zuknow learn together

新しい教材を作成

脳血管障害

カード 12枚 作成者: キー (作成日: 2016/06/02)

  • 脳卒中とは。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    脳卒中とは。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管の閉塞、破錠などにより、突然神経症状が発現した状態の総称である。

    解説

    脳血管の狭窄、閉塞などによる虚血性疾患と、脳出血の破綻(はたん)による出血性疾患に分けられる。

  • 2

    脳卒中には大きく分けて 虚血性には① 出血性には②  ③ がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脳梗塞 ②脳出血 ③クモ膜下出血

    解説

    ①脳梗塞 ・脳の動脈が詰まり、血行が途絶する ②脳出血 ・脳の細い動脈が破裂し、脳実質内に出血する脳出血 ③クモ膜下出血 脳動脈瘤の破裂などにより、クモ膜下腔に出血する

  • 3

    脳卒中の日本での死因は第何位か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第3位

    解説

    かつての死因の第1位、現在は3位。治療法の進歩、血圧管理により、以前に比べて減少した。

  • 4

    脳梗塞には3つの病型がある。それぞれ答えよ。①  ②  ③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アテローム血栓性脳梗塞 ②心原性脳塞栓症 ③ラクナ梗塞

    解説

    ◆アテローム血栓性脳梗塞 ・アテローム硬化により狭小化した血管に、血栓が形成され閉塞する ◆心原性脳塞栓症  ・心臓内栓の一部が遊離し塞栓子となり、脳動脈を閉塞する ◆ラクナ梗塞 ・高血圧の持続により血管壁の変性(リポヒアリン変性)が起こり、血管が閉塞する。

  • 5

    血栓の増大や新しい血栓を防ぐために、①○○療法や②○○療法が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①抗血小板薬 ②抗凝固薬

    解説

    抗血小板薬 (適応となる脳梗塞の病型) ・アテローム血栓性・ラクナ 抗凝固薬 (適応となる脳梗塞の病型) ・心原性・アテローム血栓性(急性期のみ)

  • 6

    脳梗塞のリハビリテーションは発症後早期から導入が必要か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    発症からの時期により、急性期、回復期、維持期に分けられる。

  • 7

    脳出血の原因には様々なものがあるが、主要な原因は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧

    解説

    高血圧は生活習慣と関わりがあることが多い。このため生活習慣の改善と降血治療薬が、脳出血の発症・予防として重要となる。

  • 8

    クモ膜下出血には原疾患としては①○○が最多(8割)で、次いで②○○が多い(1割弱)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脳動脈瘤 ②脳動静脈奇形

    解説

    ①脳動脈瘤は全体の8割を占め、中高年(40~60代)女性に好発する。 ②脳動静脈奇形では全体の1割弱を占め、20代(若年者)~40代の男性に好発する。

  • 9

    クモ膜下出血では、突然の激しい①○○を主訴として来院することや、②○○障害で搬送されてくることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①頭痛 ②意識

    解説

    ①頭痛 激しい頭痛は有名ですが、実際は”激しい”という主訴がないことも多いので、患者には”突然”であるか尋ねるとよい。 ②意識障害 この程度はその予後と強く関係しており、意識障害が強いほど予後が悪い。

  • 10

    クモ膜下出血が疑われる場合の所見検査は何が適切か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CT

    解説

  • 11

    CTなどで脳に出血が見られない場合、○○検査が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄液検査

    解説

    一般に頭蓋内圧が亢進していると考えられる場合、腰椎穿刺による髄液検査を行うことは禁忌です。しかし、クモ膜下出血が疑われ、CTやMRIで出血が確認できない場合、見逃すことのほうが重大であるため、髄液検査を行う。

  • 12

    クモ膜下出血の合併症で最も重大な合併症が①○○である。この①は発症後②○○時間以内に最も起こりやすく、①すると予後は非常に不良となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①再出血 ②24

    解説

    出血部はフィブリン塊によって一時的に止血されているが、血圧上昇などでフィブリン塊がとれ、出血することがある。

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ