zuknow learn together

新しい教材を作成

地学(地球の内部構造)

カード 60枚 作成者: 水野雅允 (作成日: 2016/05/20)

  • 震央距離と地震波の到達時間との関係を示したグラフ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    震央距離と地震波の到達時間との関係を示したグラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 走時曲線

    解説

  • 2

    地下では地震波の速度が急に変化する境界がある。この境界を(  )と呼び、この境界より上を(  )、下を(  )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モホロビチッチ不連続面、地殻、マントル

    解説

  • 3

    地表にある物体に働く力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①引力②遠心力③重力

    解説

  • 4

    地球を覆う平均海水面がつくる仮想の局面を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジオイド

    解説

  • 5

    ジオイドの凹凸を知ることにより、地下の物質の(  )の大小が分かる。ジオイドが盛り上がるところは、地下に(  )の大きい岩体がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密度

    解説

  • 6

    グラフが表すものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S波の速さ

    解説

  • 7

    グラフが表すものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S波の速さ

    解説

  • 8

    グラフが表すものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密度

    解説

  • 9

    グラフが表すものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度

    解説

  • 10

    グラフが表すものは何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧力

    解説

  • 11

    地球の表層部はいくつかのに分かれたプレートで覆われており、それらが相互に運動することにより地震活動、火山活動、造山活動などが起こったりしている。この理論を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレートテクトニクス

    解説

  • 12

    ヒマラヤ山脈のプレート境界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぶつかり合う境界

    解説

  • 13

    太平洋中央海嶺のプレート境界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 互いに遠ざかる境界

    解説

  • 14

    日本列島のプレート境界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぶつかり合う境界

    解説

  • 15

    サンアンドレアス断層のプレート境界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すれ違う境界

    解説

  • 16

    地球の形は平均海水面とその陸地への延長で表される。これを(  )と呼び、(  )方向に垂直な曲面である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジオイド、重力

    解説

  • 17

    地球の形や大きさに最も合う回転楕円体を(  )といい、平均半径は約(  )㎞である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球楕円体、6370

    解説

  • 18

    地球の赤道半径をa、極半径をbとするとき扁平率は(  )と表される。子午線1°あたりの弧の長さは(  )緯度の方が長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (a-b)/a、高

    解説

  • 19

    地殻とマントルの境界を(  )という。マントルと核の境界を(  )といい、深さ約(  )㎞のところにある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モホロビチッチ不連続面、グーテンベルグ面、2900

    解説

  • 20

    外核と内核の境界を(  )といい、深さ約(  )㎞のところにある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レーマン面、5100

    解説

  • 21

    大陸の地殻は、上部が(  )質岩石、下部が(  )質岩石で構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩、玄武岩

    解説

  • 22

    海洋の地殻は(  )質岩石で構成されている。マントル上部は(  )質岩石で構成されて、核は(  )や(  )から構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄武岩、かんらん岩、鉄、ニッケル

    解説

  • 23

    地球の磁場は北極付近に(  )極があり、南極付近に(  )極がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S、N

    解説

  • 24

    地磁気の3要素は、真北かたのずれの角度の(  )、水平面からの傾きの角度の(  )、地磁気の強さの(  )を用いることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏角、伏角、全磁力

    解説

  • 25

    引力の大きさは(  )に反比例し、遠心力の大きさは(  )に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球の中心からの距離の2乗、地軸からの垂直距離

    解説

  • 26

    地球の深さ数百㎞までの表層部hは2つの部分に分けられる。上部を(  )、下部を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソスフェア、アセノスフェア

    解説

  • 27

    氷が水に浮くのと同じように、地殻がマントルの上に浮いており、つり合いを保っているという考え方を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイソスタシー

    解説

  • 28

    マグニチュードは地震の(  )を表す量に対し、震度は地震の(  )を表す量。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規模、ゆれの強さ

    解説

  • 29

    地球は(  )になっている。その扁平率で赤道半径300㎜の地球儀をつくると、極半径は(  )㎜となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回転楕円体、299

    解説

  • 30

    地球の表層部は、何枚かの(  )と呼ばれる固い岩盤が、卵の殻のように薄く覆っており、それらが相互に運動することによって地震・火山活動が活発に起こり、島弧や(  )が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレート、海溝

    解説

  • 31

    大西洋、インド洋には線上に長く続く分布があり、これは(  )と一致する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海嶺

    解説

  • 32

    ハワイ諸島では、(  )の深部から高温物質が上昇するときに(  )が起きる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マントル、火山性地震

    解説

  • 33

    マントルで発生するマグマは、SiO₂が約(  )%でMgOとCaOが(  )前後、温度は約(  )℃である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50、10、1300

    解説

  • 34

    沈み込んだ海洋プレートが高温高圧の環境下で(  )を供給してカンラン岩の(  )を下げ、マグマが発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水、融点

    解説

  • 35

    ハワイ諸島では、地下深部から高温のマントル物質が上昇し(  )が低下すると、(  )してマグマを発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧力、部分融解

    解説

  • 36

    プレート境界の3つの種類は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収束型境界、発散型境界、トランスフォーム型境界

    解説

  • 37

    密度が小さい大陸プレートである(  )と(  )が互いに衝突して両側から圧力がかかって沈み込めずに徐々に押し上がり、長い年月をかけてヒマラヤ山脈のような険しい山脈が形成された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インド・オーストラリアプレート、ユーラシアプレート

    解説

  • 38

    南海トラフでは(  )が(  )の下に沈み込み、徐々に歪みが蓄積する。歪みのエネルギーが限界に達すると、一気に解放され、(  )が跳ね上がり、巨大地震が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、ユーラシアプレート

    解説

  • 39

    地震は地下の岩盤がある面を境にして急速にずれることで発生する。この破壊面を(  )面という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 断層

    解説

  • 40

    河川周辺や埋め立て地など、水を含む砂地では、強い地震動によって(  )することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 液状化

    解説

  • 41

    震度は0~7の(  )段階に設定されているが、マグニチュードは(  )の値もとりうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10、負

    解説

  • 42

    水平方向にずれが生じる横ずれ断層の場合、海水が上下方向にほとんど変位しないため、(  )は発生しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 津波

    解説

  • 43

    緊急地震速報では、震源に近い複数の地震計で観測された(  )と(  )の到着時間の差から震源の位置を推定し、P波の最大振幅や震源距離から(  )を推定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P波、S波、マグニチュード

    解説

    さらに、マグニチュードと震源距離から各地の震度を予測したり、地震波の速度と震源距離から地震波の到達時刻を予測したりすることができる。

  • 44

    地震波は、高温で柔らかい部分では(  )く、低温で固い部分では(  )く伝わる性質がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅、速

    解説

  • 45

    マントル上層部の深さ約70~200kmには、地震波速度が少し遅くなる層が存在する。この層より上を(  )といい、流動的な(  )の上をゆっくりと移動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソスフェア、アセノスフェア

    解説

  • 46

    大陸地殻は(  )層と(  )層からなりかなり厚いが、海洋地殻は(  )層だけからなり薄い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩、玄武岩、玄武岩

    解説

  • 47

    地殻が(  )のより大きいマントルの上に浮かんでいる状態にあることを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密度、アイソスタシー

    解説

  • 48

    a~dに当てはまる構成元素は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a:O b:Si c:Mg d:Fe

    解説

  • 49

    ジオイドにもっともよく一致する大きさと形をもつものを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球楕円体

    解説

  • 50

    地球が(  )な球体であるとした場合の地表における重力を(  )とよび、赤道上では北極のそれより(  )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均質、標準重力、小さい

    解説

  • 51

    地球内部に密度がその周囲と異なる場所があるときにジオイド上で観測された重力と(  )との差を(  )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準重力、重力異常

    解説

  • 52

    観測された重力値からジオイドと観測地点の間の物質による引力の効果を取り除くことを(  )補正とよぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブーゲー

    解説

  • 53

    A地区は(  )の重力異常を示している。したがって、A地区の地下にはその周囲に比べて密度の(  )物質があると考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正、大きい

    解説

  • 54

    放射性元素より(  )から放出される熱の供給量の方が多いため、海洋地殻は大陸地殻より高い(  )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マントル、地殻熱流量

    解説

  • 55

    ジオイド面と地表面の間にある物質をすべて取り除き、あたかも自由大気中に浮いた状態で測定したかのような重力値に換算する。この補正を(  )という。⑪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブーゲー補正

    解説

  • 56

    測定点をジオイド面におろしたときの重力値に換算する。この補正を(  )という。⑪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーエア補正

    解説

  • 57

    地球楕円体の表面における理論上の重力を(  )という。⑪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準重力

    解説

  • 58

    1543年に地動説を唱えた人物は誰か。⑪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コペルニクス

    解説

  • 59

    震源から地表の観測点へ直接到達する縦波を(  )といい、震源から深部へ向かい、う回路を通って速く伝わる縦波を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接波、屈折波

    解説

  • 60

    モホ面よりも浅い側を(  )、深い側を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地殻、マントル

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ