zuknow learn together

新しい教材を作成

【第4章 生命現象と物質】細胞と分子

カード 15枚 作成者: よっこら。 (作成日: 2016/05/24)

  • 生体を構成する物質の中で、最も多く含まれるもの。極性をもち、様々な物質を溶かす。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

【実践アクセス総合生物 2016】

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生体を構成する物質の中で、最も多く含まれるもの。極性をもち、様々な物質を溶かす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    多数のアミノ酸がつながって出来た有機物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質

    解説

  • 3

    呼吸によって分解され、エネルギー源として利用さらる有機物。 植物では、細胞壁を構成し、水の次に多く含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭水化物

    解説

  • 4

    無機質の1つ。ヘモグロビンに含まれ、その働きに必須。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    タンパク質の構成単位。1つの炭素原子にアミノ基とカルボキシル基が結合した構成を含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸

    解説

  • 6

    アミノ酸のカルボキシル基と、他のアミノ酸のアミノ基との間で、1分子の水が取れて出来る-CO-NH-の結合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプチド結合

    解説

  • 7

    タンパク質中のアミノ酸の配列順序。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次構造

    解説

  • 8

    α-ヘリックスやβ-シート等のタンパク質中に部分的に見られる立体構造。アミノ酸同士の水素結合により形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次構造

    解説

  • 9

    二次構造をもつタンパク質がさらに折りたたまれて出来た立体構造。水素結合やS-S結合により構造が維持されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三次構造

    解説

  • 10

    酸・アルカリや熱等により、タンパク質の立体構造が壊れ、タンパク質の性質が変わること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変性

    解説

  • 11

    タンパク質を主成分とし、生体内で化学反応を触媒するもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素

    解説

  • 12

    酵素タンパク質において、酸素が基質と結合する部位。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性部位

    解説

  • 13

    酵素が特定の基質にしか作用しない性質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気質特異性

    解説

  • 14

    酵素の種類によってはその活性に必要とされる、低分子の有機物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補酵素

    解説

  • 15

    一連の反応の最終産物が、その反応のはじめの過程に影響を与える事で、最終産物の生産量を調節する仕組み。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィードバック調節

    解説

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ