zuknow learn together

新しい教材を作成

[sg3]下腿義足1

カード 46枚 作成者: Nomura (作成日: 2016/05/13)

  • シリコーンライナーについて正しいものはどれか(西川)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

10期生作問

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    シリコーンライナーについて正しいものはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚と軟部組織を常に安定させ理想的な体重支持を得られる
    • 誤答選択肢 材料・製品が安価
    • 皮膚が骨に癒着している場合に適応
    • クラッチロックピンは座位では十分に接続できない

    解説

    誤答はすべて逆である

  • 2

    PTB下腿義足の内転角過大について正しいのはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 靴底の外側が浮き義足が内側に傾く
    • 誤答選択肢 断端内側近位部と外側遠位部に圧迫
    • ソケットの内転角を減らしソケットを外側にずらす
    • 膝関節を伸展させて立つと踵が浮く

    解説

    1、圧迫部位は外側近位と内側遠位部である。2、内転角を【減らしたらソケットは内側にずらす。3、踵が浮くのは屈曲角の過大

  • 3

    下腿義足(PTB式)の異常歩行とその原因との組み合わせで誤っているものはどれか。(福光)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・立脚相後半の膝屈曲の遅れ・・・足部が背屈位
    • 誤答選択肢 ・遊脚期のホイップ・・・PTBカフのタブの張りが内外側で均等じゃない
    • ・健側の歩幅の減少・・・足部に対してソケットが後方
    • ・踵接地時の足部の回旋・・・靴の踵が硬すぎる
    • ・立脚中期に断端外側近位部に圧迫・・・足部に対してソケットが内側

    解説

  • 4

    PTSソケットで誤っているのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝関節伸展位で着脱しやすい
    • 誤答選択肢 自己懸垂性がある
    • 膝関節伸展防止に有効
    • PTBソケットより側方安定性に優れている
    • PTBソケットよりピストン運動が少ない

    解説

  • 5

    下腿義足のソケットの内転角が足りない場合の足底の状態はどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内側が浮く
    • 誤答選択肢 外側が浮く
    • 全面接地

    解説

  • 6

    下腿義足(PTB式)でソケット初期屈曲角度が不足している場合に起こる現象はどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 踵接地時に膝が後方へ押される力が生じる
    • 誤答選択肢 足部の爪先の浮き上がりが大きい
    • 早期の膝折れが起こる
    • 踵接地時に膝が前方へ押される力が働く
    • ソケットに対しトウブレークの位置が遠位すぎる

    解説

  • 7

    PTB式下腿義足で正しいのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケット初期屈曲角度は断端前面での体重支持を増大させる
    • 誤答選択肢 立脚相では膝関節軽度伸展位である
    • ソケット内転角度設定の目的は股関節外転筋の効率化である

    解説

  • 8

    SACH足について誤っているのはどれか(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キールはIPまで伸びている
    • 誤答選択肢 無軸足部である
    • エネルギー蓄積型でない
    • 軽量で耐久性に優れる

    解説

    キールはMPまで伸びている

  • 9

    PTB下腿義足の歩行訓練で、踵接地から足底接地にかけて、大腿四頭筋の低下が起こった場合の対処として正しいのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足部に対してソケットを前方に水平移動
    • 誤答選択肢 ソケットの屈曲角を増加
    • 軽量のパーツに換える
    • 足部を踵部の硬いものに換える

    解説

  • 10

    40歳男性。工場現場で作業中に鉄板が落下し、その下敷きとなって右下腿切断となった。受傷から6週間で仮義足(PTB式)を製作、その後本義足としてTSB式下腿義足(懸垂方法はシリコンライナーピンなしで、スリーブを使用した吸着式)を製作し、日常生活を送っていた。しかし、本義足製作から1年後、突然義足が重く感じられるようになり、歩行中につま先が引っかかる感じがすると来所した。観察すると腓骨頭周辺や断端末の突き上げるような痛みもなく、断端袋も薄手1枚で十分な適合であった。考えられる原因はどれか。(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スリーブに穴が開いた
    • 誤答選択肢 スリーブが長軸方向に伸張した
    • 設定よりつま先の硬い足部を使用していた
    • シリコンライナーに穴が開いた
    • 断端末が委縮した

    解説

  • 11

    PTS式のソケットの特徴で誤っているものはどれか。(石毛)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長断端に適している
    • 誤答選択肢 自己懸垂機能がある
    • 義足の脱着がしやすい
    • 側方安定に優れる
    • 膝関節の過伸展防止

    解説

  • 12

    下腿義足のシリコーンライナーで誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側方動揺が少ない
    • 誤答選択肢 断端末から4cm近位部分の周径でサイズを決める
    • 懸垂帯が不要である
    • ソケットのトリミングラインより近位でカットする

    解説

  • 13

    PTB式下腿義足において、ダイナミックアライメントの遊脚期でつま先が床面を擦りそうな場合、チェックすべき点はどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カフベルトのタブの取り付け位置
    • 誤答選択肢 足部の底背屈角度
    • 義足長
    • 靴の踵部の高さ

    解説

  • 14

    PTB式下腿義足のカフベルトで誤っているのはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タブの取り付け位置はMPT線上ソケット前後径中心から10~15㎝後方、10~15㎝上方の範囲内にする
    • 誤答選択肢 取り付けはスタティックアライメント終了後にする
    • 膝伸展時には緩まず、膝屈曲60度以上で緩むよう調整する
    • 膝関節の内外側動揺の防止に効果がある

    解説

  • 15

    PTB式下腿義足について誤っているのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩幅が広いとエネルギー消費が減少する
    • 誤答選択肢 足部をアウトセットすると歩幅が広くなる
    • 短断端はソケット外側遠位にかかる圧力が増加する
    • 膝折れは足部のキールが短くても起こる
    • カフベルトの取り付け位置の不良によりホイップが起こる

    解説

  • 16

    下腿義足でソケットの内転角が不足した場合、歩行時に見られるのはどれか。(福光)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・足部内側の浮き上がり
    • 誤答選択肢 ・ソケット内側遠位部の圧迫
    • ・内側への不安定
    • ・ソケット外側近位部の圧迫
    • ・足部外側の浮き上がり

    解説

  • 17

    懸垂装置にキャッチピンを用いたTSB式下腿義足で間違っているのはどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長断端においてよい適合である
    • 誤答選択肢 断端全面で体重支持をする
    • 膝関節屈曲伸展の制限が少ない
    • 大腿四頭筋部の委縮を起こしにくい

    解説

  • 18

    下腿義足のソケットで誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KBM式ソケットの楔の下端は脛骨内側顆部を完全に覆う高さにする
    • 誤答選択肢 PTB式ソケットの後壁上縁は内側より外側が高い
    • PTS式ソケットは膝関節の過伸展を防止できる
    • TSB式ソケットにはシリコーンライナーが併用されることが多い

    解説

  • 19

    PTB式下腿義足において膝関節の過伸展が起こる原因として 誤っているものはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足部の踵が硬すぎる
    • 誤答選択肢 ソケット初期屈曲角 不足
    • トウブレークが 遠位すぎる
    • ソケットに対して足部 が前方すぎる.
    • 足部の前足部が 硬すぎる.

    解説

  • 20

    PTBカフベルトの役割で間違っている物を選べ。(山岸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下腿部の回旋を防ぐ
    • 誤答選択肢 膝関節の側方動揺を防ぐ
    • 膝関節の過伸展を防ぐ
    • 膝伸展筋群の筋力低下は少ない

    解説

  • 21

    下腿義足ソケットで誤っているものはどれか.(泉水)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TSB式は自己懸垂 機能がある.
    • 誤答選択肢 PTS式は過伸展を 防止する.
    • KBM式は楔の下縁を大腿骨内側顆部の 頂点とする.
    • 大腿コルセットは 大腿四頭筋の筋 委縮を起こしやすい.
    • PTBカフベルトは 過伸展を防止する.

    解説

  • 22

    下腿義足において後方ダンパーの弾性不足から現れる現象で正しいのはどれか(伊藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝の曲がり不足
    • 誤答選択肢 膝の曲がりすぎ
    • 踵接地時の足部の回旋
    • 内外側ホイップ

    解説

  • 23

    PTB式下腿義足で誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後壁上縁は外側より内側が高い
    • 誤答選択肢 膝窩部への圧力は膝蓋靭帯支持に役立つ
    • ソケットが足部に対し後方に位置すると健側の歩幅が減少する
    • 立脚相では膝関節は軽度屈曲位である

    解説

  • 24

    PTB式下腿義足でソケット内転角の不足で起こる現象で誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタティックアライメントで足底の外側が浮き上がる
    • 誤答選択肢 スタティックアライメントでソケット外側上縁にすき間ができる
    • 立脚中期に断端の内側近位部と外側遠位部にかかる圧力が強くなる
    • 立脚中期に義足が外側に傾く

    解説

  • 25

    キャッチピン式シリコーンライナーを用いたTSB式下腿義足において、ダイナミックアライメントの調整完了後、椅子に座ったところ、断端末に引っ張られる感触があった。考えられる原因はどれか(黒川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後壁上縁が高い
    • 誤答選択肢 断端末に空気が入っている
    • ソケットに断端がしっかり挿入されていない
    • 両翼の高さが高い

    解説

  • 26

    PTB式下腿義足と比較したPTS下腿義足の特徴で誤っているのはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楔の下端は脛骨内側顆の頂点までとする
    • 誤答選択肢 自己懸垂機能がある
    • 膝の過伸展を防止する
    • ピストン運動が少ない

    解説

  • 27

    80歳男性。糖尿病による下腿切断となり術後6週間で仮義足を製作し、現在立位訓練を行っている。義足の形式はPTB式下腿義足(骨格構造)、足部はSACH足だった。仮義足装着初期の歩行訓練では、踵接地から足底接地にかけて、大腿四頭筋の筋力低下による現象が起こっていたため対処した。正しいのはどれか。(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケットを足部に対して後方へ平行移動
    • 誤答選択肢 足部を軽いものに変更
    • 足部の踵を硬いものに変更
    • ソケット屈曲角の増加
    • 高活動用のエネルギー蓄積型足部への変更

    解説

  • 28

    下腿義足を装着し膝を伸ばして立った際に、足部外側に浮きが生じた。ソケットの圧迫部位はどこか。(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内側遠位
    • 誤答選択肢 内側遠位
    • 前方遠位
    • 後方遠位

    解説

    他に外側近位も圧迫される

  • 29

    下腿義足のシリコンライナーで正しいのはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 断端末から4㎝近位部の周径でサイズを決める
    • 誤答選択肢 サイム切断にも使用できる
    • 四辺形ソケットにも使用できる
    • 側方動揺が少ない

    解説

  • 30

    下腿義足のカフベルトで誤っているのはどれか。(西山)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝伸展60°から緩むように設定する
    • 誤答選択肢 カフベルトのタブの張りが均一でないと歩行時にホイップが現れる
    • 膝関節過伸展を防止する
    • 膝関節の軽度内外反動揺防止
    • スタティックアライメント調整後に取り付ける

    解説

    膝屈曲60°から緩むように設定する

  • 31

    PTB下腿義足のカフベルトで誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可動域全体にわたって緩まない
    • 誤答選択肢 膝関節の過伸展を防止する
    • ピストン運動を最小限にする
    • 膝関節の側方動揺を防止する

    解説

  • 32

    下腿義足でソケット屈曲角が過大な場合に発生するのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝伸展時に踵が浮く
    • 誤答選択肢 膝伸展時に爪先が浮く
    • 膝伸展時に足底は全面接地

    解説

  • 33

    PTB式下腿義足のベンチアライメントで正しいのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケットの進行方向と足部内側接戦は平行にする
    • 誤答選択肢 前額面におけるソケット中心線は基準線と一致させる
    • 矢状面における基準線は足長の二等分線を通る
    • 義足長は差高を含めた床からMPTレベルまでの高さ
    • 採型時の膝関節屈曲角度とソケット初期屈曲角度は一致させる

    解説

  • 34

    PTB下腿義足で誤っているのはどれか(飯田)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝カフベルトは膝0~30度屈曲時では緩まずに、膝30~90度屈曲時に緩むように取り付け位置を決定する
    • 誤答選択肢 膝関節屈曲拘縮はベンチアライメントに影響する
    • 立脚相では膝関節は軽度屈曲位である
    • ソケット初期屈曲角度は断端前面での体重支持を増大させる

    解説

  • 35

    下腿義足での歩行で義足長が長い場合に起こる不具合でない物を選べ。(山岸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立脚相で断端の前方遠位部と後方近位部に当たりがでる
    • 誤答選択肢 ウォーキングベースが広がる
    • 立脚相で膝が過伸展になる
    • 遊脚相で義足のつま先が地面に引っかかる

    解説

  • 36

    下腿義足の生体力学について正しいのはどれか(武藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立脚中期には、重心線は体重支持点より内側を通過する
    • 誤答選択肢 足部を外側に移動(アウト・セット)すると、断端内側近位部の体重支持性が高まる
    • 断端が長くなるにつれて圧力負担がより大きくなる
    • 足部を内側に移動(イン・セット)すると歩行スタンスが大きくなる

    解説

  • 37

    PTB式下腿義足でソケットに初期屈曲角をつける理由として誤っているものはどれか(石川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝関節の側方安定性を増す
    • 誤答選択肢 膝窩部への圧迫力を小さくする
    • 踏み切りを容易にする
    • 大腿四頭筋の機能を向上させる

    解説

  • 38

    シリコーンライナーを用いたTSB式下腿義足で誤っているのはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽性モデル断端末に盛り修正をして免荷する。
    • 誤答選択肢 PTB式下腿義足に比べ膝関節の屈曲を阻害しない
    • ピンアタッチメント付は極短断端には不適応である
    • 懸垂帯は不要である

    解説

    TSBは全面で荷重を受けるため断端は盛らない。またシリコーンライナーでスキマが出来ると陰圧で断端が引っ張られてしまう。

  • 39

    シリコーンライナーで誤っているのはどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ライナーの補強のおもな目的は伸び縮みする力の処理である
    • 誤答選択肢 ライナーは圧力下で断端を凝縮する
    • 軟部組織の少ない断端はライナーのサイズ選択が難しい

    解説

  • 40

    下腿義足PTB式で膝折れ感を生じる原因として正しくないものはどれか(伊藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足部の踵が柔らかすぎる
    • 誤答選択肢 ソケットの初期屈曲角が大きすぎる
    • 後方ダンパーが硬すぎる。
    • 足部が背屈位になっている。

    解説

  • 41

    ソケットの屈曲角が足りない場合の現象はどれか(佐藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝伸展時に爪先が浮く
    • 誤答選択肢 膝伸展時に足底は全面接地
    • 膝伸展時に踵が浮く

    解説

  • 42

    PTB式下腿義足のカフベルトの機能として誤っているものはどれか(伊藤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腿四頭筋の効率化
    • 誤答選択肢 懸垂
    • 膝関節の過伸展防止
    • 膝関節の側方動揺防止

    解説

  • 43

    下腿義足で外側への不安定があるとき正しいのはどれか(石岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケット外側遠位に圧迫
    • 誤答選択肢 足底の外側が浮く
    • 足部に対してソケットが内側に位置しすぎている
    • ソケット内転角が過度

    解説

  • 44

    下腿義足(PTB式)でソケット初期屈曲角が大きすぎる場合に起こる現象で誤っているのはどれか。(高木)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケット後面遠位に圧迫
    • 誤答選択肢 足部のつま先の浮き上がりが大きい
    • 早期膝折れが生じる
    • 踵接地時に膝が前方へ押し出される力が生じる

    解説

  • 45

    PTB下腿義足で誤っているものはどれか(西川)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前脛骨筋部は除圧する
    • 誤答選択肢 PTB支持バーは前額面の基準線に対し直角である
    • ハムストリングスのチャンネルは外側を高くする
    • 膝窩部の圧力は膝蓋靭帯支持に役立つ

    解説

    荷重可能な部位である

  • 46

    シリコーンライナー装着時に注意することで誤っているのはどれか(朝岡)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッチピンは荷重線に平行につける
    • 誤答選択肢 サイズはMPレベルより4cm近位の周径で選んだか
    • 断端末に神経腫が無いか確認する
    • ライナーの底を押し付けて装着する

    解説

    キャッチピンは断端長軸にそって付ける

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ