zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 小児科学 11章〜

カード 138枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/06/02)

  • 造血組織の発生

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    造血組織の発生

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中胚葉

    解説

  • 2

    (1)などの系統特異的サイトカイン刺激により(2)(3)などの増殖、成熟がもたらされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリスロポエチン、顆粒球系、赤芽球系

    解説

  • 3

    赤血球の90%は(1)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘモグロビン

    解説

  • 4

    正常ヘモグロビン値と平均値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 11.5〜16、平均値12〜13

    解説

  • 5

    好中球は全白血球の(1)〜(2)%を占め、(3)に染まりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20〜30、中性色素

    解説

  • 6

    好酸球は全白血球の(1)〜(2)%を占め、(3)で増殖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2〜3%、アレルギー、寄生虫感染

    解説

  • 7

    好塩基球は全体の(1)%を占め(2)や(3)によって増殖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.5%、ヒスタミン、ヘパリン

    解説

  • 8

    単球の役割を4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貪食、殺菌機能、ウイルス感染防御、サイトカイン産出

    解説

  • 9

    リンパ球が占める割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40〜60%

    解説

  • 10

    リンパ球を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B、T

    解説

  • 11

    血小板の特徴は(1)がない、(2)機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 核、血液凝固

    解説

  • 12

    アルブミンは(1)は小さいが(2)は多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分子量、量

    解説

  • 13

    フィブリノゲンの主な作用は(1)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液凝固

    解説

  • 14

    近年の輸血は(1)を避けて(2)輸血が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全血輸血、成分輸血

    解説

  • 15

    昔は輸血の後に(1)があったが近年は(2)傾向である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輸血後肝炎、近年減少

    解説

  • 16

    骨髄移植は患者の骨髄細胞を(1)させてから行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 枯渇

    解説

  • 17

    小児の貧血の特徴として(1)性で(2)貧血が多いことが挙げられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小球性、鉄欠乏性

    解説

  • 18

    出血性貧血は(1)出血や(2)出血によって起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内出血、消化管出血

    解説

  • 19

    正球性貧血の原因疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関節リウマチ

    解説

  • 20

    新生児溶血性貧血は体内で(1)が起こるため発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液型不適合

    解説

  • 21

    最近は初回妊娠の(1)際に(2)を行うことによりRh不適合妊娠を防ぐことができます

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分娩直後、抗D抗体

    解説

  • 22

    遺伝性球状赤血球症は遺伝発現の特徴で(1)により発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常染色体優勢遺伝

    解説

  • 23

    遺伝性球状赤血球症の病態は細胞膜での(1)排出ポンプが十分に働かずに赤血球内に(2)が蓄積して赤血球は(3)になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Na、Na、球状

    解説

  • 24

    遺伝性球状赤血球症では発熱を伴わない(1)発作により急激な(2)をきたす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無形成発作、貧血

    解説

  • 25

    白血球の増加では(1)によって起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症、炎症

    解説

  • 26

    白血病の中では(1)が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性リンパ球白血病

    解説

  • 27

    急性リンパ球性白血病は小児では(1)%がこれにあたり(2)細胞由来である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70〜80%、B前駆細胞

    解説

  • 28

    急性リンパ球性白血病の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱、食思不振、脾腫

    解説

  • 29

    急性リンパ性白血病の診断に必要な検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨髄

    解説

  • 30

    急性リンパ性白血病の治療法を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寛解導入療法、聖域療法、維持療法

    解説

  • 31

    寛解導入療法は(1)が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再発

    解説

  • 32

    聖域療法では(1)は再発が多い部位なのであらかじめ予防的に治療を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経

    解説

  • 33

    維持療法はやや弱い(1)を行い(2)の回復を待つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学療法、骨髄

    解説

  • 34

    急性リンパ性白血病の標準危険群は(1)数が(2)/μL以下で(3)歳未満である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢血白血球、1万、1〜10

    解説

  • 35

    一次止血では血管が傷害を受け、傷害を受けた血管内皮に(1)が凝集する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血小板

    解説

  • 36

    二次止血は(1)と(2)が協力しながら最終的に(3)が(4)を形成する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内因性凝固系、外因性凝固系、フィブリノゲン、フィブリン(血餅)

    解説

  • 37

    溶血系の動きは(1)を切断し(2)して血管修復と血管再開に寄与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィブリン塊、可溶化

    解説

  • 38

    血友病は遺伝特性上(1)であるので(2)のみに発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X連鎖劣性遺伝、男子

    解説

  • 39

    血友病の症状は乳児期に(1)幼児期に(2)、(3)が生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 点状・斑状出血斑、外傷性出血、関節出血

    解説

  • 40

    新生児メレナは生後(1)に見られる(2)出血で(3)で発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1週間以内、消化管出血、黒っぽいタール便

    解説

  • 41

    乳児ビタミンK欠乏症の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内出血

    解説

  • 42

    特発性血小板減少性紫斑病の別名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ITP

    解説

  • 43

    特発性血小板減少性紫斑病の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮下出血、粘膜・歯肉・鼻への出血、血便、血尿

    解説

  • 44

    特発性血小板減少性紫斑病の治癒は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 8週間以内

    解説

  • 45

    自然免疫を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクロファージ、好中球、ナチュラルキラー細胞

    解説

  • 46

    Tリンパ球は(1)免疫、Bリンパ球(2)免疫である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞性免疫、液性免疫

    解説

  • 47

    (1)は最近の貪食と殺菌機能を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好中球

    解説

  • 48

    ヘルパーTリンパ球は(1)と(2)がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Th1細胞、Th2細胞

    解説

  • 49

    (1)はサイトカインのIFN−γの産生を通じてB細胞の活動を抑制する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Th1細胞

    解説

  • 50

    B細胞は産生した(1)を抗原と結合させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗体

    解説

  • 51

    B細胞は末梢リンパ球の約(1)%を占める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

  • 52

    抗原に反応して最初に出現する成分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgM

    解説

  • 53

    IgMより遅く出現するが、長く存在する。胎盤を通過して胎児の受動免疫を担う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgG

    解説

  • 54

    血液中以外に消化管、眼球結膜などの分泌液中にも存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgA

    解説

  • 55

    即時型アレルギー反応に関与する。気管支喘息、アナフィラキシーなどの発症に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgE

    解説

  • 56

    サイトカインの役割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炎症を促したりする

    解説

  • 57

    能動免疫の具体例

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワクチン

    解説

  • 58

    受動免疫は免疫機能を(1)する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転嫁

    解説

  • 59

    気管支喘息、アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎などは(1)型アレルギー反応である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ型

    解説

  • 60

    アレルギー反応は日内変動があるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    気管支炎喘息の発症年齢は1歳までが(1)%を占め、6歳までに(2)%近くの発症が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30、90

    解説

  • 62

    アレルギー性あるいは非特異的な刺激に対する気道の過敏性が引き金になりそこから生じるIgEや好酸球が関与する気道炎症は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気管支喘息

    解説

  • 63

    気管支喘息は幼少期は食事性抗原の比重が大きく、その後は(1)の役割が多くなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境性抗原

    解説

  • 64

    気管支喘息の症状を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風邪様症状、咳嗽、呼気延長を伴う呼吸障害

    解説

  • 65

    気管支喘息の白血球検査の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好酸球増加

    解説

  • 66

    気管支喘息の急性発作の治療を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気管支拡張薬、ステロイド

    解説

  • 67

    発作重積時の治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ICU

    解説

  • 68

    アトピー性皮膚炎の症状はどこに現れるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頬部、顔面、頭部、腹部、四肢伸側

    解説

  • 69

    アトピー性皮膚炎は(1)が変化した時に生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食事内容

    解説

  • 70

    食事アレルギーの原因になる食物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鶏卵、牛乳、大豆、小麦

    解説

  • 71

    食物アレルギーの症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アトピー性皮膚炎

    解説

  • 72

    蕁麻疹は皮膚に(1)を伴う発赤を生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痒み

    解説

  • 73

    全身性エリマトーデスは(1)に好発し細胞の核成分に対する種々の自己抗体が出現する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若い女性

    解説

  • 74

    全身性エリマトーデスの症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱、関節痛、発疹、蝶形紅斑

    解説

  • 75

    川崎病の原因は(1)で(2)の疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不明、小児

    解説

  • 76

    川崎病は炎症性サイトカインが(1)となって冠動脈の(2)を伴う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高値、血管炎

    解説

  • 77

    川崎病の症状では(1)日以上続く高熱、(2)の充血、(3)所見、(4)の所見、発疹が特徴的である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5日、眼球結膜、口腔内、四肢の所見

    解説

  • 78

    口腔内所見を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 咽頭炎、口唇亀裂、苺舌

    解説

  • 79

    四肢の所見の特徴的なもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手足の硬性浮腫

    解説

  • 80

    川崎病の発疹は(1)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不定形

    解説

  • 81

    川崎病の病状には(1)がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重症感

    解説

  • 82

    川崎病の合併症は(1)週間以内に(2)〜(3)%で冠動脈炎が見つかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2、10〜40%、

    解説

  • 83

    川崎病の合併症のエコー検査で発見できる疾患を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠動脈拡大、動脈瘤

    解説

  • 84

    アレルギー性紫斑は(1)の血管炎である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細小血管

    解説

  • 85

    アレルギー性紫斑病の皮膚症状は(1)〜(2)に発赤した(3)を認める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下肢、臀部、丘疹

    解説

  • 86

    アレルギー性紫斑病のの皮膚症状を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末端浮腫、眼瞼浮腫、頭蓋部浮腫

    解説

  • 87

    アレルギー紫斑病の関節症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一過性関節炎

    解説

  • 88

    アレルギー性紫斑病の腎症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血尿

    解説

  • 89

    皮膚筋炎は(1)歳に好発し(2)に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 8〜9歳、女子

    解説

  • 90

    皮膚筋炎は(1)の炎症が本体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小血管

    解説

  • 91

    皮膚筋炎の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四肢近位、体幹の筋力低下、ヘリオトロープ疹

    解説

  • 92

    皮膚筋炎の予防

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋力低下予防

    解説

  • 93

    腎疾患の検尿検査では(1)や(2)を調べる他に顕微鏡検査で(3)や(4)の有無を見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿蛋白、潜血、白血球、円柱

    解説

  • 94

    腎機能検査では糸球体機能をしるために(1)や(2)を見ることもある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血清BUN、クレアチニン

    解説

  • 95

    別名を腎シンチグラフィと呼び、左右それぞれの腎の血流動態を評価する検査をなんと呼ぶか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レノグラム

    解説

  • 96

    近位尿細管の評価は(1)などを測定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ糖

    解説

  • 97

    遠位尿細管集合管は何によって評価されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fishberg濃縮試験

    解説

  • 98

    溶連菌感染後急性糸球体性腎炎の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A群β溶連菌感染

    解説

  • 99

    溶連菌感染後急性糸球体性腎炎は(1)で発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2週間

    解説

  • 100

    溶連菌感染後急性糸球体性腎炎は発症時に(1)の減少がみられ免疫系の関与が考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補体

    解説

  • 101

    溶連菌感染後急性糸球体性腎炎は(1)に多く、突然の(2)(3)(4)の症状がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5〜8歳、肉眼的血尿、乏尿、浮腫、高血圧

    解説

  • 102

    溶連菌感染後急性糸球体性腎炎の治療は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペニシリン

    解説

  • 103

    IgAは組織学的に(1)のIgAの沈着を見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸球体メサンギウム

    解説

  • 104

    IgA腎症で補体は(1)になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常値

    解説

  • 105

    膜性増殖性糸球体腎炎は(1)代で学校検尿の(2)(3)で発見される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10代、尿蛋白、血尿

    解説

  • 106

    溶血性尿毒症症候群(HUS)は(1)歳以下で好発する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 107

    溶血性尿毒症症候群(HUS)は(1)症状が先行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消化器

    解説

  • 108

    溶血性尿毒症症候群(HUS)の消化器症状を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱、嘔吐、下痢

    解説

  • 109

    溶血性尿毒症症候群(HUS)は5〜10日後に5つの症状がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蒼白、不穏、脱力、傾眠、乏尿

    解説

  • 110

    溶血性尿毒症症候群(HUS)の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌性感染(病原性大腸菌O157)

    解説

  • 111

    溶血性尿毒症症候群(HUS)の病態は(1)の血管内皮細胞が生じることにより局所的な血栓が生じ、赤血球がその部位を通過することにより生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎臓

    解説

  • 112

    特発性ネフローゼ症候群は(1)〜(2)歳に好発

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2〜6

    解説

  • 113

    特発性ネフローゼ症候群の男女比

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男:女=3:1

    解説

  • 114

    特発性ネフローゼ症候群の症状を4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浮腫、食欲低下、腹痛、下痢

    解説

  • 115

    特発性ネフローゼ症候浮腫は程度が強くなるにつれ(1)→(2)→(3)→(4)へと広がる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下肢、全身、腹水、胸水

    解説

  • 116

    特発性ネフローゼ症候群で血尿が持続する場合は(1)を疑う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎炎性

    解説

  • 117

    体位性蛋白尿は(1)〜(2)に好発する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学童〜青年

    解説

  • 118

    体位性蛋白尿は(1)の尿では蛋白尿を認めない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早朝起床直後

    解説

  • 119

    急性腎不全の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿がでない

    解説

  • 120

    慢性腎臓病の略称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (CKD)

    解説

  • 121

    慢性腎臓病の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧

    解説

  • 122

    慢性腎臓病を放置すると?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎機能が廃絶していく場合もある

    解説

  • 123

    慢性腎臓病の食事療法は2つの物質の摂取を制限することである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛋白質、塩分

    解説

  • 124

    慢性腎臓病の治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 透析療法

    解説

  • 125

    透析療法を2種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹膜透析、血液透析

    解説

  • 126

    腹膜透析は(1)を腹腔内に入れて透析液を(2)的に出し入れする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹膜カテーテル、定期的

    解説

  • 127

    血液透析は(1)に内シャントを増設してそれを用いて血液を(2)する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前腕、灌流

    解説

  • 128

    小児がんで最も発症の割合が高いものは(1)で35%であり次に(2)が24.3%(3)7.4%が続く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫

    解説

  • 129

    習癖としての指しゃぶりや爪噛みは(1)に消失していく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然

    解説

  • 130

    習癖には心理的な(1)が存在する場合がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安

    解説

  • 131

    不眠症は(1)や(2)の場合には自然消失しない場合や程度が強い場合がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達障害、中枢神経障害

    解説

  • 132

    中枢性過眠症候群は(1)代に発症することが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

  • 133

    中枢性過眠症候群の治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物療法

    解説

  • 134

    身体疾患のうち、その発症と経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害の認められる病態を呈するものをなんと呼ぶか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心身症

    解説

  • 135

    心身症は(1)に伴う身体症状は除外される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害

    解説

  • 136

    心身症の患者様には治療の際に(1)的な配慮も必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理的

    解説

  • 137

    摂食障害を2つに分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経性無食欲、神経性大食症

    解説

  • 138

    2つの摂食障害は精神病理的には(1)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 類似

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ