの影響で液のみで流れるよりも配管内の流れの抵抗が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    圧縮機吸込み管の二重立ち上がり管は、冷媒液の戻り防止のために使用される。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    凝縮器と受液器を接続する液流下管で冷媒液を流下しやすくする方法の一つとして、凝縮器と受液器との間に均圧管を用いる方法がある。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ