zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(内分泌代謝:§6-⑥:副腎_褐色細胞腫)

カード 13枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/04/23)

  • 褐色細胞腫では、副腎髄質細胞や交感神経節細胞からの(   )産生が亢進する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

褐色細胞腫

<参考>
MEC
病気がみえる

医学/医療/医師/国試

k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    褐色細胞腫では、副腎髄質細胞や交感神経節細胞からの(   )産生が亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコラミン
    • 誤答選択肢 コルチゾール
    • アルドステロン
    • T3, T4
    • PTH

    解説

    副腎髄質:ノルアドレナリン、アドレナリン 交感神経節細胞:ノルアドレナリン

  • 2

    褐色細胞腫の主要症候は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧、頭痛、代謝亢進、高血糖、多汗
    • 誤答選択肢 意識障害、低血圧、低K血症、低コレステロール血症
    • 低血糖、低血圧、やせ、脱毛、色素沈着
    • 多尿、発汗低下、無月経、貧血

    解説

    <5H's disease> ・Hypertension ・Headache ・Hypermetabolism(頻脈、やせ、便秘) ・Hyperglycemia ・Hyperhidrosis その他:起立性低血圧、四肢冷感、振戦など

  • 3

    褐色細胞腫では、起立性低血圧を(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きたす
    • 誤答選択肢 きたさない

    解説

    高血圧にも拘らず、起立性低血圧をきたす。 圧反射機能の障害、循環血漿量の低下、交感神経刺激に対する血管系の反応性の低下などが考えられる。

  • 4

    褐色細胞腫では、RAA系は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亢進する
    • 誤答選択肢 抑制される

    解説

    β刺激によりレニン活性↑

  • 5

    褐色細胞腫では、血中Kは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保たれる
    • 誤答選択肢 上昇する
    • 低下する

    解説

  • 6

    褐色細胞腫では、総コレステロールは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇する
    • 誤答選択肢 低下する
    • 保たれる

    解説

  • 7

    褐色細胞腫では、血中・尿中カテコラミンが(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇
    • 誤答選択肢 低下

    解説

  • 8

    褐色細胞腫では、尿中(   )が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バニリルマンデル酸、ホモバニリル酸
    • 誤答選択肢 THA
    • 17-OHCS
    • 17-KS

    解説

    バニリルマンデル酸:VMA  ホモバニリル酸:HVA

  • 9

    褐色細胞腫では、131Ⅰ-(   )シンチグラムで集積像を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MIBG
    • 誤答選択肢 アドステロール
    • フィブリノーゲン
    • DMSA

    解説

  • 10

    褐色細胞腫において、造影検査は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁忌である
    • 誤答選択肢 行ってもよい

    解説

    発作を誘発するため禁忌。

  • 11

    褐色細胞腫の治療には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α遮断薬、カルシウム拮抗薬、外科的切除
    • 誤答選択肢 β遮断薬、カルシウム拮抗薬、外科的切除

    解説

    β遮断薬の単独投与は禁忌。→β刺激抑制によりα刺激優位となり高血圧クリーゼを引き起こす。

  • 12

    褐色細胞腫の治療薬のうち、(   )の単独投与は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β遮断薬
    • 誤答選択肢 α遮断薬
    • β刺激薬
    • α刺激薬
    • カルシウム拮抗薬

    解説

    頻脈に対してβ遮断薬を用いる場合は必ずα遮断薬を併用する。 ※α, β刺激薬はそもそも治療薬ではない

  • 13

    褐色細胞腫は、(   )、神経線維腫症1型、von Hippel-Lindau病などを基礎疾患として発症することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MEN2型
    • 誤答選択肢 MEN1型

    解説

    MEN:多発性内分泌腫瘍症

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ