zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ⑥凝縮器

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • 空冷凝縮器では、冷媒ガスを冷却して凝縮させるのに、空気の潜熱を利用している。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    空冷凝縮器では、冷媒ガスを冷却して凝縮させるのに、空気の潜熱を利用している。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    水冷凝縮器に使用するローフィンチューブのフィンは、冷媒側に設けられている。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    アンモニア大形冷凍装置に用いられる立形凝縮器は1パス方式である。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    熱通過率の値は、水冷凝縮器のほうが空冷凝縮器よりも小さい。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    受液器兼用の水冷凝縮器で凝縮器底部に溜められた冷媒液中に、一部の冷却管を配置するのは冷媒液を過冷却するためである。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    銅製のローフィンチューブは、フルオロカーボン冷凍装置の空冷凝縮器の冷却管として多く用いられている。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    冷凍装置内に空気が侵入しても、圧縮機の吐出し圧力と吐出しガス温度は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    蒸発式凝縮器は、水冷凝縮器と同様に冷却水の顕熱によって冷却作用が行われている。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    空冷凝縮器では、空気側熱伝達率が冷媒側熱伝達率よりも小さいので、冷却管外側にフィンを付けて表面積を増大する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    蒸発式凝縮器は、水の蒸発潜熱を利用して冷却するので、凝縮圧力は外気の湿球温度と関係しない。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    冷凍装置に冷媒を過充てんすると、受液器を持たない空冷凝縮器では出口よりに冷媒液が溜まるので、凝縮温度の上昇と過冷却度の増大をもたらす。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    空冷凝縮器は、蒸発式凝縮器と比較して凝縮温度を低く保つことができ、主としてアンモニア冷凍装置に使われている。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    横型シェルアンドチューブ凝縮器の冷却管としては、フルオロカーボン冷媒の場合には銅製のローフィンチューブを使うことが多い。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    冷却管の内面に水垢が付着すると、水あかは熱伝導率が小さいので熱通過率の値は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    凝縮器に不凝縮ガスが混入すると、冷媒側の熱伝達が悪くなって、凝縮圧力が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    空冷凝縮器は、冷媒を冷却して凝縮させるのに、空気の顕熱を用いて冷却する凝縮器である。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    シェルアンドチューブ水冷凝縮器の伝熱面積は、冷媒に接する冷却管外表面の合計面積で表す。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    水冷凝縮器では、冷却水中の汚れや不純物が冷却管内面に水あかとして付着し、水あかの熱伝導率が大きいので、熱通過率の値が大きくなり、凝縮温度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    蒸発式凝縮器では、冷却コイルに散水ヘッダから水を散布して、主として水の蒸発潜熱を利用して冷媒を凝縮させる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    空冷凝縮器では、空気側熱伝達率が冷媒側伝熱率に比べて小さいので、内外の熱伝達抵抗を同程度にするために、冷却管の空気側の外面にフィンをつけて表面積を増大する。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    高温、高圧の圧縮機吐出しガスを、凝縮器によって液化するために取り去る熱量を凝縮負荷といい、冷凍能力に圧縮機軸動力を加えて求めることができる。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    シェルアンドチューブ水冷凝縮器は、鋼管製の円筒胴と伝熱管から構成されており、冷却水が円筒胴の内側と伝熱管の間の空間に送り込まれ、伝熱管の中を圧縮機吐出しガスが通るようになっている。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    冷却管の水あかの熱伝導抵抗を汚れ係数で表し、汚れ係数が大きいほど熱通過率が低下する。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    プレートフィン空冷凝縮器は、薄板で作られたフィンに穴をあけて、そこに冷却管を通し、このフィンをある間隔で冷却管に圧着させた形をしており、フィンの材料・形状、冷却管の種類、前面風速、入口空気の乾球温度などによって、熱交換性能が変化する。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    凝縮負荷は冷凍能力に圧縮機駆動の軸動力を加えたものであるが、凝縮温度が高くなるほど凝縮負荷は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    水冷式シェルアンドチューブ凝縮器は円筒胴、管板、冷却管および水室カバーから構成され、高温高圧の冷媒ガスは冷却管内を流れる冷却水により冷却され、凝縮液化する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    水あかは熱伝導率が大きく、熱の流れを妨げる。その結果、熱通過率が小さくなり、凝縮器能力が減少し、凝縮温度が上昇するので、圧縮機の軸動力は増加する。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    受液器兼用凝縮器を使用した装置で、冷媒を過充てんすると液面が上昇し、冷却管の一部が液に浸されて、凝縮に有効な伝熱面積が減少し、凝縮温度は上昇するが液の過冷却度はほとんど変わらない。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    凝縮負荷は冷凍能力に圧縮機駆動の軸動力を加えて求めることができる。軸動力の毎時の熱量への換算は、1kW=3600kJ/hである。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    シェルアンドチューブ凝縮器の伝熱面積は、冷媒に接する冷却管全体の内表面積の合計をいうのが一般的である。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    空冷凝縮器は、冷媒を冷却して凝縮させるのに、空気の顕熱を用いる凝縮器である。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    蒸発式凝縮器は空冷凝縮器と比較して、凝縮温度を高く保つことができる凝縮器であり、主としてアンモニア冷凍装置に使われている。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ