zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(腎:§5-⑤-1:糸球体腎炎_微小変化型ネフローゼ症候群)

カード 10枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/06/01)

  • 微小変化型ネフローゼ症候群の原因は、(   )である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

◆微小変化型ネフローゼ症候群
・上皮細胞のチャージバリア破綻
・小児に好発、小児で最多
・急激な全身浮腫
・蛋白選択性高
・光学顕微鏡:正常、電子顕微鏡:上皮細胞足突起融合
・副腎皮質ステロイド著効
・再発多い

<参考>
MEC
病気がみえる

医学/医療/医師/国試

k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    微小変化型ネフローゼ症候群の原因は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 係蹄壁のチャージバリア破綻
    • 誤答選択肢 係蹄壁のサイズバリア破綻
    • 上皮細胞へのIgM沈着
    • メサンギウム領域へのIgA沈着

    解説

  • 2

    微小変化型ネフローゼ症候群は、(   )に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3〜6歳の小児
    • 誤答選択肢 20〜30代の若年者
    • 70代以降の高齢者

    解説

  • 3

    微小変化型ネフローゼ症候群は、急激な(   )で発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身浮腫
    • 誤答選択肢 脱水症状

    解説

    高度の蛋白尿、低アルブミン血症、高LDLコレステロール血症を呈する。 ※血尿はほとんどみられない。

  • 4

    微小変化型ネフローゼ症候群では、(   )はほとんどみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血尿
    • 誤答選択肢 蛋白尿
    • 浮腫

    解説

  • 5

    微小変化型ネフローゼ症候群では、尿蛋白選択性は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高い
    • 誤答選択肢 低い

    解説

    チャージバリア × サイズバリア ◯

  • 6

    微小変化型ネフローゼ症候群では、尿蛋白選択指数(SI)が(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低い
    • 誤答選択肢 高い

    解説

    尿蛋白選択性高い=尿蛋白選択指数(SI)低い(≦0.1)    尿蛋白選択性低い=尿蛋白選択指数(SI)高い(≧0.25)    ※SI=IgGクリアランス/トランスフェリンクリアランス   IgG:高分子蛋白、トランスフェリン:低分子蛋白

  • 7

    微小変化型ネフローゼ症候群では、(   )にて所見は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光学顕微鏡
    • 誤答選択肢 電子顕微鏡

    解説

  • 8

    微小変化型ネフローゼ症候群では、電子顕微鏡にて(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上皮細胞足突起消失
    • 誤答選択肢 hump
    • 高電子密度沈着物(EDD)
    • finger print

    解説

  • 9

    微小変化型ネフローゼ症候群の治療には、(   )が著効する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質ステロイド
    • 誤答選択肢 水分・塩分制限
    • 抗血小板薬・抗凝固薬

    解説

  • 10

    微小変化型ネフローゼ症候群では、再発は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多い
    • 誤答選択肢 少ない

    解説

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ