zuknow learn together

新しい教材を作成

情報処理 1級 第3章

カード 20枚 作成者: nagisa (作成日: 2016/06/25)

  • 4つの原則を守りながら、新しいアイディアを引き出すことを目的に行われる話し合いの技法

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

情報処理1級の第3章用です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    4つの原則を守りながら、新しいアイディアを引き出すことを目的に行われる話し合いの技法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレーンストーミング

    解説

  • 2

    問題点を明確にするために、情報収集→カード・グループ化→図解化→文章化手順で行われるデータの整理方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KJ法

    解説

  • 3

    問題を解決するために、複数の条件とその条件に対応する行動を表形式に示した図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 決定表 (デシジョンテーブル)

    解説

  • 4

    4つの記号(1組の平行線、矢印、円、四角形)を用いて、データの流れと処理の関係を表す図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DFD

    解説

  • 5

    アローダイアグラムともいい、プロジェクトの日程計画や日程管理に用いられ、相互関係にある作業を矢印でつないだ図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パート図 (PERT)

    解説

  • 6

    パート図(PERT)において、作業の開始から終了までの所要日程が最長となる経路。この経路の一部に遅れが生じると、 作業全体のスケジュールに影響する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリティカルパス

    解説

  • 7

    パレート図を使用して、各項目を重要な順3つのグループに分けて在庫管理など分析する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ABC分析

    解説

  • 8

    ABC分析の時に用いられることが多いグラフで、データを降順に並べた棒グラフと、その累計比率を表す折れ線グラフからなるグラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パレート図

    解説

  • 9

    移動合計値(過去1年分の売上累計)という特徴があるデータを用いて、一定期間の売上高の傾向を分析するときに用いるグラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Zグラフ

    解説

  • 10

    相関関係にある2つのデータ間の関係や傾向を分析して、結果を予測すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回帰分析

    解説

  • 11

    2つの項目の間の相関関係の有無などを示す図表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 散布図

    解説

  • 12

    2つの項目の間で、1つが増加すると、もう1つも増加する関係で、散布図においては点のばらつき具合が右上がりの状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正の相関

    解説

  • 13

    2つの項目の間で、1つが減少すると、もう1つも減少する関係で、散布図においては点のばらつき具合が右下がりの状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の相関

    解説

  • 14

    散布図において、ばらつきのあるデータの関係を導くために、 誤差が最小になる直線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回帰直線 (近似直線)

    解説

  • 15

    費用を最小限に抑えて、最大の利益を得るための生産計画など、複数の制約条件の中で、最大(最小)の値を求める手法のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線形計画法

    解説

  • 16

    データ範囲をいくつかの区間に分け、各区間に入るデータ数を柱上で表したグラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒストグラム

    解説

  • 17

    中央線と上下一対の境界線を引いて、製品などの特性値をプロットし、品質改良や製造工程の異常を検出して不良原因の除去や再発防止に役立てる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理図

    解説

  • 18

    結果とそれに影響を及ぼしたと思われる原因の関係を体系的に表した図。直接的な原因と間接的な原因に分別して、真の問題点を明確にする効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特性要因図

    解説

  • 19

    自社の現状を、強み・弱み・機会・脅威の4つの要素に整理して、市場環境を分析すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SWOT分析

    解説

  • 20

    事業管理の手法の一つで、自社の製品またはサービスを、市場の成長率と市場の占有率から、金のなる木・花形・問題児・負け犬の4つの区分に分類して、事業展開を決定するための経営手法、管理手法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPM分析

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ