zuknow learn together

新しい教材を作成

生物基礎➀

カード 18枚 作成者: ほの (作成日: 2016/05/18)

  • 多種多様な生物は、共通の祖先からしてきたと考えられている。この進化にもとづく生物間の類縁関係をなんというか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    多種多様な生物は、共通の祖先からしてきたと考えられている。この進化にもとづく生物間の類縁関係をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統

    解説

  • 2

    生物のからだを構成する基本単位を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞

    解説

  • 3

    細胞の中にあり、遺伝子の本体として働く物質は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNA(デオキシリボ核酸)

    解説

  • 4

    核や、膜構造の発達した細胞小器官をもつ細胞を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真核細胞

    解説

  • 5

    DNAはもつが、角膜をもたない細胞を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原核細胞

    解説

  • 6

    呼吸の場となる細胞小器官は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 7

    光合成の場となる細胞小器官は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体

    解説

  • 8

    生体内における物質の化学反応を総称して何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝

    解説

  • 9

    代謝のうち、単純な物質から複雑な物質を合成し、エネルギーを蓄える反応を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同化

    解説

  • 10

    代謝のうち、複雑な物質を単純な物質に分解し、エネルギーを取り出す反応を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異化

    解説

  • 11

    生体内でのエネルギーのやりとりの仲立ちとなる物質は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP(アデノシン三リン酸)

    解説

  • 12

    化学反応を促進する働きをもち、それ自体は反応前後で変化しない物質を一般的に何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒

    解説

  • 13

    生体内で合成されてはたらく触媒を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素

    解説

  • 14

    生物が光エネルギーを利用して二酸化炭素と水から炭水化物などの有機物をつくるはたらきを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成

    解説

  • 15

    生物が酸素を用いて有機物を分解し、必要なエレルギーを得るはたらきを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸

    解説

  • 16

    酸素を用いて有機物を分解する細菌が、原始的な真核細胞内に共生することで生じたと考えられている細胞小器官は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 17

    光合成を行うシアノバクテリアが原始的な真核細胞内に共生することで生じたと考えられている細菌小器官は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体

    解説

  • 18

    ミトコンドリアや葉緑体のようなある生物の細胞内に他の生物が取り込まれて共生することを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞内共生

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ