zuknow learn together

新しい教材を作成

[sg3]福祉機器1

カード 48枚 作成者: Nomura (作成日: 2016/05/13)

  • 自助具の目的で誤っているものはどれか(石川)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

10期生作問

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    自助具の目的で誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚感覚障害の代償
    • 誤答選択肢 関節可動域制限の代償
    • 筋力低下の代償
    • 手指の巧緻運動障害の代償

    解説

  • 2

    車椅子で正しいのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フットサポートは床から5cm離れている
    • 誤答選択肢 アームサポートは肘90°屈曲した高さの+3cm上法に来る
    • 座面は3~4cmゆとりを持たせる

    解説

  • 3

    松葉づえについて誤っているのはどれか。(福光)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松葉杖の腋窩あての高さは腋窩から2横指上とする
    • 誤答選択肢 ・握りの位置は肘関節が20~30°屈曲位を取る
    • ・長さは身長の77%
    • ・使いやすい長さ、握りの高さは個々の症例で異なる
    • ・短脚杖では体重の23%の支持が可能である

    解説

  • 4

    歩行補助具で誤っているものはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩行車はスピードが でにくい.
    • 誤答選択肢 杖の高さは床面から 大腿骨大転子までの 高さとする.
    • ロフストランドクラッチ は片麻痺などの歩行補助に向いている.
    • 多点杖は腕の力が 弱くても使用できる.
    • 歩行器は杖よりも 安定性が高い.

    解説

  • 5

    座位保持装置の部品でないのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スカートガード
    • 誤答選択肢 胸受けロール
    • 肩パッド
    • 骨盤ベルト
    • 膝パッド

    解説

  • 6

    座位保持装置の体幹支持部に張り調節式を用いる利点で誤っているのはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側彎に適応する
    • 誤答選択肢 折り畳みができる
    • 計量である
    • 体位変換が容易である

    解説

  • 7

    座位保持装置のパーツと機能の組み合わせで誤ったものはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨盤ベルト・・・骨盤の前ずれ防止
    • 誤答選択肢 体幹パッド・・・体幹の横ずれ防止
    • 骨盤パッド・・・骨盤の固定
    • アームレスト・・・上肢の支持

    解説

    骨盤の前ずれ防止は股ベルトの機能で骨盤ベルトは骨盤の保持である

  • 8

    自助具について誤っているものはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚感覚障害の代償
    • 誤答選択肢 筋力低下の代償
    • 自助具とは手芸、ゲーム、スポーツなどのレクリエーションに用いられるものである
    • 両手動作の出来ない時一側の動作の代償

    解説

    皮膚感覚障害の代償は出来ない

  • 9

    杖の使い方で間違っているのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変形性股関節症では患側に持つ
    • 誤答選択肢 脳性麻痺の痙直型両麻痺でロフストランド杖を使用する
    • 関節リウマチで前腕支持クラッチを使う

    解説

  • 10

    標準型車いすの処方で誤っているのはどれか。(高木)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フットサポート高は床面から10cmである
    • 誤答選択肢 アームサポートは肘頭高より2cm高い
    • バックサポート角度は90~100度である
    • シート奥行きは座底長より5~5cm短い

    解説

    フットサポート高は5cm?以上。

  • 11

    自助具で誤っているのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リフターは自助具である
    • 誤答選択肢 失われた機能を補い自立することを目的としている
    • 簡易便座は自助具である
    • 風呂用手すりは自助具である

    解説

  • 12

    関節リウマチで使用しない自助具はどれか(伊藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マウススティック
    • 誤答選択肢 ソックスエイド
    • リーチャー
    • ボタンエイド

    解説

  • 13

    座位保持装置における体幹支持部の部品でないものはどれか(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨盤ベルト
    • 誤答選択肢 肩パット
    • 胸受けロール
    • 体幹パッド

    解説

    その他に胸パッド、腰部パッドなどがある

  • 14

    標準型車いすの処方で誤っているのはどれか。(福光)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・シート幅は臀幅より1cm広い
    • 誤答選択肢 ・アームサポートは座位肘頭高より1~2cm高い
    • ・フットサポート高は床面から5cmである
    • ・バックサポート角度は90~95°である
    • ・シート奥行きは座底長より2.5~8cm短い

    解説

  • 15

    松葉杖歩行で誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小振り歩行は左右の杖、次に左右の足が杖を越えるように移動する
    • 誤答選択肢 4点歩行は両側下肢に障害がある場合に用いる
    • 引きずり歩行は左右の杖、次に引きずりながら両側を移動する
    • 大振り歩行は両側下肢に障害がある場合に用いる

    解説

  • 16

    座位保持装置の体幹支持部に張り調整式を用いる利点で誤ってい(高木)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 姿勢保持性が高い
    • 誤答選択肢 体位変換が容易である
    • 折り畳みができる
    • 軽量である

    解説

  • 17

    松葉杖で正しいのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前腕固定型の杖の方が安定性がある
    • 誤答選択肢 もっとも重い荷重に耐えられる
    • 下半身麻痺患者にも適応できる

    解説

  • 18

    自助具について誤っている組み合わせはどれか。(高木)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先天性内反足・・・・・・・ソックスエイド
    • 誤答選択肢 関節リウマチ・・・・・・・・台付き爪切り
    • 脳卒中片麻痺・・・・・・・バネ付き箸
    • 頚髄損傷・・・・・・・・・・・万能カフ

    解説

    変形性股関節症にてソックスエイド使用。

  • 19

    車椅子においてのアームサポートの高さとして正しいものはどれか(伊藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座位肘頭高+10~20mm
    • 誤答選択肢 座位肘頭高+20~30mm
    • 座位上腕骨内側上顆高+10~20mm
    • 座位上腕骨内側上顆高+20~30mm

    解説

  • 20

    自助具について誤っている組み合わせはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片側上肢切断: プルトップオープナー
    • 誤答選択肢 脳卒中片麻痺: ループ付きタオル
    • 関節リウマチ: フォームラバー
    • 筋萎縮性側索硬化症 :アームサスペンション
    • 筋ジストロフィー: スプーンホルダー

    解説

  • 21

    座位保持装置による姿勢の安定で誤っているのはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体幹の重心位置は骨盤より前方にする
    • 誤答選択肢 体重を分散させる
    • 座面は支持性のよいものを選択する
    • 適度な摩擦の背もたれを使用する

    解説

  • 22

    自助具でないのはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラポジウム
    • 誤答選択肢 ソックスエイド
    • ユニバーサルホルダー
    • 万能カフ

    解説

  • 23

    標準型車いすの構成部品でないものはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギヤーボックス
    • 誤答選択肢 ハンドリム
    • フットサポート
    • ティッピングレバー

    解説

    電動車いすの構成部品である

  • 24

    車椅子の適合で座幅で適切なのはどれか(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お尻の幅+4cm
    • 誤答選択肢 お尻の幅+10cm
    • 左右ASISの距離+5cm
    • 左右大転子の距離+5cm

    解説

    お尻の幅+4~5cm

  • 25

    座位保持装置の目的で間違っているものはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体幹の固定
    • 誤答選択肢 視覚認知能力の改善
    • 抗重力的姿勢の保持
    • 口腔・呼吸機能の改善

    解説

  • 26

    杖の使い方で正しいのはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中片麻痺では健側で杖をつく
    • 誤答選択肢 T字杖は肘関節45度屈曲位にしてつく
    • 関節リウマチで前腕支持クラッチを使う
    • 松葉杖は腋窩で体重を支える
    • 脳性麻痺の痙直型両麻痺でカナディアンクラッチ杖を使う

    解説

  • 27

    自助具について誤っている組み合わせはどれか。(西山)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第6頸髄損傷ー万能カフ
    • 誤答選択肢 第5頸髄損傷ーBFO
    • 第6頸髄損傷ースプリングバランサー
    • 第7頸髄損傷ートランスファーボード
    • 第8頸髄損傷ーサンディングボード

    解説

    万能カフは第7頸髄損傷に用いる。

  • 28

    車椅子の基準寸法で誤っているのはどれか。(鳥越)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座の高さは下腿長の4分の3の高さを基本とする。
    • 誤答選択肢 アームサポートは肘頭高より2cm高い。
    • 座の奥行は座位時の臀部と膝窩の距離から5cm引いた長さとする。
    • 座幅は臀部幅に3~5cm加える。
    • 肘当ての高さは楽に肘を置ける高さとする。

    解説

    座の高さは下腿長を基本とする。

  • 29

    両松葉杖で最も速く歩けるのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大振り歩行
    • 誤答選択肢 2点歩行
    • 3点歩行
    • 4点歩行
    • 小振り歩行

    解説

  • 30

    杖の使い方で誤っているのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松葉杖では腋窩で体重を支える
    • 誤答選択肢 片麻痺では健側に持つ
    • 下肢の変形性関節症では健側に持つ
    • 脳性麻痺の痙直型両麻痺では、ロフストランド杖を使う
    • 4点杖は4点を接地させて使う

    解説

  • 31

    標準型車いすの処方で誤っているものはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シート幅は殿幅より1cm広い
    • 誤答選択肢 アームサポートは肘頭高より2cm高い
    • シートの奥行きは座底長より2.5〜5cm短い

    解説

  • 32

    杖の説明で間違っている物を選べ。(山岸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失調型歩行には杖の先端を軽くする
    • 誤答選択肢 松葉杖の長さは身長の77%である
    • ロフストランドクラッチは肩当がない
    • 通常、ハンドグリップは大転子の位地である

    解説

  • 33

    自助具について誤っている組み合わせはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュシェンヌ型進行性筋ジストロフィー・・・ループ付きタオル
    • 誤答選択肢 脳卒中片麻痺・・・太い柄のついたスプーン
    • 関節リウマチ・・・台付き爪切り
    • 変形性股関節症・・・ソックスエイド

    解説

  • 34

    杖の使い方で誤っているのはどれか。(高木)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • T字杖は肘を伸展位にする
    • 誤答選択肢 関節リウマチでは前腕支持クラッチを使う
    • 脳性麻痺の痙直型両麻痺ではロフストランド杖を使う
    • 変形性股関節症では健側に持つ

    解説

  • 35

    座位保持装置の定義で誤っているのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 症状の改善
    • 誤答選択肢 変形の予防と矯正
    • 生理機能の向上
    • 日常生活動作の改善

    解説

  • 36

    車椅子のレッグサポートに含まれないものを選べ。(山岸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロントパイプ
    • 誤答選択肢 レッグパイプ
    • レッグサポートベルト
    • フットプレート

    解説

  • 37

    正しい組み合わせを選べ。(山岸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋委縮性軸索硬化症-軽量太柄スプーン
    • 誤答選択肢 パーキンソン病-BFO
    • 片麻痺-ボタンエイド
    • 脊髄小脳変性症-リーチャー

    解説

  • 38

    頸髄損傷完全麻痺で環指・小指の感覚消失、第7頸髄節支配筋のMMTが3、第6頸髄節支配筋のMMTが5、四肢のROMの制限を認めない患者の車いす製作において間違っているのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準型の金属ハンドリムを用いる
    • 誤答選択肢 フット・レッグサポートを開き式にする
    • 跳ね上げ式のアームレストを用いる

    解説

  • 39

    標準型車いすの特徴で誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前座高と後座高が同じ高さ
    • 誤答選択肢 トウ角は0度
    • キャンバー角は-5~0度
    • 駆動輪の車軸位置はバックパイプの中心に置く

    解説

  • 40

    手動車椅子の基本構造部品でないものはどれか(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラッチ
    • 誤答選択肢 キャスター
    • フットプレート
    • ハンドリム

    解説

  • 41

    標準型車いすの処方で間違っているのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バックサポート角度は80~85度である
    • 誤答選択肢 シート幅は腰部最大幅に設定
    • アームサポートは肘頭高より2cm高い
    • シート奥行きは座底長より2.5~5cm短い

    解説

  • 42

    車いすの基準寸法で誤っているのはどれか。(石毛)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座の奥行は腎部から膝窩までの長さとする
    • 誤答選択肢 背もたれの角度は90〜100度に設定する
    • 座の高さは下腿長を基本とする
    • 座幅は腎部幅に3〜5㎝加える
    • 肘当ての高さは楽に肘を置ける高さとする

    解説

  • 43

    座位保持装置の肘パッドの機能として正しいものはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不随意運動の抑制
    • 誤答選択肢 上肢の支持
    • 体幹の横ずれ防止
    • 肩の挙上防止
    • 体幹の前傾防止

    解説

  • 44

    標準車いすの処方で誤っているものはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シートの奥行きは 座底長と一緒にする
    • 誤答選択肢 バックサポートの高さ は座面から肩甲骨 下端以下とする.
    • フットサポートの高さ は床面から5㎝以上 にする.
    • シート幅は臀部より 4~5㎝余裕を もたせる.
    • アームサポートの高さ は肘頭の高さより 1~2㎝高い

    解説

  • 45

    自助具の組み合わせについて正しいのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中片麻痺
    • 誤答選択肢 デュシェンヌ型進行性筋ジストロフィー:ループ付タオル
    • 関節リウマチ:万能カフ

    解説

  • 46

    標準型車イスの処方で間違っているものはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座幅は臀部幅+5㎝が原則
    • 誤答選択肢 アームサポートは座面から肘頭の高さ
    • フットプレートと地面の隙間は5㎝程度
    • シート奥行きは臀部から膝裏までの長さー2~4㎝

    解説

  • 47

    杖の説明で誤っているのはのはどれか。(西山)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杖の握り部分の長さの決定には大腿骨頭の高さを用いる
    • 誤答選択肢 多脚型杖は着地面積が広く安定度が高い。
    • ロフストランドクラッチは握りと前腕の二点で体重を支える
    • 杖をつくときは肘を30°屈曲する
    • ゴム先は摩耗するので定期的に点検することが大切である

    解説

    杖の握りの部分の高さは大転子まで高さを用いる。

  • 48

    標準型車いすの処方で誤っているものはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フットサポート高は床面から10cmである
    • 誤答選択肢 アームサポートは肘頭高より2cm高い
    • シート奥行きは座底長より2.5~5cm短い
    • バックサポートの高さは臀部~肩甲骨下角より2cm低くする
    • シート幅は殿幅より4cm広くする

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ