zuknow learn together

新しい教材を作成

薬理

カード 16枚 作成者: まるりん (作成日: 2016/04/25)

  • pD2とは

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

領域別問題集の中で覚えれないところ中心に

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    pD2とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大反応の50%反応する作動薬のモル濃度(EC50)の負の対数 pD2=-log(EC50)

    解説

  • 2

    イオンチャネル内蔵型受容体

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    なんの構造式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GABA(γ-アミノ酪酸)の構造式

    解説

  • 4

    下の構造式なんの?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリンの構造式

    解説

  • 5

    なんの構造式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリンの構造式

    解説

  • 6

    なんの構造式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セロトニンの構造式

    解説

  • 7

    なんの構造式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒスタミンの構造式

    解説

  • 8

    Gqタンパク質共役型受容体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α1、M1、M3、H1、AT1、TXA2、5-HT2、V1受容体

    解説

  • 9

    Gsタンパク質共役型受容体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β1-3、H2、D1、5-HT4、PGI2、A2、V2受容体

    解説

  • 10

    Giタンパク質共役型受容体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α2、M2、D2、GABAb、5-HT1、A1、μ受容体

    解説

  • 11

    依存性薬物の中で、精神的依存のみ生じる薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コカイン テトラヒドロカンナビノール ↑大麻、マリファナ、ハシシュなどに含まれる。

    解説

  • 12

    依存性薬物の中で、精神的依存と耐性を生じる薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幻覚薬(LSD、メスカリン)

    解説

  • 13

    依存性薬物は、脳内報酬系におけるドパミン作動性神経を〇〇させ、その投射先の側坐核でのドパミン量を〇〇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性化 増加 つまり、ドパミン増やす。

    解説

  • 14

    アセチルコリンの〇〇基が〇〇基に置換されると、コリンエステラーゼによる分解を受けにくくかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチル基 カルバモイル基

    解説

  • 15

    4級アンモニウム化合物は、消化管吸収〇〇、血液脳関門は通過〇〇ので、中枢作用が〇〇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不良 通過しない 作用がない *逆に3級は消化管吸収良好、通過して、中枢作用あり。

    解説

  • 16

    局所麻酔薬の感覚が失われる順番

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛覚→温覚→触覚 麻酔薬つ、よ(お)、し

    解説

56721

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ