zuknow learn together

新しい教材を作成

【保安管理技術】 ②熱の移動

カード 32枚 作成者: admin (作成日: 2016/06/27)

  • 熱伝導とは、固体壁の表面とそれに接して流れている空気や水などの流体との間の伝熱作用をいう。


    H17

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    熱伝導とは、固体壁の表面とそれに接して流れている空気や水などの流体との間の伝熱作用をいう。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 2

    熱伝達とは、物体内を高温端から低温端に向かって、熱が移動する現象をいう。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 3

    熱通過率は、高温流体から固体壁で隔てられた低温流体へ熱が流れるときの通り抜けやすさを表している。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 4

    熱交換器における伝熱量の概算では、算術平均温度差を用いて計算してもよい。

    補足(例文と訳など)

    • H17

    答え

    解説

  • 5

    少ない圧縮機駆動の軸動力で大きな冷凍能力を得るようにするには、蒸発温度を低くして運転した方がよい。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 6

    過冷却液が受液器出口から膨張弁を経て蒸発器入口に絞り膨張するとき、冷媒の比エンタルピーの値は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 7

    固体壁の表面と、それに接して流れている空気や水などの流体との間の伝熱作用を対流熱伝達という。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 8

    固体壁の両側を流れている流体間の伝熱量は、固体壁の熱伝導率に正比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H18

    答え

    解説

  • 9

    物体内を高温端から低温端に向かって熱が移動する現象を熱伝導抵抗という。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 10

    固体壁表面での熱伝達による伝熱量は、伝熱面積と温度差に正比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 11

    固体壁の表面と、それに接して流れている空気や水などの流体との間の伝熱作用を、対流熱伝達という。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 12

    冷凍装置に使用される蒸発器や凝縮器の交換熱量の計算では、算術平均温度差を用いると若干の誤差があるので、正確には対数平均温度差が使用される。

    補足(例文と訳など)

    • H19

    答え

    解説

  • 13

    冷媒液が圧力降下するときに、液の一部が自己蒸発する際の潜熱によって、冷媒自身の温度が下がる。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 14

    使用する冷媒が同じであれば、蒸発器における冷凍効果の値は、凝縮温度、蒸発温度、膨張弁手前の冷媒液過冷却度、蒸発器出口の冷媒蒸気過熱度などの冷凍サイクルの運転条件によって変わらない。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 15

    ヒートポンプサイクルは、圧縮機での圧縮動力に相当する熱を蒸発器で取り入れた熱とともに、凝縮負荷として凝縮器から放出される熱を利用する。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 16

    蒸発温度が-30°Cよりも低い低温用冷凍装置では、二段圧縮冷凍装置を使用することが多い。

    補足(例文と訳など)

    • H20

    答え

    解説

  • 17

    冷凍サイクルにおいて、蒸発圧力だけが低くなっても、あるいは凝縮圧力だけが高くなっても、成績係数は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 18

    単段圧縮機の冷凍装置は、蒸発温度の下限が-30°Cぐらいまでである。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 19

    物体内を熱が移動するとき、その伝熱量は熱の流れに垂直な面の物体の断面積、物体の両端の温度差およびその物体の熱伝導率に正比例し、熱移動の距離に反比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 20

    固体壁を通過する伝熱量は、その壁で隔てられた両側の流体間の温度差、伝熱面積および壁の熱伝導率の値によって決まる。

    補足(例文と訳など)

    • H21

    答え

    解説

  • 21

    冷媒の蒸発温度が-30°Cよりも低く、単段圧縮冷凍装置では圧縮機吐出しガス温度の高温化や冷凍装置の効率低下が見られるときには、二段圧縮機冷凍装置が使用される。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 22

    冷凍サイクルの蒸発器で冷媒から奪う熱量のことを、冷凍効果という。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 23

    冷蔵庫壁を通過する伝熱量は、その壁で隔てられた両側の流体間の温度差、冷蔵庫壁の面積、熱通過率に比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 24

    固体壁表面での熱交換による伝熱量は、伝熱面積、固体壁表面の温度と周囲温度との温度差および比例係数の積で表されるが、この比例係数のことを熱伝導率という。

    補足(例文と訳など)

    • H22

    答え

    解説

  • 25

    冷凍サイクルの成績係数は、冷凍サイクルの運転条件によって変わる。蒸発圧力だけが低くなっても、あるいは凝縮圧力だけが高くなっても、成績係数が 大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 26

    固体壁表面での熱伝達による伝熱量は、伝熱面積と温度差に正比例する。流体と固体壁との間で熱が伝わる際の熱伝達率[kW/(m2・K)]の大きさは、流体の種類、状態、流速などによって変わる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 27

    水冷却器の交換熱量の計算において、冷却管の入口側の水と冷媒との温度差をΔt1、出口側の温度差をΔt2とすると、冷媒と水との算術平均温度差Δtmは、Δtm=(Δt1-Δt2)/2である。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 28

    ニ段圧縮冷凍装置では、蒸発器からの冷媒蒸気を低段圧縮機で中間圧力まで圧縮し、中間冷却器に送って過熱分を除去し、高段圧縮機で再び凝縮圧力まで圧縮するようにしている。圧縮の途中で冷媒ガスを一度冷却しているので、高段圧縮機の吐出しガス温度が単段で圧縮した場合よりも低くなる。

    補足(例文と訳など)

    • H23

    答え

    解説

  • 29

    固体壁の表面とそれに接して流れる流体との間の伝熱作用を対流熱伝達という。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 30

    常温、常圧において、鉄鋼、空気、グラスウールの中で、熱伝導率の値が一番小さいのはグラスウールである。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 31

    熱伝達による単位時間あたりの伝熱量は、伝熱面積、熱伝達率に正比例し、温度差に反比例する。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

  • 32

    冷凍装置の熱交換器の伝熱計算には、誤差が数%程度でよい場合、算術平均温度差が使われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    • H26

    答え

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ