zuknow learn together

新しい教材を作成

教育相談

カード 56枚 作成者: n0620n (作成日: 2016/05/29)

  • 教育相談を英語で何というか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    教育相談を英語で何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • educational counseling

    解説

  • 2

    20世紀初頭〜、学校から社会に移っていく青少年を指導する活動としてのガイダンスの必要性が叫ばれ、学校における教育活動の一環として導入されていった活動を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガイダンス活動

    解説

  • 3

    1908年に職業相談所の開設、1909年「職業の選択」を作った人物わ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • parsons,F

    解説

  • 4

    20世紀初頭〜知能検査、適正検査、興味検査、性格検査などの開発をした運動を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理測定運動

    解説

  • 5

    1905年に知能検査を開発した人物を2人答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Binet,A simon,T

    解説

  • 6

    1910年〜1930年代、精神障害の早期発見と治療、青少年への精神衛生的配慮の必要性が注目された運動を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神衛生運動

    解説

  • 7

    精神分析学の影響を与えた人物わ誰か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 8

    過去の解決できていない問題の解決がねらいの理論は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神分析療法

    解説

  • 9

    経験と自己イメージの一致がねらいである理論を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアント中心療法

    解説

  • 10

    認知の歪みの修正がねらいの理論は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知療法、論理療法

    解説

  • 11

    条件づけによる行動修正がねらいの理論は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法

    解説

  • 12

    フロイトの後継者であり、無意識を個人的無意識と集合的無意識に分け、無意識の内容として抑圧された性的なものだけでなく創造的なものをも認めた人物わ誰か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング

    解説

  • 13

    人間が劣等感を補償するために、より強くより完全になろうという意志があると考え、「権力への意志」とよんで重視した人物は誰か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドラー

    解説

  • 14

    アンナフロイトが作った療法は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遊戯療法

    解説

  • 15

    フロムが作ったものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由からの逃走

    解説

  • 16

    エリクソンが作ったものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本的信頼、自我同一性

    解説

  • 17

    ボウルビィが作ったものは2つ答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愛着、母性的養育の剥奪

    解説

  • 18

    幼児期の受け入れられない願望が意識から締め出されて無意識の一部になることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 局所論

    解説

  • 19

    本能的欲求とは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イドid

    解説

  • 20

    現実能力、イド、超自我、外界の要求から生じる精神力動的葛藤を現実原則に従って調整する期間を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自我ego

    解説

  • 21

    良心、幼児期に両親との同一視やしつけなどを通して取り込まれることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 超自我

    解説

  • 22

    性的欲動である心的エネルギー⑴を仮定し、その充当や対象への分配などから種々の不適応や⑵を考える。カッコの中を答えよ、その内容の理論を答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力動論 ⑴リビドー ⑵防衛機制

    解説

  • 23

    不快な感情の体験を弱めたり避けたりすることによって、自我の安全を保つために用いられる心理的作用を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防衛機制(適応機制)

    解説

  • 24

    リビドーが各発達段階でどのように満たされてきたかによってパーソナリティが決まる。この理論を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理一性的発達理論

    解説

  • 25

    自己の感情、記憶などを思い浮かぶまま、すべて話されることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由連想法

    解説

  • 26

    過去に重要であった人物に抱いていた欲求や幻想をカウンセラーに投げかけることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転移の分析

    解説

  • 27

    抑圧された無意識が明らかにされていく過程でクライアントは連想が進まなかったり、面接に欠席や遅刻をしたり、などして抵抗することを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抵抗の分析

    解説

  • 28

    ロジャーズは人間が持つ⑴傾向を重視した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己実現

    解説

  • 29

    ⑴による自己実現。カッコを答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Maslow,A,H

    解説

  • 30

    初期には⑴カウンセリングと呼ばれる。1951年に自らの立場をクライアント中心療法と名付けた。「クライアント中心」の態度によって、クライアントは本来の力を充分に発揮し、問題を解決していくと考えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非指示的

    解説

  • 31

    科学的方法による診断と治療を重視したカウンセリングを行い、臨床的カウンセリングと名付けたが、後にこれを指示的カウンセリングとよぶようになった。この人物は誰か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィリアムソン

    解説

  • 32

    クライアント中心療法の基本理念を小集団に用いたものを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンカウンターグループ

    解説

  • 33

    1974年にはそれまでのすべての活動をまとめて、自らの立場を何とよんだか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間中心アプローチ

    解説

  • 34

    自己概念と経験の大きなズレが不適応をもたらすことを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己不一致

    解説

  • 35

    自らが自己を対象として把握した概念を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己概念

    解説

  • 36

    現実自己→⑴ 理想自己→⑵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⑴現実の自分 ⑵こうありたい自分

    解説

  • 37

    ⑴,⑵カウンセリング場面では自己一致しており、統合されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⑴純粋性 ⑵自己一致

    解説

  • 38

    相手を所有しようとしない温かさを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無条件の肯定的配慮

    解説

  • 39

    あたかもその人のようにという状態を失わず、クライアントの私的世界を自分自身感じることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共感的理解

    解説

  • 40

    ある程度クライアントが話したところで、述べられたことをくりかえすこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くりかえし

    解説

  • 41

    クライアントの表現の底に込められている感情に焦点をあて、それをそのまま受け止めて伝え返すことを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感情の反映

    解説

  • 42

    1950年代に行動変容のための技法へと発展し、行動療法という名称のもとに体系化されたことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学習理論

    解説

  • 43

    モデリングの理論的解明、認知的機能の重視を作った人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンデューラ

    解説

  • 44

    条件刺激と無条件刺激の体提示によって条件反応が形成されることを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古典的条件づけ

    解説

  • 45

    自発的な行動に強化を与えることにより、その行動が学習されることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道具的条件づけ

    解説

  • 46

    モデルの行動やその結果を観察することによりその行動が学習されることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデリング(モデリング)

    解説

  • 47

    目的とする行動が起きたときだけ特定の強化を与えることを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択的強化

    解説

  • 48

    言語強化、品物による強化を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トークン・エコノミー法

    解説

  • 49

    不安階層表をつくることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統的脱感作法

    解説

  • 50

    シュルツが考えたリラックストレーニングは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律訓練法

    解説

  • 51

    不安階層表をもちいながら、恐怖反応を喚起する刺激にクライアントをある一定時間直面させることを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エクスポージャー法

    解説

  • 52

    クライアントに自然な役割を演じさせることによって、人間関係に重要である態度や行動を教える方法を何というか2つ答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動リハーサル、役割演技

    解説

  • 53

    自己の行動のモニタリング、自己強化などをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己制御

    解説

  • 54

    認知療法は誰が作ったか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベック

    解説

  • 55

    論理療法は誰が作ったか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリス

    解説

  • 56

    うつ病性障害における認知の3大要素を答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分に対する否定的見方 自己を取り巻く環境に対する否定的な見方 将来に対する否定的な見方

    解説

56986

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ