zuknow learn together

新しい教材を作成

FIM Quiz

カード 279枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/05/09)

  • 食事の採点範囲は(1)のところから(2)するまで

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

FIM 機能的自立度評価法
の得点をつけるQuizです

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    食事の採点範囲は(1)のところから(2)するまで

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食べ物をくちに運ぶところから嚥下

    解説

  • 2

    食事の採点範囲内で介助者が手伝っている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 3

    食事の前後エプロンをかける、その場で食べ物を切り分けるなどを介助者が行っている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 4

    食事の際に調理場で柔らかな食形態にすると?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 5

    食事の実動作以外の部分を食事場面でしてもらっていれば?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 6

    エプロンをつける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 7

    ぱんにマーガリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 8

    蓋をあける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 9

    魚の骨を取る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 10

    ソースをかける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 11

    肉を切り分ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 12

    自助具や食事動作に関する装具を自分で装着している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 13

    食事に通常の3倍の時間をかける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 14

    食事動作において胃瘻であるがチューブ類を自分で管理している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 15

    食事動作において運ばれたあとで食べ物を刻んでもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 16

    食事動作において誤嚥しないように食事の速さや一切れの大きさを監視している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 17

    食事動作において最後に食器に残った食物を集めてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 18

    食事動作において口の中に食べ物がたまっていないか介助者が指で確認する必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 19

    食事動作において誤嚥を防ぐためのアイスマッサージなどの寒冷刺激を介助者が行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 20

    食事動作において食事用の装具を装着してもらい、スプーンで食べ物をすくう際に介助が必要であるが、そこから口に食べ物を運んでいる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 21

    食事動作において皿の固定具と長いストローを用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 22

    食事動作において食べ物まで手を伸ばす、食べ物をすくう、そこから口まで運ぶ動作全てに介助を要するが患者が多少協力する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 23

    食事動作において咀嚼や嚥下が可能であるが食べ物を口に全く運べない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 24

    整容の5要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔ケア、整髪、手洗い、洗顔、髭剃り

    解説

  • 25

    歯を磨くための自助具を自分で装着している場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 26

    歯磨きの前に自助具をつけてもらっている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 27

    歯磨き粉を介助者につけてもらう場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 28

    電動歯ブラシが電動でなければならない理由があり電動歯ブラシを利用している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 29

    タオルを持ってきてもらい後は自分で洗顔している場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 30

    口をすすいでもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 31

    手をふいてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 32

    髪を束ねてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 33

    麻痺側の奥歯を磨いてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 34

    指の間を洗ってもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 35

    顔の洗い残しをあらってもらい、顔を拭いてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 36

    一部の歯だけを自分で磨く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 37

    手の一部だけ自分で洗う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 38

    整容の際自助具を自分で手にはめて口腔ケア、整髪を自分でおこなっており、他の整容も自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 39

    整容の際、入れ歯を自分で外して水につけ髪をとかし、手を洗えているが水などを持ってきてもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 40

    整容の際、頭部外傷のための、ほとんどのことに指示をもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 41

    整容の際、すべての整容の項目に最小介助が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 42

    整容の際に化粧をしない女性で整容の残りの4活動のうち1活動に介助が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 43

    整容の際に口腔内の清潔、整髪、手洗い、洗顔、髭剃りに50%ほどは行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 44

    口腔ケアの際に、義歯を自分で洗うが他人に洗浄液につけてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 45

    口腔ケアの際に、自分で歯を磨くがすすいでもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 46

    口腔ケアの際に、片麻痺患者で口の開きにくい麻痺側の奥歯を磨いてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 47

    口腔ケアの際に、前歯のみ自分で磨く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 48

    手洗いの際に、石鹸をつけてもらい、手を乾かしてもらう以外は自分でできる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 49

    手洗いの際に、指間を洗ってもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 50

    手洗いの際に、片手をあらってもらい、もう一方のも一部洗ってもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 51

    洗顔の際に顔を乾かしてもらうのみ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 52

    洗顔の際に洗い残しを洗ってもらい、顔を乾かしてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 53

    洗顔の際片手を洗ってもらい、自分で服

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 54

    整髪の際に髪を解かせるが束ねてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 55

    整髪の際に後ろの髪だけとかしてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 56

    清拭の採点部位に(1)と(2)は含まれない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭部・背中

    解説

  • 57

    ループタオルなどを自分で用意して使用している場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 58

    清拭前にループタオルなどを準備してもらっている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 59

    清拭開始前にシャワーの温度を調節してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 60

    安全性を確保するためのマットが敷いてある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 61

    清拭の主動作と副動作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洗う、拭く

    解説

  • 62

    足先を洗おうとせず、他は自立しているが介助者は関与しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 63

    身体を乾かす目的でバスローブを用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7、清拭が自立していると考える

    解説

  • 64

    入浴の際に補助具を使用する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 65

    滑り止めマットなどの安全性への配慮が必要であるが介助者が監視するほどではない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 66

    失調症状があり身体を安定させるためにシャワー椅子が必要でそれ以外は自立していて介助者は不要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 67

    準備の段階でマットを敷いてもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 68

    シャワー前の温度の調節が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 69

    身体全てにたいして最小介助が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 70

    身体全てに中等度介助が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 71

    80%洗うがすすぎと乾かしはすべて介助者が行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 72

    身体すべての部位に関して最大介助を要する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 73

    清拭の際に半分以上を介助してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 74

    調整された衣服の使用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 75

    マジックハンド・ボタン通しのような自助具・補助具を使って更衣している場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 76

    人が見守る以外に安全の配慮をしている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 77

    衣服をタンスからとりだしてもらう、衣服を片付ける場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 78

    上半身更衣の際に病棟の外を歩くのに十分かっこいい衣服をもちいて自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 79

    上半身更衣の際に義手を自分で着けてそれを用いることで自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 80

    上半身更衣の際監視・準備が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 81

    上半身更衣の際洋服入れから取り出してもらう必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 82

    上半身更衣の際アームスリングをつけてもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 83

    上半身更衣の際自分で触れるがおかしいのを触る程度に直してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 84

    上半身更衣の際ブラジャーのホックをつけてもらう程度で他はできている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 85

    上半身更衣の際にベッド上でかぶり脱ぎをしているが、支えなしではバランスが悪いためガウン型の服の後ろのヒモをとめてもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 86

    上半身更衣の際両袖を通すのに介助が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 87

    上半身更衣の際シャツで片袖を通してもらい背中から服を回してもらい、ボタンをしてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 88

    市販の簡易留めのスニーカーを履いている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 89

    自立しているが、補助具、下肢の改造衣服を必要とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 90

    弾性ストッキングを介助してもらうがほかの更衣は自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 91

    紙おむつを使っておりそれだけが介助で他の更衣は自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 92

    ズボンの片足を通してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 93

    靴紐を結ぶことだけ介助してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 94

    下着、ズボン、などを膝まで通すと、残りを自分で行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 95

    靴下を介助してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 96

    介助者がパンツやズボンを膝まで通すと残りを自分で行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 97

    靴下と靴、ズボンのファスナーを介助してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 98

    患者は服を引き上げてもらう際に左右に転がる程度にしか行っていない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 99

    トイレ動作の3要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拭く、服を下げる、服をあげる

    解説

  • 100

    トイレ動作では水を流す動作は採点に?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 含まれていない

    解説

  • 101

    服を上げ下げする際につかまるための手すりが必要で、手すりを使うことにより1人でトイレ動作が自立している場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 102

    装具により下半身以下を安定させて服の上げ下げをしている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 103

    転倒するかもしれないので介助者が横についているが手は出さない場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 104

    拭く紙の準備をしている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 105

    生理用品の操作の介助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5、毎日ではないため減点の対象にはならない

    解説

  • 106

    ウォシュレットは減点の対象に?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ならない

    解説

  • 107

    人工肛門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストーマ

    解説

  • 108

    ストーマの管理前後に衣服を整えておりストーマを清潔にしている場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 109

    手すりにつかまることで、排泄後自分で拭いており、服の上げ下げをしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 110

    義足をつけているが完全に自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 111

    介助者が拭く紙をあらかじめまとめて折っておく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 112

    生理用品の介助者は必要であるが、通常の服の上げ下げ、拭くことは自分で出来ている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 113

    拭いたり着衣を直す時にバランスを崩さないように支えてもらう必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 114

    たまにファスナーの上げ下げを手伝ってもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 115

    排泄後の清潔を介助してもらい、ズボンのファスナーを上げる程度の介助をしてもらっているほかは自立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 116

    排便後清拭してもらう。排泄前後の衣服の上げ下げの際、身体を左右に動かすのみ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 117

    トイレ動作は、日中6回FIM6点レベルで行うが夜間はFIM1レベルで行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 118

    排尿・排便の失敗がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 119

    排尿・排便の失敗頻度が月1回未満

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 120

    排尿・排便の失敗頻度が週1回未満

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 121

    排尿・排便の失敗頻度が1日1回未満

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 122

    排尿・排便の失敗頻度が毎日

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 123

    導尿・排尿の介助がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 124

    導尿・排尿の介助が週1回以下

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 125

    導尿・排尿の介助が1日1回未満

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 126

    導尿・排尿の介助が毎日自分でする回数の方が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 127

    導尿・排尿の介助が自分で行うのと同じ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 128

    導尿・排尿の介助がされる方が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 129

    導尿・排尿の介助をしてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 130

    人工透析を受けているので自尿はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 131

    吸収パッドを用いて失敗しないで完全に自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 132

    自己間欠導尿で器具を準備し、尿器をからにするところまで自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 133

    失禁はないが、夜間用いるポータブルトイレの準備のみをしてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 134

    介助者がポータブルトイレのバケツを取り替えている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 135

    昼は歩行器でトイレへ、夜は差し込み便器を用意してもらうことで自立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 136

    40日程度で1回失敗

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 137

    患者が尿器を必要とする場合、常に看護師に伝えており、看護師は尿器を差し替えペニスを単に尿器に置くだけである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 138

    コンドームカテーテルを介助してもらうが、尿を捨てたチューブを管理するなど、残りの排尿管理を自分で行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 139

    差し込み便器を用い、保持することが難しく週1〜2回失敗する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 140

    排尿と同回数の導尿をしてもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 141

    毎日失敗するが、本人が失敗を減らす手伝いをしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 142

    介助による導尿の頻度の方が自己導尿より多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 143

    毎日失敗し、本人が失敗を減らす手伝いをしていない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 144

    看護師による時間誘導により通常のトイレを用いてこぼさずに排尿できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 145

    坐薬を自分で月2回以下使っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 146

    坐薬を月2回以上使っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 147

    坐薬を週2回以下挿入してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 148

    坐薬をほぼ毎日挿入してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 149

    プルーンなどの天然下剤を用いている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 150

    看護師に軟便剤を配ってもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 151

    便失禁であるが紙おむつを用いて排泄された便を受け、自分で綺麗にしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 152

    月に3〜5回坐薬を使い、それを介助してもらっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 153

    1日おきに坐薬を用いて排便しており、毎日の坐薬の準備をしてもらうが監視が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 154

    坐薬を挿入してもらい自分でトイレに行って排便を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 155

    軟便剤を用いて便失禁はあるが週に1回程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 156

    便失禁は10日に1回程度で自分で排便動作の50〜75%を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 157

    失敗は週に1回程度で、下剤を使用しても出にくく、浣腸の介助を行う必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 158

    ほぼ介助、毎日失便をする。取り替えの依頼はできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 159

    義足を使用しているが完全に自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 160

    車椅子を用いて移乗が自立していて、車椅子自体が移乗を容易にしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 161

    車椅子のロックや椅子の位置決めに介助または監視が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 162

    布団や毛布の管理ができないものの1人で移乗しているが

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 163

    徘徊などの理由で抑制されていて、抑制を外す必要があるものの、抑制除去後は11人で移乗している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 164

    介助者が腰ヒモに触れて導くが持ち上げることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 165

    手を添えてもらいある程度引き上げてもらうと可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 166

    ベッドからの起き上がりが完全介助で乗移りが完全自立である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 167

    身体を持ち上げながら、回してもらう必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 168

    リフターに乗せてもらい、運んでもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 169

    準備として椅子の位置を変える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 170

    助言としてブレーキをかけるように言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 171

    移乗手順を口頭で教える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 172

    布団をどけたり、抑制帯を外す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 173

    トイレの蓋の開け閉めはできないが開けたままでいる、開けたままだとなんの問題もない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 174

    自立いしているが、病院の全ての便座が一律に高く改造されている(患者のための改造ではない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 175

    手すりにつかまってトイレに移乗している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 176

    ベッド脇のポータブルトイレで自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 177

    通常の高さのトイレでは2点レベルであるが、実際用いてる、高くしているモードチェアでは4点である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 178

    介助者が触れる程度で立ち上がり、服を下ろしてもらえると座れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 179

    車椅子への移乗時、多少引き上げてもらう、座るのを少し助けてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 180

    介助者にかなり引き上げてもらい、かつ回してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 181

    差し込み便器を使っているため、移乗は行わない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 182

    浴槽周囲お手すりと、滑り止めゴムマットを用いて自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 183

    シャワー椅子や浴槽の腰掛けを用いて自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 184

    浴槽の腰掛けに自分で以上しているが、表面が濡れているため監視を望んでいる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 185

    シャワー椅子から移乗するのに椅子を抑えてもらう必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 186

    歩行器からは自分で浴槽に移り、左足は自分で入れるが、右足は介助、その際手すりにつかまっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 187

    両足の出し入れを介助してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 188

    多少引き上げてもらう、浴槽をまたぐ際持ち上げてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 189

    立ち上がる際、介助者にかなり持ち上げてもらう。回るときに支えてもらい、シャワー椅子に腰を下す際も手伝ってもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 190

    車椅子移動の屋内自立の特例で15m自立していれば何点となるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 191

    車椅子移動の3/4以上を患者が行う場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 192

    車椅子移動を1/2以上患者が行う場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 193

    車椅子移動の際に15m移動を1/4以上患者が行う場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 194

    アームスリング、フィラデルフィア装具を装着しながら50m歩行は自立していて、アームスリングなどが歩行そのものには影響を与えないと場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 195

    両口フストランド杖を使って50m歩いている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 196

    義足を使用しているが、完全に自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 197

    車椅子で片手片足を用いて50m自走し、回転もしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 198

    車椅子を15m以上自立してこいでいる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 199

    身体機能的には歩けるが、徘徊してしまうため監視が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 200

    這い這いで自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 201

    介助者に手を触れてもらう程度で50m歩行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 202

    車椅子で50m以上移動し、ドアの敷居を越えるときのみ介助者してもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 203

    1人の介助者に支えられたり、足を運んでもらって50m歩ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 204

    車椅子を50m以上自走しているが、曲がるたびに介助が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 205

    15mを移動するのに監視または介助を要する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 206

    本人主体で40mを1人介助で歩く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 207

    退院時に歩行中心の人で入院時には歩行と車椅子を併用している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 208

    車椅子を15m未満しか自分で走行していないか、全く自走していない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 209

    通常階段を使わないが、必要なら問題なく使える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 210

    転落の危険なく12〜14段の階段昇降または、4段の階段の3往復を介助者や補助具なしに適切な時間内に安全に行える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 211

    手すりを必要とするが自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 212

    義足を使用しているが完全に自立している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 213

    12〜14段の階段昇降が可能であるが、転落の危険性のため監視を要する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 214

    4段の階段は自立して昇降できるが、息切れなどのため12〜14段はできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 215

    ひと続きの階段を手すりを用いて、1人の介助者にバランスをとってもらい昇降する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 216

    12〜14段の昇降をするが介助者に支えてもらい、次の段に足を進めてもらう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 217

    8段の階段を触ってもらう程度で昇降する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 218

    4〜6段を1人介助で昇降し、その労力の1/4が自力である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 219

    怪我の危険性のため登らなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 220

    関節リウマチ患者で朝のこわばりの際には1点レベルで夕方には5点レベルの場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 221

    階段の上りは3点で下りは1点である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 222

    集団会話が聞き取れ、話せる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7・6

    解説

  • 223

    ドラマのスジが話せる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7・6

    解説

  • 224

    冗談や金銭問題の会話ができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7・6

    解説

  • 225

    新聞の話題の会話ができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7・6

    解説

  • 226

    集団会話ができないが食事に関する会話は可能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5〜1

    解説

  • 227

    ドラマのスジは話せないが飲み物に関する会話は可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5〜2

    解説

  • 228

    冗談や金銭問題の話はできないが睡眠に関することは話せる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5〜3

    解説

  • 229

    評価者、看護師などにとって外国語であるが、患者の母国語としてはなんの問題もない場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 230

    難聴があり患側の聞き取りは困難であるが健側の聞き取りが可能な場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 231

    補聴器を使おとしない難聴患者で1日中大きめな声で話しかけなければならないが理解はしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 232

    食事や疼痛への投薬の必要性、身体介助など日常のことについて質問を理解している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 233

    テレビは見たが、より複雑な内容のスジはおえず微妙んあユーモアは理解していなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 234

    患者にわからせるために言葉を選ぶ必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 235

    強調語を用いた短い句で話す必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 236

    失語症でジェスチャーを見ることで理解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 237

    難聴のために理解の悪い患者で、患者は情報を理解しているが、ききとらせるために毎回大きな声を出さなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 238

    多少の構音障害があったが、言葉を用いて表出することにフラストレーションを感じることはなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 239

    日常生活の活動についての情報をはっきりと表出していたが、金銭的なことや保険のことについて議論することはできなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 240

    メニューを選ぶようなことや訓点について話しているが家族のことや勘定のことは話せなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 241

    基本的な日常生活の要求を短い文で話す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 242

    たまに聞違ったことを言い、介助者が尋ねなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 243

    日常基本的に必要なことは表出するが手助けがある程度必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 244

    患者の会話は全般的に知的でないために患者の表出内容の半分程度しか周囲の人は理解していない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 245

    患者は混乱しているが基本的欲求のいくらかを表出できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 246

    患者が1語のみを表出して意味を通じさせ、介助者もそれでわかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 247

    話すことができず、書くことでも表現していなかったが瞬きなどで応答していた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 248

    治療スタッフに協力的であった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 249

    いびきのような不随意な問題がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7、リハビリチームは干渉できない

    解説

  • 250

    単に個人行動を好み、内気であると見なされているが、集団の中では適切な行動をとる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 251

    行動コントロールのために投薬を受けている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 252

    新しい状況では引きこもるが時間が経てば適切に振る舞うようになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 253

    抗うつ剤を用いていて、たまに社会的に不適応であるが方向修正としての言葉による合図が10%以下の機会でしか必要でない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 254

    問題なく訓練に参加するが集団で何かを行うには言葉による激励を必要とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 255

    慣れた状況であれば多くの時間に適切に交流するが自分から交流しようとはしない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 256

    すぐ気が散る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 257

    更衣の評価中癇癪をおこした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 258

    汚い言葉を使うが2回に1回よりは少ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 259

    訓練中にしばしば非協力的で、訓練を拒むこともあり、汚い言葉を使い、そのために言葉での再指示を必要としたが抑制は必要としない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 260

    日中は協力的であるが夜間せん妄のため毎晩、同室患者が眠れなくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 261

    予後を知らない脊髄損傷患者で、自分が完全に治ると思い込んでおり受け入れられないが金銭的な問題はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 262

    四肢麻痺の患者で身体的にはできないがその他のことは口頭指示により可能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 263

    日常の問題は口頭指示などで解決しているが家計、退院計画などは決断できない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 264

    ベッドから降りるための介助を頼むことや尿器が必要な際に看護師を呼ぶためのにナースコールを呼ぶといった基本的問題を認識し解決しているが解決の際に手助けが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 265

    電話のかけ方が答えられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 266

    無理なのに起き上がろうとする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 267

    妥当で安全タイミングの良い判断をさせるには半分以上の場合に指導を要する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 268

    運動性失語の患者で他人に頼まれたことを覚えているが言えない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 269

    3段階の無関係な命令に従える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 270

    人を認識し、命令に答えられる患者で日課を言えるがスケジュールの2/3を忘れる程度である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 271

    メモリーノートを用い自立しており、問題を生じていない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 272

    メモリーノートを用いており、他人から使うことを思い出させて貰えば問題はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 273

    看護師が作った予定表を見ることをたまに忘れて、10%未満の頻度で見るように言われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 274

    よく出会う人を認識し、日課を思い出せるが命令に従えるのは1段階までである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 275

    看護師が作った予定表を見ることをたまに忘れて10〜25%の頻度で見るように言われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 276

    担当療法士の名前がでないが認識はしていた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 277

    スタッフに対して日課を上げることができたが正しい順序ではなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 278

    依頼されたことを適切に行えたが依頼が2件以上になると繰り返し依頼する必要があった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 279

    他人の顔は認識できたが日課の表出ができず他人からの依頼には答えられない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ