zuknow learn together

新しい教材を作成

関税暫定措置法、外国為替及び外国貿易法、その他の法令・条約

カード 26枚 作成者: DRose5150 (作成日: 2016/06/12)

  • 経済が開発途上にある国【固有の( )及び( )に関する制度を有する地域を含む。】であること。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    経済が開発途上にある国【固有の( )及び( )に関する制度を有する地域を含む。】であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発、貿易
    • 誤答選択肢 開発、政令

    解説

  • 2

    免税コンテナー又は免税部分品について管理者が変わることとなったときは、その変更前の管理者は、これらの物品の引き渡しの日から( )を経過する日までに、変更後の管理者に対し、これらの物品について再輸出期間その他必要な事項を通知しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5日
    • 誤答選択肢 7日
    • 1月
    • 2月

    解説

  • 3

    ATAカルネとは ( )の許可を受けた保証団体が発給する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務大臣
    • 誤答選択肢 税関長
    • 経済産業大臣

    解説

  • 4

    ATAカルネにより物品を輸入する者は、税関長に対して輸入申告又は保税運送承認申告をする前に、あらかじめATAカルネを保証団体に提示して、それが本物かどうかの確認を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 5

    ATAカルネにより輸入される物品に対する関税定率法第17条第1項に規定する再輸出期間は、その物品の輸入の許可の日からそのATAカルネの有効期間までとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 6

    輸入したコンテナーを事務所として使用とするときは、あらかじめ、その旨を税関長に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    承認を受けなければならない。

  • 7

    免税部分品を免税コンテナーの修理用に伴した時は、その免税部分品の管理者は、必要事項を記載した届出書をその修理の場所の所在地を所轄する税関長二提出しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 8

    NACCS法において電子計算処理組織とは、税関その他の関係行政機関の使用に係る電子計算機と輸出入関連業務を行うもの使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続したものを言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    輸出入港湾関連情報処理センター株式会社の使用に係る電子計算機、が抜けている

  • 9

    電子情報処理組織を使用して行われる輸入申告に対する許可の通知は、輸出入港湾関連情報処理センターの使用に係る電子計算機に備えられたファイルに記録された時に、通知の相手方に到達したものとみなす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    通知を受けるものの使用に係る電子計算機に備えられたファイルへの記録がされた時に処分の通知を受ける者に到達したものとみなす。

  • 10

    ATA条約の実施二伴う関税法等の特例に関する法律の規定では、通関手帳による輸入がされる物品の再輸出期間は、その物品の輸入許可の日から1年以内と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    通関手帳による輸入がされる物品の再輸出期間は、その物品の輸入許可の日から通関手帳の友好的の到来する日まで

  • 11

    絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約附属書2に掲げる貨物であっても、一時的に入国して出国する者が携帯して輸出する場合には、輸出の承認を要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    本邦から出国する際に携帯し又は別送して輸出する貨物は、原則として輸出の承認の特例を適用できるので、輸出の承認は不要となりますが、ワシントン条約該当品を輸出しようとする場合は、その特例適用の除外となる。

  • 12

    経済産業大臣の輸入割当を受けるべき貨物として公表された品目に該当する有償の貨物であっても、その総価格が18万円以下であれば当該輸入割当を受けることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    有償である場合は輸入割当を受ける。

  • 13

    経済産業大臣は、経済産業大臣の輸出の許可を要する貨物について当該許可を受けないで輸出した者に対し、( )以内の期間を限り、輸出を行うことを禁止することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3年
    • 誤答選択肢 1年
    • 2年
    • 5年

    解説

  • 14

    特恵受益国以外の国を原産地とする物品を原料として特恵受益国において生産された物品は、特恵関税の適用を受けることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    特恵受益国において実質的な変更を加える加工や製造を行った場合には、特恵関税の適用を受けることができる。

  • 15

    特例申告貨物である物品について、特恵関税の適用を受けようとする者は、輸入申告書にその適用を受けようとする旨及び原産地証明書の発給を受けている旨を記載して税関長に提出しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    輸入申告書ではなく、特例申告書

  • 16

    免税コンテナーについて管理者が変わることとなった時は、その変更前の管理者は、物品の引き渡しの日から( )を経過する日までに、変更後の管理者に対し、再輸出期間その他必要な事項を通知しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5日
    • 誤答選択肢 1月
    • 2月
    • 20日
    • 7日

    解説

  • 17

    貨物を輸出しようとする者は、輸出貿易管理令別表第二中欄に掲げる貨物を同表下欄に掲げる地域を仕向地として輸出しようとする場合に限り、輸出の承認を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    この他に委託加工貿易契約に基づく貨物も対象

  • 18

    輸出貿易管理令別表第二の19の項に掲げる血液製剤で総価格200万円の商品見本を無償で輸出する場合には、輸出の承認を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

    血液製剤は25万円以下の商品見本を無償で輸出する場合には輸出の承認を要しない。なお、有償の場合は、5万円以下。

  • 19

    特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律第二第一項に規定する特定有害廃棄物等を輸入する場合には、輸入の承認を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 20

    絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約よ附属書2に掲げる種に属する動植物を輸入する場合には、その輸入申告の際に、輸出国の管理当局が発給した原産地証明書を税関に提出すれば、輸入の承認を受けることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    原産地証明書ではなく、輸出国の管理当局が発給した輸出許可書又は再輸出証明書の原本を税関に提出すれば、輸入の承認を受けることを要しない。

  • 21

    輸入前における減額更正に係る是正の通知は、NACCSを使用して行うことができる。が、これ以外の更正通知は、NACCSを使用して行うことができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 22

    免税コンテナーが輸入後に貸与された時は、貸与を受けた者は当該免税コンテナーの管理、運用及び保管に関する事項を帳簿に記録するとともに、輸入地を所轄する税関に貸与された旨を届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    輸入地を所轄する税関に貸与された旨を届け出なければならないと言う規定はない。

  • 23

    通関手帳により免除を受けて一時輸入された物品が、その輸入の許可の日から1年以内に輸出されないこととなった場合においては、税関長は、その免除を受けた関税を輸入者から徴収する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    再輸出期限内(輸入の許可の日から通関手帳の有効期限まで)二輸出されないこととなった場合

  • 24

    博覧会に出品するために一時的に輸入するし自動車は、通関手帳による輸入をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 25

    楽器を収納するために特に制作されたケースは、収納する楽器とは別に単独で提示された場合であっても楽器としてその所属を決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    長期間の使用に適し、収納する楽器とともに提示され、かつ、その楽器とともに販売される場合において、楽器に含めてその所属を決定する。

  • 26

    課税価格の決定(例外) 同種又は類似の貨物に係る取引価格は、当該輸入貨物の取引段階と同一の取引段階及び当該輸入貨物の取引( )と実質的に同一の取引( )により輸入取引がされた同種又は類似の貨物に係る取引価格とされ、輸入港までの運賃等に相当の差異があるときは、その差異により生じた価格差について必要な調整を行った後の取引価格とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数量
    • 誤答選択肢 条件
    • 関係
    • 段階

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ