zuknow learn together

新しい教材を作成

日本語チェック 1626-1750

カード 117枚 作成者: はる (作成日: 2016/05/23)

  • なびき従わせること。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    なびき従わせること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風靡(ふうび)

    解説

  • 2

    噂。 噂に聞くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風聞

    解説

  • 3

    突然に人気が出て非常な勢いで流行すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブーム

    解説

  • 4

    風のようにどこからともなくやってきた人、気まぐれで落ち着きのない人、当てにならない人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風来坊

    解説

  • 5

    世俗を離れて、詩歌を作るなど、風雅な趣味の道に遊ぶ人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風流人

    解説

  • 6

    新しさを求めて絶えず変化していく流行性にこそ、永遠に変わることのない不易の本質があり、不易と流行とは、根元において一つであり、それは風雅の誠に根ざすものである、という絶えず松尾芭蕉の俳諧の理念。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不易流行

    解説

  • 7

    言葉の意味を押し広げて考えたり、詳しく説明したりすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敷衍

    解説

  • 8

    思わず流してしまう涙。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不覚の涙

    解説

  • 9

    高い所から広い範囲を見下ろして眺めること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俯瞰

    解説

  • 10

    二度とこの世に生き返らない人。 死んだ人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不帰の客

    解説

  • 11

    心の奥底にある本当の気持ち。 どんな秘密でも打ち明けられる人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹心

    解説

  • 12

    一度しでかしてしまったことは、もう取り返しがつかない例え。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 覆水盆に返らず

    解説

  • 13

    心の底で思っていることを包み隠さずにさらけ出すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹蔵ない

    解説

  • 14

    相手の不正を許せない気持ちから、どうしても相手を生かしてはおけない、といった心情になること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不倶戴天

    解説

  • 15

    美名の陰に隠れて陰謀や悪事などをいつも企んでいる所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伏魔殿

    解説

  • 16

    表面には表さないが、奥に潜ませた意味や内容があること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 含み

    解説

  • 17

    江戸時代のお金持ち。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分限者

    解説

  • 18

    国の経済力を高め、軍事力を強化すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 富国強兵

    解説

  • 19

    性格とか行動とかが角ばっていて、無作法なこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無骨

    解説

  • 20

    見ていて格好の悪いこと。 見苦しいこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無様

    解説

  • 21

    何事についても人より劣っていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不肖

    解説

  • 22

    仕方なく、いやいやすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不承不承

    解説

  • 23

    物事の筋道が通っていないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不条理

    解説

  • 24

    何かを成し遂げるために色々心を悩ますこと。 苦心すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腐心

    解説

  • 25

    滅多に世に現れないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不世出

    解説

  • 26

    二つのものの関係がぴったり付きもせず、かと言ってすっかり離れてしまわない状態。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不即不離

    解説

  • 27

    思い上がった態度を取ることとか、おごりたかぶっていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不遜

    解説

  • 28

    中断しないで続くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不断

    解説

  • 29

    経済的にはプロレタリアート(無産階級)に近いのに、意識的にはブルジョア(資本家階級)に近い気持ちを抱いてる中産階級の人々。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プチブル

    解説

  • 30

    人が死ぬこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物故

    解説

  • 31

    塵・ほこりなどの汚れをきれいに拭い払うこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 払拭

    解説

  • 32

    目的に合う適当なものや良いものを多くの中から探し求めること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物色する

    解説

  • 33

    物と心とは根本において一つであること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物心一如

    解説

  • 34

    不機嫌で無愛想な顔つき。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏頂面

    解説

  • 35

    気の利かない人。 行き届かない人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不束者

    解説

  • 36

    予想外のことが突然に出現すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 降ってわいたように

    解説

  • 37

    心に不満を抱き、無法・無礼な振る舞いをすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不逞

    解説

  • 38

    困難に遭っても強固な心を持ち、最後まで意志を貫くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不撓不屈

    解説

  • 39

    着た着物と胸の間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    合点がいかない、納得できないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腑に落ちない

    解説

  • 41

    思い通りにならないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不如意

    解説

  • 42

    愚かで旧を守り、時の推移を知らないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船に刻みて剣を求む

    解説

  • 43

    文章には記されていないが、申し合わせのように慣習上決まっていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不文律

    解説

  • 44

    一定の範囲内であらゆる事物に共通の性質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普遍

    解説

  • 45

    どの主義・党派などにも与しないで、公正中立の立場をとること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不偏不党

    解説

  • 46

    定職がなく行いが悪い人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無頼漢

    解説

  • 47

    行動を思考や観念よりも重んじ、真実は行為によって評価されるとする。 実用主義。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラグマティズム

    解説

  • 48

    生物の体腐って形態が崩れること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腐爛

    解説

  • 49

    することもなく退屈なこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無聊

    解説

  • 50

    身分の上下の別を取り去り、肩苦しい礼儀を抜きにした親しく打ち解けた集まりのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無礼講

    解説

  • 51

    前もって言いふらし、宣伝すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触れ込み

    解説

  • 52

    仕事を進めて行く上での方法・手順。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセス

    解説

  • 53

    惑わないこと。 40歳のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不惑

    解説

  • 54

    自分では一定の主義・意見を持たず、他人の説や周囲の勢いに同調すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 付和雷同

    解説

  • 55

    生死を共にするほどの交際。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刎頸の交わり

    解説

  • 56

    事実を過大にまたは過小に繕うこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粉飾

    解説

  • 57

    かっと憤り、怒ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憤怒

    解説

  • 58

    文章は書き手の人柄を表すものである、また、文章を読んでみれば書き手の人柄が理解できるものだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文は人なり

    解説

  • 59

    ご飯を思わず噴き出してしまうほどばかげておかしいことを言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 噴飯

    解説

  • 60

    花びらなどが乱れ散る様子。 種々雑多な物が入り交じって統一のない様子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紛々たる

    解説

  • 61

    心の中でもだえ、憤ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憤悶

    解説

  • 62

    生活必需品である米と塩を手に入れるための費用のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米塩の資

    解説

  • 63

    横目でじろりと睨みつけること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 睥睨

    解説

  • 64

    光り輝くさま。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炳乎

    解説

  • 65

    88歳。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米寿

    解説

  • 66

    勢いや困難におされたり、または恐れ驚いたりして尻込みすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 辟易

    解説

  • 67

    悲観的な。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペシミスティック

    解説

  • 68

    ちらりと横目で見ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞥見

    解説

  • 69

    負け惜しみを言うこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減らず口を叩く

    解説

  • 70

    心が狭くて度量が小さいこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏狭

    解説

  • 71

    ほんのちょっとした言葉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片言隻句

    解説

  • 72

    いつでもどこでも広く存在すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遍在

    解説

  • 73

    ある物・事にあくまでも執着すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏執

    解説

  • 74

    現実世界を流動し変化するものと見て、物事は対立・矛盾を越えてよりよい統一へと発展していくという考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁証法

    解説

  • 75

    考え方・行動などが一面的で偏っていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏頗

    解説

  • 76

    中心地から離れていて不便なこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 辺鄙(へんぴ)

    解説

  • 77

    風でひらひら・はたはたとなびく様子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 翩翻(へんぽん)

    解説

  • 78

    期待外れだ、思うようにならず残念だという気持ち。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本意ない

    解説

  • 79

    物事が新しく起こること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 萌芽

    解説

  • 80

    弱者に対して第三者が同情してひいきすること、そういう感情。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 判官贔屓(ほうがんびいき)

    解説

  • 81

    肉付きのよいふっくらした美しい頰。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 豊頰(ほうきょう)

    解説

  • 82

    爆撃機からの攻撃を受けた時、避難するために作られた設備。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防空壕

    解説

  • 83

    これならどちらへ行ったらよいか分からずうろうろすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 彷徨

    解説

  • 84

    血気にはやって、全く成功する見込みのない向こう見ずなことをすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暴虎馮河(ぼうこひょうが)

    解説

  • 85

    気の向くままに自分本位に行動し、だらしがないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放恣

    解説

  • 86

    側に人がいないかのように、他人のことを気にかけず自分の思い通りに振る舞うこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傍若無人

    解説

  • 87

    土地がよく肥えていて、穀物・作物が豊かに実ること。 財産があって、生活が豊かなこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 豊饒

    解説

  • 88

    何か他の物事に心を奪われてぼんやりしていること、ぼんやり何も考えずにいること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放心

    解説

  • 89

    心の中、胸中。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方寸

    解説

  • 90

    意外な出来事に直面して呆気に取られたり驚いたりして、どうしていいか分からずぼんやりしている様子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 茫然自失

    解説

  • 91

    出会うこと。行き着くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逢着

    解説

  • 92

    台所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 庖廚

    解説

  • 93

    自分がしなければならない仕事や権利・義務などをしないで、または使わないで放っておくこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放擲(ほうてき)

    解説

  • 94

    神聖なもの、清らかなものの権威を汚し傷つけること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冒瀆(ぼうとく)

    解説

  • 95

    無駄にする。 それまで積み上げてきた努力や苦心を不意にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棒に振るう

    解説

  • 96

    ひっくり返るほど大笑いすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抱腹絶倒

    解説

  • 97

    人や事態が他のそれによく似ていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髣髴(ほうふつ)

    解説

  • 98

    雑草が生い茂っている所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蓬芧(ほうぼう)

    解説

  • 99

    どこで終わりという見当がつかないほど広々としている様子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 茫々

    解説

  • 100

    心が広く、様々な人や考えを受け入れる能力。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 包容力

    解説

  • 101

    性質が穏やかで真面目なこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 穆実(ぼくじつ)

    解説

  • 102

    昔からの習慣や自分の意見を頑なに守り通すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 墨守

    解説

  • 103

    物事が思い通りになったことに満足して一人でこっそりと笑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほくそ笑む

    解説

  • 104

    多くの人々を正しい方向に教え導く人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木鐸

    解説

  • 105

    飾り気がなく、思うことが十分に言えない様子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朴訥(ぼくとつ)

    解説

  • 106

    無愛想で話の分からない人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朴念仁

    解説

  • 107

    文字や絵を書いて不要になった紙。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反古(ほご)

    解説

  • 108

    他を無視して自分の思い通りに勝手に振る舞うさま。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほしいまま

    解説

  • 109

    交渉がないこと。 全く無関係なこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 没交渉

    解説

  • 110

    1960年代ニューヨークを中心に興った美術の一形式。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポップアート

    解説

  • 111

    腹を地面などにつけて手足で這いながら前進すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 匍匐前進(ほふくぜんしん)

    解説

  • 112

    身体が弱くてわ運動や労働に耐えられないこと、また病気にかかりやすい体質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蒲柳の質(ほりゅうのしつ)

    解説

  • 113

    油断・不注意によって、隠していた欠点や失敗など具合の悪い所を見せてしまう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぼろを出す

    解説

  • 114

    その物事がそのものでなくなる、根本的なもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本質

    解説

  • 115

    人間の心身を悩ませて、正しい判断を妨げる心の働き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 煩悩

    解説

  • 116

    煩悩に支配されている人間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凡夫

    解説

  • 117

    あることで最有力と思われている人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本命

    解説

56678

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ