zuknow learn together

新しい教材を作成

コーヒー、コーヒー豆の種類

カード 21枚 作成者: Kei (作成日: 2014/03/31)

  • メキシコ(豆編)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

コーヒーといっても色々な淹れ方、豆があります。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    メキシコ(豆編)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メキシコ産 酸味と香りがともに適度で、やわらかい上品な味が特徴的です。

    解説

  • 2

    グァテマラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グァテマラ産 甘い香り、上品な酸味、芳醇な風味があります。

    解説

  • 3

    ブルーマウンテン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャマイカ産 すべてのコーヒーの良さをあわせ持つと言われる、バランスの良いコーヒーです。

    解説

  • 4

    クリスタルマウンテン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キューバ産 酸味と苦みのバランスがとれた上品な味が人気で、最高級品と言われています。

    解説

  • 5

    コスタリカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コスタリカ産 芳醇な香りと適度な酸味が混ざりあい、上品な味がします。

    解説

  • 6

    コロンビア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロンビア産 甘い香りとまるい酸味と、まろやかなコクがあります。

    解説

  • 7

    ベネズエラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベネズエラ産 軽い酸味とやや独特の苦み、そして適度な香りがあります。

    解説

  • 8

    ブラジル・サントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラジル産 中庸な味、香りが高く適度な酸味と苦味があります。

    解説

  • 9

    ハワイ・コナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハワイ産 強い酸味と甘い香りがあります。

    解説

  • 10

    モカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イエメン・エチオピア産 フルーツのような甘酸っぱい香りと、まろやかな酸味とコクがあります。

    解説

  • 11

    ケニア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケニア産 強い酸味が大きな特徴。キレがあり、後味もすっきりしています。

    解説

  • 12

    キリマンジャロ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンザニア産 強い酸味と甘い香りと豊かなコクがあります。

    解説

  • 13

    マンデリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インドネシア産 コクのあるやわらかな苦味と、上品な風味があります。

    解説

  • 14

    ロブスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム産 強い苦味と特異な香りがあります。

    解説

  • 15

    カプチーノ(コーヒーの種類編)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カプチーノは、エスプレッソに加えて、スチームミルク(暖めた牛乳)とフォームミルク(かき混ぜた牛乳)との両方を用いる。カフェラッテに更にスチームミルクが加えられたものとも解釈できる。 カプチーノには、味付けにチョコレートなどを振りまいたりするので、その時に様々な絵柄を描くなどして遊ぶ事も可能。

    解説

  • 16

    カフェラッテ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エスプレッソに牛乳を混ぜるとカフェラッテとなる。イタリア発祥でイタリア人が好んで飲む。 日本で良く飲まれるのはカフェラッテではなくて、カフェラテ。違いは、カフェラッテが牛乳を入れるのに対して、カフェラテは、エスプレッソとスチームミルクで混ぜる。 日本のコーヒーショップによっては、カフェラテとしてカフェラッテを出す店もある。

    解説

  • 17

    エスプレッソ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エスプレッソは、ヨーロッパ人などが非常に好んで飲んでいる。小さなカップに出される事が多い。 見た目が非常に少量なので、日本人には「損した気分」になる人も。非常に濃いコーヒーではあるが、量が少ないので、カフェイン自体はそれほど摂取した事にはならない。

    解説

  • 18

    カフェ・オ・レ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーヒーと熱い牛乳をカップに注いだもの。カップが熱いので、持つ場所が無いと非常に慎重に扱わないと熱くて火傷する。お盆などで持ち歩くのが普通。

    解説

  • 19

    アイリッシュ・コーヒー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これはコーヒーというよりは、コーヒー味のウィスキーベースのカクテル。コーヒー、砂糖、生クリームを暖めて、ウィスキーを加える。冬などに体が温まるという事で好んで飲まれている。 アイルランドのシャノン空港で考案された事から、アイルランドシャノン空港に行ったら必ず飲みたい一品。日本で取り扱う場所は多くない。

    解説

  • 20

    鴛鴦茶

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーヒーと紅茶を混ぜて、それに砂糖とエバミルクを加える場合が多い。香港の喫茶店では、ほとんどの場所で扱っている定番飲み物だが、日本での知名度はいまひとつ。

    解説

  • 21

    ウィンナコーヒー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本のホテル喫茶店などでも出される事が多いタイプのコーヒーにクリームを載せたタイプのコーヒーで、ウィンナコーヒーと呼ばれたりする。 場合によっては、先にクリームを入れるが、後から入れる方が圧倒的に多い。アメリカでは、エスプレッソにホイップクリームを載せたエスプレッソ・コン・パンナなどとも呼ばれたりするが、名称は場所によって様々。

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ