zuknow learn together

新しい教材を作成

応用聞き流し用単語

カード 500枚 作成者: Seiya Midorikawa (作成日: 2016/06/12)

  • 補数

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

聞き流しようなので、"-"を母音に変えてます

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    補数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある自然数に足したときに桁が一つ上がる最も小さい数

    解説

  • 2

    離散数学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とびとびの数字を扱う数学

    解説

  • 3

    基数変換

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進数を変換すること

    解説

  • 4

    固定小数点数表現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あらかじめ決めておいた小数点の位置でデータを表現する方法

    解説

  • 5

    浮動小数点表現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指数部と仮数部を用いて数値を表現する

    解説

  • 6

    仮数部

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 整数値は1桁のみ

    解説

  • 7

    指数部

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10のマイナス乗で表す

    解説

  • 8

    けた落ち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 値がほぼ等しい二つの数値の差を求めた時、有効桁数が減ること

    解説

  • 9

    循環小数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無限に同じ部分が繰り返される小数

    解説

  • 10

    無限小数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有限小数で表せない小数

    解説

  • 11

    有限小数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効桁で表せる小数

    解説

  • 12

    有効桁数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効数字の桁数

    解説

  • 13

    アンダアフロオ(アンダーフロー)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演算結果が小さくなりすぎて表現できないこと

    解説

  • 14

    打ち切り誤差

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無限の計算結果を有限で打ち切ることによる誤差

    解説

  • 15

    オオバフロオ(オーバフロー)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有限桁の範囲を超えること

    解説

  • 16

    ベン図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集合を視覚的に分かりやすく表す図

    解説

  • 17

    丸め誤差

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四捨五入などによる誤差

    解説

  • 18

    積集合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A・AND・B

    解説

  • 19

    対称差集合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どちらかの条件に当てはまるものから両方の条件を引いたもの。XOR

    解説

  • 20

    補集合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 否定。NOT

    解説

  • 21

    論理演算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを論理で表現し、その組合せを演算すること

    解説

  • 22

    正規分布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均値の付近に集積するようなデエタ(データ)の分布を表した連続的な変数に関する確率分布

    解説

  • 23

    無向グラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方向性がないグラフ

    解説

  • 24

    有向グラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方向が決まっているグラフ

    解説

  • 25

    確定分布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 到着時間やサアビス(サービス)時間が一定であることを指す。待ち行列モデルのD

    解説

  • 26

    サアビス(サービス)時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実作業にどれくらい時間がかかるか

    解説

  • 27

    指数分布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアビス(サービス)時間が一定ではなくランダム

    解説

  • 28

    動的NAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接続ごとに動的に対応させるNAT

    解説

  • 29

    閉路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グラフのようなルウプ(ループ)

    解説

  • 30

    窓口の数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つの列に対して窓口がいくつあるか

    解説

  • 31

    ポアソン分布

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 到着率が一定でなくランダムな待ち行列モデルの到着率

    解説

  • 32

    待ち行列

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある列に並ぶときに平均でどれくらい待たされるか

    解説

  • 33

    利用率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ρ。ロオ(ロー)

    解説

  • 34

    エントロピイ(エントロピー)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均情報量

    解説

  • 35

    自己エントロピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択情報量

    解説

  • 36

    情報量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある事象が起きた時、それがどれくらい起こりにくいかを表す尺度

    解説

  • 37

    選択情報量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある事象が起こるときの情報量

    解説

  • 38

    平均情報量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体の平均をとったときに情報量

    解説

  • 39

    圧縮の限界値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均情報量を求めることで限界値に近い値となる

    解説

  • 40

    オオトマトン(オートマトン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 状態の繊維を表すシステムのモデル

    解説

  • 41

    有限オオトマトン(オートマトン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 状態や繊維の数を有限個で表すことができるオオトマトン(オートマトン)

    解説

  • 42

    木の走査順

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グラフ理論の木の順番

    解説

  • 43

    後置表記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左の葉から順に読み、葉をすべて読めば節点を読む

    解説

  • 44

    前置表記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 節点から読み、節点以下の葉を順に読む

    解説

  • 45

    中値表記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉、節点、葉の順に読む

    解説

  • 46

    ポオランド(ポーランド)表記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前置表記法

    解説

  • 47

    BNF記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文法などの形式を定義するために用いられる言語。プログラムの言語などの定義に利用され、再帰を使う

    解説

  • 48

    オオダ(オーダ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計算量

    解説

  • 49

    O-記法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計算量を表す表記法

    解説

  • 50

    バブルソオト(ソート)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隣り合う要素を比較して入れ替えていくアルゴリズム。計算量はO「n2乗」

    解説

  • 51

    誤り検出・訂正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つの装置間で通信を行う時に発生するデエタ(データ)の送信誤りの検出・訂正

    解説

  • 52

    偶数パリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1の数が偶数になるようにパリティビットを付加する

    解説

  • 53

    垂直パリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1の数が奇数になるようにパリティビットを付加する

    解説

  • 54

    パリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある数字の合計が奇数か偶数かによって通信の誤りを検出する技術

    解説

  • 55

    ECCメモリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハニング符号による誤り訂正ができるメモリのこと

    解説

  • 56

    水平パリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタを横方向で見て全体で誤りがないかチェックする

    解説

  • 57

    サンプリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを抜き出すこと

    解説

  • 58

    バースト誤り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケーブルの不良や混戦などによって誤りが一度にまとめておこること

    解説

  • 59

    標本化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連続のデータを一定の間隔でサンプリングすること

    解説

  • 60

    符号化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デジタル値を2進数に変換すること

    解説

  • 61

    量子化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンプリングしたアナログの値をデジタルに変換すること

    解説

  • 62

    D/A変換

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デジタルアナログ変換

    解説

  • 63

    A/D変換

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナログデエタをデジタルデエタ(データ)に変換

    解説

  • 64

    サンプリング周波数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナログ信号をデジタル信号化するときの単位時間当たりの標本化回数

    解説

  • 65

    ジャイロセンサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物体の角度や角速度を測定するもの

    解説

  • 66

    制御システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の機器を制御するシステム

    解説

  • 67

    センサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動きや温度などを計測するために機構

    解説

  • 68

    後入れ先出し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタック

    解説

  • 69

    静的配列

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じデエタ型のデエタをあらかじめ決めた数しか収納できない配列

    解説

  • 70

    動的配列

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタの数に応じて可変長の配列とすることが可能

    解説

  • 71

    pop操作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタを取り出す操作

    解説

  • 72

    push操作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタックにデエタを入れる操作

    解説

  • 73

    キュウ(キュー)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先入先出し

    解説

  • 74

    優先度付きビュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタに優先度をつける

    解説

  • 75

    dequeue操作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタを取り出す作業

    解説

  • 76

    enqueue操作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キュウ(キュー)にデエタを入れる操作

    解説

  • 77

    環状リスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最後尾のデエタから先頭に戻って環状につなげるリスト

    解説

  • 78

    双方向リスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次のデエタへのポインタのみをもつリスト

    解説

  • 79

    単方向リスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前と次へのポインタを持つリスト

    解説

  • 80

    多分木

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子ノオドが3つ以上もてるもの

    解説

  • 81

    二分木

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子ノオドの数が二つまでに限定されるもの

    解説

  • 82

    AVL木

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二分探索木を完全二分木に整列

    解説

  • 83

    B木

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完全多分木で二分探索木の多分木バアジョン

    解説

  • 84

    ダイクストラの基本三構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順次・選択・繰返し

    解説

  • 85

    トレエス「トレース」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラミングを1行1行追って確認していくこと

    解説

  • 86

    流れ図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロオチャアト(フローチャート)

    解説

  • 87

    線形探索

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先頭から順に探索していく単純アルゴリズム。平均探索回数はn/2回。計算量はO「n」

    解説

  • 88

    オオプンアドレス法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次の空き位置にデエタを格納するシノニムの解決法

    解説

  • 89

    シノニム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 違うデエタでハッシュ値が異なる問題

    解説

  • 90

    チェイン法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シノニムデエタを線形リストによって管理するシノニムの解決法

    解説

  • 91

    選択ソオト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大値を検索し、それを繰り返していく。計算量はO「n2乗」

    解説

  • 92

    挿入ソオト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新たに要素を一つずつ適切な位置に挿入する操作を繰り返すアルゴリズム。計算量はO「n2乗」

    解説

  • 93

    ヒイプソオト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒイプを構成し、その大小を比較していく。計算量はO「nlogn」

    解説

  • 94

    マアジソオト(マージソート)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度すべて分割し、それをマアジ「併合」していく。計算量はO「nlogn」

    解説

  • 95

    ボイヤ・ムウア(ムーア)法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字列処理の効率的な探索方法。BM法

    解説

  • 96

    文字列処理のアルゴリズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字列を探索、置換する

    解説

  • 97

    再帰のアルゴリズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分自身を呼び出すことができるプログラム

    解説

  • 98

    再入可能プログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムが使用中でも再度入ってもう一度起動させるこドができるプログラム

    解説

  • 99

    逐次再利用可能プログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度に一つずつしか処理を行わない再入可能プログラム

    解説

  • 100

    リユーザ(リユーザ)ブルプログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度使用したプログラムを再度使用できるプログラム

    解説

  • 101

    再配置可能プログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムをメモリ上で再配置することが可能なプログラム

    解説

  • 102

    リロケエタ(ケータ)ブルプログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再入可能プログラム

    解説

  • 103

    アセンブリ言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械語と一対一で対応させることで書きやすくした言語。機械を置き換えただけ。

    解説

  • 104

    機械語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタが理解できる2進数の機械語。マシン語

    解説

  • 105

    高級言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間にとって分かりやすい形式で書かれた言語。COBOL、FORTRAN。高水準言語

    解説

  • 106

    機造化言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C,Pascalなどの選択、繰返しを用いる言語

    解説

  • 107

    関数型言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関数の定義とその呼出しでプログラムを記述する言語

    解説

  • 108

    手続型言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理手順を1行1行追って記述する言語。通常のプログラム言語

    解説

  • 109

    メモリリーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリを開放しない

    解説

  • 110

    シェルスクリプト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • UNIX上でシェルを動かすためのもの

    解説

  • 111

    論理型言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理式でプログラムを記述する言語。人工知能に用いる

    解説

  • 112

    シェル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者からの支持をコマンドで受け付けてプログラムを起動、制御する

    解説

  • 113

    共通言語基盤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム言語やコンピュウタアアキテクチャに依存しない環境を定義したもの

    解説

  • 114

    ハイパーテキスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他のペエジへのリンクを埋め込むことができるテキスト

    解説

  • 115

    データ定義言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタのデエタを定義するための言語や言語の要素

    解説

  • 116

    整形式XML文書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DTDの定義は存在せず、XMLの文法に従っている

    解説

  • 117

    妥当なXML文書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DTDの定義に適合しており、整形式XMLでもある

    解説

  • 118

    制御装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムの制御を行うプログラム内蔵方式

    解説

  • 119

    プログラム内蔵方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタの内部にプログラムを記憶させることで様々な処理ができる

    解説

  • 120

    バス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタ内部でデエタをやり取りする伝送路

    解説

  • 121

    プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタ内部でコンピュウタを動作させるためのハアドウェア

    解説

  • 122

    クロック周波数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1秒間に何クロック実行できるかを表す数値

    解説

  • 123

    スーパーパイプライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パイプラインをさらに細分化して一度に実行できる命令数を増やす

    解説

  • 124

    スーパースカラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パイプラインのステエジを複数同時に実行させることで効率化を実現する

    解説

  • 125

    パイプラインハザード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の命令を実行する場合にその関係から命令の処理を中断しなければならない状況

    解説

  • 126

    超長命令語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VLIW

    解説

  • 127

    疎結合マルチプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のプロセッサに別々のメモリを割り当てたもの

    解説

  • 128

    マルチプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のプロセッサを同時に稼働させて高速化を図る方法

    解説

  • 129

    密結合マルチプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のプロセッサがメモリを共有するもの

    解説

  • 130

    外部割込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム外部からの割込み

    解説

  • 131

    機械チェック割込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外部割込みで、ハアド(ハード)ウェアの異常が検出されたときに行われる

    解説

  • 132

    コンソール割込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外部割込みで、コンソオル(コンソール)からスイッチが行われたときにおこる

    解説

  • 133

    プログラム割込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部割込みで、プログラム内で0の割り算やオオバアフロオ(オーバーフロー)が起こった時に発生する

    解説

  • 134

    SVC割込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSにプログラムが処理を依頼するときに行う

    解説

  • 135

    ページフォールト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部割込みで、存在しないペエジにアクセスする時

    解説

  • 136

    エンディアン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数バイトにデエタを格納する時に、それをメモリに配置する方式

    解説

  • 137

    ビッグエンディアン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの上位から順番にメモリを並べる方式

    解説

  • 138

    主記憶装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの下位バイトから順に並べる方式

    解説

  • 139

    ネットワークバイトオーダ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべてビッグエンディアンに変換してから送信すること

    解説

  • 140

    マスクROM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書き換えが不可能

    解説

  • 141

    キャッシュメモリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロック単位で消去や書込みを行う

    解説

  • 142

    ダイレクトマップ方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリのアドレスごとにキャッシュメモリの格納場所が一つに決まる方式

    解説

  • 143

    フルアソシアティブ方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレスによる振り分けを行わず、キャッシュメモリの空いているブロックならどこでも使える方式

    解説

  • 144

    連想メモリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セット・フルアソシアティブ方式で使用している、検索を高速化する方法

    解説

  • 145

    ライトスルー方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセッサがキャッシュメモリに書き込みを行ったとき、その内容を同時にメモリにも転送する方式

    解説

  • 146

    キャッシュメモリのヒット率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタがキャッシュメモリにある確率

    解説

  • 147

    メモリインタリーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッシュメモリ以外の、CPUとメモリのデエタ転送を高速化する技術

    解説

  • 148

    ファーストフィット方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレスの下位から順に検索し、最初に見つかった空き領域を割り当てる方式

    解説

  • 149

    ベストフィット方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要求された大きさを満たす最小のものを割り当てる方式

    解説

  • 150

    シリアルバス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ビットずつ順番にデエタを転送するバス

    解説

  • 151

    パラレルバス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタの複数ビットをひとかたまりにして複数の伝送路で送るバス

    解説

  • 152

    シリアルATA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラレルATAをシリアルバスにして高速化したインタフェース規格

    解説

  • 153

    チャネル制御方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専用ハアドウェアのチャネル装置を用いて、CPUを通さずにデエタ通信を行う

    解説

  • 154

    DMA制御方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DMAコントロオラを用いて、メモリと入出力装置間やメモリとメモリ間のデエタ転送をCPUを通さずに行う

    解説

  • 155

    メモリマップドI/O方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶の中に入出力専用のアドレス空間がある方式

    解説

  • 156

    I/OマップドI/O方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入出力機器を主記憶とは分け、分離したアドレス空間を用意する方式

    解説

  • 157

    CRTディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラウン管を利用したディスプレイ

    解説

  • 158

    STN液晶ディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純マトリクス方式。旧TFT液晶ディスプレイ

    解説

  • 159

    TFT液晶ディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薄型トランジスタを用い、各液晶にアクティブ素子を配置させた方式(アクティブマトリクス方式)

    解説

  • 160

    プラズマディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガラス版にガスを注入し、高い電圧をかけて発光させる。応答速度が速く、消費電力が大きい

    解説

  • 161

    有機ELディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電圧をかけると発光する物理現象を利用。低電力で高い輝度を得る

    解説

  • 162

    デュプレックスシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つのシステムを使用し、片方は待機。

    解説

  • 163

    ウォームスタンバイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すぐに稼働できない状態で待機。切換えに時間がかかる

    解説

  • 164

    コールドスタンバイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 稼働しないで待機。最も時間かかる

    解説

  • 165

    フェールオーバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故障した時自動的に従来システムに切り替えて稼働すること

    解説

  • 166

    コントローラ層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MVCで、ユウザの入力に対して応答し処理

    解説

  • 167

    データベースアクセス層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントサアバシステムで、デエタの管理を受け持つ層

    解説

  • 168

    ビュー層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MVCで、ユウザに表示

    解説

  • 169

    ファンクション層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントサアバシステムで、メインの処理やビジネスロジックを受け持つ層

    解説

  • 170

    モデル層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MVCで、デエタと手続き

    解説

  • 171

    ロジック層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントサアバシステムで、ビジネスロジックを受け持つ層

    解説

  • 172

    ストライピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数台のハアドディスクにデエタを分散することで高速化したもの。RAID0。

    解説

  • 173

    ミラーリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数台のハアドディスクに同時に同じデエタを書き込む。RAID1。

    解説

  • 174

    パリティディスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RAID3,4,6に出現する謎の単語

    解説

  • 175

    フォールトトレランス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの一部で障害が起こっても、全体でカバーして機能停止を防ぐ手法

    解説

  • 176

    フールプルーフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユーザが間違った操作をしても危険な状態にならないようにする設計

    解説

  • 177

    フェールソフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムに障害が発生した時、最低限のシステムの稼働を続ける方法

    解説

  • 178

    フォールトアボイダンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個々の機器の障害が起こる確率を下げる

    解説

  • 179

    フォールトマスキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故障発生時、影響が発生しないようにする方式

    解説

  • 180

    クラスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のコンピュータを結合してひとまとまりにしたシステム

    解説

  • 181

    アクセス透過性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どこにあるプログラムも同じ操作で利用できること

    解説

  • 182

    ゲストOS方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSの上にアプリケエションをインストオルして仮想マシンを実行するサアバ仮想化方式

    解説

  • 183

    シンクライアント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんどの処理をサーバ側で行う方式

    解説

  • 184

    パイパーバイザ方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理マシンに仮想OSを直接インストオルするサアバの仮想化方式

    解説

  • 185

    ピアツーピア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアバを介さず、端末同士で対等に通信を行う方式

    解説

  • 186

    分散処理システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のプログラムが並列的に複数台のコンピュウタで実行され、それらが通信しあって一つの処理を行うシステム

    解説

  • 187

    シンプロビジョニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハアドディスクなどのストレエジを仮想化する手法

    解説

  • 188

    スケールアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアバの数を増やすことで性能を上げる方法

    解説

  • 189

    スケールアップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアバのハアドウェアを高性能なものにする方法

    解説

  • 190

    応答時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レスポンスタイム。データの応答が開始されるまでの時間。

    解説

  • 191

    ターンアラウンドタイム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタの入力が始まってから、応答が完全に終わるまでの時間のこと

    解説

  • 192

    キャパシティプランニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムに求められるサアビスレベルから、システムに必要な処理能力などを見積もり、システム構成を計画すること

    解説

  • 193

    スループット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単位時間あたりにシステムが処理できる処理数

    解説

  • 194

    モニタリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムを実際に稼働させてその性能を測定する手法

    解説

  • 195

    ベンチマーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの処理速度を計算するための指標

    解説

  • 196

    サイジング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムに必要な規模や性能を見極めて構成要素を用意すること

    解説

  • 197

    保全性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RASISのI。障害時における消失の起こりにくさ。完全性と同じ

    解説

  • 198

    ワークロード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタ資源の利用状況、負荷状況のこと

    解説

  • 199

    完全性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RASISのI。障害時における消失の起こりにくさ。保全性と同じ

    解説

  • 200

    保守性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RASISのSで、障害児のメンテナンスのしやすさ。MTTRが用いられる

    解説

  • 201

    チューニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイジングで見積もった量が、テスト環境で評価を行い、チュウニングを繰り返すこと。

    解説

  • 202

    平均故障間隔

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MTBF

    解説

  • 203

    平均復旧時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MTTR

    解説

  • 204

    機密性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RASISのS。情報漏えいや不正侵入の起こりにくさ

    解説

  • 205

    ブートストラップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSを起動する一連の流れ

    解説

  • 206

    ジョブ管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のジョブの起動や終了を制御し、それぞれのジョブの実行や終了の状態を管理する

    解説

  • 207

    スプーリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリなどに出力内容を保存し、出力装置が処理を受け付けるようになったら出力を行う方式

    解説

  • 208

    スレッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムの最小の実行単位

    解説

  • 209

    データ管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補助記憶装置へのアクセスを管理すること

    解説

  • 210

    入出力管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入出力装置へのアクセスを管理すること

    解説

  • 211

    マルチタスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度に複数のタスクを動かすことができる

    解説

  • 212

    タスク管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動作中のプログラムを管理すること

    解説

  • 213

    記憶管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュウタ上の記憶を管理

    解説

  • 214

    仮想記憶管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶が足りないときに用いる

    解説

  • 215

    実行可能状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスクが生成されるとなる

    解説

  • 216

    実行状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUに空きができるとなる

    解説

  • 217

    処理時間順方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスクの処理時間が短いものから順に処理を行う

    解説

  • 218

    タイマクォンタム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つのタスクに割り当てられた時間

    解説

  • 219

    到着順方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスクを到着順で処理する

    解説

  • 220

    イベントドリブンプリエンプション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 割込みによってタスクの切換えを行うイベントドリブン方式と、プリエンプション方式を組み合わせた方式

    解説

  • 221

    多段フィードバック待ち行列

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高い優先度の待ち行列から順次処理していくタスクのスケジューリング方式

    解説

  • 222

    プリエンプション方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 優先度の高いタスクが実行可能状態になると、プリエンプションを発生させるタスクのスケジューリング方式

    解説

  • 223

    優先度順方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスクを優先度順で処理

    解説

  • 224

    ラウンドロビン方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つ一つのタスクに同じタイムクォンタムを割り当て、一定時間ごとに順番に処理を回していく方式

    解説

  • 225

    オーバレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あらかじめプログラムを分けて補助記憶装置に格納しておき、必要な部分だけ主記憶装置に置くやり方

    解説

  • 226

    スワッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他のタスクがメモリを使えるように開放すること

    解説

  • 227

    スワップアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリからスワップに取り出すこと

    解説

  • 228

    スワップイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スワップからメモリに戻すこと

    解説

  • 229

    ページアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリから仮想記憶に取り出すこと

    解説

  • 230

    ページイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮想記憶からメモリに戻すこと

    解説

  • 231

    ページング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムを固定長のペエジに分け、ペエジごとに補助記憶装置の仮想記憶領域に取り出すこと

    解説

  • 232

    仮想記憶

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリより大きな領域をメモリ空間として利用できるようにする技術

    解説

  • 233

    ロールアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリから仮想記憶にデータを追い出すこと

    解説

  • 234

    ロールイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮想記憶からメモリにデータを戻すこと

    解説

  • 235

    スタック領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一時的にデエタを置くための領域

    解説

  • 236

    ヒープ領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動的に確保可能な記憶領域

    解説

  • 237

    メモリコンパクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶領域で使用中の領域を一か所にまとめて使用していないメモリ領域を削除する

    解説

  • 238

    カーネル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSの中枢となる部分

    解説

  • 239

    ミドルウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSとアプリケーションソフトウェアの中間に位置するソフトウェア

    解説

  • 240

    開発フレームワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム開発を標準化して効率的に進めるための枠組み

    解説

  • 241

    絶対パス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルウト(ルート)からのパス

    解説

  • 242

    相対パス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるディレクトリからのパス

    解説

  • 243

    アサーションチェッカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム中に論理的に成立すべき条件を登録して、満たしているかチェックするツウル

    解説

  • 244

    インスペクタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デバッグ時にデエタ内容を表示するためのツウル

    解説

  • 245

    チェックアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リポジトリからデエタを取り出すこと

    解説

  • 246

    チェックイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リポジトリにデータを登録すること

    解説

  • 247

    トレーサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デバッグ時に実行経路を表示するツウル

    解説

  • 248

    CASEツール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各工程の効率化や自動化を目的にする開発ツウル

    解説

  • 249

    スナップショット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一時のストレエジ(ストレージ)の状態を記録するツウル

    解説

  • 250

    アセンブラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセンブリ言語を機械語に翻訳するツウル

    解説

  • 251

    インタプリタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソオスコオドを順番に解釈しながら実行するツウル

    解説

  • 252

    局所最適化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 局所参照性を増大させ、アクセス効率を高める

    解説

  • 253

    局所参照性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリ内の近い位置を参照すること

    解説

  • 254

    クロスコンパイラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンパイラが動作している環境以外に向けて実行ファイルを作成するツウル

    解説

  • 255

    プログラムジェネレータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 設定したパラメタからプログラム言語のソオスコオドを自動生成するツウル

    解説

  • 256

    ループ最適化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルウプ内で変化がない処理をルウプ外に移動させるなど、ルウプ内の処理量を減らす

    解説

  • 257

    ループ不変式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルウプ内で変化がない処理

    解説

  • 258

    インライン展開

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関数そのもののコードを展開し、関数を呼び出さないようにすること

    解説

  • 259

    プロシージャ間最適化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソオスコオド全体を解析して最適化すること

    解説

  • 260

    デュアルライセンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つのソフトウェアを異なる2種類以上のライセンスで配布する形態。

    解説

  • 261

    BSDライセンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSSで、GPLに比べて制限がすくない。無保証で著作権を表示するのみ必要

    解説

  • 262

    NAND回路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造りやすく、NANDのみでほかの回路を表せる

    解説

  • 263

    XOR回路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排他的論理和

    解説

  • 264

    カスタムIC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者が要求する特定の用途に特化したIC

    解説

  • 265

    システムLSI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組込みシステム製品の電子回路を1チップに集約した半導体製品

    解説

  • 266

    半導体素子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半導体による電子部品

    解説

  • 267

    インターバルタイマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定間隔でCPUに対して割込みを発生させるタイマ

    解説

  • 268

    エレクトロマイグレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電流が過度に流れ配線が遮断されるなど、半導体素子が不良になる現象のこと

    解説

  • 269

    サイリスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P型半導体とN型半導体が交互にPNPNと4層に接合した素子

    解説

  • 270

    ストレスマイグレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械的な力によって配線が遮断されるなど、半導体素子が不良になる現象

    解説

  • 271

    ラッチアップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半導体素子で、期待していない位置に発生したトランジスタやサイリスタが原因で、回路に不具合が起こること

    解説

  • 272

    ESD破壊

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静電気放電によりデバイスが劣化、故障すること

    解説

  • 273

    アクセシビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者や障害者などを含む様々な人がサービスや製品などを利用できる度合い

    解説

  • 274

    インフォメーションアーキテクチャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報を分かりやすく伝えたり、情報を探しやすくしたりするための表現技術

    解説

  • 275

    ヒューマンインタフェース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 操作画面を使いやすくすること

    解説

  • 276

    ヒューリスティックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経験則より原則を生み出し、それを利用しようとするもの

    解説

  • 277

    ユーザビリティテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際にユウザに使ってもらいながら問題点を見つけるテスト

    解説

  • 278

    ユーザビリティ評価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユウザビリティの専門家が経験に基づいて評価を行う

    解説

  • 279

    アンチエイリアシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CGで、曲線のギザギザを目立たなくする技術

    解説

  • 280

    フィックス型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各ペエジを画像で格納し、作成時と同じレイアウトで表示するEPUBの型

    解説

  • 281

    ベクターイメージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 点で結ばれた線で図形を表すCGの方法

    解説

  • 282

    ラスターイメージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 画像を画素で表すCGの方法

    解説

  • 283

    リフロー型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSSを利用して、表示する環境に合わせてレイアウトを変更することができるEPUBの型

    解説

  • 284

    サーフェスモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物体を面の集合として表現する3DCGのモデル

    解説

  • 285

    ソリッドモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物体の中身の詰まった固形物として扱う3DCGのモデル

    解説

  • 286

    クリッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 画像の一部のみを切り抜いたり表示したりして、ほかの部分を表示させない3DCGの手法

    解説

  • 287

    ボリュームレンダリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 与えられた空間デエタのみから輝度を計算する3DCGの方法

    解説

  • 288

    メタボール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物体を球や楕円体の集合としてモデル化する3DCGの方法

    解説

  • 289

    ラジオシティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光の相互作用を利用して表面の明るさを決定する3DCGの方法

    解説

  • 290

    レンダリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計算によって画像化する3DCGの方法

    解説

  • 291

    Zバッファ法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隠れた面を消去する3DCGの方法

    解説

  • 292

    シェーディング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗黙のコントラストで立体感を与える3DCGの方法

    解説

  • 293

    階層型データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタ同士の関係は階層型の親子関係でポインタで表す、もっとも古くからある手法。

    解説

  • 294

    関係データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テエブル間の関連でデエタを表現するデエタベエス。現在の主流

    解説

  • 295

    ネットワーク型データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 階層型で表現できない、子が複数の親を持つ状態

    解説

  • 296

    内部スキーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタベエスの性能改善を行う際、変更を行う場所

    解説

  • 297

    概念スキーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを具体的に表現したもの

    解説

  • 298

    物理データモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 概念スキーマと内部スキーマの間の独立性

    解説

  • 299

    論理データモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 概念スキーマと外部スキーマの間の独立性

    解説

  • 300

    ビュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタベエスにて、外部スキーマで定義

    解説

  • 301

    インデックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタベエスにて、内部スキーマで定義

    解説

  • 302

    質問処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クエリ処理

    解説

  • 303

    メタデータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データについてのデータ

    解説

  • 304

    メタデータ管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データとそのメタデータを管理

    解説

  • 305

    トップダウンアプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体から部分に落とし込むアプローチ。新しい機能を追加する際に使用

    解説

  • 306

    更新後異常

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この更新後異常を削除することがDBの正規化の目的

    解説

  • 307

    ボトムアップアプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部分から全体にまとめていくアプローチ。システムが存在する場合に使用

    解説

  • 308

    関数従属性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで属性Aが決まれば属性Bも決まること

    解説

  • 309

    完全関数従属

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべての属性が候補キーの全部に関数従属していること。

    解説

  • 310

    第一正規形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドメインがシンプルであること

    解説

  • 311

    第三正規形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二正規形ですべての非キー属性がいかなる候補キーにも推移的に関数従属していないこと

    解説

  • 312

    ドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBのひとまとまりのデエタが入るスぺエス

    解説

  • 313

    部分関数従属性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 候補キーの一部分のみの属性に関数従属が存在すること

    解説

  • 314

    推移的関数従属

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推移的な関数従属が存在すること

    解説

  • 315

    エンティティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実体

    解説

  • 316

    カーディナリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対応するデエタがないこともあるということ

    解説

  • 317

    一意性制約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで、一つの列に同じ値を入れることができない制約

    解説

  • 318

    カスケード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対応するテエブルのデエタを消してくれるDBのオプション

    解説

  • 319

    主キー制約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで一意性制約と非ナル制約を合わせたもの

    解説

  • 320

    ドメイン制約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで、デエタの値一つ一つに制約をかけること

    解説

  • 321

    非ナル制約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでデエタにNULLを許さない

    解説

  • 322

    オブジェクトリレーショナルマッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来の関係デエタべエスを利用してオブジェクト指向のデエタを連携する手法

    解説

  • 323

    非正規化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正規化をあえて崩すパフォオマンス設計の手法

    解説

  • 324

    O-Rマッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オブジェクトリレエショナルマッピング

    解説

  • 325

    XMLデエタベエス(データベース)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • XMLのツリイ構造をそのままデエタベエスで格納するためのもの

    解説

  • 326

    外部結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで、片方のテエブルだけに存在する行を選択する

    解説

  • 327

    結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで、直積、選択、射影を組み合わせた操作

    解説

  • 328

    自然結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで、両方に共通する行を選択する

    解説

  • 329

    射影

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 列を取り出す操作

    解説

  • 330

    選択

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行を取り出す操作

    解説

  • 331

    データ操作言語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SQL-DML

    解説

  • 332

    SELECT文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表示するだけのデータ操作言語

    解説

  • 333

    FROM句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用する表名

    解説

  • 334

    GROUP BY句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループ化

    解説

  • 335

    HAVING句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループ化後の選択条件

    解説

  • 336

    JOIN句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結合

    解説

  • 337

    ORDER BY句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定された列を使って整列

    解説

  • 338

    WHERE句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行を選択する条件を記述。SELECT文

    解説

  • 339

    delete文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 削除

    解説

  • 340

    DELETE文

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SQLの文法で、データを更新する

    解説

  • 341

    相関副間合せ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外と中のSQL文を結び付けた間合せ

    解説

  • 342

    副間合せ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SQL文の中でSQL文を呼び出すこと

    解説

  • 343

    UNION句

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SELECT文を合わせる

    解説

  • 344

    カーソル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで一連のデエタに順にアクセスするための仕組み

    解説

  • 345

    一貫性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASIDのS。デエタは実行前と後で整合性を持ち、一貫したデエタを確保しなければならない

    解説

  • 346

    原子性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASIDのA。トランザクションはコミット又はロールバックで終わらなければいけない

    解説

  • 347

    耐久性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASIDのD。一度コミットしたらそのデエタは障害時にも回復しなければならない

    解説

  • 348

    独立性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASIDのI。Aで変更中のデータをBで変更してはいけない

    解説

  • 349

    ACID特性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技術的に満たすべきトランザクションの四つの特性

    解説

  • 350

    排他制御

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで一度に一つのデエタしか更新が行えないようにする

    解説

  • 351

    共通ロック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでデエタの参照は自由に行えるようにすること

    解説

  • 352

    占有ロック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでデエタを更新する際に他のトランザクションに見えないようにする

    解説

  • 353

    単調減少

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでロック解除する時はずっと外した状態にしておくこと

    解説

  • 354

    単調増加

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでロックする時にずっとかけ続けること

    解説

  • 355

    デッドロック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBでロックのために互いのデエタが使用可能になるのを待ち続けて、互いに動けない状態になること

    解説

  • 356

    2相ロック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単調増加と単調減少を行い、DBの矛盾を起こりにくくすること

    解説

  • 357

    ロールバック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DBで障害が発生した時に発生前の状態に戻すこと

    解説

  • 358

    データウェアハウス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OLAPで、色々な次元での分析を可能にする、多次元データの集まり

    解説

  • 359

    データクレンジング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OLAPで、複数の関係DBを結合する場合に行う

    解説

  • 360

    ファクトテーブル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OLAPで、抽出したデエタを格納する先

    解説

  • 361

    スタースキーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分析軸を基にデエタの分析を繰り返すOLAPのER図の構造。

    解説

  • 362

    スライシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多次元のデエタを2次元の表に切り取るデエタウェアハウスの操作

    解説

  • 363

    ドリリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分析を詳細にしたり、集計したりして変更するデエタウェアハウスの操作

    解説

  • 364

    分散データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DB中のデエタを複数のDBに分散配置したDB

    解説

  • 365

    2相コミット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の場所に置かれたシステムでも、全体で一つのシステムとして動く必要がある仕組み

    解説

  • 366

    データマイニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタ解析手法を適応することで新しい知見を取り出す技術

    解説

  • 367

    グリッド・コンピューティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビッグデエタを取り扱うための技術

    解説

  • 368

    回線交換

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固定電話の回線などで使用されている

    解説

  • 369

    電気通信事業者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主にWANを管理

    解説

  • 370

    セション層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通信するプログラム間で会話を行う

    解説

  • 371

    データリンク層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワアク上で隣の通信機器まで配送されるように管理

    解説

  • 372

    物理層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的な接続を管理

    解説

  • 373

    トランスポート層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通信の信頼性を管理

    解説

  • 374

    リピータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気信号を増幅して整形する装置

    解説

  • 375

    リピータハブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リピイタの機能で複数の回線に中継するもの

    解説

  • 376

    ゲートウェイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランスポート層以上で、デエタを中継する必要がある場合に用いる

    解説

  • 377

    ブリッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタリンク層の情報「MACアドレス」に基づき、通信を中継するかどうかを決める装置

    解説

  • 378

    ルータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワアク層の情報「IPアドレス」に基づき、通信の中継先を決める装置

    解説

  • 379

    ルーティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルウティングテエブルによって中継先を決める動作

    解説

  • 380

    レイヤ三スイッチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スイッチングハブの機能にルウティングの機能を加えたもの

    解説

  • 381

    VoIPゲートウェイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電話の音声をデジタルデータに変換して送出する

    解説

  • 382

    トークンリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トークンを持ったもののみが通信できるLANの方式

    解説

  • 383

    ステルス機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無線LANのアクセスポイントを周囲に知らせない機能

    解説

  • 384

    チャネルボンディング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の周波数帯を結合する無線LANの技術

    解説

  • 385

    ローミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセスポイントが変わっても接続が維持されること

    解説

  • 386

    ANY接続拒否

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ANYをESS-IDに持つクライアントからの接続を受け付けない

    解説

  • 387

    RTS/CTS方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセスポイントにRTSフレームを送信し、CTSフレームを返信する方式

    解説

  • 388

    仮想LAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VLAN。一つのスイッチに接続されているPCを論理的に複数のネットワークに分ける仕組み

    解説

  • 389

    検疫VLAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウイルス対策として専用のVLANに隔離する

    解説

  • 390

    認証スイッチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スイッチのポート一つ一つで認証を行い、アクセス制御を行うスイッチ

    解説

  • 391

    MACアドレス認証

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MACアドレスを基にアクセスを制御する認証

    解説

  • 392

    カテゴリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ツイストベースケーブルの規格

    解説

  • 393

    センサネットワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数センサ付きの無線端末が、互いに協調して環境や物理的状況のデエタを採取する無線ネットワアク

    解説

  • 394

    電力線通信

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電力線を通信回路として利用する技術

    解説

  • 395

    10GBASE-T

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転送速度が10G。めちゃ早い

    解説

  • 396

    TCP/IPプロトコルスイート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットや多くのネットワークで使われるプロトコル

    解説

  • 397

    ネットワークインタフェース層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理層、データリンク層

    解説

  • 398

    ブロードキャスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全員向けのパケット

    解説

  • 399

    ユニキャスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手だけに向けたパケット

    解説

  • 400

    サブネットマスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワークアドレスの部分を1、ホストアドレスの部分を0で示したアドレス表記

    解説

  • 401

    ネットワークアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべてのビットが0のIPアドレス

    解説

  • 402

    ブロードキャストアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべてのびっとが1のIPアドレス

    解説

  • 403

    3ウェイ・ハンドシェイク方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TCPで信頼性を確保するために3段階でコネクションを確立すること

    解説

  • 404

    内部統制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健全かつ効率的な組織運営のための体制を企業などが自ら構築し、運用する仕組み

    解説

  • 405

    エンドツーアンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IPアドレスを通信の最初から最後まで管理すること

    解説

  • 406

    リンクバイリンク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MACアドレスで、ネットワークごとにアドレスが変わること

    解説

  • 407

    静的NAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あらかじめ決められたIP1アドレス同士を対応させるNAT

    解説

  • 408

    リバースプロキシサーバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアバのアクセスを代行して受け付けるプロキシサアバ

    解説

  • 409

    IPマスカレード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAPTの別称

    解説

  • 410

    マルチキャストアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のノオドに割り当てられるアドレス

    解説

  • 411

    ユニキャストアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つのインタフェエスに割り当てられるアドレス

    解説

  • 412

    障害管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害時の記録を取り、対応を管理して次に役立てるネットワアク管理

    解説

  • 413

    性能管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワアクのトラフィック量や転送時間を管理

    解説

  • 414

    エージェント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルウタやスイッチ、サアバなどの監視されるネットワアク機器

    解説

  • 415

    マネージャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集中的にモニタリングして監視を行うためのサアバやPC

    解説

  • 416

    フレームリレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔のパケット交換サアビスを簡素化して高速化したネットワアク

    解説

  • 417

    スケーラビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張性

    解説

  • 418

    負荷分散

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理の負荷を複数のコンピュウタやプロセスに分散させること

    解説

  • 419

    ロードバランサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷分散を行うための専用の装置

    解説

  • 420

    アベイラビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可用性

    解説

  • 421

    ファーストアンサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーバの応答を確認し、最も応答が早かったサアバに接続する方式

    解説

  • 422

    ラウンドロビン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要求ごとに順番にサアバにセッションを振り分けていく方式

    解説

  • 423

    リーストコネクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接続コネクションを基に、接続が少ないサアバに振り分ける方式

    解説

  • 424

    真正性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主体又は資源が主張通りであることを確実にするセキュリティの特性

    解説

  • 425

    責任追跡性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるエンティティの動作が一意に追跡できるセキュリティの特性

    解説

  • 426

    否認防止

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある事象が起きたことを後になって否認されないよう証明するセキュリティの能力

    解説

  • 427

    暗号化鍵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗号化するときに使う鍵

    解説

  • 428

    暗号化技術

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平文を読めない文章に変換すること

    解説

  • 429

    共通鍵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共通鍵暗号方式で使用

    解説

  • 430

    公開鍵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開鍵暗号方式では、受信者の公開鍵を使用

    解説

  • 431

    秘密鍵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開鍵暗号方式では、受信者の秘密鍵を使用

    解説

  • 432

    楕円曲線暗号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楕円曲線状の離散対数問題を安全性の根拠とした方式

    解説

  • 433

    公開鍵基盤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開鍵暗号方式を利用した社会基盤

    解説

  • 434

    政府認証基盤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府が運営するPKI

    解説

  • 435

    ハイブリッド暗号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共通鍵を受信者の公開鍵で暗号化し、メエルに添付する暗号化方式

    解説

  • 436

    情報セキュリティ基本方針

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営陣によって承認される情報セキュリティの組織の基本的な考え方

    解説

  • 437

    リスクアセスメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスクの大きさを算出

    解説

  • 438

    インシデント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業継続を危うくする確率の高いもの。セキュリティ事故など

    解説

  • 439

    残留リスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスク対応の後に残ったリスク

    解説

  • 440

    リスクコントロール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何か行動することで対策すること

    解説

  • 441

    リスク最適化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損失の発生確率や被害額を減少させるような対策。一般的なセキュリティ対策

    解説

  • 442

    リスクファイナンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資金面で対応すること

    解説

  • 443

    リスク保有

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスクに対応せず、受容する

    解説

  • 444

    情報セキュリティ対策基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情セキュ基本方針と、リスクアセスメントの結果に基づいて対策基準を決める

    解説

  • 445

    情報セキュリティポリシ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織の情報資産を守るための方針や基準を明文化したもの

    解説

  • 446

    耐タンパ性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部の情報を読み取られることに対する耐性

    解説

  • 447

    二要素認証

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一長一短ある認証を二種類組み合わせたもの

    解説

  • 448

    コモンクライテリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IT関連製品や情報システムのセキュリティレベルを評価するための国際規格

    解説

  • 449

    ITセキュリティ評価及び認証制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IT関連製品のセキュリティ機能の適性性をISO/IEC15408に基づいて評価・認証する制度。JISEC

    解説

  • 450

    ISMS適合性評価制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ISO/IEC27000で定義された活動を実際に行っているかどうか

    解説

  • 451

    暗号モジュール試験及び認証制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗号モジュウルの認証制度

    解説

  • 452

    バッファオーバフロー攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バッファを超えるデエタを送り込むことにより動作不能にし、プログラムを上書きする攻撃

    解説

  • 453

    エスケープ処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SQLインジェクションの対策で、制御文字を置き換える

    解説

  • 454

    クロスサイトスクリプティング攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪意あるスクリプトをサイトに埋め込む攻撃

    解説

  • 455

    バインド機構

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SQLインジェクションの対策で、文字列を組み立てる際にSQL文を事前に組み立てておく方式

    解説

  • 456

    プリペアドステートメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各プログラム言語に用意された関数

    解説

  • 457

    辞書攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 辞書に出てくる用語をパスワードに入力する攻撃

    解説

  • 458

    スニッフィング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスワードを盗聴する攻撃

    解説

  • 459

    セッションハイジャック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セッションIDやクッキーを盗むことで別のユウザに成り済ます攻撃

    解説

  • 460

    パスワードクラック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスワアドを不正に取得する攻撃

    解説

  • 461

    パスワードリスト攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他サイトで取得したパスワードを利用した攻撃

    解説

  • 462

    フィッシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信頼できる機関を装い、偽のwebサイトに誘導する攻撃

    解説

  • 463

    ブルートフォース攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適当な文字列で力任せに攻撃を繰り返す攻撃

    解説

  • 464

    リプレイ攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認証情報の入ったパケットを取得し、送信するネットワークを盗聴する手法

    解説

  • 465

    Ddos攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 踏み台と呼ばれる複数のコンピュウタから一斉に攻撃を行う攻撃

    解説

  • 466

    DoS攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大量のパケットを送ることでサービスの提供を不能にする攻撃

    解説

  • 467

    標的型攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の企業や組織を狙った攻撃

    解説

  • 468

    不正アクセス対策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IDS/IPSなどの侵入検知/防止の対策を行う

    解説

  • 469

    マルウェア対策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最新のウイルス対策ソフトを使うなど、感染しない対策

    解説

  • 470

    ログ管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ログを収集し、完全性を管理

    解説

  • 471

    セキュアOS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セキュリティを強化したOS

    解説

  • 472

    ぺネトレーションテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サアバやファイアウォオルなどのシステムに対して疑似攻撃を行うテスト

    解説

  • 473

    無線LANセキュリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WEPやWPAで暗号化、IEEE802.1Xで認証などを行うこと

    解説

  • 474

    ロール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役割

    解説

  • 475

    アプリケーションゲートウェイ型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプリケエションプログラムごとに細かく中断可否を設定できるFW

    解説

  • 476

    パケットフィルタ型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IPアドレスとポオト番号を基にアクセス制御を行うFW

    解説

  • 477

    ファイアウォール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • FW。ネットワアクの中継地に設置され、パケットを中継したり破棄したりする機能

    解説

  • 478

    アノマリテーブル検出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IDSで、正常パタアン以外は異常とするもの

    解説

  • 479

    セキュアプログラミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム開発時に脆弱性を作りこまない容易にする

    解説

  • 480

    ゼロディ攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修正プログラムの提供前にセキュリティホオルを突かれる攻撃

    解説

  • 481

    テンペスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PCから発せられる微弱の電磁波から情報を盗み出す技術

    解説

  • 482

    ステガノグラフィ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データに秘密のメッセエジを埋め込む技術

    解説

  • 483

    ソーシャルエンジニアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の心理性などに付け込んで秘密情報を入手すること

    解説

  • 484

    タイムスタンプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デジタル署名付の時間

    解説

  • 485

    サブミッションポート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SMTP-AUTHに使用される特別なポオト

    解説

  • 486

    システム処理方式設計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Webシステム、クライアントサアバシステムなど、システムの処理方式を検討し決定する

    解説

  • 487

    システム方式設計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハアド、ソフトウェアの識別などのシステム方式の確立と、システム方式の評価をする

    解説

  • 488

    ウォークスルー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発に終わった人が集まり、相互に検討を行う場

    解説

  • 489

    システム結合テスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暫定的なテスト要求事項や予定を定義

    解説

  • 490

    モデレータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスペクションの責任者

    解説

  • 491

    状態遷移図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウェア要件定義で使用

    解説

  • 492

    ソフトウェア品目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体のソフトウェアを構成する一つ一つのコンテンツのこと

    解説

  • 493

    ソフトウェア要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウェアに関する部分を実現可能か検証し、文書化する

    解説

  • 494

    データ中心アプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務で扱うデエタに注目したアプロオチ

    解説

  • 495

    プロセス中心アプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセスに注目し、最終的に最小機能の単位であるモジュウルに分解する

    解説

  • 496

    ERモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DOAでモデル化するもの

    解説

  • 497

    外部実体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム外に存在するもの

    解説

  • 498

    データストア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デエタの保有場所

    解説

  • 499

    段階別詳細化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム全体のDFDを作成し、それぞれのプロセスを別のDFDに詳細に記述すること

    解説

  • 500

    現物理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現状のモデル

    解説

56636

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ