zuknow learn together

新しい教材を作成

政経

カード 67枚 作成者: miyusic8 (作成日: 2016/05/21)

  • 資本、労働力、土地のこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    資本、労働力、土地のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産要素

    解説

  • 2

    生産とは生産要素を使って生活に必要な〇〇を作り出す行為

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財・サービス

    解説

  • 3

    人間が財・サービスを購入し、それらを利用することで生活の必要性や欲求を満たす行為

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費

    解説

  • 4

    財・サービスを他者と交換する場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場

    解説

  • 5

    市場での売買は〇〇を通じて行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貨幣

    解説

  • 6

    どれを採用すればどれをあきらめなければならないという状況

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレードオフ

    解説

  • 7

    複数の選択肢の中から選ばなかった選択肢が与えてくれたであろう便益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機会費用

    解説

  • 8

    その財、サービスがもたらしてくれる有益な価値を金銭的に評価したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 便益

    解説

  • 9

    生産者が何をどれだけどのようにつくるのか政府が指令する経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計画経済

    解説

  • 10

    ソ連などが採用していた計画経済に相当するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会主義経済

    解説

  • 11

    生産者も消費者も自由意思で行動し、結果としてその調整を市場に委ねる経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場経済

    解説

  • 12

    市場経済の別名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本主義経済

    解説

  • 13

    資本主義成立の背景

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市民革命による私的所有権と自由権の確率

    解説

  • 14

    機械設備などの生産手段を個人や企業が自分のものとして所有すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産手段の私有化

    解説

  • 15

    個人の利益追求を原動力に経済が営まれること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利潤追求の自由

    解説

  • 16

    生産手段をもたない労働者は自らの労働力を売って賃金、給与を得ること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働力の商品化

    解説

  • 17

    技術革新により産業の中心が農業から工業へ、担い手は農民から資本家、労働者へ転換したこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業革命

    解説

  • 18

    産業革命で経済の担い手は〇〇から✖️✖️へ転換した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農民から資本家、労働者

    解説

  • 19

    市場経済が確立し、国家は〇〇を保障し✖️✖️を促す役割を果たすべきという考えが強くなった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済活動の自由 資本蓄積

    解説

  • 20

    市場での自由競争で経済が調整され結果的に社会の富が増えていく機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神の「見えざる手」

    解説

  • 21

    アダムスミスは国家の役割を市場での担い手がいない〇〇などに限定すべきとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治安維持、司法

    解説

  • 22

    アダムスミスの段階の資本主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業資本主義

    解説

  • 23

    政府が市場に積極的に介入しない考え方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由放任主義

    解説

  • 24

    自由放任主義の別名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レッセ−フェール

    解説

  • 25

    レッセ−フェール(自由放任主義)の別名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さな政府

    解説

  • 26

    ほぼ10年ごとに景気が極度に悪化すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恐慌

    解説

  • 27

    シュンペーターは新製品の開発や新たな生産方法の導入など〇〇こそが資本主義発展の原動力だと説いた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技術革新

    解説

  • 28

    技術革新(イノベーション)こそが資本主義発展の原動力だとといた人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュンペーター

    解説

  • 29

    巨額の利潤を蓄積して規模の拡張をはかること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本の集積

    解説

  • 30

    他の企業を吸収、合併して市場支配力を強めること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本の集中

    解説

  • 31

    独占、寡占化が進行した段階以降の資本主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独占資本主義

    解説

  • 32

    1929年ニューヨーク証券取引所の株価大暴落をきっかけに世界の資本主義国に波及した恐慌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界大恐慌

    解説

  • 33

    世界恐慌から回復を試みニューディール政策を打ち出した大統領

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローズベルト

    解説

  • 34

    ローズベルトが打ち出した景気回復のための政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューディール政策

    解説

  • 35

    単なる欲求ではなく現実に貨幣による購買力を伴う実現可能な需要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効需要

    解説

  • 36

    政府が財政金融政策で民間投資を刺激すれば景気かと完全雇用を達成できるとした人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケインズ

    解説

  • 37

    独占の公的規制や税制による所得再分配、環境税の導入で政府介入を正当化した人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピグー

    解説

  • 38

    より高い所得部分に対してより高い税率を適用することで所得再分配効果を発揮する税制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 累進所得税

    解説

  • 39

    環境問題の発生原因者に課税する制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境税

    解説

  • 40

    自由放任主義にかわり政府が市場介入し問題を解決する資本主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修正資本主義

    解説

  • 41

    政府の経済活動の規模が大きいことの比喩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きな政府

    解説

  • 42

    民間部門と政府部門の両方からなる経済システム。国民経済における政府の役割が大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混合経済体制

    解説

  • 43

    1973,1979年におきた事件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石油危機

    解説

  • 44

    不況とインフレの並存

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタグフレーション

    解説

  • 45

    ケインズを批判しマネタリズムこそが物価安定に有効とした人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリードマン

    解説

  • 46

    政府の財政金融政策を排し貨幣供給量を経済成長率に合わせ一定に保つこと、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マネタリズム

    解説

  • 47

    アメリカの新自由主義の政権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レーガン政権

    解説

  • 48

    イギリスの新自由主義の政権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サッチャー政権

    解説

  • 49

    規制緩和や民営化、福祉支出の削減を通じて国家の市場介入を縮小して小さな政府を目指すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新自由主義

    解説

  • 50

    雇用規制の弾力化や社会保障の削減がもたらしたもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用の不安定 貧富の格差拡大と貧困率の上昇

    解説

  • 51

    新自由主義への批判が高まったきっかけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リーマンショック(2008)

    解説

  • 52

    需要と供給を一致させて価格と取引きされる数量を決定すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場メカニズム

    解説

  • 53

    需要と供給が一致しなければ価格が上昇または下落して両者を一致させることら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格の自動調整作用

    解説

  • 54

    需要と供給が一致する価格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均衡価格

    解説

  • 55

    価格が均衡価格より高いとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 超過供給

    解説

  • 56

    市場本来の機能が発揮されないこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場の失敗

    解説

  • 57

    製品、サービスの供給が1社に占有され市場で価格支配力をもつ場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独占

    解説

  • 58

    供給が複数企業に絞られ価格が協調で決められる場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寡占

    解説

  • 59

    価格が協調で決められること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理価格

    解説

  • 60

    価格先導者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライスリーダー

    解説

  • 61

    企業連合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルテル

    解説

  • 62

    企業合同

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トラスト

    解説

  • 63

    企業結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンツェルン

    解説

  • 64

    独占、寡占がおこり価格が上昇しやすく下落しにくくなること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格の下方硬直性

    解説

  • 65

    私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独占禁止法

    解説

  • 66

    独占禁止法の運用する組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公正取引委員会

    解説

  • 67

    管理価格のもとでサービスや品質を競うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非価格競争

    解説

56611

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ