zuknow learn together

新しい教材を作成

戦略立案

カード 30枚 作成者: Akifumi Tominaga (作成日: 2014/04/02)

  • 戦略策定プロセス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    戦略策定プロセス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 理念→自分の価値観、意志 ↓ 環境分析→自分と周囲を取り巻く環境の分析 SWOT分析、4C分析、ファイブフォース、KFC、CCPなど、 ↓ ドメイン設定→自分が戦う領域「ドメイン」の決定 ↓ 戦略策定→ドメインに沿った戦略の策定 ↓ 戦術→具体的実践方法

    解説

  • 2

    SWOT分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の内部環境と外部環境を分析 S:Strength W:Weakness O:Opportunity T:Threat

    解説

  • 3

    4C分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どの市場が魅力的なのか分析 Customer:顧客 Competitor:競合他社 Company:自社 Chanel:市場へのアクセス方法

    解説

  • 4

    ファイブ・フォース・モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5つの競争因子に分けて市場と競合他社の分析 1.競合他社 2.新規参入 3.大替品 4.売りて 5.買いて

    解説

  • 5

    分析型戦略論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公式化し、定石に則らって行動する

    解説

  • 6

    プロセス型戦略論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセス自体の質を上げて行く

    解説

  • 7

    ナレッジマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分自身と仲間の知識を共有化し、能力向上に役立てる

    解説

  • 8

    知識とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗黙知:言葉では説明しきれない主観的な知識 形式知:文章や言葉で表現可能な知識 知識とはこの2つの相互保管

    解説

  • 9

    知識をつくるサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • STEP1:共同化 誰かから感覚的に情報を受け取り、暗黙知を高める STEP2:表出化 暗黙知を形式知に変換する STEP3:連結化 形式知同士を組み合わせて、新たな形式知を想像する。 STEP4:内面化 形式知を暗黙知に変換する。行動によって体で覚える。

    解説

  • 10

    製品の5次元

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中核ベネフィット:基本的な機能 一般的価値:絶対的に必要なもの 期待された価値:期待されている 拡大された価値:競合よりいいと感じたこと 潜在的価値:将来備わるであろうこと 顧客成熟度により求められることも増えてくる

    解説

  • 11

    能力開発の方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OJT:実体験 OFF-JT:観察や人の体験談 自己啓発:知識を仕入れる

    解説

  • 12

    伸ばすべきポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特性、コンピテンシー、評価 記載をする ※コンピテンシー 高い成果を生み出すための思考や行動特性

    解説

  • 13

    コンピテンシーの評価の手順

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒアリング→特性の抽出→ディクショナリーの作成→自己評価

    解説

  • 14

    ランチェスターの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 優位にいる場合の戦略 ランチェスターの法則 1.一騎打ちのような局地戦で、同じ性能の平気の場合、同数の兵力が失われ、 結果的に数が多い方がその差分だけ勝つ。 2.広域戦のように 「多数の兵力」対「ひとりの兵力」という戦闘になると、多数の兵力のほうが生き残る可能性が高くなる。 ゆえに、消耗戦にさせ蹴散らす。 さらに多数の広域戦にし、被害を抑える。

    解説

  • 15

    差別化戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャレンジャーの戦略 差別化戦略 競合とのポジショニングを確認し、勝てるポジションで勝負する。 戦場を分散し、1つひとつの戦場での勝利を積み重ねるのがチャレンジャーの定石

    解説

  • 16

    人の位置関係の流れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知らない人→顔見知り→友達→友人→一生の仲

    解説

  • 17

    知らない人から知り合いになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的:知り合いになる リスクはないことを示す

    解説

  • 18

    知り合いから友人に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的:話が合う人だと相手に感じてもらう →コミュニケーションが円滑に進めること

    解説

  • 19

    友達から友人へ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的:動機づけ要因を積み重ねる

    解説

  • 20

    承認欲求に聞いていることを暗に示す方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オウム返し(カウンセラーのテクニック)

    解説

  • 21

    共感をうむ方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シンクロ効果 共感が起きると自然と動きが鏡の行動をとるようになる。 逆手にとり真似していくことで、共感を作り出す。

    解説

  • 22

    話以上に大切なこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言葉よりボディランゲージ メラビアンの法則 会話以上にメリハリが大切。

    解説

  • 23

    ルービンの実験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分が心を開くと相手も開く 相手と同等の自己開示をする結果が出ている。 段階には注意。

    解説

  • 24

    ザイアンスの実験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純接触効果 接触回数が多いこと、人に好感を持つ。

    解説

  • 25

    バーンとネルソンの実験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分と一致している部分が多い人に良い印象を持つ。

    解説

  • 26

    アロンソンとリンダーの実験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最終評価が高いのは、前半の評価が悪くかつ、後半の評価がいい人なる。

    解説

  • 27

    「レア」という価値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手に入れるのが難しいものは価値があると思う心理。「マツタケ」より「シイタケ」のほうが栄養価がたかいとしてもマツタケのほうが人気がある。 時間や個数を限定にすると、希少性の原理が働いて価値があるように感じてもらえる。

    解説

  • 28

    パーソナルスペース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親密さは距離感に大きく関係している。 〜45cm:親密ゾーン、家族恋人 45〜120cm:友人、知人 120〜360cm:級友、同僚 360cm〜:立場が違う人 物体や、ひとがない状態にすれば心理的に近づく

    解説

  • 29

    フィーリング・グッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単に会話するより、食事やお茶を加えた方がその場のムードが盛り上がる。

    解説

  • 30

    タダより高いものはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 援助をすると心理的負担が発生する 貸す場合が好まれる場合もある。 すみません、ありがとうという対応の差でわかる。 日常生活でもわかる。 ドアを開けた時に、すみませんなのか、ありがとうなのか。

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ