zuknow learn together

新しい教材を作成

実験動物学 998-9105

カード 109枚 作成者: DoUknowkiller7 (作成日: 2016/04/28)

  • ラットについて正しい記述はどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

nbioの試験に役立ててください。

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ラットについて正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験動物として使用されるラットはアルビノが多い。
    • 誤答選択肢 和名は「テンジクネズミ」である。
    • ラットの寿命は 5 年である。
    • ラットの胆嚢は小さい。

    解説

  • 2

    次のラットのうち近交系はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEW
    • 誤答選択肢 SD
    • Donryu
    • Long-Evans

    解説

  • 3

    ラットの生物学的特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雄の体重は 300~700 g
    • 誤答選択肢 草食性の周年繁殖動物
    • 尾長は 25~30 cm
    • 妊娠期間は 25 日̃28 日

    解説

  • 4

    成熟雌ラットの体重はどのくらいか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200~400 g
    • 誤答選択肢 500~600 g
    • 700~800 g
    • 900~1000 g

    解説

  • 5

    ラット雄の精巣が下降するのはいつ頃か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30~40 日齢
    • 誤答選択肢 20~25 日齢
    • 45~55 日齢
    • 60~70 日齢

    解説

  • 6

    ラットの系統の説明として、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローズドコロニーの代表的な系統として Wistar 系がある。
    • 誤答選択肢 Long-Evans 系はアルビノである。
    • SD 系は野生色である。
    • F344 は有色である。

    解説

  • 7

    ケージ交換時のラットの取扱いとして、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 背部より手を回し、やさしく持ち上げる。
    • 誤答選択肢 尾の先端を持つ。
    • 両手で前方よりすくうように持ち上げる。
    • 頭部を包み込むように前方から持ち上げる。

    解説

  • 8

    ラットの新生子性別判定法として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雄は肛門から外部生殖器までの距離が雌より長い。
    • 誤答選択肢 雄は肛門から外部生殖器までの距離が雌より短い。
    • 雌は尾根部から外部生殖器までの距離が雄より長い。
    • 雄は尾根部の突出が雌より少ない。

    解説

  • 9

    雄ラットにおいて、安定して成熟した精子が認められるのは何日齢以降か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 80日齢
    • 誤答選択肢 70日齢
    • 60日齢
    • 90日齢

    解説

  • 10

    雌ラットにおいて規則的な排卵が見られるようになるのは生後何日齢頃か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 60~70 日齢
    • 誤答選択肢 20~30 日齢
    • 40~50 日齢
    • 90~100 日齢

    解説

  • 11

    ラットを交配させる場合、同居を行なう時期として適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発情前期
    • 誤答選択肢 発情期
    • 発情後期
    • 発情休止期

    解説

  • 12

    ラットの胎子が腹部の触診により確認できるのは妊娠何日頃か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10~12 日目
    • 誤答選択肢 14~15 日目
    • 3~4 日目
    • 6~7 日目

    解説

  • 13

    ラットの新生子の体重はどれくらいか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5~6 g
    • 誤答選択肢 1~2 g
    • 3~4 g
    • 8~9 g

    解説

  • 14

    成長期の雄ラットにおける 1 日あたりの体重増加量はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6~7g
    • 誤答選択肢 3~4 g
    • 12~14 g
    • 9~10 g

    解説

  • 15

    ラットの子は生後何日で耳介が開くか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~3 日頃
    • 誤答選択肢 5~6 日頃
    • 8~10 日頃
    • 12~13 日頃

    解説

  • 16

    ラットについて正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験動物として使用されるラットはアルビノが多い。
    • 誤答選択肢 ラットの胆嚢は小さい。
    • 和名は「クマネズミ」である。
    • ラットの寿命は5年である。

    解説

  • 17

    次のラットのうち近交系はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEW
    • 誤答選択肢 Donryu
    • SD
    • Long-Evans

    解説

  • 18

    ラットの特徴として、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医薬品や農薬の安全性評価試験に使用される。
    • 誤答選択肢 産子数が少なく、繁殖が困難である。
    • 草食性である。
    • 性格は凶暴で、ヒトにはあまり馴れない。

    解説

  • 19

    ラットの系統の説明として、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローズドコロニーの代表の系統としてウィスター系がある。
    • 誤答選択肢 SD系は野生色である。
    • ロング-エバンス系はアルビノである。
    • F344は有色である。

    解説

  • 20

    日本で開発された疾患モデルラットはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SHR
    • 誤答選択肢 OM
    • BN
    • Long-Evans

    解説

  • 21

    ラットについて正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラットには胆嚢がない。
    • 誤答選択肢 和名は「ジャガリアンネズミ」である。
    • ラットの寿命は10年である。
    • 実験動物として使用されるラットは野生色が多い。

    解説

  • 22

    次のうち近交系ラットはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • F344
    • 誤答選択肢 Wistar
    • C3H
    • S

    解説

  • 23

    下記のうち野生色で胸、腹部、脚部に白斑のあるラットの系統はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ACI
    • 誤答選択肢 OM
    • BN
    • F344

    解説

  • 24

    雌ラットの成熟時体重はいくらか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200~400g
    • 誤答選択肢 20~40g
    • 600~700g
    • 80~100g

    解説

  • 25

    ラットの解剖学的特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆嚢がない。
    • 誤答選択肢 前立腺がない。
    • 胸腺がない。
    • 副腎がない。

    解説

  • 26

    日本で開発された肝炎を発生する疾患モデルラットはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEC
    • 誤答選択肢 OM
    • SHR
    • NAR

    解説

  • 27

    日本で開発された脳卒中易発疾患モデルラットはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SHRSP
    • 誤答選択肢 BN
    • LEW
    • ACI

    解説

  • 28

    F344 系の特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安全性試験でのバックグランドデータが多い。
    • 誤答選択肢 乳腺腫瘍は少ない。
    • 繁殖能力が高く、大型である。
    • 精巣実質細胞腫が多い。

    解説

  • 29

    ラットの系統について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BN の毛色は褐色である。
    • 誤答選択肢 日本で使用されている多くは近交系の SD 系や Wistar 系である。
    • ラットの近交系はマウスに比べると多い。
    • F344 はクローズドコロニーである。

    解説

  • 30

    日本で開発された疾患モデルラットは、下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEW
    • 誤答選択肢 ACl
    • NAR
    • OM

    解説

  • 31

    ロング-エバンス由来の肝炎および肝癌発症ラットは、以下のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEC
    • 誤答選択肢 LEW
    • SHRSP
    • NAR

    解説

  • 32

    ラットの生物学的特徴として、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成熟時の体長は 20~25cm、尾長は 15~20cm である。
    • 誤答選択肢 成熟体重は雌で 100~300g、雄はその 3 倍の 300~900g である。
    • 寿命は 4~5 年である。
    • 季節繁殖動物である。

    解説

  • 33

    下記のうち、毛色が野性色のものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ACI
    • 誤答選択肢 F344
    • OM
    • LEW

    解説

  • 34

    BN 系ラットの毛色は、下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褐色
    • 誤答選択肢 アルビノ
    • 野生色
    • 黒色

    解説

  • 35

    ロング-エバンス系ラットは、下記のうちどれに属するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローズドコロニー
    • 誤答選択肢 近交系
    • ミュータント系
    • 交雑群

    解説

  • 36

    下記のうち、肝臓がん発生を特徴とする系統はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LEC
    • 誤答選択肢 SHR
    • SHRSP
    • NAR

    解説

  • 37

    実験用ラットの起源は、下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野性ドブネズミ
    • 誤答選択肢 愛玩用シロネズミ
    • テンジクネズミ
    • ハツカネズミ

    解説

  • 38

    ダイコクネズミは、下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルビノラットの旧和名
    • 誤答選択肢 アルビノマウスの総称
    • アルビノラットの総称
    • 有色ラットの和名

    解説

  • 39

    ラットの解剖学的特徴として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎と大動脈の距離が遠い。
    • 誤答選択肢 胆汁が分泌されない。
    • 胆管がない。
    • 胆嚢が萎縮している。

    解説

  • 40

    ラットの尾長は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15~20cm
    • 誤答選択肢 5~7cm
    • 10~12cm
    • 20~25cm

    解説

  • 41

    ラットの特徴として、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外科手術にも十分利用できる。
    • 誤答選択肢 マウスと同じように広い分野の研究に使われており、 医薬品や農薬等の安全性評価試験においては、マウスよりも重要な役割を果たしている。
    • マウスに比べ体が大きいが、血液やその他の生体材料はマウスの方が得やすい。
    • 古くからマウスと同様に愛玩用として飼育され、実験用ラットの起源は、野生ドブネズミの中から見出された有色ラットで、これをアルビノ化して繁殖、育種したのが始まりだといわれている。

    解説

  • 42

    SHRラットの病態と関係のある疾患は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧症
    • 誤答選択肢 白血病
    • 免疫不全症
    • へアレス症候群

    解説

  • 43

    疾患モデルラットに関する記載で正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LECラットは慢性肝炎、肝癌のモデルである。
    • 誤答選択肢 Zucker fattyラットは自己免疫性甲状腺炎を起こす。
    • SHRラットは遺伝的家族性アミロイドーシスを起こす。
    • Zitterラットは水頭症に伴う癲癇(てんかん)モデルである。

    解説

  • 44

    ラットの正式な和名として正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドブネズミ
    • 誤答選択肢 テンジクネズミ
    • クマネズミ
    • ハツカネズミ

    解説

  • 45

    ラットの解剖学的特徴として正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆汁は総胆管を経由して排出される。
    • 誤答選択肢 胆汁は胆嚢を経由して排出される。
    • 副腎は大動脈並びに腎動脈に癒着している。
    • 副腎は腎臓皮膜内に埋め込まれている。

    解説

  • 46

    下記のうち、ラットの近交系はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BN
    • 誤答選択肢 KK
    • A
    • NC

    解説

  • 47

    ケージ交換時のラットの取扱いとして、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 背部より手を回し、やさしく持ち上げる。
    • 誤答選択肢 両手で前方よりすくうように持ち上げる。
    • 尾の先端を持つ。
    • 頭部を包み込むように前方から持ち上げる。

    解説

  • 48

    ラットの感染症の説明として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • センダイウイルス病:呼吸器疾患で、成熟ラットではマウスで見られるような重篤な症状は見られない。
    • 誤答選択肢 唾液腺涙腺炎:呼吸器疾患で異常呼吸音などの呼吸器症状を示す。
    • ティザー病:ラットの「おたふくかぜ」と言われ、唾液腺が腫れて頸部が太くなる。
    • マイコプラズマ病:肝炎や腸炎を主体とし、被毛のつやが悪くなり、不活発になる。

    解説

  • 49

    ラットにおいて「おたふくかぜ」といわれるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唾液腺涙腺炎
    • 誤答選択肢 マイコプラズマ病
    • センダイウイルス病
    • ティザー病

    解説

  • 50

    腎症候性出血熱(HFRS)について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラットからヒトに感染し、わが国でも多くの患者が発生したウイルス性感染症
    • 誤答選択肢 ラットで重篤な症状を示す細菌感染症
    • ラットおよびヒトで重篤な症状を示すウイルス感染症
    • ラットでは無症状であるが、ヒトでは重篤な症状を示す細菌感染症

    解説

  • 51

    ラットにおいて、気管支肺炎や前後肢の関節部の腫脹や弛緩性麻痺などが観察される疾病の原因は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイコプラズマ
    • 誤答選択肢 唾液腺涙腺炎ウイルス
    • 肺炎球菌
    • 連鎖球菌

    解説

  • 52

    成熟ラットではマウスより症状が軽く、剖検で肺に充血や肝変化が観察される感染症は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • センダイウイルス病
    • 誤答選択肢 唾液腺涙腺炎
    • ティザー病
    • ネズミコリネ菌病

    解説

  • 53

    ラット用体重計の秤量と感量の組み合わせとして正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秤量500g~1kg 感量1g
    • 誤答選択肢 秤量50~100g 感量1g
    • 秤量1g 感量500g~1kg
    • 秤量0.1g 感量100g

    解説

  • 54

    ラットの個体識別法として、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳標は外れることがあるので、色素塗布法と併用するとよい。
    • 誤答選択肢 耳パンチ法はしっかり保定をすれば麻酔の必要はない。
    • 暫定的な識別法として入墨法と毛刈法がある。
    • 永久的識別法として耳パンチ法や耳標法、色素塗布法、マイクロチップの埋め込みがある。

    解説

  • 55

    ラットの「おたふくかぜ」と呼ばれる病気は、下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唾液腺涙腺炎
    • 誤答選択肢 マイコプラズマ病
    • センダイウイルス病
    • ティザー病

    解説

  • 56

    ラットを介した人獣共通感染症は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎症候性出血熱
    • 誤答選択肢 マイコプラズマ病
    • ティザー病
    • コクシジウム病

    解説

  • 57

    ラットで肺や関節に感染することで異常呼吸音や弛緩性麻痺が観察され、マウスより重い症状を示す感染症は下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイコプラズマ病
    • 誤答選択肢 センダイウイルス病
    • ティザー病
    • コクシジウム病

    解説

  • 58

    ラットの性別判定に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性別判定を誤るとそれまで得られた成績がすべて無駄になり、実験そのものの信頼性が損なわれるので、見誤らない目を養わなければならない。
    • 誤答選択肢 性別判定の基本は、マウスと同様に外部生殖器から肛門までの距離により判別するが、雄では 13~14 日齢頃に精巣が下降し、尾根部が膨らむので容易に判別できる。
    • 新生子の判別は、外部生殖器の突出具合と外部生殖器から尾根部までの距離で判別する。
    • 外部生殖器の突出部が小さく、肛門までの距離が短いのが雄で、突出部が大きく肛門までの距離が長いのが雌である。

    解説

  • 59

    ラットの病気と異常に関する記述として、誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験処置は動物にストレスを与えるので、抵抗力の増加により病原因子の潜伏感染や不顕性感染が顕在化することもある。
    • 誤答選択肢 長期間飼育すると、加齢による自然発生性の腫瘍や白内障等、外観の変化が現れることがあるのでそれらの知識についても熟知する。
    • 動物が病原体に感染し発病すると、生産施設においては生産効率の低下ならびに品質の低下を招き、実験施設では実験に支障をきたし、実験成績の信頼性を失う。
    • 日常の飼育管理では、動物の姿勢や行動、被毛の色、つや、眼、鼻、口、耳、肛門の汚れや出血等、どんな小さな異常も見逃さない観察眼を養う。

    解説

  • 60

    ラットの唾液腺涙腺炎に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 摂餌量、摂水量の減少や体重減少等が認められるが、一過性で、通常は死に至ることはない。
    • 誤答選択肢 剖検で、頚部リンパ節周囲の浮腫が観察される。
    • ラットの「花粉症」といわれるもので、頚部リンパ節が腫れるため頚部が太くなる。
    • 目の周囲に黄色の分泌物や眼球突出が観察される。

    解説

  • 61

    ラットの投与のための保定について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経口投与の場合、口から頚部にかけてまっすぐになるようにして保定する。
    • 誤答選択肢 経口投与の場合、首から上の皮膚は弛むようにして保定する。
    • 腹腔内投与の場合はできるだけ正中線上に針を刺入する。
    • 尾静脈投与は尾の太いところから針を刺入しなければならない。

    解説

  • 62

    処置時のラットの取扱いとして、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮下投与時は頚部の皮膚をつまみ上げ、皮膚と頭の間に三角形のくぼみができるようにする。
    • 誤答選択肢 経口投与時は背部と腰部の皮膚をたぐり寄せ、動かないように保定するのが重要である。
    • 尾静脈内投与時に尾を持つ手は、尾の動きに対応できるよう実験台よりやや浮かせる。
    • 腹腔内投与時は確実な投与ができるよう、腹部の皮膚はゆるんだ状態にする。

    解説

  • 63

    投与のための保定について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラットは実験動物として飼育されているが、保定には術者の訓練が必要である。
    • 誤答選択肢 経口投与の場合、口から頚部にかけて曲げるようにして保定する。
    • 経口投与の場合、首から上の皮膚はたるむようにして保定する。
    • 皮下投与では空中に持ち上げた状態で注射針を刺入する。

    解説

  • 64

    ラットの飼育管理作業について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飼料の消費量が少ない場合は、給水に問題ないか点検する。
    • 誤答選択肢 高湿度はリングテールを引き起こすことがある。
    • 切歯が伸びすぎ、不正咬合を起こすため、ラットに粉末飼料は用いてはならない。
    • 滅菌したケージを用いる場合飼育ラックの消毒は不要である。

    解説

  • 65

    ラットを単独飼育するときの飼育面積として適切な目安はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 400~600cm2
    • 誤答選択肢 800~900cm2
    • 1,000~1,200cm2
    • 1,500~1,800cm2

    解説

  • 66

    金網床ケージについて、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般飼育や安全性試験における混餌投与試験に用いられることが多い。
    • 誤答選択肢 糞尿や餌こぼしがケージの下の受皿に落ちるので、衛生的ではない。
    • 床の金網が平面状のものは肢に胼胝(たこ)を形成することがある。
    • ゲージの下に敷く受皿の交換は、1 回/週を目安にする。

    解説

  • 67

    一般飼育ケージ(31×44×23cm:間口×奥行×高さ)におけるラットの収容匹数として、適切なものはどれか。ただし、300~500g の動物を飼育する場合とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~5 匹
    • 誤答選択肢 8~9 匹
    • 6~7 匹
    • 10 匹

    解説

  • 68

    ラットの落とし込み式給餌器について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケージの蓋に飼料と給水瓶をつける部分とが区別されているものである。
    • 誤答選択肢 粉末飼料に適している。
    • ケージの壁に吊り下げて使用するものである。
    • 低い位置にセットすると餌が食べやすい。

    解説

  • 69

    ラットの飼育で給水瓶を使用する場合、容量の範囲として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 250~500ml
    • 誤答選択肢 50~100ml
    • 100~150ml
    • 600~800ml

    解説

  • 70

    19.31(間口)×44(奥行)×23(高さ)cm のラット用一般飼育ケージに、体重 300~500gの動物を収容する場合、適切な収容匹数は何匹か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~5 匹
    • 誤答選択肢 7~9 匹
    • 10~12 匹
    • 15~18 匹

    解説

  • 71

    ラットの飼育管理に関して、下記の文中の括弧内に相当する用語の組み合わせとし て、正しいのはどれか。 「ラットの飼育管理の方法は、その目的、すなわち実験、(A)ならびに育種、繁殖等により異なる。(B)のある実験成績ならびに良好な繁殖成績を得るには、適正な飼育管理が不可欠であり、飼育管理の良否が成績に大きな影響を与える。 飼育管理時における異常動物の見分け方は“みる、(C)、嗅ぐ、触る”経験をたくさん積むことである。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:系統維持 B:再現性 C:聴く
    • 誤答選択肢 A:研究 B:化学性 C:語る
    • A:検定 B:根拠 C:感じる
    • A:教育 B:説得力 C:動かす

    解説

  • 72

    ラットのケージに関する記述として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金網床ケージは、ケージの下に糞・尿や餌こぼし用の受皿を敷くので、衛生状態は良好である。
    • 誤答選択肢 金網床ケージの受皿の交換は収容匹数により異なるが、2~3 回/月を目安とする。
    • 大型のラットを金網床ケージで長期間飼育する場合、床の金網を波状にしたものを使用すると症状が軽減される。
    • 平底型ケージは、飲水漏れがあるとケージ内が水浸しになることがあるが、動物の健康状態に悪影響を及ぼすことはない。なお、混餌投与試験の場合には動物が餌をこぼすことがあるので、平底型ケージの使用は適さない。

    解説

  • 73

    ラットの給水器に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 給水瓶の栓のカバーは、ラットが栓を噛むことを防ぐ。
    • 誤答選択肢 自動給水装置があまり普及していないので、250~500mlの給水瓶を使用する。
    • 給水瓶はガラス製や合成樹脂製で、栓はコルク製に鉄やアルミニウム製のカバーが施されているものがよい。
    • 給水瓶の栓がゴム製のものは、耐薬剤性、耐滅菌性に優れる。

    解説

  • 74

    飼育室の管理手順として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いずれの施設でも、顔を除いた肌の露出を極力少なくすることが大切である。
    • 誤答選択肢 飼育室の気候因子については集中管理されている施設が多いので、飼育室には温・湿度計を設置する必要はない。
    • 動物施設への退室時の更衣は、人為的な汚染を避けるうえで必要である。
    • 飼育室に入ったら、気候因子の変化について記録計を見なくてもわかるように経験を積 むことが大切であり、そのためにはまず、異常な状態を熟知する必要がある。

    解説

  • 75

    リングテールの発症要因は次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40%以下の低湿度
    • 誤答選択肢 60%以上の高湿度
    • 10°C以下の低温度
    • 30°C以上の高温度

    解説

  • 76

    1ケージあたりの給餌量の算出法として適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (次回給餌からの日数+1~2)×動物の収容匹数×1匹当たりの飼料摂取量
    • 誤答選択肢 (前回給餌からの日数-1~2)×動物の収容匹数×1匹当たりの飼料摂取量
    • (次回給餌からの日数-1~2)×動物の収容匹数×5匹当たりの飼料摂取量
    • (前回給餌からの日数+1~2)×動物の収容匹数×5匹当たりの飼料摂取量

    解説

  • 77

    31(間口)×44(奥行)×23(高さ)cmの飼育ケージで300~500gのラットを飼育する場合、収容する動物数は下記のうちどれが適切か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~5匹
    • 誤答選択肢 6~7匹
    • 1~2匹
    • 8匹

    解説

  • 78

    ラット雄の精巣が下降するのは次のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30~40日齢
    • 誤答選択肢 20~25日齢
    • 45~55日齢
    • 60~70日齢

    解説

  • 79

    ラットの性成熟に関する説明として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雄は生後90日齢、雌は生後80日齢以降の個体を繁殖に用いる。
    • 誤答選択肢 雄は生後 70 日齢以降に安定して成熟した精子が精巣上体尾部に認められるようになる。
    • 雌は生後60~70日齢で腟が開口し、発情が認められるようになる。
    • 雌が規則的に排卵するようになるのは生後80~90日齢である。

    解説

  • 80

    ラットの子の発育について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10日齢頃に歯が生え始める。
    • 誤答選択肢 5~6日齢で耳介が開く。
    • 2~3日齢で全身が産毛に被われる。
    • 10~12日齢で眼瞼と外耳介が開く。

    解説

  • 81

    ラットの雌において、左右の卵巣から1回に何個の卵が排卵されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15~20個
    • 誤答選択肢 25~30個
    • 5~8個
    • 35~40個

    解説

  • 82

    ラットの受精卵が子宮に着床するのはいつか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠6~7日目
    • 誤答選択肢 雄と同居後6~7日目
    • プラグ確認後12~15日目
    • 妊娠10~14日目

    解説

  • 83

    ラットの新生子の体重はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5~6g
    • 誤答選択肢 0.8~1.2g
    • 2~3g
    • 10~12g

    解説

  • 84

    成長期の雌ラットにおける1日あたりの体重増加量はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3~4g
    • 誤答選択肢 9~11g
    • 6~7g
    • 12~15g

    解説

  • 85

    ラットの繁殖について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交配が終了し、妊娠すると性周期は休止状態となる。
    • 誤答選択肢 交配が終了し、妊娠すると性周期は長くなる。
    • 交配の翌日に精子確認やプラグ確認をした日を妊娠1日とする。
    • 妊娠2日で受精卵は子宮に着床する。

    解説

  • 86

    ラットの離乳は生後いつ頃か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21日
    • 誤答選択肢 17日
    • 7日
    • 14日

    解説

  • 87

    繁殖効率が最もよい雄ラットの日齢はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 90 日齢前後
    • 誤答選択肢 10 日齢前後
    • 30 日齢前後
    • 60 日齢前後

    解説

  • 88

    雌ラットの繁殖使用開始可能日齢はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 80日齢
    • 誤答選択肢 28日齢
    • 35日齢
    • 50日齢

    解説

  • 89

    ラットの妊娠に関する記述として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠 21~23 日目に出産する。
    • 誤答選択肢 交配が成立し、妊娠しても性周期は認められる。
    • 妊娠 3~4 日目には受精卵が子宮に着床する。
    • 妊娠 6~7 日目頃には腹部の触診により胎子を確認できる。

    解説

  • 90

    ラットの離乳時の体重はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約 30~50g
    • 誤答選択肢 約 0.3~0.5g
    • 約 3~5g
    • 約 300~500g

    解説

  • 91

    ラットの子の眼瞼と外耳孔が開くのは生後何日齢か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12~13 日齢
    • 誤答選択肢 5~6日齢
    • 2~3日齢
    • 21~23 日齢

    解説

  • 92

    偽妊娠に関する説明として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発情時に交尾刺激あるいは類似の刺激が与えられると、黄体が機能化し、一定期間の後に退行する現象
    • 誤答選択肢 発情時に交尾刺激あるいは類似の刺激とは関係なく、黄体が機能化しなくなり、一定期間の後に退行する現象
    • 発情時に交尾刺激あるいは類似の刺激が与えられると、卵巣が機能化しなくなる現象
    • 発情時に交尾刺激あるいは類似の刺激とは関係なく、卵巣が機能化し、一定期間の後に退行する現象

    解説

  • 93

    雄ラットの性成熟について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後 30~40 日齢になると精巣が下降し、精巣内に精子が観察される。
    • 誤答選択肢 生後 30~40 日齢で精巣上体尾部に授精可能な精子が観察される。
    • 生後 50 日齢以降になると安定して成熟した精子が観察される。
    • 繁殖効率を高めるために 50 日齢前後のものを繁殖に用いるとよい。

    解説

  • 94

    ラットの子の発育に関して、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 離乳は 21 日で行う。
    • 誤答選択肢 全身密な毛で覆われるのは 12~13 日齢頃である。
    • 生後 5~6 日で耳介が開く。
    • 出産当日の新生子の体重は 2~3g である。

    解説

  • 95

    ラットの雌で、はじめて発情が起こるのは生後何日目か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30~50 日
    • 誤答選択肢 20~25 日
    • 60~70 日
    • 80~90 日

    解説

  • 96

    ラットの哺乳期間として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21 日
    • 誤答選択肢 16 日
    • 24 日
    • 27 日

    解説

  • 97

    4 日性周期のラットにおける発情休止期は、何日間持続するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 日
    • 誤答選択肢 0.5 日
    • 1.5 日
    • 2 日

    解説

  • 98

    5 日性周期のラットにおいて持続期間が延長するのは、下記のどの周期か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発情期から膣垢的発情期
    • 誤答選択肢 発情前期
    • 発情後期
    • 発情休止期から発情前期

    解説

  • 99

    ラットの分娩に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母親は娩出した胎盤を食べることが多い。
    • 誤答選択肢 難産が多い。
    • 胎盤を処理する前に、次の産子が生まれてくる。
    • 約 10~12 時間で全子を娩出する。

    解説

  • 100

    ラットの新生子の耳介が開くのは生後何日目か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~3 日
    • 誤答選択肢 5~6 日
    • 7~8 日
    • 9~10 日

    解説

  • 101

    ラットの雄の性成熟に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精巣上体頭部に受精可能な精子が認められるようになるのは、60~70 日齢である。
    • 誤答選択肢 生後 80 日齢以降に安定して成熟した精子が認められる。
    • 生後 3 週齢になると精巣が下降し、精巣内に精子が認められるようになる。
    • 繁殖効率を高めるために、60 日齢前後のものを繁殖に用いる。

    解説

  • 102

    ラットの分娩について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較的安産である。
    • 誤答選択肢 子は 2 匹ずつ胎盤とともに娩出される。
    • 産子数にもよるが通常 10~12 時間で完了する。
    • 母親は娩出した胎盤を食べることはなく、娩出子を処理することはない。

    解説

  • 103

    ラットの子の発育に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出産当日の新生子の体重は 5~6g で、毛は生えていないが触毛は認められる。
    • 誤答選択肢 生後 12~13 日齢頃には歯が生え始め、16 日齢頃には眼瞼と外耳孔が開く。
    • 生後 5~6 日齢で耳介が開き、10 日齢で全身が産毛で被われ、14 日齢頃には密な被毛で被われる。
    • 離乳は 21 日齢で行い、離乳子は雌雄一緒に飼育する。

    解説

  • 104

    主な近交系ラットの系統名と毛色の組み合わせとして、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3
    • 誤答選択肢 2
    • 1
    • 4

    解説

  • 105

    主な近交系ラットの系統名と特徴の組み合わせとして、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1
    • 誤答選択肢 2
    • 3
    • 4

    解説

  • 106

    日本で開発された主な疾患モデルラットと、その特徴の組み合わせとして正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2
    • 誤答選択肢 1
    • 3
    • 4

    解説

  • 107

    図のラット新生子について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左側は雄である。
    • 誤答選択肢 この大きさでは雌雄の判別は容易ではない。
    • 生後7日齢程度である。
    • 右側は雄を示し、左側は雌を示す。

    解説

  • 108

    下図はラット新生子の生殖突起と肛門の距離を模式的に示したものである。雌はどちらか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A
    • 誤答選択肢 B
    • A,B
    • 判別不能

    解説

  • 109

    ラットを交配する時に、雌雄を同居させる時期の膣垢像は下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A
    • 誤答選択肢 B
    • C
    • D

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ