zuknow learn together

新しい教材を作成

公務員試験 憲法

カード 69枚 作成者: moeko (作成日: 2016/05/17)

  • 憲法の究極の目的は?
    ・13条前段

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    憲法の究極の目的は? ・13条前段

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の尊厳

    解説

  • 2

    個人の尊厳を確保するための考え方は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由主義

    解説

  • 3

    自由主義とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民が国家から干渉されないことに価値を置く考え方

    解説

  • 4

    自由主義が人権面で表れているものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由権

    解説

  • 5

    自由主義が統治面で表れているものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権力分立、二院制、団体自治

    解説

  • 6

    自由主義を達成するための考え方は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民主主義

    解説

  • 7

    民主主義とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国を治める人と、治められる人が同じだという考え方

    解説

  • 8

    民主主義が人権面で表れているものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参政権

    解説

  • 9

    民主主義が統治面で表れているものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民主権、地方での住民自治

    解説

  • 10

    国民主権とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国の政治の在り方を最終的に決定する権力が国民にある、という原理

    解説

  • 11

    国民主権における 権力性の側面とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国の政治の在り方を最終的に決定する権力を国民自身が行使すること

    解説

  • 12

    国民主権における 正当性の側面とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民自身が主権を行使することで、国家の権力行使を正当化する権威が国民に存ずること

    解説

  • 13

    国民主権は原則的に間接民主制。 例外となる直接民主制の例は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法改正の国民投票、最高裁裁判官の国民審査、特定の地方への特別法の住民投票

    解説

  • 14

    法治主義とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国政が議会の定めた法律によってなされなければならないこと

    解説

  • 15

    法の支配とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正義の法により国家権力は拘束されること

    解説

  • 16

    日本国憲法では 法治主義と法の支配の どちらを採用しているか? ・97、98条1項、81条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法の支配

    解説

  • 17

    基本的人権のうちの 消極的権利は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由権、国家からの自由

    解説

  • 18

    基本的人権のうちの 積極的権利は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会権、国家による自由

    解説

  • 19

    基本的人権のうちの 能動的権利は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参政権、国家への自由

    解説

  • 20

    基本的人権とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が生まれながらにして持つ普遍的な権利

    解説

  • 21

    外国人は「国民」にはあたらないが、一部の人権は保障されている。 それはどんな性質?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利の性質上、日本国民を対象としているもの以外の人権

    解説

  • 22

    外国人の参政権は制限が……?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かかっている。

    解説

  • 23

    外国人が政治に関与する選挙権を行使できる条件は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 永住外国人であり、法律によって地方参政権を認められたこと

    解説

  • 24

    外国人に社会権は保障されていない。 その理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国が政治的判断により限られた財源下で自国民を優先的に扱うことも許されるから。

    解説

  • 25

    外国人が保障されていない自由権は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入国の自由、在留する権利、再入国の自由、政治活動の自由

    解説

  • 26

    外国人が保障されている自由権は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出国の自由、精神活動の自由、経済活動の自由(一部制限)

    解説

  • 27

    法人に認められている人権は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結社の自由、信教の自由、報道の自由

    解説

  • 28

    法人に認められていない人権は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選挙権、生存権、一定の人身の自由

    解説

  • 29

    公共の福祉とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各人権の衝突を調整する実質的公平の原理

    解説

  • 30

    公共の福祉の消極目的は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各人権の共存を維持すること

    解説

  • 31

    公共の福祉の積極目的は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会的弱者の経済的保護や、国民の生活水準の向上を図ること

    解説

  • 32

    比較衡量論とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人権制約で得られる利益と制限しないことで得られる利益を比べ、前者が大きいなら人権制約は許される

    解説

  • 33

    比較衡量論の欠点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私益より公益が重視されること

    解説

  • 34

    人権制約の基準で、人権を精神的自由と経済的自由に分けて考える考え方は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重の基準の理論

    解説

  • 35

    二重の基準の理論のうち、 精神的自由の合憲性判定基準は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厳格な基準

    解説

  • 36

    二重の基準の理論のうち、 経済的自由の合憲性判定基準は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緩やかな基準、合理性の基準

    解説

  • 37

    在監者の人権制約はどんなもの?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在監制度の目的達成のために必要かつ合理的な制限

    解説

  • 38

    私人間においての人権規定はどのように適用される?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私法の一般条項などを通じて間接適用される

    解説

  • 39

    例外的に私人間に直接適用されるものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投票の秘密、奴隷的拘束および苦役からの自由、児童の酷使の禁止、労働基本権

    解説

  • 40

    幸福追求権は、今日どのように考えられている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法で保障された人権を含めた包括的規定であり、具体的な権利

    解説

  • 41

    新しい人権で認められたものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライバシー権、肖像権、名誉権

    解説

  • 42

    自己決定権は、判例において どのような権利とされている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人格権の一内容として尊重されるべき

    解説

  • 43

    平等性の概念において、どのような平等を考慮している?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機会の平等と条件の平等

    解説

  • 44

    法の下の平等は、どのようなことを要請している?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国会が法律を制定する際に法内容の平等を要請している

    解説

  • 45

    実質的平等とは一言でどのような平等を指す?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対的平等

    解説

  • 46

    相対的平等とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同一の事情と条件の下では均等に取り扱うこと

    解説

  • 47

    14条1項後段に列挙されている事由は、どのような意味を持つ? (人種、信条、性別、社会的身分又は門地)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これらは単に例示的に列挙されたもの。他の事由での差別も禁じられる。

    解説

  • 48

    19条における「思想・良心」とは何を表す?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の人格形成に必要な内面的精神作用(信条説)

    解説

  • 49

    思想・良心の自由は内心にとどまる限り絶対的に保証される。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○保障される

    解説

  • 50

    私人間において、思想・良心の自由はどのように及ぶ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私法の一般事項を通じ間接的に及ぶ

    解説

  • 51

    明治憲法下で、信教の自由は保障されていた。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○だが、安寧秩序を妨げず臣民の義務に反しない限りという制約があった。

    解説

  • 52

    信教の自由の内容は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信仰の自由、宗教的行為の自由、宗教的結社の自由

    解説

  • 53

    信仰の自由はどこまで保障される?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内心の自由だから絶対的に保障される

    解説

  • 54

    政教分離原則とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家の宗教に対する中立性・無宗教性

    解説

  • 55

    国から宗教法人に対する非課税措置は特権の付与にあたる。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×免税措置の一環のため、あたらない。

    解説

  • 56

    特定の宗教団体が保有する建築物や仏像に対する補助金を、「特権」にあたらせない条件は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文化財の保護、という非宗教目的による補助

    解説

  • 57

    国家が宗教的活動をしているか否かの判断基準は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的効果基準

    解説

  • 58

    目的効果基準の内容は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国の行為が宗教的意義(目的)を持ち、宗教に対する効果を持つこと

    解説

  • 59

    23条学問の自由は、明治憲法で保障されていた。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×独立の条項で保障されていなかった。

    解説

  • 60

    学問の自由の3つの内容は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学問研究の自由、研究発表の自由、教授の自由

    解説

  • 61

    普通教育における教師への、教授の自由の範囲は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定の範囲で保障される

    解説

  • 62

    大学の自治の内容は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人事の自治、施設や学生の管理・運営の自治

    解説

  • 63

    大学生の学問の自由や施設利用は、どのように認められている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大学の学問の自由と自治の効果として認められている

    解説

  • 64

    表現の自由の二つの意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己実現の価値、自己統治の価値

    解説

  • 65

    表現の自由は明治憲法で保障されていた。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ただし、法律の留保がついていた。

    解説

  • 66

    知る権利とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表現の受け手の自由を保障する抽象的権利

    解説

  • 67

    知る権利の自由権的側面は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報の受領について国家からの干渉を受けない

    解説

  • 68

    知る権利の社会権的側面は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報保有者に情報の開示・提供を要求できる

    解説

  • 69

    反論権は認められる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認められない

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ