zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(内分泌代謝:§10-③:その他の代謝疾患_骨粗鬆症)

カード 24枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/05/04)

  • 骨粗鬆症では、(   )により骨密度が低下している。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

◆骨粗鬆症
・骨吸収>骨形成 
・骨密度、YAM 
・血中Ca, P, ALP 
・ビスホスホネート

◆骨形成不全症
・常染色体優性、Ⅰ型コラーゲン遺伝子の先天的異常
・易骨折性、難聴、青色強膜

<参考>
MEC
病気がみえる

医学/医療/医師/国試

k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    骨粗鬆症では、(   )により骨密度が低下している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨吸収>骨形成
    • 誤答選択肢 骨吸収<骨形成

    解説

  • 2

    骨粗鬆症では、骨塩量は(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下
    • 誤答選択肢 上昇

    解説

  • 3

    骨粗鬆症では、骨密度が(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • <YAMの70%
    • 誤答選択肢 <YAMの90%
    • >YAMの30%

    解説

    YAM[young adult mean]:骨量が最大に達している20〜44歳の骨量の平均値

  • 4

    (  性)骨粗鬆症の原因は、閉経や加齢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原発性
    • 誤答選択肢 続発性

    解説

    閉経以後の女性に好発

  • 5

    (   )では、グルココルチコイドによる骨吸収亢進と骨形成低下により続発性骨粗鬆症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Cushing症候群
    • 誤答選択肢 Addison病

    解説

  • 6

    (   )によって続発性骨粗鬆症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺機能亢進症
    • 誤答選択肢 甲状腺機能低下症

    解説

  • 7

    (   )では、PTHの分泌過剰による骨吸収亢進により続発性骨粗鬆症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副甲状腺機能亢進症
    • 誤答選択肢 副甲状腺機能低下症
    • 甲状腺機能亢進症
    • アルドステロン症

    解説

    ※甲状腺機能亢進症でも骨粗鬆症にはなる。

  • 8

    性腺機能低下症では、(   )の低下による骨吸収亢進によって続発性骨粗鬆症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンドロゲン
    • 誤答選択肢 アルドステロン
    • プロゲステロン

    解説

    アンドロゲン:骨芽細胞を活性化し骨形成亢進。アロマターゼ(エストロゲン合成酵素)によりエストロゲンに変換され、間接的に骨吸収を抑制。  エストロゲン:骨吸収抑制作用があり、閉経により急激に欠乏することで骨粗鬆症の原因となる。

  • 9

    胃切除後吸収不良症候群では、消化管からのCa,ビタミンD3などの吸収不良により(   )が過剰分泌され骨吸収が亢進することで続発性骨粗鬆症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PTH
    • 誤答選択肢 アンドロゲン
    • コルチゾール
    • アルドステロン

    解説

    アンドロゲン↓, コルチゾール↑も骨粗鬆症の原因のひとつ。

  • 10

    原発性骨粗鬆症では、血中Caは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常である
    • 誤答選択肢 低下する
    • 上昇する

    解説

  • 11

    原発性骨粗鬆症では、血中Pは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常である
    • 誤答選択肢 低下している
    • 上昇している

    解説

  • 12

    原発性骨粗鬆症では、血中ALPは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常である
    • 誤答選択肢 低下している
    • 上昇している

    解説

  • 13

    骨粗鬆症では脊椎X線側面像にて椎体縁の(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬化像
    • 誤答選択肢 軟化像

    解説

    <脊椎X線側面像> 骨梁の縦走、魚椎状変形、楔状椎、椎体縁の硬化像

  • 14

    骨粗鬆症では脊椎X線側面像にて(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楔状椎
    • 誤答選択肢 竹節様脊椎

    解説

    竹節様脊椎(bamboo spine):強直性脊椎炎でみられる。

  • 15

    骨粗鬆症では脊椎X線側面像にて(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魚椎状変形
    • 誤答選択肢 骨棘

    解説

  • 16

    骨粗鬆症による椎体の圧迫骨折は、(   )に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸腰椎移行部
    • 誤答選択肢 頸胸椎移行部
    • 腰仙椎移行部

    解説

    椎体の圧迫骨折により腰背部痛や身長低下を呈する。

  • 17

    骨粗鬆症の治療において、(   )は骨吸収を抑制する働きがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビスホスホネート
    • 誤答選択肢 テリパラチド

    解説

    テリパラチド(PTH製剤):骨形成促進。

  • 18

    骨粗鬆症の治療において、(   )は生殖器に作用することなく骨組織に特異的に作用し、骨吸収を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SERM
    • 誤答選択肢 エストロゲン製剤

    解説

    ・SERM(サーム):ラロキシフェン、バゼドキシフェン  ・エストロゲン製剤:骨吸収抑制作用があり、閉経後の骨粗鬆症の治療に用いられてきたが、子宮体癌, 乳癌の発症リスクも増加する。

  • 19

    骨粗鬆症の治療に活性型ビタミンD製剤, カルシウム製剤は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用いられる
    • 誤答選択肢 用いられない

    解説

    骨質の改善に用いられる。

  • 20

    骨形成不全症は、(   )疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常染色体優性
    • 誤答選択肢 常染色体劣性
    • 伴性劣性

    解説

  • 21

    骨形成不全症は、(  型)コラーゲン遺伝子の先天的異常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅰ型
    • 誤答選択肢 Ⅱ型
    • Ⅲ型
    • Ⅳ型

    解説

  • 22

    骨形成不全症では、(   )を呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 易骨折性
    • 誤答選択肢 易感染性

    解説

  • 23

    骨形成不全症では、(   )をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難聴
    • 誤答選択肢 嗄声

    解説

  • 24

    骨形成不全症では、(   )をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 青色強膜
    • 誤答選択肢 赤色強膜

    解説

56615

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ