zuknow learn together

新しい教材を作成

応用情報技術者試験3

カード 67枚 作成者: Yuuki Fukushima (作成日: 2014/04/08)

  • SELECT文

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

SQL,DBMS

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    SELECT文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBからデータを取り出す命令

    解説

  • 2

    DISTINCT句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重複している行を1つにまとめる

    解説

  • 3

    WHERE句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行の選択条件や、表の結合条件を指定

    解説

  • 4

    GROUP BY 列1、列2、…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループ化して集約値を計算。指定した列の値がすべて同じものは同一グループとなる。

    解説

  • 5

    SUM(A*B) AS C

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A*BをCとして指定

    解説

  • 6

    HAVING句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループに対して選択条件を課す。条件をみたすものだけが選択される。

    解説

  • 7

    ORDER BY 列名1、整列順、列名2、整列順、…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソートを行う。整列順はASCかDESCで指定

    解説

  • 8

    ASC文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昇順

    解説

  • 9

    DESC文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 降順

    解説

  • 10

    IN/NOT IN句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副問い合わせを行う。SELECT文の結果を別のSELECT文の選択条件に使用する。

    解説

  • 11

    INSERT INTO 表名(列名リスト) VALUE(値リスト)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定した表の列にVALUEの値を挿入。例)INSERT INTO 社員(社員番号、氏名、部門ID) VALUE(’108’,’田中’,NULL)

    解説

  • 12

    DELETE FROM 更新する表名 WHERE 削除する行の条件 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WHEREで指定した条件の行を削除。例)DELETE FROM 社員 WHERE 社員番号 = '046'

    解説

  • 13

    UPDATE 更新する表名 SET 列名 = 値式 WHERE 更新する行の条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定した列の値をWHERE条件に基づいて更新。 例)UPDATE 社員 SET 給与 = 1.1 * 給与 WHERE 社員番号 = '046'

    解説

  • 14

    CREATE TABLE文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テーブル(表)定義

    解説

  • 15

    NOT NULL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 列制約定義。非ナル(NULL、空値を禁止)

    解説

  • 16

    UNIQUE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 列制約定義。一意性制約。重複値を禁止。

    解説

  • 17

    GRANT文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセス権を付与する

    解説

  • 18

    REVOKE文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセス権を剥奪する

    解説

  • 19

    ビューの定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CREATE VIEW ビュー表名 AS 問合せ指定

    解説

  • 20

    更新可能なビューの条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DISTINCT、GROUP BY、HAVINGを使っていないこと。WHEREに副問い合わせを含まないこと。

    解説

  • 21

    トランザクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 預金口座への入金のような、複数のDBで不可分な処理単位のこと。

    解説

  • 22

    ACID特性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Atomic(原子性)、Consistency(一貫性)、Isolation(独立性、隔離性)、Durability(耐久性、永続性)

    解説

  • 23

    Atomic

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランザクションはすべて実行か全く実行しないのどちらか。

    解説

  • 24

    Consitency

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランザクションは、DBの内容を矛盾させない

    解説

  • 25

    Isolation

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランザクションは他のトランザクションから影響をうけない

    解説

  • 26

    Durability

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常終了したトランザクションの実行結果は失われない

    解説

  • 27

    コミットメント制御

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランザクションが正常に行われた場合はコミット(更新内容の確定)をし、正しく完了しなかった場合はロールバック(更新内容の破棄)を行う

    解説

  • 28

    2相コミットメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全員のコミットが取れたら更新。一人でもコミットしなければロールバック

    解説

  • 29

    DBMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Data Base Management System

    解説

  • 30

    ロールバック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ログファイルの更新前情報を用いて更新を取り消す。

    解説

  • 31

    ロールフォワード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ログファイルの更新後情報を用いて正常な状態に復元する。

    解説

  • 32

    システム障害時の対応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チェックポイント以前の処理は回復処理不要。処理の完了しているトランザクションはロールフォワードで回復。処理の途中のトランザクションはロールバックで回復。

    解説

  • 33

    媒体障害時の回復処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バックアップデータをロード後、トランザクションによる更新をロールフォワード

    解説

  • 34

    CRL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CertificateRevocationList 失効リスト 執行した超名所のシリアル番号を記載したリスト

    解説

  • 35

    WAF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Web Application Firewall Webアプリケーションの監視

    解説

  • 36

    DNSBL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スパムメールの発信元、メールの不正中継を行うドメイン名リスト

    解説

  • 37

    ケイパビリティリスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者に対して与えられた情報資源へのアクセス権限リスト

    解説

  • 38

    CA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Certificates Authority 認証局 公開鍵に対して証明書を発行

    解説

  • 39

    CAPCHA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械で読み取ることができない文字の画像を表示し、機械出ないことを確認

    解説

  • 40

    検疫ネットワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルスチェック、認証を行う検査用ネットワーク

    解説

  • 41

    耐ダンパ性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解析のしづらさを示す性質。逆アセンブリ解析を防ぐ。

    解説

  • 42

    ステガノグラフィ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メッセージを別データに埋め込みデータの存在そのものを隠す技術

    解説

  • 43

    JIS Q 27001 情報セキュリティの3つの性質維持

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機密性、完全性、可用性

    解説

  • 44

    プロキシ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットへのアクセスを中継し、Webコンテンツをキャッシュする仕組み。

    解説

  • 45

    プロキシの利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッシュがあることで、Webアクセスなしで閲覧可能→応答性向上、回線混雑改善。また、インターネット側からはプロキシがアクセスしているように見えるため、ネットワークの内部構成を隠すことが可能。

    解説

  • 46

    DoS攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネット上のトラフィック(通信量)を増大させ、通信を処理している回線やサーバの処理能力(リソース)を占有することによって、システムを使用困難にしたり、ダウンさせたり、過負荷によってサーバの機材そのものを誤動作させたり破壊したりする。

    解説

  • 47

    DDoS攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 踏み台と呼ばれる多数のコンピュータが、標的とされたサーバなどに対して攻撃を行うことである。単一のホスト(通信相手)からの攻撃ならばそのホストとの通信を拒否すればよいが、数千・数万のホストからでは個々に対応することが難しい。したがって、通常のDoS攻撃よりも防御が困難であり、攻撃による被害はDoS攻撃よりも大きくなると考えられる。攻撃を受けたサーバには踏み台となったコンピュータが攻撃主として認識される。

    解説

  • 48

    カミンスキーアタック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNSポイズニングの新手法。連続攻撃が可能で、既存のDNSに対しても上書きを行う。

    解説

  • 49

    コンパイル時:関数のインライン展開

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関数呼び出し処理を削減する方法。ソースに関数のコードを挿入。実行速度は長くなるが、コンパイル処理時間は長くなる。

    解説

  • 50

    ループ内不変式の移動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ループ内での同一処理を外に出す方法。

    解説

  • 51

    ウォームスタート方式のデータベース回復

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チェックポイントまで戻って回復、チェックポイントから実施

    解説

  • 52

    コールドスタート方式のデータベース回復

    補足(例文と訳など)

    答え

    • はじめからトランザクションを実施

    解説

  • 53

    MPEG-2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衛星放送やDVDなどを対象にした圧縮方式。数M~数十ビット/秒

    解説

  • 54

    MPEG-1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CD-ROMなどの蓄積メディア王の圧縮方式。1.5Mビット/秒

    解説

  • 55

    LAN 1000BASE-T

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つのUTPケーブルを使用。4本全て送受信使用。各ケーブル250M/秒、合計1Mビット/秒

    解説

  • 56

    LAN 1000BASE-TX

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つのUTPケーブルを使用。受信用UTP2本、送信用UTP2本。500/秒

    解説

  • 57

    LAN 100BASE-T

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つのUTPケーブルを使用。受信用、送信用UTP各1本。100M/秒、合計100Mビット/秒

    解説

  • 58

    シングルモード光ファイバケーブル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光の分散が小さいため長距離伝送に向いており、最大で40km程度まで可能です。伝送速度は最大10Gbpsまで可能です。しかし、芯径が小さいので接続のときの不整合による減衰が大きく、取扱いは多少困難になります。

    解説

  • 59

    マルチモード光ファイバケーブル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステップインデックス(SI)とグレーデッドインデックス(GI)があります。SIは光の分散が大きく長距離伝送や高速伝送には向いていませんが、価格は安価です。GIは光の分散は比較的小さく、長距離伝送は2km程度まで可能です。伝送速度は最大100Gbpsまで可能です。

    解説

  • 60

    PPP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Point-to-Protocol。2点間を接続してデータ通信を行うための通信プロトコル。

    解説

  • 61

    ARP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IPアドレスからMACアドレスを問い合わせるプロトコル

    解説

  • 62

    CHAP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントから認証要求があると、認証サーバは乱数をもとにチェレンジを生成、クライアント側は園はレンジとパスワードからレスポンスを生成し、認証を行う。

    解説

  • 63

    PAP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Password Authentication Protocol。IDとパスワードから認証を行う方法。暗号化されていないと危険な方法。

    解説

  • 64

    DNSのホスト名とIPアドレスの対応付け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つのホスト名に複数のIPアドレスと関連付けることとも、複数のホスト名に1つのIPアドレスを関連付けることも可能。

    解説

  • 65

    IPv6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 128ビット長さのアドレスフィールドを採用。ネットワーク部とホスト部の区別をなくしている。Ipsecの認証や改ざん検出機能がサポート必須。

    解説

  • 66

    NIDS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Network Intrusion Detecting System。ネットワーク中のファイアウォールなどのじゅうような危機内に設定。ねっておワーク上を流れているパケって小野内容を解析し、攻撃に使用されるタイプのパケットや、挙動の疑わしいパケットを判別し警告する。

    解説

  • 67

    HIDS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Host Intrusion Detecting System。ネットワーク上のここのPCやサーバに設定される。時期危機に到達したパケットの内容を解析し、攻撃に使用されるタイプのパケットを解析し、警告する。

    解説

56958

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ