zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 義肢学6

カード 27枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/05/19)

  • 筋電義手は(1)側の(2)切断の患者に適応される

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    筋電義手は(1)側の(2)切断の患者に適応される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片側、前腕

    解説

  • 2

    筋電義手は断端長が(1)cm以上ひつようである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

  • 3

    筋電義手は近接する関節に著しい(1)がないことが必須であるが

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関節可動域制限

    解説

  • 4

    筋電義手は(1)を継続して維持できるものでないと適応の対象にはならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意欲

    解説

  • 5

    筋電義手は残存する側の(1)動作が自立しており、ADLのほとんどが可能であることが必須である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片手動作

    解説

  • 6

    筋電義手は従来の(1)の操作に習熟していることが必須である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能動式義手(フック式)

    解説

  • 7

    断端に持続した(1)があると筋電義手使用に不利である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛み

    解説

  • 8

    先天性の上肢切断者で長期間(1)を装着せずに経過したものは筋電義手使用に不利である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義手

    解説

  • 9

    すでに長期間なんらかの義手を用いており、(1)が確立しているものは筋電義手装着に不利である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活パターン

    解説

  • 10

    断端の(1)に問題があるものは筋電義手装着に不利である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚

    解説

  • 11

    筋電義手の訓練の際に必要な医学的評価を8項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 切断レベル、片側性か両側性か、断端の状態、近接関節の可動域、筋力、インテリジェンス、意欲、片手動作の自立の程度

    解説

  • 12

    下肢切断者の中では(1)切断が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下腿

    解説

  • 13

    下腿切断の特徴は膝関節の機能は(1)残存

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほぼ完全

    解説

  • 14

    下腿切断では(1)性の断端

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    下腿切断の断端の形状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三角錐

    解説

  • 16

    下腿切断は(1)と義足の(2)に適して断端

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体重支持、懸垂

    解説

  • 17

    下腿切断では膝関節(1)を起こしやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屈曲拘縮

    解説

  • 18

    下腿切断は断端を(1)で包んで固定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下腿三頭筋

    解説

  • 19

    下腿切断は(1)が短かい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下腿長

    解説

  • 20

    下腿長が短いと(1)方向への外力が働きにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伸展

    解説

  • 21

    下腿義足の条件は(1)の機能を障害しないこと、断端で(2)ができること、(3)性があること、正常に近い(4)が得られること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝、体重支持、懸垂性、歩様

    解説

  • 22

    在来式下腿義足は(1)ソケットのためにピストン運動が起こりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • open end

    解説

  • 23

    在来式下腿義足の懸垂は(1)であるため大腿の筋の萎縮が生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腿コルセット

    解説

  • 24

    PTB義足の特徴として(1)接触の(2)ソケットである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全面、二重

    解説

  • 25

    PTB義足の特徴は懸垂能力の(1)い膝カフである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低い

    解説

  • 26

    膝カフの機能は断端を(1)に保つこと、(2)を懸垂すること、膝関節を(3)に保持させること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良い位置、義足、屈曲位

    解説

  • 27

    TSB義足の利点は膝関節の(1)を伴わない、接触面を増やし、(2)の分散、(3)運動防止

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋力・可動域、荷重、ピストン運動

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ