zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(内分泌代謝:§10-①:その他の代謝疾患_痛風と偽痛風)

カード 24枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/05/04)

  • (   )では、高尿酸血症により関節包内に尿酸が蓄積し好中球が遊走・貪食することで激痛を生じる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

◆痛風と偽痛風
・病態、好発、検査、治療、合併


<参考>
MEC
病気がみえる

医学/医療/医師/国試

k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (   )では、高尿酸血症により関節包内に尿酸が蓄積し好中球が遊走・貪食することで激痛を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛風
    • 誤答選択肢 偽痛風

    解説

  • 2

    (   )では、遺伝や副甲状腺機能亢進症などによりピロリン酸カルシウムが関節腔内へ析出することで関節軟骨が障害される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偽痛風
    • 誤答選択肢 痛風

    解説

  • 3

    痛風では、関節包内に(   )が蓄積する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿酸
    • 誤答選択肢 ピロリン酸カルシウム

    解説

  • 4

    偽痛風では、関節腔内に(   )が析出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピロリン酸カルシウム
    • 誤答選択肢 尿酸

    解説

  • 5

    痛風の好発部位は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一中足趾節関節
    • 誤答選択肢 膝関節

    解説

  • 6

    偽痛風の好発部位は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝関節
    • 誤答選択肢 第一中足趾節関節

    解説

  • 7

    痛風では、関節液は淡黄色で混濁しており、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 針状結晶
    • 誤答選択肢 線状石灰化

    解説

  • 8

    偽痛風では、関節軟骨の(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線状石灰化
    • 誤答選択肢 針状結晶

    解説

  • 9

    痛風では、尿酸は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高値
    • 誤答選択肢 低値
    • 正常値

    解説

  • 10

    偽痛風では、尿酸は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常値
    • 誤答選択肢 高値
    • 低値

    解説

  • 11

    痛風の治療において、前兆期には(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コルヒチン
    • 誤答選択肢 NAIDs
    • アロプリノール
    • ベンズブロマロン
    • プロベネシド

    解説

    コルヒチン:好中球の遊走阻止

  • 12

    痛風の治療において、極期には(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSAIDs
    • 誤答選択肢 コルヒチン
    • アロプリノール
    • ベンズブロマロン
    • プロベネシド

    解説

  • 13

    痛風の治療において、慢性期には尿酸合成抑制薬として(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アロプリノール
    • 誤答選択肢 コルヒチン
    • ベンズブロマロン、プロベネシド
    • NSAIDs

    解説

  • 14

    痛風の治療において、慢性期には尿酸排泄促進薬として(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンズブロマロン、プロベネシド
    • 誤答選択肢 アロプリノール
    • コルヒチン
    • NSAIDs

    解説

  • 15

    痛風の治療において、コルヒチンは(  期)に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前兆期
    • 誤答選択肢 極期
    • 慢性期

    解説

  • 16

    偽痛風の治療において、関節内洗浄は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効
    • 誤答選択肢 無効

    解説

  • 17

    偽痛風の治療では、(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステロイド
    • 誤答選択肢 コルヒチン
    • アロプリノール
    • プロベネシド、ベンズブロマロン

    解説

  • 18

    痛風の性差は、男:女=(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20:1
    • 誤答選択肢 1:3

    解説

    好発年齢:30〜50歳代

  • 19

    偽痛風の性差は、男:女=(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1:3
    • 誤答選択肢 20:1

    解説

    好発年齢:60歳以上

  • 20

    痛風は、尿路結石の原因と(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なる
    • 誤答選択肢 ならない

    解説

  • 21

    痛風による尿路結石の成分は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿酸
    • 誤答選択肢 シュウ酸カルシウム
    • リン酸カルシウム
    • シスチン

    解説

    高尿酸尿、酸性

  • 22

    尿路結石を合併した痛風の治療では、(   )は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンズブロマロン、プロベネシド
    • 誤答選択肢 アロプリノール
    • コルヒチン
    • NSAIDs

    解説

    尿酸排泄促進薬は病態を悪化させる。 ※治療としてアロプリノール(尿酸生成抑制薬)を用いる。

  • 23

    痛風の最も重篤な慢性合併症として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慢性間質性腎炎
    • 誤答選択肢 虚血性心疾患
    • 脳梗塞
    • 慢性膵炎

    解説

    痛風腎という。  尿の酸性化→尿路結石、尿酸炎結晶沈着→髄質機能低下→慢性間質性腎炎 ※広義の痛風腎として痛風に合併する高血圧、糖・脂質代謝異常による腎障害(細動脈性腎硬化症)もある。

  • 24

    痛風の治療において、尿路結石・腎障害がある場合は(   )を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アロプリノール
    • 誤答選択肢 ベンズブロマロン、プロベネシド
    • コルヒチン
    • NSAIDs

    解説

    尿酸生成抑制薬を用いる。 ※尿酸排泄促進薬は禁忌。

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ