zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 義肢学4

カード 32枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/04/27)

  • 義手を4種類

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    義手を4種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 装飾用、作業用、能動、動力

    解説

  • 2

    義手で最も作成されている種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 装飾用

    解説

  • 3

    動力義手を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋電・電動義手、ガス義手、ハイブリット義手

    解説

  • 4

    AAOSの基準を4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩峰、上腕骨外側上顆、橈骨茎状突起、母指

    解説

  • 5

    ISOの基準を3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腋窩、上腕骨内側上顆、尺骨茎状突起

    解説

  • 6

    ターミナルデバイスがフック状の場合は母指の長さはどこに位置するか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーブの先端

    解説

  • 7

    上腕切断の場合は(1)より断端末端部にむかって(2)cmずつ間隔で(3)に直角となるように計測

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腋窩、2.5、骨長軸

    解説

  • 8

    前腕切断の場合は(1)より断端末端部にむかって(2)cmずつ間隔で(3)に直角となるように計測

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上腕骨外側上顆、2.5、骨長軸

    解説

  • 9

    肩甲胸郭間離断の場合は(1)機能は残存しない。(2)や(3)の動きに頼らねばならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上肢機能、体幹、健側

    解説

  • 10

    肩関節離断では(1)の動きは一部残存する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩甲骨

    解説

  • 11

    上腕切断では(1)の動きは100%残存すが残存する筋によりその(2)に与える影響は大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩甲骨、運動性

    解説

  • 12

    肘離断では(1)(2)の機能はほぼ100%残存する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩甲骨、肩関節

    解説

  • 13

    中手骨切断では(1)が残存していれば手関節の動きはほぼ100%残存する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中手骨の基部

    解説

  • 14

    上腕骨頸部切断では上腕部(1)を欠く(2)を作りやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回旋運動、外転位拘縮

    解説

  • 15

    上腕骨30〜50%短断端では肩関節(1)(2)(3)の運動は健常肢約(4)程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伸展、屈曲、外転、1/2

    解説

  • 16

    標準断端では肩関節の(1)(2)(3)は健常肢とほぼ同じであるが(4)(5)は健常肢の(6)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伸展、屈曲、外転。内旋、外旋、1/2

    解説

  • 17

    前腕極短断端では肘関節の(1)は健常肢の1/2程度で前腕の回内、外は(2)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屈曲、不可能

    解説

  • 18

    前腕極短断端では(1)が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回外位拘縮

    解説

  • 19

    前腕短断端では肘関節の屈曲の可動域は(1)度、前腕の回内、外は(2)度程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120、60

    解説

  • 20

    前腕短断端では(1)が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回内、回外位拘縮

    解説

  • 21

    前腕中断端では(1)は健常肢とほぼ同程度で前腕の回内外は(2)度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屈曲、100

    解説

  • 22

    前腕長断端では肘の屈曲は(1)で前腕の回内外(2)程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題ない、120

    解説

  • 23

    指切断では(1)が重要な役割を果たしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対立

    解説

  • 24

    肩関節は上肢の(1)を(2)に関しておおまかな調整を行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 位置、方向性

    解説

  • 25

    肘関節は上肢の(1)の調節を行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効長

    解説

  • 26

    上肢は(1)機能、(2)表現、(3)の伝導などを行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚、感情、意思

    解説

  • 27

    肩継手では(1)の位置で固定・解除ができ、歩行時の上肢の(2)を再現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意、振り

    解説

  • 28

    肘継手は(1)の位置で固定・解除ができ十分な(2)を有する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意、可動範囲

    解説

  • 29

    手継手は前腕の(1)を補う。任意の位置での(2)と手先の(3)を目的としたパーツ交換が可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回旋機能、固定性確保、多機能化

    解説

  • 30

    手部では極めて多彩なパターンを示す手指の動きと働きを再現するために、基本的な(1)パターンに基づく合目的な機能が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 把持機能

    解説

  • 31

    義手には的確な(1)(2)が要求される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懸垂性、支持性

    解説

  • 32

    良いソケットの条件3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソケットの適合性が良好で断端に不快感を与えない、断端に残っている機能がソケットにより最大限に引き出されること、ソケットにかかるトルクや屈曲力、負荷に対しての抵抗力があること

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ