zuknow learn together

新しい教材を作成

精神

カード 27枚 作成者: 855226mizuki (作成日: 2016/06/08)

  • 治療者の人に対する関心、信頼、ゆとりをもって待つ、あきらめないほどのポジティブな姿勢から生まれる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    治療者の人に対する関心、信頼、ゆとりをもって待つ、あきらめないほどのポジティブな姿勢から生まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 希望をもたらす

    解説

  • 2

    『大変なのは自分だけではない』という感覚。立ち直るために必要な、安心をもらたす体験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普遍的体験

    解説

  • 3

    自分が人に受け入れられ、安心し、自分自身を受け入れられるようになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容される体験

    解説

  • 4

    他の人に役立ち喜ばれる体験。自己中心的な自己愛が強い人には、より適切な自己愛に変わるきっかけになる。 また、自分を大切にする自己尊重につながる。作業療法士自信がこうした体験を持っていないと、ひとの集まりを活かすことはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愛他的体験

    解説

  • 5

    メンバーや職員から役立つ情報やアドバイスを得る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報の伝達

    解説

  • 6

    他者と比較して自分の状況や性格、能力、価値観を確かめる ex)自己確認、自己評価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実検討

    解説

  • 7

    生活技能、人との距離感、関係の持ち方、表現の仕方 ex)生活技能、対人関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 模倣・学習・修正

    解説

  • 8

    自分の気持ちや思いを表現し、受け入れられることの解放感や安心感。 悩みや苦しみが薄らぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表現・カタルシス

    解説

  • 9

    集団として集まるメンバーの相互関係。メンバー間にまとまりや親密さが生まれ、関わりが深くなり、所属意識が高まるような集団の機能を集団凝集性という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相互作用・凝集性

    解説

  • 10

    他者と『共に何かをおこなう』ことで集団の相互作用がうまれる。作業を共有すると親密感がうまれやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共有体験

    解説

  • 11

    出会いや別れ、悲しみ、死など、人の努力では避けられない現実を、あるがまま受け入れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存的体験

    解説

  • 12

    集団の構造因子 ①集団の大きさ ②メンバーの( 1 ) ③集団の( 2 )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 等質性 2.開放度

    解説

  • 13

    メンバーの等質性 性別、年齢、障害などの差が少ない方が、( )が高くなり、まとまりやすい。差が大きいとまとまりにくいが、多少質に差のある構成のほうが集団は活性化する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝集性

    解説

  • 14

    集団の開放度① 参加メンバーが決まっていない集団。集団の凝集性が低い。参加しやすい。メンバー間の相互交流が少ない。集団からの離脱がおこりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オープングループ

    解説

  • 15

    メンバー等質性② 参加メンバーを固定した集団。集団の凝集性が高い。集団に定着しやすいら、メンバー間の相互交流が多い。共通した課題や目標を設定しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローズドグループ

    解説

  • 16

    メンバーの等質性③ 参加メンバーがあらかじめ決まっているが、固定されてはおらず、随時入れ替わりがあるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セミクローズドグループ

    解説

  • 17

    集団の構造因子 スタッフのメリット6個 デメリット1個

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〈メリット〉 •1人の担当者による、メンバーへの一方的影響を避けられやすい •担当者間の意見、感情の違いの表明により、自由な雰囲気の形成につながる •メンバー個々への理解と受容 (受け入れてもらえる、 話しやすいスタッフの存在) •役割分担が可能 •より多面的な状況観察が可能 •事後検討、相互のフィードバックが可能 〈デメリット〉 スタッフ間のメンバーへの対応の統一が不十分であると、メンバーやスタッフが、混乱する原因となる

    解説

  • 18

    スタッフの役割 ( 1 ) をせず、集団や個人が( 2 )に 動くように促すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.よけいな介入 2.自律的

    解説

  • 19

    集団の目標 目標を明確にして( )。 目標を理解した参加者からなる集団は、所属感とモチベーションが高まりやすく、集団療法の治療因子がより効果的に機能する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参加者に示す

    解説

  • 20

    個人作業療法 通常、緊張が高い患者や自閉傾向が強い方に対し、少しずつ関係を作りながら開始する。 ( )に利用される。また個別の面接や評価などにも用いられる。 ( )の中と、この方法名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方法名→マンツーマン(1対1) ( )→導入期

    解説

  • 21

    対象者が治療・援助者に対して、過去の重要な対人関係を無意識的に投影すること。 非合理的な感情で、ポジティブな感情を投影する陽性転移とネガティブな感情を投影する陰性転移がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転移

    解説

  • 22

    治療・援助・関係で、治療・援助にあたる者が対象者に対して無意識に投影した感情のこと。逆転移は治療の妨げになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆転移

    解説

  • 23

    場を共有しながら他者と同じことをしなくてもよい。集団としての課題を制約を受けず、自分の状態や目的に応じた利用ができ、いつ誰が訪れても、断続的な参加であっても、分け隔てなく受け入れられる場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラレルな場

    解説

  • 24

    パラレルな場の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緊張感の少ない安全・安心な場

    解説

  • 25

    パラレルな場の特徴① ①-1 ( )が義務付けられず、必要な場合に自然に生まれるのみであり、参加に対する緊張感が少ない。 そのため、依存する対象さえあれば、対人緊張の強い人や自発的な人にとって、脅かされることのない安心・安全な場になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他者との関わり

    解説

  • 26

    パラレルな場① ①-2 自分の目的やレベルに応じて参加できるので( )ため負担の少ない場となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業行っても行わなくてもより、途切れがちの参加でもよい

    解説

  • 27

    パラレルな場① ①-3 一方でスタッフによる適切なサポートが あれば、共に過ごすもの同士の自然な交流や( )も生まれ、自閉られていた活動性が適度に刺激されら、主体的な行動が行動が回復する機会となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピアサポート(当事者による相互支援)

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ