zuknow learn together

新しい教材を作成

簿記 仕訳

カード 63枚 作成者: mee (作成日: 2016/04/28)

  • 資産が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    資産が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 借方
    • 誤答選択肢 貸方

    解説

  • 2

    負債が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸方
    • 誤答選択肢 借方

    解説

  • 3

    純資産が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸方
    • 誤答選択肢 借方

    解説

    純資産(資本)は資産と負債の差

  • 4

    収益が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸方
    • 誤答選択肢 借方

    解説

    資産が増える原因になるものが分類される

  • 5

    費用が増加した場合、借方、貸方のどちらに記入するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 借方
    • 誤答選択肢 貸方

    解説

    お店が活動するのに必要な支出 ※収益-費用=利益

  • 6

    仕入は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 収益
    • 資産
    • 純資産

    解説

  • 7

    商品は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case1:佐藤商店は鈴木商店から商品を100円で仕入れ、代金は現金で支払った。 (商品) 100 (現金) 100 資産↑    資産↓

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 純資産
    • 費用

    解説

  • 8

    売上は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 純資産
    • 負債
    • 資産

    解説

  • 9

    現金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case2:佐藤商店は先日100円で仕入れてきた商品を田中商店に150円で売り上げ、現金150円を受け取った。(分記法) (現金) 150 (商品)    100 資産↑     (商品売買益)  50       収益↑

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 純資産
    • 負債
    • 費用
    • 収益

    解説

  • 10

    売掛金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case3:佐藤商店は商品150円を得意先田中商店に売り上げ代金は掛けとした。 (売掛金) 150 (売上) 150 資産↑     収益↑ ※売掛金を回収したとき (現金) 150 (売掛金) 150 資産↑    資産↓ Case4:佐藤商店は鈴木商店より掛けで仕入れた商品100円のうち10円を品違いのため返品した。(仕入戻し) (買掛金) 10 (仕入) 10 Case5:鈴木商店より掛けで仕入れた商品100円に少し傷がついていたため10円値引きしてもらった。(返品なし) (買掛金) 10 (仕入) 10

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 収益
    • 純資産
    • 負債

    解説

    掛け(売上の場合)…代金を後で受け取ること

  • 11

    買掛金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case6:佐藤商店は仕入先鈴木商店より商品を100円で仕入れ、代金は掛けとした。 (仕入) 100 (買掛金) 100 費用↑    負債↑ ※買掛金を支払ったとき (買掛金) 100 (現金) 100 負債↓     資産↓ Case7:佐藤商店は鈴木商店より掛けで仕入れた商品100円のうち10円を品違いのため返品した。(仕入戻し)(鈴木商店側の処理) (売掛金) 10 (売上) 10 Case8:鈴木商店より掛けで仕入れた商品100円に少し傷がついていたため10円値引きしてもらった。(返品なし)(鈴木商店側の処理) (売掛金) 10 (売上) 10

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 資産
    • 費用
    • 純資産
    • 収益

    解説

    掛け(仕入の場合)…商品の代金を後で支払うこと

  • 12

    発送費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case9:田中商店へ商品を150円売り上げ、代金は掛けとした。なお、発送運賃(当店負担)10円を現金で支払った。 (売掛金) 150 (売上) 150 (発送費) 10  (現金) 10 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 純資産
    • 収益

    解説

    発送運賃…商品を売り上げ、発送する際にかかった運賃

  • 13

    商品売買益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 費用
    • 純資産

    解説

  • 14

    当座預金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case10:佐藤商店は南北銀行と当座取引契約を結び厳禁100円を当座預金口座に預け入れた。 (当座預金) 100 (現金)100 資産↑      資産↓ Case11:佐藤商店は鈴木商店に対する買掛金100円を支払うため、小切手を振り出した。 (買掛金) 100 (当座預金) 100 ※自己振出小切手(自分が振り出した小切手)を受け取ったとき (当座預金) 100 (売掛金) 100 資産↑

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 負債
    • 収益
    • 純資産

    解説

    当座預金…預金の一種で、預金を引き出す際に小切手を用いることが特徴

  • 15

    当座借越は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case11:佐藤商店は買掛金120円を小切手を振り出して支払った。なお、当座預金の残高は100円であったが、佐藤商店は南北銀行と借越限度額300円の当座借越契約を結んでいる。 (買掛金) 120 (当座預金) 100         (当座借越) 20         負債↑ Case12:佐藤商店は南北銀行の当座預金に現金200円を預け入れた。なお、佐藤商店は南北銀行と借越限度額300円の当座借越契約を結んでおり、当座借越の残高は20円であった。 (当座借越) 20 (現金) 200 (当座預金) 180 資産↑

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

    当座借越…当座預金の残高を超えて当座預金を引き出すこと

  • 16

    消耗品費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 純資産
    • 負債
    • 収益

    解説

  • 17

    雑費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 収益
    • 純資産
    • 負債

    解説

  • 18

    小口現金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case13:佐藤商店では定額資金前渡法を採用し、小口現金500円を小切手を振り出して小口現金係に渡した。 (小口現金) 500 (当座預金) 500 資産↑ Case14:小口現金係が文房具代(消耗品費)100円と お茶菓子代(雑費)200円を小口現金で支払った。 仕訳なし(帳簿に記録するのは会計係。小口現金係はメモ程度で可) Case15:小口現金係より消耗品費100円と雑費200円を小口現金で支払ったという報告を受けた。なお、小口現金係に前渡している金額は500円である。 (消耗品費) 100 (小口現金) 300 (雑費)   200 費用↑      資産↓ Case16:前回の小口現金係の支払報告に基づいて小口現金300円を小切手を振り出して補給した。なお、佐藤商店では定額資金前渡法を採用しており、小口現金として500円を前渡している。 (小口現金) 300 (当座預金) 300 ※支払報告と小口現金の補給が同時のとき (消耗品費) 100 (当座預金) 300 (雑費)   200 (Case15の貸方の小口現金とCase16の借方の小口現金が相殺され消えている)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 負債
    • 純資産
    • 費用
    • 収益

    解説

    小口現金…日々の細かい支払いのために手許においておく少額の金額 定額資金前渡法…一定の金額の現金を小口現金係に前渡ししておく方法

  • 19

    支払手形は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case17:佐藤商店は 鈴木商店から商品を100円で仕入れ、代金は約束手形を振り出して渡した。 (仕入) 100 (支払手形) 100 資産↑    負債↑ ※約束手形の代金を支払ったとき (支払手形) 100 (当座預金) 100 負債↓      資産↓

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 純資産
    • 費用
    • 資産
    • 収益

    解説

    約束手形…「いつまでにいくらを支払う」と言うことを書いた証券

  • 20

    受取手形は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case18:佐藤商店は田中商店に商品200円を売り上げ、約束手形を受け取った。 (受取手形) 200 (売上) 200 資産↑ ※約束手形の代金を受け取ったとき (当座預金) 200 (受取手形) 200          資産↓ Case19:佐藤商店は鈴木商店から「商品100円を仕入、代金は先に田中商店から受け取っていた約束手形を裏書譲渡した。 (仕入) 100 (受取手形) 100 費用↑    資産↓ ※裏書した約束手形を受け取ったとき (受取手形) 100 (売上) 100 資産↑

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 純資産
    • 費用

    解説

    裏書譲渡…持っている手形の裏側に記名等をして他の人に渡すこと

  • 21

    手形売却損は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case20:佐藤商店は先に田中商店から受け取っていた約束手形100円を割り引き、割引料(手数料)10円を差し引いた残額を当座預金に預けた。 (当座預金) 90 (受取手形)100 (手形売却損) 10 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

    割引…持っている手形を支払期日前に持ち込んで現金に換えてもらうこと

  • 22

    貸付金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case21:佐藤商店は鈴木商店に現金100円を貸し付けた。 (貸付金) 100 (現金) 100 資産↑ Case22:佐藤商店は鈴木商店から貸付金100円の返済を受け、利息10円とともに現金で受け取った。 (現金) 110 (貸付金) 100       (受取利息) 10       収益↑ Case23:佐藤商店は鈴木商店に現金100円を貸し付け、約束手形を受け取った。 (手形貸付金) 100 (現金) 100

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 純資産
    • 負債
    • 費用

    解説

    貸付け…お金を貸すこと

  • 23

    受取利息は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 負債
    • 資産
    • 純資産

    解説

  • 24

    借入金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case24:佐藤商店は取引銀行から現金600円を借り入れた。 (現金) 600 (借入金) 600        負債↑ Case25:佐藤商店は取引銀行に借入金600円を返済し、利息とともに現金で支払った。なお、利息の年利は2%で借入期間は10ヶ月である。 ※利息=借入(貸付)×年利率×借入(貸付)期間/12ヶ月 Case25の場合;600円×2%×10/12=10円 (借入金) 600 (現金) 610 (支払利息) 10 費用↑ Case26:鈴木商店は佐藤商店に現金100円を借り入れ、約束手形を渡した。 (現金) 100 (手形借入金) 100

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 費用
    • 純資産
    • 資産
    • 収益

    解説

    借入れ…お金を借りてくること

  • 25

    支払利息は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 26

    有価証券は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case27:佐藤商店は高橋商事株式会社の株式を、1株あたり10円で10株購入し、代金は売買手数料10円とともに現金で支払った。 有価証券(株式)の取得原価=@株価×株式数+売買手数料 Case27の場合@10円×10株+10円=110円 (有価証券) 110 (現金) 110 資産↑ Case28:佐藤商店は橋本株式会社の社債1000円(額面総額)を額面100円につき96円で購入し、代金は売買手数料10円とともに現金で支払った。 有価証券(公社債)の取得原価=@単価×購入口数+売買手数料 Case28の場合 ①購入口数:1000円÷@100円=10口 ②取得単価:@96円×10口+10円=970円 (有価証券) 970 (現金) 970

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 純資産
    • 費用
    • 負債
    • 収益

    解説

    売買手数料…株を買ったり売ったりするときにかかる事務手数料

  • 27

    受取配当金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case29:佐藤商店は所有する高橋商事株式会社の配当として配当金領収書10円を受け取った。 (現金) 10 (受取配当金) 10       収益↑

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 純資産
    • 負債

    解説

    配当…株式会社のもうけを株主に分配すること

  • 28

    有価証券売却損は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case30:佐藤商店は先に1株当たり@11円で講習した高橋商事株式会社の株式を1株あたり@10円で売却し、代金は現金で受け取った。 (現金)   50 (有価証券) 55 (有価証券売却損) 5 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 資産
    • 純資産

    解説

          

  • 29

    有価証券売却益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case31:佐藤商店は先に1株当たり@11円で購入した高橋商事株式会社の株式を1株あたり@15円で売却し、代金は現金で受け取った。 (現金) 75 (有価証券)   55       (有価証券売却益) 20     収益↑

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 負債
    • 費用
    • 資産
    • 純資産

    解説

  • 30

    有価証券利息は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case32:所有している橋本株式会社の社債の利払日になったので、その利札10円を切り取って銀行で現金を受け取った。 (現金) 10 (有価証券利息) 10       収益↑

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 負債
    • 費用
    • 純資産
    • 資産

    解説

    利札…公社債の利息を表す証券。切り取って銀行に持っていけば現金に換えることが出来る

  • 31

    未払金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case33:佐藤商店は田中商店から倉庫(建物)を100円で購入し、代金は月末に支払うことにした。 (建物) 100 (未払い金) 100        負債↑ 未払金を支払ったとき (未払金) 100 (現金) 100

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

  • 32

    未収入金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case34:田中商店は佐藤商店に倉庫(建物)を100円で売却し、代金は月末に受け取ることにした。 (未収入金) 100 (建物) 100 資産↑ 未収入金を回収したとき (現金) 100 (未収入金) 100

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 負債
    • 収益
    • 純資産
    • 費用

    解説

  • 33

    前払金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case35:田中商店は鈴木商店に商品100円を注文し、内金として20円を現金で支払った。 (前払金) 20 (現金) 20 資産↑ Case36:佐藤商店は鈴木商店から商品100円を受け取り、代金のうち20円は注文時に支払った内金と相殺し、残額は掛けとした。 (仕入) 100 (前払金) 20        (買掛金) 80

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 純資産
    • 費用

    解説

    内金…商品の代金の一部を前払いしたときのお金

  • 34

    前受金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case37:鈴木商店は佐藤商店から商品100円の注文を受け、内金として20円を現金で受け取った。 (現金) 20 (前受金) 20 Case38:鈴木商店は佐藤商店に商品100円を渡し、代金のうち20円は注文時に受け取った内金と相殺し、残額は掛けとした。 (前受金) 20 (売上) 100 (売掛金) 80

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 純資産
    • 費用
    • 収益
    • 資産

    解説

  • 35

    仮払金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case39:従業員の出張の為、旅費の概算額100円を現金で前渡しした。 (仮払金) 100 (現金) 100 Case40:従業員が出張から戻り、概算払額100円のうち、旅費として80円を支払ったと報告を受け、残額20円は現金で受け取った。 (旅費) 80 (仮払金) 100 (現金) 20

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 純資産
    • 負債
    • 費用

    解説

  • 36

    旅費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 収益
    • 純資産
    • 資産

    解説

    旅費…バス代、タクシー代、電車代、宿泊代など

  • 37

    仮受金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case41:出張中の従業員から当座預金口座に100円の入金があったが、その内容は不明である。 (当座預金) 100 (仮受金) 100          負債↑ Case42:従業員が出張から戻り、先の当座預金への入金100円は、得意先から売掛金を回収した金額であることが判明した。 (仮受金) 100 (売掛金)100

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 38

    給料は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 収益
    • 純資産
    • 負債

    解説

  • 39

    立替金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case43:佐藤商店は鈴木商店より商品100円を仕入れ、代金は掛けとした。なお、引取運賃(先方負担)10円を現金で支払った。 (仕入) 100 (買掛金) 100 (立替金)10  (現金)  10 資産↑ または (仕入) 100 (買掛金) 90        (現金)  10 Case44:佐藤商店は従業員が負担すべき生命保険料40円を現金で立て替えた。 (立替金) 40 (現金) 40 Case45:従業員に支払う給料500円のうち、先に立て替えた40円を差し引いた残額を現金で支払った。 (給料) 500 (立替金) 40        (現金)  460

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 純資産
    • 負債
    • 費用

    解説

  • 40

    預り金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case46:給料500円のうち、源泉徴収税額50円を差し引いた残額を従業員に現金で支払った。 (給料) 500 (預り金) 50        (現金) 450 Case47:預かり金として処理していた源泉徴収税額50円を税務署に現金で納付した。 (預り金) 50 (現金) 50

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 資産
    • 費用
    • 純資産
    • 収益

    解説

    源泉徴収税額…給料から天引きされた所得税額

  • 41

    商品券は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case48:佐藤デパートは商品券100円を発行し、現金を受け取った。 (現金) 100 (商品券) 100 Case49;佐藤デパートは商品150円を売り上げ、商品券100円と現金50円を受け取った。 (商品券) 100 (売上) 150 (現金)  50

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 資産
    • 費用
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 42

    他店商品券は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case50:佐藤デパートは商品150円を売り上げ、他店(小林デパート)が発行した商品券100円と現金50円を受け取った。 (他店商品券) 100 (売上) 150 (現金)    50 Case51:佐藤デパートは商品券の精算をし、当店(佐藤デパート)が保有する他店商品券(小林デパート)と他店が保有する当店発行の商品券80円を交換し、差額20円については現金を受け取った。 (商品券) 80 (他店商品券) 100 (現金)  20 

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 純資産
    • 収益
    • 負債

    解説

  • 43

    消耗品は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case52:佐藤商店はコピー用紙(消耗品)100円を購入し、現金で支払った。なお、購入時に消耗品(資産)で処理する方法による。 (消耗品) 100 (現金) 100 ※消耗品を買ってきたとき(購入時に費用として処理する) (消耗品費) 100 (現金)100 Case53:決算日において消耗品100円のうち、すでに使用した分は80円、未使用分は20円である。なお、消耗品は購入時に消耗品(資産)として処理している。 (消耗品費) 80 (消耗品) 80 ※決算日における消耗品の処理(費用処理の場合) (消耗品)20 (消耗品費) 20

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 費用
    • 純資産

    解説

  • 44

    消耗品費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 45

    貸倒損失は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case54:得意先大原商店が倒産し、売掛金100円(当期に発生)が貸し倒れた。 (貸倒損失) 100 (売掛金) 100 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

    当期…お店の今年度のこと 貸倒れ…得意先の倒産などによって、売掛金や受取手形が回収できなくなること

  • 46

    貸倒引当金繰入は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case55:決算日において、売掛金の期末残高400円について2%の貸倒引当金を設定する。 貸倒引当金の設定額=売掛金、受取手形の期末残高×貸倒設定率 Case55の場合 400円×2%=8円 (貸倒引当繰入) 8 (貸倒引当金) 8 貸倒引当金残高がある場合 ex;佐藤商店が前期より貸倒引当金を設定しており、貸倒引当金が期末において5円残った。 ※貸倒引当金残高がある場合の設定額 ①貸倒引当金の設定額:400円×2%=8円 ②貸倒引当金の期末残高:5円 ③追加で計上する貸倒引当金:8円ー5円=3円 (貸倒引当金繰入) 3 (貸倒引当金) 3 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 純資産
    • 収益

    解説

    期末…今年度の最後の日、決算日のこと 貸倒引当金…将来発生すると予想される売掛金や受取手形の貸倒れに備えて設定する勘定科目 差額補充法…当期末に見積もった貸倒引当金と貸倒引当金の期末残高の差額だけ貸倒引当金として処理する方法

  • 47

    貸倒引当金戻入は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • 貸倒引当金の期末残高(ex;15円)が当期設定額(8円)よりも多い場合は、その差額(15円-8円=7円)だけ貸倒引当金を減らし、貸方は貸倒引当戻入と言う収益の勘定科目で処理する。

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 純資産
    • 負債

    解説

  • 48

    償却債権取立益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case56:前期に貸倒処理をした田中商店に対する売掛金50円を現金で回収した。 (現金) 50 (償却債権取立益) 50       収益↑

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 負債
    • 純資産

    解説

  • 49

    建物は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 負債
    • 収益
    • 純資産

    解説

  • 50

    土地は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 純資産
    • 収益
    • 負債
    • 費用

    解説

  • 51

    備品は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 収益
    • 負債
    • 純資産

    解説

  • 52

    車両運搬具は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 費用
    • 純資産
    • 負債
    • 収益

    解説

  • 53

    減価償却費は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case57:佐藤商店は当期首(○年1月1日)に購入した建物(取得原価2000円)について減価償却を行う。なお、減価償却方法は定額法(耐用年数30年、残存価額は取得原価の10%)による。 減価償却費(定額法)=(取得原価ー残存価額)/(耐用年数) Case57の場合:(2000円ー2000円×10%)/30年=60円 (減価償却費) 60 (建物) 60 ↑固定資産の金額を直接減らす(直接法) ※(減価償却費) 60 (減価償却累計額) 60 (間接法)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

    ・期首…お店の今年度の初めの日 ・減価償却…固定資産を使うことによって生じた価値の減少分を費用として計上すること ・定額法…固定資産の価値の減少が毎年同額だけ生じるとして計算する減価償却の方法

  • 54

    固定資産売却損は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case58:佐藤商店は備品(取得原価400円、減価償却の累計額180円、直接法で記帳)を200円で売却し、代金は月末に受け取ることにした。なお、佐藤商店の会計期間は1月1日から12月31日までの1年である。 売却時の備品の帳簿価額は取得原価(400円)から減価償却の累計額(180円)を差し引いた220円となる。 (未収入金)   200 (備品) 220 (固定資産売却損)20 費用↑

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 資産
    • 負債
    • 収益
    • 純資産

    解説

  • 55

    固定資産売却益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case59:佐藤商店は備品(取得原価400円、減価償却の累計額180円、直接法で記帳)を250円で売却し、代金は月末に受け取ることにした。なお、佐藤商店の会計期間は1月1日から12月31日までの1年である。 (未収入金) 250 (備品)     220         (固定資産売却益)30         収益↑

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 資産
    • 費用
    • 負債
    • 純資産

    解説

  • 56

    資本金は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 純資産
    • 誤答選択肢 資産
    • 費用
    • 収益
    • 負債

    解説

  • 57

    租税公課は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 負債
    • 資産
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 58

    前払費用は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 負債
    • 費用
    • 純資産
    • 収益

    解説

  • 59

    未収収益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産
    • 誤答選択肢 収益
    • 負債
    • 費用
    • 純資産

    解説

  • 60

    未払費用は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 純資産
    • 費用
    • 収益
    • 資産

    解説

  • 61

    前受収益は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負債
    • 誤答選択肢 費用
    • 資産
    • 収益
    • 純資産

    解説

  • 62

    支払家賃は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    • Case59:×1年8月1日 事務所の家賃120円(1年分)を小切手を振り出して支払った。 (支払家賃) 120 (当座預金) 120 Case60:12月31日 決算日(×1年1月1日~12月31日)につき次期の家賃を繰り延べる。なお佐藤商店は8月1日に家賃120円(1年分)を支払っている。 ※×1年8月1日~12月31日までの5か月分は当期の家賃だが、×2年1月1日から7月31日までの家賃は次期の家賃のため、いったん計上した1年分の支払家賃のうち7か月分を減らす。 次期の支払家賃:120円×7ヶ月/12ヶ月=70円 (前払家賃) 70 (支払家賃) 70

    答え

    • 費用
    • 誤答選択肢 収益
    • 純資産
    • 資産
    • 負債

    解説

    繰り延べ…(費用の場合)当期に支払った費用のうち、次期分を当期の費用から差し引くこと

  • 63

    受取地代は資産、負債、純資産、費用、収益のどの勘定科目に値するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益
    • 誤答選択肢 費用
    • 純資産
    • 資産
    • 負債

    解説

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ