zuknow learn together

新しい教材を作成

権利関係1〜10

カード 98枚 作成者: Yuichiro (作成日: 2016/06/22)

  • 制限行為能力者を4つあげろ。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    制限行為能力者を4つあげろ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成年・成年被後見人・被保佐人・被補助人

    解説

  • 2

    未成年者は法定代理人の同意を得ないで行った行為は取り消すことができるが、この取消は第三者に対抗できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対抗出来る

    解説

  • 3

    成年被後見人に財産上の行為は原則として、成年後見人がaとして行う。aは代理?同意?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理。成年被後見人はほとんど判断できない人なので、同意ではなく、代理としている

    解説

  • 4

    制限行為能力者と取引した相手方は、aか月以上の期間を定めて、bするかどうかをcすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 1か月 b 追認 c 催告

    解説

  • 5

    未成年者と成年被後見人の場合、誰に催告する?また催告したけど確答がない場合は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定代理人 追認したとみなされる

    解説

  • 6

    被保佐人の場合、誰に催告する?催告したけど確答ない場合は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保佐人または本人 ・保佐人に催告した場合かつ確答がない場合→追認したとみなされる ・本人に催告した場合、取消とみなされる

    解説

  • 7

    被補助人の場合、誰に催告?催告が無視された場合?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補助人または本人 ・補助人に催告した場合、追認とみなされる。 ・本人に催告した場合、取消とみなされる。 

    解説

  • 8

    行為時には制限行為能力者であったが、催告時は行為能力者となっている場合。誰に催告する?催告を無視したら?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本人 追認したとみなされる

    解説

  • 9

    詐欺による意思表示は取り消すことができる。この取消は善意の第三者に対抗できる?できない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない。

    解説

  • 10

    脅迫による意思表示は取り消すことができる。この取消は善意の第三者に対抗できる?できない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。詐欺の場合は対抗できないが、脅迫の場合は対抗できる。

    解説

  • 11

    虚偽表示の場合、善意の第三者にその無効を対抗できる?できない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 12

    錯誤による意思表示の場合、契約の重要な部分に錯誤があるときは、無効?有効?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無効。ただし、表意者に重大な過失がある場合、無効を主張できない

    解説

  • 13

    代理人が本人に代わって行った行為の効果は、直接本人に生じるが、それを満たすためには次の要件がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、代理人が代理権を有していること 2、代理人が『本人の代理人であること』を相手方に示していること(顕名)

    解説

  • 14

    代理人が顕名をせずに契約した場合、どうなるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理人自身が契約したものとみなす

    解説

  • 15

    未成年者等の制限行為能力者を代理人にできるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。

    解説

  • 16

    未成年者が代理人となって締結した契約の効果は、当該行為を行うにつき当該未成年者の法定代理人による同意がなければ、有効は本人に帰属しない。○or×

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 未成年者も代理人となることができるので、未成年者が代理人となってした契約の効果は本人に帰属する

    解説

  • 17

    原則として、自己契約・双方代理は禁止だが、以下の2つの例外がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 本人の許諾がある場合 2, 債務の履行をする場合。(すでに売買契約はされており、所有権移転登記をするだけという場合など。)

    解説

  • 18

    復代理人を選ぶのは代理人ですが、復代理人の行った行為の効果はaに帰属する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 本人

    解説

  • 19

    代理人は、本人の許可を得て、復代理人を選んだ場合、その責任を負わない。○or×

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 責任がある。

    解説

  • 20

    無権代理の効果は本人に生じない。しかし、本人が追認した場合、有効な代理行為となる。この時追認はaでもbでも、どちらに対しても行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 無権代理人 b 相手方

    解説

  • 21

    無権代理人と契約した相手方はaに対して、追認するかどうかの催告をすることができる。『確答がない場合、bとみなす。』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a  本人 b 追認を拒絶

    解説

  • 22

    無権代理人と契約したaの相手方は、本人が追認しない限りの間、契約を取り消せる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 善意

    解説

  • 23

    aの相手方は無権代理人に対して、契約の履行または損害賠償の請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a善意無過失(無権代理人が制限行為能力者である場合、責任を追及することができない。

    解説

  • 24

    本人が死亡し、無権代理人が本人を単独で相続した場合、相続人である無権代理人は相手がたの追認を拒絶できる?できない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 25

    【取得時効】占有開始時に善意&無過失の場合、何年間経てば所有権を取得できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年

    解説

  • 26

    【取得時効】占有開始時に善意&有過失の場合、何年間経てば所有権を取得できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20年

    解説

  • 27

    【取得時効】占有開始時に悪意の場合、何年間経てば所有権を取得できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20年

    解説

  • 28

    取得時効の善意・悪意はいつ判断するか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 占有開始時

    解説

  • 29

    自分では占有せず、誰かに占有させた場合、取得時効は完成するか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • する

    解説

  • 30

    善意無過失のAが土地の占有を開始し、6年後、悪意のBに売却した場合、どうなるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年で取得する(残り4年)。BはAの善意無過失を引き継ぐから。

    解説

  • 31

    【消滅時効の期間】通常の再建は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年

    解説

  • 32

    債権または所有権以外の財産権の消滅時効の期間は何年?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20年

    解説

  • 33

    判決で確定した権利の消滅時効の期間は何年?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年

    解説

  • 34

    a権は消滅時効にかからない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 所有

    解説

  • 35

    消滅時効はaを行使できる時から進行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利

    解説

  • 36

    時効の中断事由に、催告があるがこれだけでは時効の中断にはならない。催告後、aか月以内に裁判上の請求をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 6か月

    解説

  • 37

    【履行遅滞】不確定期限付き債務の履行期は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債務者が期限到来を知った時

    解説

  • 38

    損害賠償は原則として、aで行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金銭

    解説

  • 39

    金銭債務の特則で、損害賠償の額は法定利率(a%)によって計算する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 5% 約定利率(当事者間で決めた利率の頃)>法定利率の時は、約定利率で計算

    解説

  • 40

    契約解除の際、解除権者が複数入り場合、解除権者全員で解除の意思表示をする。○or×

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    解除権者の相手方が複数いる場合、相手方全員に解除の意思表示をしなければならない。○or×

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    【債務不履行】履行遅滞の場合、債権者はaを定めて履行の催告をし、その期間債務者から履行がない場合は契約を解除できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 相当の期間

    解説

  • 43

    【債務不履行】履行不能の場合、債権者は催告なしに直ちに契約を解除できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 44

    解除の効果で、各当事者の原状回復義務はaの関係にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 同時履行の関係

    解説

  • 45

    原状回復が金銭の変換である場合、aを受領した時からのbをつけて返す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 金銭 b 利息

    解説

  • 46

    原状回復が不動産の変換の場合、aを支払う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 使用料相当額

    解説

  • 47

    停止条件付き売買契約の場合は、売買契約後、停止条件の成就前に売主の故意・過失によらず目的物が滅失した時はaがその不利益を負担する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a売主 損傷の場合は、買主が不利益を負担。

    解説

  • 48

    弁済を受ける権利がないものに行われた弁済は向こうだが、弁済者がaで行った弁済については有効。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 善意無過失

    解説

  • 49

    【弁済による代位】保証人等の弁済をするにつき正当な利益を有するものが弁済した場合、債務者の承諾は必要か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要にない

    解説

  • 50

    【弁済による代位】保証人等の弁済をするにつき正当な利益を有しないものが弁済した場合、債務者の承諾は必要か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要

    解説

  • 51

    債権者の承諾がある場合には、債務者は、本来の給付の代わりに別のもので弁済することができます。これをなんというか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代物弁済

    解説

  • 52

    相殺において、「相殺しようよ」といった側の債権をa。言われた側の債権をbと言います

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 自動債権 b 受動債権

    解説

  • 53

    【債権譲渡】譲渡禁止の特約がある場合の債権譲渡は原則としてa効です。ただし、譲受人がbであれば、この債権譲渡はc効となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a無効 b善意無重過失 c有効

    解説

  • 54

    債務者に対して、債権の譲渡があったことを対抗するには、1、譲受人から債務者に対するa or 2, 債務者のbのいずれかが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 通知 b 承諾 どちらも口頭可

    解説

  • 55

    債務者以外の第三者に対して債権の譲渡があったことを対抗するには、1,確定日付のある証書によるaから債務者へのb or 2,確定日付のある証書による債務者のc のいずれかが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 譲渡人 b 通知 c 承諾

    解説

  • 56

    二重譲渡の場合、両方の譲渡に確定日付のある証書があるときにはaの方が優先される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 到達の早い方

    解説

  • 57

    売主は故意・過失がなくても、瑕疵に就て責任を負う?○or ×

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    善意無過失の買主は瑕疵を知った時から、a年以内に損害賠償請求ができる。また瑕疵のために契約の目的を達成することができない場合は契約を解除できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 1年以内

    解説

  • 59

    a意の買主は、数量が不足していることを知った時から、b年以内に・代金の減額を請求できる・不足を知っていたら購入しなかった場合は契約解除できる・損害賠償請求できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 善意 b 1年以内

    解説

  • 60

    【全部他人物売買】aの買主は・契約を解除できる・損害賠償を請求できる。bの買主は契約を解除できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a善意 b悪意

    解説

  • 61

    【一部他人物売買】善意の買主はその事実を知った時からa年以内に・代金減額の請求・残った部分だけであれば購入しなかった場合は契約解除・損害賠償ができる。悪意の買主はbの時からc年以内に代金減額できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a1年 b契約の時から c1年以内

    解説

  • 62

    【地上権等が設定されていた場合】aの買主は、その事実を知った時からb年以内に、契約の目的を達成できない場合、契約の解除・損害賠償の請求ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a善意 b 1年以内

    解説

  • 63

    【抵当権が設定されていた場合】抵当権が実行されて買主が所有権を失った時は買主は・契約を解除できる・損害賠償を請求できる。この時買主の善意・悪意は関係あるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関係ない。善意悪意は問われない

    解説

  • 64

    当事者間で担保責任を負わない特約を結んだ時は売主は担保責任を逃れる。しかし例外がある。答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売主が事実(瑕疵があることetc)を知っていたのに、言わなかった場合。

    解説

  • 65

    【解約手付による契約の解除】・手付による契約解除が出来るのは、aが履行に着手するまでの間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a相手方。自分が履行に着手しても相手がしていなかったらok

    解説

  • 66

    【解約手付による契約の解除】買主は手付をaすれば解除できる。売主は手付のbを償還すれば解除できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a放棄 b倍額

    解説

  • 67

    【解約手付による契約の解除】手付によって契約が解除された時は損害賠償請求はできる?できない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない。債務不履行による契約解除は請求できる

    解説

  • 68

    不動産に関する物件の変動は、登記がなければ第三者に対抗できない?できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対抗できない。登記が必要

    解説

  • 69

    【物件の変動と登記】当事者間の間では、物権の変動を対抗するのに、登記が必要?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要なし。

    解説

  • 70

    【物件の変動と登記】明らかな悪者には、登記がなくても対抗できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。

    解説

  • 71

    【取得時効と登記】時効完成後に所有権を取得した第三者と時効取得者は対抗関係にあるので先にaしたほうが所有権を主張できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 登記

    解説

  • 72

    強迫や制限行為能力者が関わった契約は、第三者が善意でも対抗できる。しかし、詐欺に関して第三者が善意の場合対抗できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない。詐欺は自分にもある程度落ち度があるから。

    解説

  • 73

    【解除と登記】契約が解除される前(もしくは解除後)に所有権を取得した第三者がある場合、解除前に所有権を取得した第三者と解除権者は、先に登記したほうが所有権を主張できる? 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。

    解説

  • 74

    賃貸不動産の売買があった場合は、買主は当該不動産の賃借人に対して登記がなければ所有権を主張することができない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 75

    抵当権は物上保証人の不動産に設定できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 76

    抵当権を第三者に対抗するには何が必要?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登記

    解説

  • 77

    抵当権者が物上代位するには、抵当権者が設定者がその保険金等を受領する前にbしなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 差し押さえ

    解説

  • 78

    【抵当権の効力が及ぶ範囲】抵当権設定後の従物、従たる権利には抵当権の効力は及ばない?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    【抵当権の順位】一つの不動産に対して複数の抵当権を設定できる。この場合、抵当権の順位はaの前後によってきまる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a登記

    解説

  • 80

    複数の抵当権者がいる場合、各抵当権者の合意によって抵当権の順位を変更することができます。その際、利害関係を有する人がいるときには、その利害関係者のaが必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 承諾 なお、抵当権の順位の変更は、登記しなければ効力を発揮しない

    解説

  • 81

    抵当権者は元本の墓に利息についても優先弁済を受けられる。ただし、後順位の抵当権者がいる場合は利息については最後のa年分だけとなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 2年ぶん

    解説

  • 82

    【抵当権を消滅させる方法】抵当権が付いた土地を買った人は土地の抵当権を代わりに弁済できるが、そこに債務者の意思は関係あるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ない。 p.244

    解説

  • 83

    【抵当権消滅請求】抵当権実行としてのaによる差し押さえの効力発生前に請求しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 競売

    解説

  • 84

    抵当権者が、抵当権消滅請求を承諾しない時は第三者取得者から請求を受けた後、aか月以内に、抵当権を実行して、bすれば抵抗権消滅請求の効果は生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 2か月 b 競売の申し立て (何もしないと承諾したことになる)

    解説

  • 85

    抵当権消滅請求において、債務者の同意・承諾が必要?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない。

    解説

  • 86

    【抵当権消滅請求】登記した各債権者に対して、必要事項を記載したaを送付する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 書面

    解説

  • 87

    【抵当権消滅請求】aやbは抵当権消滅請求をすることができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 債務者 b 保証人

    解説

  • 88

    法定地上権とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土地の所有者が他人でも、建物の所有者に自動的に地上権を与え、その土地を使えるようにすること。

    解説

  • 89

    【法定地上権の成立要件】抵当権設定当時、土地の上にaが存在すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 建物 登記の有無は関係ない

    解説

  • 90

    【法定地上権の成立要件】抵当権設定当時、土地の所有者と建物の所有者がaであること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 同一

    解説

  • 91

    【法定地上権の成立要件】抵当権の実行(競売)により、土地の所有者と建物の所有者がaになること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 別々

    解説

  • 92

    抵当権設定当時、aであり、抵当権設定後にその土地に建物を築造している場合、一括競売が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 更地

    解説

  • 93

    抵当権者が優先弁済を受けれるのはaについてだけ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 土地の代価

    解説

  • 94

    】抵当権設定登記後の賃借権】対抗要件を備えた場合、賃借人は賃借権を抵当権者等に対抗できる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対抗要件を備えてもできない。しかし、すべての抵当権者が同意し、同意の登記がある場合は対抗できる。

    解説

  • 95

    【抵当権設定登記前の賃借権】対抗要件を備えていれば、賃借人は賃借権を抵当権者等に対抗することができる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 96

    【抵当権設定登記と賃借権の対抗要件】土地の賃借権の場合、土地賃借権の登記または借地上のaの登記

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 建物

    解説

  • 97

    【抵当権設定登記と賃借権の対抗要件】建物の賃借権の場合、建物賃借権の登記または建物のa

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引き渡し。

    解説

  • 98

    建物の賃借人は抵当権が実行されると、建物を明け渡さなければならない。しかし、一定の場合には、買受人が建物を買い受けた時からaか月を経過するまでは、引き渡さなくても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 6か月

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ