zuknow learn together

新しい教材を作成

家庭科の法律や制度等

カード 46枚 作成者: もえ (作成日: 2016/04/25)

  • 一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家電リサイクル法

    解説

  • 2

    消費者(分別排出)、自治体(分別収集)、事業者(再商品化(リサイクル))の、ごみ処理の役割分担をそれぞれに義務付ける法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容器包装リサイクル法

    解説

  • 3

    環境基本法の基本理念にのっとり、国、地方公共団体、事業者、国民の責務を明らかにし、施策の基本事項を定めることで、循環型社会の形成に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための法律

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環型社会形成推進基本法

    解説

  • 4

    2001年6月施行。 「訪問販売等に関する法律」を改正・改称したもの。 消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定める。 事業者による違法、悪質な勧誘等を防止し、消費者の利益を守る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定商取引法

    解説

  • 5

    1995年施行。 製品の欠陥によって生命や身体、財産などに被害が生じた場合、消費者は企業の過失を証明しなくても、製造業者に対して損害賠償を求めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造物責任法(PL法)

    解説

  • 6

    1968年、高度経済成長期に消費者問題が表面化してきたことに伴い、より総合的な消費者保護施策としてできた。 消費者=保護される立場 という考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者保護基本法

    解説

  • 7

    消費者保護基本法を抜本的に改正して、2004年に施行、ら 消費者=ひつようなちしきを習得し、自立する立場 消費者の自立を支援するという考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者基本法

    解説

  • 8

    消費者教育の基本理念や国・地方公共団体の責務を明らかにすることで、消費者教育を総合的かつ一体的に推進し、国民の消費生活の安定及び向上の寄与することが目的。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者教育推進法

    解説

  • 9

    2001年施行。 不適切な契約から生じる契約者被害の防止・救済のために、事業者が最低限守るべき、包括的な民事ルールを定めた法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者契約法

    解説

  • 10

    高齢社会の進展に適切に対処するための基本理念を定め、国・地方公共団体の責務等を明らかにすることで、高齢社会対策を総合的に推進し、経済社会の健全な発展と国民生活の安定向上を図ることを目的とする法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢社会対策基本法

    解説

  • 11

    高齢者・障がい者の移動上及び施設の利用上の利便性及び安全性の向上の促進を図り、公共の福祉の増進を目的に施行された法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バリアフリー新法

    解説

  • 12

    家庭における養護者または施設職員による65歳以上の高齢者に対する虐待を、身体的虐待、ネグレクト、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待の5つに定義し、高齢者虐待を発見した者は、し妙そんに通報しなければならないとした法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者虐待防止法

    解説

  • 13

    公的年金制度を創設する法律。 1959年成立。 老齢、障害または死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯「よって防止し、健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民年金法

    解説

  • 14

    老人に対し、心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な措置を講じ、もって老人の福祉を図ることが目的の法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法

    解説

  • 15

    2003年、食品の安全性の確保に関する施策を総合的に推進することを目的とし、食の安全に対する様々な規則について定めた法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品安全基本法

    解説

  • 16

    2005年7月施行。 家庭や学校の教育における食生活改善により、国民の健康増進を図ることを目的とする法律。 国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるように、食育を総合的かつ計画的に推進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食育基本法

    解説

  • 17

    食品に関する表示の適正を確保し、もって一般消費者の利益の増進を図ること、国民の健康を守ること、食品の生産・流通を円滑にすること、消費者の需要に即した食品の生産の振興に寄与することを目的とした法律。 2015年4月に施行。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品表示法

    解説

  • 18

    食品の栄養成分の量など栄養表示基準に掲げる事項を第31場第2項において定めている法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康増進法

    解説

  • 19

    1948年に施行された法律。 食品・食品添加物・器具・容器包装に関する有害物の販売使用禁止、基準・規格の設定など飲食に起因する衛生上の危害発生を防止し、公衆衛生の向上及び増進に寄与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品衛生法

    解説

  • 20

    1950年に施行された法律。 国民の生命、健康及び財産を守るため、建築物の敷地、構造、せつび及び用途に関する最低基準を定めている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築基準法

    解説

  • 21

    1969年施行。 無秩序な市街化による都市環境の悪化と公共投資の非能率化を抑止するため、都市の健全な発展と秩序とある整備を図ることを目的とし、都市計画の内容およびこの決定手続き、開発許可制限、都市計画事業の認可・施行などについて定めた法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都市計画法

    解説

  • 22

    住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策について、基本理念を定め、国・地方公共団体・住宅関連事業者の責務を明らかにし、基本理念を実現するための基本的施策、住生活基本計画等を定めることで、国民生活の安定向上と社会福祉の増進を図り、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とした法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住宅関係基本法

    解説

  • 23

    1948年施行。 児童の心身の健全な成長、生活の保護、愛護を理念として、その目的達成のために必要な諸制度を定めている総合的法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童福祉法

    解説

  • 24

    児童の虐待の防止と対応を促進することを目的とした法律。 児童虐待の禁止と予防・早期発見、防止に関する国・地方公共団体の責務、被害児童の保護と自立支援などを定めた。 2000年11月施行。 2004年10月一部改正。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童虐待の防止等に関する法律

    解説

  • 25

    エンゼルプラン・新エンゼルプランでは出生率の低下に歯止めがかからなかったため、少子化に対する施策のを総合的に推進するため、2003年7月に「次世代育成支援対策と推進法」と共に策定された法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少子化社会対策基本法

    解説

  • 26

    母性および乳幼児の健康の保持・増進のため、保健指導・健康診査・医療その他の措置について定めている法律。 昭和41年(1966)施行。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母子保健法

    解説

  • 27

    労働契約・賃金・労働時間・安全と衛生・災害補償・就業規則など、労働条件の基準を定めた法律。 1947年(昭和22)制定。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準法

    解説

  • 28

    休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律。 1995年(平成7)、育児休業法を改正し、成立。 労働者から育児・介護休業の申請があった場合の事業主の義務、育児・介護休業の条件等について定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 育児・介護休業法

    解説

  • 29

    消費者被害の拡大防止のため、事業者に消費者契約法に違反する不当な行為があった場合、適格消費者団体が消費者に代わって事業者に契約の差止請求をすることを認めたもの。 ただし、損害賠償請求はできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者団体訴訟制度

    解説

  • 30

    人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に対応していけるよう、経済界、労働界、地方公共団体の代表者、有識者、関係閣僚等により構成される官民トップ会議により2007年に策定された憲章。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワーク・ライフ・バランス憲章

    解説

  • 31

    原則75歳以上の後期高齢者を対象とする独立した医療制度。 各都道府県ごとに設置された広域連合が運営にあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後期高齢者(長寿)医療制度

    解説

  • 32

    家族が担ってきた高齢者の介護を、社会全体で支える制度。 運営主体は市町村。 要介護認定を行い、ケアマネージャーがケアプラン作成・管理を行う。 サービスと施設の整備を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険制度

    解説

  • 33

    1991年に国連総会で決議。 高齢者の自立・参加・ケア・自己実現・尊厳の5つを基本原理とし、各国政府が自国プログラムに組み入れるよう推奨した原則。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者のための国連原則

    解説

  • 34

    精神上の障害により、判断能力が不十分な高齢者の権利を守るための制度。 法定後見制度と、任意後見制度に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成年後見制度

    解説

  • 35

    すべての国民が安心してその老後を送ることができるよう策定。 在宅福祉・施設福祉なとの事業について、10カ年の目標と、その水準を示したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールドプラン

    解説

  • 36

    当時の予想よりも早く高齢化が進んだため、ゴールドプランを改定してできた計画。 柱を、在宅介護の充実とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新ゴールドプラン

    解説

  • 37

    新ゴールドプランの期間が終了したため新しくできた計画。 いかに活力のある社会を作っていくかを目標とし、介護サービスの基盤整備と生活支援対策などが位置付けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールドプラン21

    解説

  • 38

    生鮮食品から加工食品を含めた全ての食品を対象として、農薬、動物用医薬品、飼料添加物が一定量以上残留する場合、その食品の販売等を原則禁止する制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポジティブリスト制度

    解説

  • 39

    食品がいつ、どこで作られ、どのような経路で食卓に届いたかという生産履歴を明らかにする制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレーサビリティ

    解説

  • 40

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、住宅性能評価機関により設計段階と建設段階で評価を行う制度。 国土交通大臣が定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住宅性能表示制度

    解説

  • 41

    人の健康の保護及び生活環境の保全の上で維持されることが望ましい基準として、終局的に、大気、水、土壌、騒音をどの程度に保つことを目標に施策を実施していくのかという目標を定めた基準。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境基準

    解説

  • 42

    資源の無駄使いをすることなく、快適で豊かな室内環境のもとで過ごすことができる21世紀の住宅づくりに照準を合わせて改正された基準。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次世代省エネルギー基準

    解説

  • 43

    1951年5月5日、こどもの日に合わせて制定された、児童のための憲章。 日本国憲法の精神に従い、全ての児童の幸福を図るための、日本における児童の権利宣言。 児童福祉の根本をなす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童憲章

    解説

  • 44

    2004年に高年齢者雇用安定法が改正されてできた。 事業主は65歳までの安定した雇用の環境の整備を義務付けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 改正高年齢者雇用安定法

    解説

  • 45

    1994年制定。 不特定多数が利用する公共の建物において、高齢者や身体障害者が円滑に利用できるようスロープやエレベーターの設置などを促進する法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハートビル法

    解説

  • 46

    2000年制定。 駅にエスカレーターを設置したり、低床バスを取り入れたりして、公共交通機関を利用しやすくし、移動の困難な人を支援しようとする法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交通バリアフリー法

    解説

56751

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ