zuknow learn together

新しい教材を作成

【文系倫理】青年期の意義

カード 33枚 作成者: 🌵 (作成日: 2016/05/15)

  • 誕生から死に至るまでの人間の心身の変化を〇〇と言う

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    誕生から死に至るまでの人間の心身の変化を〇〇と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達

    解説

  • 2

    個人の発達は、〇〇要因と〇〇要因の相互作用によって規定される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝、環境

    解説

  • 3

    人間は生物学では〇〇人(ホモサピエンス、知恵のあるもの)と分類される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英知人

    解説

  • 4

    人間の知性…○○○と結びついて発達

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ことば

    解説

  • 5

    〇〇の発明→知識の伝達→より高度な文明を築く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字

    解説

  • 6

    人間は〇〇を作り出し環境に働きかけ、環境を改変していくことを通じて進化を遂げる→より知的な活動を創出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道具

    解説

  • 7

    目的のために道具を制作し、必要な物を生産する人間の特質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 工作人(ホモファーベル)

    解説

  • 8

    実用的な目的を離れて、それ自身を楽しむ行為である「遊び」に人間の特質を見いだす→「遊び」を通して高度な文化生み出す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遊戯人(ホモルーデンス)

    解説

  • 9

    工作人(ホモファーベル)を提唱した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルクソン

    解説

  • 10

    遊戯人(ホモルーデンス)を提唱した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホイジンガ

    解説

  • 11

    アメリカの哲学者エリック=ホーファー…人間は永遠に○○の存在として学び続け成長していくことができる存在だと述べた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未完

    解説

  • 12

    人間は戦争や人種、民族差別などの非人間的行為も行う→文化的にして野蛮、創造的にして破壊的という○○○を持ち合わせた存在

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二面性

    解説

  • 13

    フランスの画家〇〇〇〇○は「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」→西洋近代文明の一面的な人間理解を批判、人間とはどのような存在かを問いかけた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴーギャン

    解説

  • 14

    誕生から死に至る人間の生涯発達の変化の段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達段階

    解説

  • 15

    青年期に、身長の伸びや体重増加、男らしさ、女らしさが生じること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二次性徴

    解説

  • 16

    「子供」と「大人」の飛行機としての青年期が○○○○○○○の中に位置づけられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ライフサイクル

    解説

  • 17

    近代以前…第二次成長が現れると、子供から大人になるための儀式○○○○が行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通過儀礼

    解説

  • 18

    心理学者エリクソンは青年期を猶予期間または○○○○○○○○○○○と名付ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理社会的モラトリアム

    解説

  • 19

    知識や技術の高度化多様化に伴い習得のために多くの時間を要し青年期の終わりの時期が○○される傾向がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延長

    解説

  • 20

    自分をより強く意識することになり自分へのこだわりが始まること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自我の目覚め

    解説

  • 21

    自我の目覚めを○○○は○○○○○と表現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルソー、第二の誕生

    解説

  • 22

    親から精神的に自立すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理的離乳

    解説

  • 23

    自立を図る過程で周囲の大人と対立すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二反抗期

    解説

  • 24

    ドイツの心理学者○○○○は社会の中で異質な集団に同時に所属し、いずれの集団にも安定した帰属意識を持てないため、行動の仕方が一定しない人を境界人、周辺人または○○○○○○○と名付ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マージナルマン

    解説

  • 25

    青年を友との関係を通して自己を知るといった意味のアリストテレスが言った言葉→友は○○○○○である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二の自己

    解説

  • 26

    時代とともに大人へ移行する年齢が若くなる現象を何と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成熟加速現象

    解説

  • 27

    相手を傷つけることを恐れるあまり、親密な友人関係を結べない状態を何と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヤマアラシのジレンマ

    解説

  • 28

    通過儀礼の例を4つ挙げよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宮参り、七五三、成人式、婚礼

    解説

  • 29

    人間の定義に関する問題。 人間を知性人(ホモサピエンス)と定義づけたのは誰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スウェーデンの生物学者、リンネ

    解説

  • 30

    人間を工作人(ホモファーベル)と定義づけたのは誰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの哲学者、ベルクソン

    解説

  • 31

    人間を遊戯人(ホモルーデンス)と定義づけたのは誰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オランダの歴史家、ホイジンガ

    解説

  • 32

    人間を象徴を操る人間(ホモシンボリクス)と定義づけたのは誰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツの哲学者、カッシーラー

    解説

  • 33

    神による救済を信じ、祈りを捧げる行為に注目し定義づけられた人間は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗教人(ホモレリギオースス)

    解説

56609

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ