zuknow learn together

新しい教材を作成

熟語・連語 初級5

カード 25枚 作成者: YASKA (作成日: 2016/06/21)

  • say to oneself


    Paul said to himself, "That's OK."

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学1年から高校入試までの熟語・連語・決まり文句・副詞句・句動詞などのまとめ

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    say to oneself

    補足(例文と訳など)

    • Paul said to himself, "That's OK."

    答え

    • 心の中で思う

    解説

    say to oneself sayは、「ある内容を(口頭あるいは文字で)言う」。toは、「対象に向き合って」から「【行為の行き先】」。oneselfは、「自分自身に」。それで、《自分自身に向き合って何かを言う》となり、『心の中で思う』の意味となる。 〔ポールは自分に言い聞かせた、「大丈夫」と。〕

  • 2

    see a doctor

    補足(例文と訳など)

    • You had better see a doctor.

    答え

    • 医者に診てもらう

    解説

    see a doctor seeは、「目でとらえる」から「【会う】」。doctorは、「医者」。それで、《医者を目でとらえる》となり、『医者に診てもらう』の意味となる。 〔君は、診てもらったほうがいいよ、医者に。〕

  • 3

    take a bath

    補足(例文と訳など)

    • I take a bath evey day.

    答え

    • 風呂に入る

    解説

    take a bath takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。a bathは、「1回の入浴という行為」。それで、《入浴という1回の行為を自分のところに取り込んで経験する》となり、『風呂に入る』の意味となる。 〔私は風呂に入ります、毎日。〕

  • 4

    take a look at ~

    補足(例文と訳など)

    • Take a look at these pictures.

    答え

    • 何々を見る

    解説

    take a look at ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。a lookは、「目を向けるという1回の行為」。atは、「(何々)のところに」から「【地点・位置】」。それで、《at以下のところに目を向ける行為を(主体的に)する》となり、『(何々)を見る』の意味となる。 〔見なさい、これらの写真を。〕

  • 5

    take a picture

    補足(例文と訳など)

    • I took a picture in the park.

    答え

    • 写真を撮る

    解説

    take a picture takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。a pictureは、「1枚の写真」。それで、《景色をカメラに(主体的に)取り込む》となり、『写真を撮る』の意味となる。 〔私は写真を撮った、公園で。〕

  • 6

    take a rest

    補足(例文と訳など)

    • We took a rest in the shade.

    答え

    • 休息をとる

    解説

    take a rest takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。a restは、「1回の休息」。それで、《仕事や活動が続いている状態で、休息を(主体的に)1度とる》となり、『休息をとる』の意味となる。 〔私たちは休んだ、日陰で。〕

  • 7

    take a walk

    補足(例文と訳など)

    • I often take a walk in the park.

    答え

    • 散歩する

    解説

    take a walk takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。a walkは、「1回の散歩という行為」。それで、《1回の散歩という行為を(主体的に)する。》となり、『散歩する』となる。 〔私はしばしば散歩します、公園を。〕

  • 8

    Take care.

    補足(例文と訳など)

    • Take care, and have a good day.

    答え

    • お大事に

    解説

    Take care. takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。。careは、「気にかける」。それで、《自分のことを気にかけることを(主体的に)する》となり、『お大事に』の意味となる。 〔気をつけて、いい一日を。〕

  • 9

    take care of ~

    補足(例文と訳など)

    • I take care of our dog.

    答え

    • 何々の世話をする

    解説

    take care of ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。careは、「注意を向ける(気にかける)こと」から「世話」。ofは、「切っても切れない、(何々)の(何々)という関係」から「【行為関係】A of BのAが行為を表す名詞の場合」。それで、《of以下に対しての世話を(主体的に)取り込む》となり、『(誰々)の世話をする』の意味となる。 〔私は、世話をします、私たちの犬の。〕

  • 10

    take part in ~

    補足(例文と訳など)

    • Did he take part in the contest?

    答え

    • 何々に参加する

    解説

    take part in ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【行為・動作】を(主体的に)する。(取り込むイメージが主体性を連想させる)」。partは、「部分」。inは、「空間内に」から「【所属・従事・活動】の中で」。それで、《in以下の活動の部分を取り入れる》となり、『(何々)に参加する』の意味となる。 〔彼は参加したの、そのコンテストに?〕

  • 11

    agree to ~

    補足(例文と訳など)

    • I agree to his plan.

    答え

    • 何々を認める

    解説

    agree to ~ agreeは、「快く受け入れる」。toは、「対象と向き合って」から「【行為の行き先】(何々)に対して。それで、《主語が、to以下の(人、事柄)と向き合って快く受け入れる》となり、『(何々)を認める』の意味となる。 〔私は同意します、彼の計画に。〕

  • 12

    agree with ~

    補足(例文と訳など)

    • She didn't agree with me.

    答え

    • 何々に賛成する, 同意する

    解説

    agree with ~ agreeは、「快く受け入れる」。withは、「(何々)とともに」から「【状態の帰属先】(何々)に対して」。それで、《主語が、with以下の(人、事柄)に対して快く受け入れる》となり、『(何々)に同意する』の意味となる。 〔彼女は賛成しなかった、私に。〕

  • 13

    arrive at ~

    補足(例文と訳など)

    • He arrived at the station at eight.

    答え

    • どこどこに着く

    解説

    arrive at ~ arriveは、「到着する」。atは、「(何々)のところに」から「【地点】」。それで、《at以下のところに着く》となり、『「(どこどこ)に着く』の意味となる。atを使うということは比較的狭い場所をイメージしている。 〔彼は着いた、駅に、八時に。〕

  • 14

    arrive in ~

    補足(例文と訳など)

    • When did he arrive in Tokyo?

    答え

    • どこどこに着く

    解説

    arrive in ~ arriveは、「到着する」。inは、「空間内に」から「【空間としての場所】」。それで、《in以下の場所に着く》となり、『(どこどこ)に着く』の意味となる。inを使うということは比較的広い場所を空間としてとらえている。 〔いつ彼は着いたの、東京に?〕

  • 15

    ask A for B

    補足(例文と訳など)

    • We asked him for help.

    答え

    • A(人)にB(内容)を要求する

    解説

    ask A(人) for B askは、「ことばを使って求める」。forは、「(何々)に向かって」から「【目的】(何々)を求めて」。だから『A(人)にBを要求する』の意味となる。 〔私たちは求めた、彼に、助けを。〕

  • 16

    believe in ~

    補足(例文と訳など)

    • Do you believe in God?

    答え

    • 何々に、価値や存在などを信じる

    解説

    believe in ~ believeは、「価値や存在を信じる」。inは、「空間内に」から「【範囲】(何々)において」。それで、《in以下の範囲において存在や価値を信じる》となり、『(何々)を信じる』の意味となる。 〔あなたは信じますか、神を?〕

  • 17

    belong to ~

    補足(例文と訳など)

    • What club do you belong to?

    答え

    • 何々に属している

    解説

    belong to ~ belongは、「あるべきところに属している」。toは、「対象に向き合って」から「【付属・所属】」。それで、《to以下に対してあるべきところに属している》となり、『(何々)に属している』の意味となる。 〔何のクラブなの、あなたが所属しているのは?〕

  • 18

    break out

    補足(例文と訳など)

    • A fire broke out in my neighborhood last night.

    答え

    • 戦争や火事などが、突然起こる

    解説

    break out breakは、「力を加えることによって本来の形や機能を損じる。または連続している状態を断つ」から「【中断する】」。outは、「外に」から「【現れる】」。それで、《平穏が続いている状態が中断されて何かが現れる》となり、『突発的に発生する』の意味となる。 〔ある火事が突然起こった、近所で、昨夜。〕

  • 19

    bring up ~

    補足(例文と訳など)

    • He was brought up by his grandmother.

    答え

    • 誰々を育てる

    解説

    bring up ~ bringは、「ある対象をある場所に移動させる」から「【至らせる】」。upは、「上に」。それで、《上に至らせる》となり、『育てる』の意味となる。文脈によって『到達させる,話題を持ち出す,吐く』などにもなる。 〔彼は育てられた、彼の祖母によって。〕

  • 20

    call A back

    補足(例文と訳など)

    • May I call you back?

    答え

    • Aに折り返し電話する

    解説

    call A back callは、「(大きな声で)呼ぶ」から「電話をする」。backは、「後ろ」から「【元に戻って】返して」。それで、『Aに折り返し電話する』の意味となる。他に、「呼び戻す,(言ったことを)取り消す」など。 〔電話してもいいですか、あなたに、折り返し?〕

  • 21

    call at ~

    補足(例文と訳など)

    • I called at his house yesterday.

    答え

    • 場所に、ちょっと、立ち寄る

    解説

    call at ~ callは、「(大きな声で)呼ぶ」から「【立ち寄る】」。atは、「(何々)のところに」から「【地点・位置】」。それで、《at以下の場所に立ち寄る》となり、『(どこどこ)に(ちょっと)立ち寄る』の意味となる。 〔私は、(ちょっと)立ち寄った彼の家を、昨日。〕

  • 22

    call on ~

    補足(例文と訳など)

    • I called on him yesterday.

    答え

    • 人を、ちょっと、訪ねる

    解説

    call on ~ callは、「(大きな声で)呼ぶ」から「【立ち寄る】」。onは、「(何々)に接触して」から「【近接】(何々)に面して」。それで、《人に接するように立ち寄る》となり、『(誰々)を(ちょっと)訪ねる』の意味となる。 〔私は、訪ねました彼を、昨日。〕

  • 23

    care for ~

    補足(例文と訳など)

    • I must care for my little brother this afternoon.

    答え

    • 何々の世話をする

    解説

    care for ~ careは、「注意を向ける(気にかける)」。forは、「(何々)に向かって」から「【(心理的に)指差して】」。それで、《for以下に向けて気にかける》となり、『(何々)の世話をする』の意味となる。 〔私は世話をしなければならない、弟を、今日の午後に。〕

  • 24

    carry out

    補足(例文と訳など)

    • We will carry out the plan.

    答え

    • ・実行する, ・成し遂げる

    解説

    carry out carryは、「身に着けて運ぶ」。outは、「外に」。それで、《「外へ運び出す」となる。この基本の意味から発展して、頭の「中」にあったものが「外」に出てくる、つまり、「想像」が「現実」になる》となり、『実行する』の意味となる。他に「運び出す」。 〔私たちは実行する、その計画を。〕

  • 25

    clean up

    補足(例文と訳など)

    • You must clean up your room.

    答え

    • しっかり掃除する

    解説

    clean up cleanは、「汚れがなくて、きれいな」。upは、「上へ」から「【仕上がりの強調】最後まで,しっかり」。それで、《最後までしっかりきれいにする》となり、『しっかり掃除する、片付ける』の意味となる。 〔あなたはしっかり掃除しなければならない、自分の部屋を。〕

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ