zuknow learn together

新しい教材を作成

1酒類飲料概論1

カード 73枚 作成者: centifolia (作成日: 2014/03/27)

  • <酒類分類>酒税法の酒類の定義

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート呼称資格認定試験対策 
アカデミー・デュ・ヴァンの講座に準拠しています。
(不完全箇所等順次更新します。)

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    <酒類分類>酒税法の酒類の定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15℃においてアルコール分1度以上の飲料。

    解説

  • 2

    <酒類分類>酒税法の酒類の分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醸造酒、蒸留酒、混成酒。

    解説

  • 3

    <酒類分類>醸造酒とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖分を含む液体を酵母によりアルコール発酵させて作った酒。  果実原料:ワイン、シードル  穀物原料:ビール、日本酒、老酒など、

    解説

  • 4

    <酒類分類>蒸留酒とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醸造酒を蒸留して造られた酒。 果実原料:ブランデー  果実以外:ウィスキー、ウォッカ、ジン、ラム、焼酎など。

    解説

  • 5

    <酒類分類>混成酒とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醸造酒または蒸留酒に薬草・果実などを風味付けしたもの。 醸造酒原料:ヴェルモット  蒸留酒原料:リキュール、梅酒

    解説

  • 6

    <ワイン概論>世界のブドウ栽培面積

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011年750万ha(2009年770万ha)

    解説

  • 7

    <ワイン概論>世界のブドウ収穫量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011年7140万トン(2009年6818万トン)

    解説

  • 8

    <ワイン概論>世界のワイン生産量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011年2.7億hリットル(2009年2.7億hリットル)

    解説

  • 9

    <ワイン概論>世界のワイン消費量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011年2.4億hリットル(2009年2.4億hリットル)

    解説

  • 10

    <ワイン概論>国別ワイン生産順位(2011年) ⇒2014年教本には掲載されていない。→出題されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①フランス ②イタリア ③スペイン ④アメリカ ⑤アルゼンチン ⑥中国 ⑦オーストラリア ⑧チリ ⑨南アフリカ ⑩ドイツ <補足>イタリア、フランスで世界の37%程度を生産。 <暗記法>ヨーロッパ御三家、アア中落ちブービービリ

    解説

  • 11

    <ワイン概論>国別ワイン生産順位(2009年)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①イタリア ②フランス ③スペイン ④アメリカ ⑤中国 ⑥アルゼンチン ⑦オーストラリア ⑧チリ ⑨南アフリカ ⑩ドイツ

    解説

  • 12

    <ワイン概論>国別ワイン1人当たり年間ワイン消費量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ルクセンブルグ ②フランス ③ポルトガル ④イタリア ⑤スヴェロニア

    解説

  • 13

    <ワイン概論>日本のワイン1人当たり年間ワイン消費量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2012年3.3リットル 2011年2.84リットル

    解説

  • 14

    <ワイン概論の特性>アルコール発酵の化学式を示した人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョゼフ・ルイ・ゲイリュサック

    解説

  • 15

    <ワイン概論の特性>アルコール発酵のメカニズムを解明した人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルイ・パスツール(19世紀、フランス)

    解説

  • 16

    <ワイン概論の特性>ワインの酵母の名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サッカロミセス・セレヴィシエ  <暗記法>作家のミセスはセレブ「シェー」

    解説

  • 17

    <ワイン中の有機酸>ブドウに由来するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酒石酸、リンゴ酸、クエン酸 <暗記法>酒でリンゴは食えん

    解説

  • 18

    <ワイン中の有機酸>ワイン由来の有機酸で最も含有量が多のは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酒石酸

    解説

  • 19

    <ワイン中の有機酸>発酵によって生成する酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コハク酸、乳酸、酢酸

    解説

  • 20

    <ワイン中の有機酸>貴腐ワインに含まれる酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコン酸 ガラクチュロン酸

    解説

  • 21

    <ワイン中の有機酸>酒石酸は○○と結合して□□として析出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○○カリウム    □□酒石

    解説

  • 22

    <ワイン中の有機酸>○○は熟成中に酸化されて粘液酸となり、さらに□□となって白色結晶の△△として析出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○○ガラクチュロン酸   □□カルシウム塩   △△粘液酸カルシウム

    解説

  • 23

    <ワイン中の有機酸>ワインの風味は○○と□□に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○○香り   □□味

    解説

  • 24

    <ワイン中の有機酸>ワインの香りは○○と□□に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○○アロマ  □□ブーケ

    解説

  • 25

    <ワイン中の有機酸>ワインのアロマは○○と□□に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○○第1のアロマ  □□第2のアロマ

    解説

  • 26

    <ワイン中の有機酸>第1のアロマとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原料ブドウ由来の品種特性香。ブドウ果実の香りそのものがワインに移行するのはマスカット系ブドウやゲビュルツトラミネルなどに限られる。発酵過程を経てワインになった時に感知される品種特有の香りも含める。(例:ソーヴィニョン・ブラン)

    解説

  • 27

    <ワイン中の有機酸>第2のアロマとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発酵過程で酵母や乳酸菌が生成する香り。

    解説

  • 28

    <ワイン中の有機酸>ブーケとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第3のアロマともいう。発酵終了後、タンク又は樽で貯蔵中に生成する熟成香と、さらに瓶詰後に瓶中で生成する熟成香のこと。

    解説

  • 29

    <ワインと健康>ワインの通常水素イオン指数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • pH2.9~3.6 中性7.0

    解説

  • 30

    <ワインと健康>アルコールの効用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①食欲増進・消化促進 ②血液循環を良くし体を温める ③ストレス解消・熟睡を助ける ④血栓症の予防、HDL(High Density Lipoprotein善玉、高密度リポ蛋白)の濃度上昇

    解説

  • 31

    <ワインと健康>赤ワインに顕著な効用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤ワインに多く含まれるポリフェノールにより動脈硬化症および血栓症のリスク減少。ポリフェノールは果皮と種に多く含まれ、赤ワインに含有量が多い。

    解説

  • 32

    <ワインと健康>白ワインに顕著な効用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①利尿作用 ②食欲増進効果 ③整腸作用 ④殺菌作用。 例:生ガキ&シャブリ、ムスカデ。

    解説

  • 33

    <ワインと健康>リスベラトロールの効用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①LDL(低密度リポ蛋白)酸化抑制作用②血栓症予防 ③抗ガン作用 ④認知症・アルツハイマー症予防。ポリフェノールの一種。ファイトアレキシン(ブドウがカビに汚染されると自分を守るために造る)の一種。多くは果皮に存在。赤ワインには多く含まれるが白ワインにはあまり含まれない。

    解説

  • 34

    <ワインと健康>フレンチパラドックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物性脂肪の摂取量と虚血性心疾患による死亡率は正の相関関係があるのに対し、フランス人やスイス人のデータが相関から大きく外れている。

    解説

  • 35

    <ワインの分類>醸造法による分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スティル・ワイン ②スパークリング・ワイン ③フォーティファイド・ワイン ④フレーヴァード・ワイン

    解説

  • 36

    <ワインの分類>スティル・ワインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ果汁または破砕したブドウ果実を発酵させ、二酸化炭素による発泡性を呈しないワイン。一般的にアルコール分は9度~15度程度、赤ワイン、ロゼワイン、白ワインがり、日常、料理とともに楽しむことが多い。白ワインには辛口~甘口まである。

    解説

  • 37

    <ワインの分類>スパークリング・ワインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発泡性を有したワイン。通常3気圧以上のガス圧。それ以下は弱発泡性ワイン。

    解説

  • 38

    <ワインの分類>フォーティファイド・ワインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醸造工程中にアルコール分40度以上、ときには80度くらいのブランデー、またはアルコールを添加して、ワイン全体のアルコール分15度~22度程度にまで高め、味にコクをもたせ、ワイン全体の保存性も高めたもの。

    解説

  • 39

    <ワインの分類>フォーティファイド・ワインの種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スペイン:シェリー  ポルトガル:ポート・ワイン、マデイラ イタリア:マルサラ   フランス:VDN(Vin doux naturel)、VDL(Vin de liqueur 例:ピノー・デ・シャラント)

    解説

  • 40

    <ワインの分類>フレーヴァード・ワインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワインに薬草、果実、甘味料、エッセンスなどを加え、独特な風味を添えたもの。

    解説

  • 41

    <ワインの分類>フレーヴァード・ワインと種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア・フランス:ヴェルモット(チンザノ)   フランス:リレ   ギリシャ:レツィーナ   スペイン:サングリア

    解説

  • 42

    <ワインの分類>マデイラワイン(Vinho da Madeira)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォーティファイド・ワイン。 ポルトガルの首都リスボンから南西に1000㎞の大西洋上のマデイラ島で生産される酒精強化ワイン、世界三大酒精強化ワイン。ブドウを発酵段階でグレープスピリッツにより酒精強化、更に加熱熟成するという独特な製法による魅力的なフレーバーを特徴とします。

    解説

  • 43

    <ワインの分類>マルサラワインとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォーティファイド・ワイン。 イタリアのシチリア島のマルサラで18世紀後半にイギリス人の手によってつくりだされたワイン。ぶどうは地元品種のみを使用。基本的に辛口ワインに、アルコール、甘み調整用のミステッラ、色と苦味を加えるモスト・コットを混ぜて樽熟成させる。

    解説

  • 44

    <ワインの分類>ヴェルモット(Vermut)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレーヴァード・ワイン。 ベルモットとは、白ワインを主体とし、ニガヨモギなどの香草やスパイスを配合して作られるフレーバードワインである。イタリア発祥のスイート・ベルモットとフランス発祥のドライ・ベルモットとがある。チンザノ (Cinzano) 社やマルティーニ (Martini) 社が有名。

    解説

  • 45

    <ワインの分類>リレ(LIllet)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレーヴァード・ワイン。 リレは大西洋に近い大ワイン生産地のボルドーで造られています。1887年、ボルドーのポデンサック村で生れましたリレは、ボルドーワインとフルーツ・リキュールをブレンドし、フレンチオークでじっくりとおよそ12ヶ月熟成されています。

    解説

  • 46

    <ワインの分類>レツィーナ(Retsina)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレーヴァード・ワイン。 「レツィーナ」は、松脂を加えて風味づけした伝統的なギリシャワイン。淡く明るい黄色の個性的なワイン。さわやかでキレの良い味わいが楽しめます。

    解説

  • 47

    <ワインの分類>サングリアとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレーヴァード・ワイン。 赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、一口大に切った果物(レモン、オレンジなど)とシナモンを少々加えた飲み物。サングリアという名称はスペイン語で血を意味するサングレ (sangre) という単語に由来する。

    解説

  • 48

    <スパークリングワインの呼称>フランス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァン・ムスー(Vin Mousseux)、クレマン(Crémant)

    解説

  • 49

    <スパークリングワインの呼称>フランス 弱発泡性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァン・ペティヤン(Vin Pétillant)

    解説

  • 50

    <スパークリングワインの呼称>ドイツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャウムヴァイン(Schaumwein) ゼクト(Sekt、地域限定)

    解説

  • 51

    <スパークリングワインの呼称>ドイツ  弱発泡性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パールヴァイン(Perlwein)

    解説

  • 52

    <スパークリングワインの呼称>イタリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィーノ・スプマンテ(Vino Spumante)

    解説

  • 53

    <スパークリングワインの呼称>イタリア 弱発泡性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィーノ・フリザンテ(Vino Frizzante)

    解説

  • 54

    <スパークリングワインの呼称>スペイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エスプモーソ(Espumoso) カバ(Cava 地域限定)

    解説

  • 55

    <スパークリングワインの呼称>スペイン 弱発泡性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビノ・デ・アグーハ(Vino de agja)

    解説

  • 56

    <法規による品質分類>EU法による2分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:indication geographique protegee 地理的表示付きワイン(地理的表示保護) AOP:Appellation d’Origine Controlee 地理的表示付きワイン(原産地名称保護)

    解説

  • 57

    <法規による品質分類>フランス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP Vin de pays(地酒) AOP A.O.C. (Appellation d'Origine Controlee)(原産地統制名称ワイン)

    解説

  • 58

    <法規による品質分類>ドイツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:Landwein(地酒) AOP:QbA(クーベーアー、クヴァリテーツヴァイン・アイネス・ベシュティムテン・アンバウゲビーテス)(特定産地上質ワイン) QmP(クーエムペー、クヴァリテーツヴァイン・ミット・プレディカート)

    解説

  • 59

    <法規による品質分類>イタリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:IGT(Indicazione Geografica Tipica) AOP:D.O.C.G.(Denominazione di Origine Controllata e Garantita、統制保証付原産地呼称) D.O.C.(Denominazione di Origine Controllata、統制原産地呼称)

    解説

  • 60

    <法規による品質分類>スペイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:Vino de la Tierra地理的生産地表示テーブルワイン AOP:D.O.(Donominacion de Origen)原産地名称ワイン Denominacion de Origen Calificada (D.O.Ca) Vino de Pago(単一ぶどう畑限定高級ワイン),Vino de Pago Calificado(PagoのうちDOCa畑)

    解説

  • 61

    <法規による品質分類>ポルトガル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:Vinho Regional(ヴィニョ・レジオナール) AOP:I.P.R.(インディカソン・デ・プロヴェエンシア・レギュルメンターダ)産地限定上質ワイン D.O.C.(デノミナサン・デ・オリジェン・コントロラーダ)原産地統制名称ワイン

    解説

  • 62

    <法規による品質分類>オーストリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:Landwein(地酒) AOP:D.A.C. Districtus Austriae Controllatus Qualitatswein(クオリテーツヴァイン、生産地限定上質ワイン)、Pradikatswienプレディカートヴァイン(プレディカートヴァイン、生産者限定格付け上質ワイン)

    解説

  • 63

    <法規による品質分類>ギリシャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IGP:O.P.E.(ギリシア語: Ο.Π.Ε.、オペ)原産地呼称ワイン」 AOP:O.P.A.P.(ギリシア語: Ο.Π.Α.Π.、オパプ)特定原産地呼称ワイン

    解説

  • 64

    <スパークリングワインの製法>スティルワインをびんに詰め、糖分と酵母を加えて密閉し、瓶内で二回目の発酵を起こさせるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トラディショナル方式 瓶内二次発酵方式 メトード・トラディショネル Methode Traditionnelle ★Flaschengarung フラシェンゲーリング(ドイツ) ★Metode Classico メトード・クラシコ(イタリア) ★Cava カヴァ(スペイン)

    解説

  • 65

    <スパークリングワインの製法>スティルワインを大きなタンクに密閉し、その中で二回目の発酵を起こさせる方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャルマ方式 タンク内二次発酵方式 Methode Charmat ★利点  1)短期間で製品化できる  2)空気に接触しないので、ぶどうのアロマをそのまま残せる  3)一度に大量に造ることができる(低コストで生産できる) ★Asti Spumante(イタリア)

    解説

  • 66

    <スパークリングワインの製法>瓶内二次発酵をさせた炭酸ガスを含んだワインを、加圧下のタンクに移し、冷却、ろ過した後、新たにびん詰めする。トラディショナル方式を簡略化したものといえます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランスファー方式 Transfer Method トラディショナル方式のルミュアージュとデゴルジュマンンを簡略化

    解説

  • 67

    <スパークリングワインの製法>発酵途中のワインを瓶詰めし、その後の発酵は瓶内で行う方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リュラル方式 田舎方式 この方式で造られるのは、次の3つのAOCのみ     Clairette de Die(クレレット・ド・ディー)、Gaillac Mousseux、Blanquette de Limoux

    解説

  • 68

    <スパークリングワインの製法>瓶に入ったワインに炭酸ガスを注入する方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭酸ガス注入方式 Gazeifie / Carbonated sparkling wine

    解説

  • 69

    <解説>シャウムヴァインSchaumwein

    補足(例文と訳など)

    答え

    • EU内の原酒を使用してドイツ国内で造られたもの。二次発酵により炭酸ガスを発生させ、ガス圧は3気圧以上。

    解説

  • 70

    <解説>ドイッチャー・ゼクトDeutscher Sekt

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツ産のぶどうを100%使用し、ドイツ国内で造られたもの。ガス圧は3気圧以上、アルコール度数は10%が必要。

    解説

  • 71

    <解説>ドイッチャー・ゼクトbA Deutscher Sekt bA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツ産のぶどうが100%使用され、13の限定栽培地域(bA)で造られたもの。地域名を表示する場合は、その地域で栽培されたぶどうを100%使用しなければならない。地区、品種名、ヴィンテージを表示する場合は、それぞれ85%以上を満たすことが必要。

    解説

  • 72

    <解説>ヴィーノ・スプマンテ Vino Spumante

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリアの全州で製造され、その生産量は年間1億3000万本に及ぶ。ガス圧は20度で3気圧以上。1~2.5気圧の弱発泡性ワインは「フリッツアァンテ(Vino Frizzante)」と称される。代表的な生産地区は、ピエモンテ州、ロンバルディア州、トレンティーノ・アルト・アデンジェ州、ヴェネト州。トラディショナル方式で製造されたものを「スプマンテ・クラッシコ(Spumante Classico)」と呼び、メトード・クラッシコ(Metodo Classico)の表示がされる。シャルマニュ方式によるものは、」フェルメンツィオーネ・ナトゥラーレ(Fermentazione Naturale)」で、その表示はメトード・シャルマ(Metodo Charmat)。DOCGに指定されているピエモンテ州のアスティ地区で生産されるアスティ・スプマンテは、シャルマ方式を応用したフレッシュさを保つために考案された特殊な方法で造られる。

    解説

  • 73

    <解説>エスプモーソ Espumoso

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産量の85%はカタルーニャ地方で生産される。特に有名なのは「カバ(Cava)」。原産地は、カタルーニャ以外にアラゴン、ナバーラ、リオハほかの各州に分散しているが、生産量の9割はカタルーニャが占める。特定地域で生産される良質の発泡ワイン(VECPRD)で、びん内で二次発酵を行うトラディショナル方式で造られ、二次発酵から口抜きまで最低9カ月の熟成が義務づけられている。特別DOに指定されており、他の原産地呼称とは異なり、地域の指定はなされていない。主にマカベオ、パレリャーダ、チャレッロという3種類のぶどう品種を原料とし、少量のシャルドネ(白)、モナストレル(赤)、ガルナッチャ(赤)などが使用されることもある。

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ