zuknow learn together

新しい教材を作成

【保険・一般常識(選択式問題)】

カード 7枚 作成者: taka (作成日: 2016/04/16)

  • 第7問 火災保険[住宅総合保険 (13年7月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、自宅建物に保険金額1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に800万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家3世帯の住宅建物4棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、40万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は2,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。
    1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。
    2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。
    3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。
    4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。
    ≪選択肢≫
    ア.1. 800万円 2. 50万円 3. 40万円 4. 100万円
    イ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 60万円
    ウ.1. 800万円 2. 200万円 3. 50万円 4. 80万円
    エ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 80万円


    火災保険[住宅総合保険 (13年7月 6/6回出題)]

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第7問 火災保険[住宅総合保険 (13年7月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、自宅建物に保険金額1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に800万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家3世帯の住宅建物4棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、40万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は2,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 800万円 2. 50万円 3. 40万円 4. 100万円 イ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 60万円 ウ.1. 800万円 2. 200万円 3. 50万円 4. 80万円 エ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 80万円

    補足(例文と訳など)

    • 火災保険[住宅総合保険 (13年7月 6/6回出題)]

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    この場合、支払われる損害保険金は、一部保険のため、損害額800万×保険金額1,000万/1,600万(保険価額2,000万×80%)となるので500万円、臨時費用保険金は損害保険金額800万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片

  • 2

    Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 1,120万円  2 500万円  3 100万円  4 20万円 イ.1 1,000万円  2 300万円  3 100万円  4 40万円 ウ.1 2,000万円  2 300万円  3 120万円  4 20万円 エ.1 1,000万円  2 100万円   3 100万円  4 40万円

    補足(例文と訳など)

    • 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  

  • 3

    Aさんは、自宅建物に保険金額1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に800万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家3世帯の住宅建物4棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、40万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は2,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 800万円 2. 50万円 3. 40万円 4. 100万円 イ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 60万円 ウ.1. 800万円 2. 200万円 3. 50万円 4. 80万円 エ.1. 500万円 2. 100万円 3. 40万円 4. 80万円

    補足(例文と訳など)

    • 第7問 火災保険[住宅総合保険 (13年7月 6/6回出題)]

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    この場合、支払われる損害保険金は、一部保険のため、損害額800万×保険金額1,000万/1,600万(保険価額2,000万×80%)となるので500万円、臨時費用保険金は損害保険金額800万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の40万円、失火見舞費用保険金は3棟20万で60万円である。

  • 4

    第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。
    • 誤答選択肢 第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。
    • 第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。
    • 第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。
    • 第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。

    解説

    第19問 火災保険[住宅総合保険 (14年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、住居専用建物に保険金額 1,000万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、同建物に 500万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家1世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。 また、この建物の残存物の取片づけに必要な費用として、80万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1 300万円  2  80万円  3 50万円  4 80万円 イ.1 300万円  2  80万円  3 40万円  4 40万円 ウ.1 500万円  2 100万円  3 50万円  4 20万円 エ.1 500万円  2 100万円  3 40万円  4 80万円 ア イ ウ エ 正解は、ウ この場合、保険価額1,200万円の80%より保険金額1,000万円は大きいので、損害保険金額は、損害額の500万円 臨時費用保険金は、損害額500万円の30% しかし1事故、1敷地内「100万円」限度であるため100万円 残存物取片づけ費用保険金は費用の実費が支払われるので80万円ただし、損害保険金の10%が限度であるため、50万円となる。

  • 5

    第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。
    • 誤答選択肢 第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。
    • 第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。
    • 第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。
    • 第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。

    解説

    第25問 火災保険[住宅総合保険 (15年7月 5/5回出題)] 正解 Aさんは、自宅建物に保険金額3,500万円で住宅総合保険契約を締結していましたが、Aさんの自宅から火災が発生し、自宅建物に2,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物2棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。また、保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用として、120万円を要しました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は4,000万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.2,500万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 イ.1 2,000万円 2 100万円 3 120万円 4 40万円 ウ.1 2,000万円 2 60万円 3 120万円 4 80万円 エ.1 4,000万円 2 100万円 3 100万円 4 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合、支払われる損害保険金は、保険価格4000万の80%(3200万)より保険金額3000万の方が大きいので、損害額と同額が支払われるので2000万円、臨時費用保険金は損害保険金額2000万円の30% ただし100万円が限度なので100万円、残存物取片づけ費用保険金は実費の120万円、失火見舞費用保険金は2棟20万で40万円である。

  • 6

    第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。
    • 誤答選択肢 第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。
    • 第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。
    • 第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。
    • 第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。

    解説

    第42問 地震保険[地震保険に関する法律 (15年7月 5/5回出題)] 正解 次の文章は、「地震保険に関する法律」に基づく地震保険について述べたものです。その内容が正しければ○を誤っていれば×を選んで下さい。 ここの保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。 ○ × 正解は、○ 地震保険では、地震を直接の原因とする洪水の水災による浸水損害については、地震発生日の翌日から10日を経過した後に生じた場合でも、浸水損害に至った水災の原因が地震の発生した日の翌日から10日以内に生じているときは、保険金支払いの対象となる。

  • 7

    第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  
    • 誤答選択肢 第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  
    • 第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  
    • 第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  
    • 第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  

    解説

    第8問 火災保険[店舗総合保険 (14年1月 6/6回出題)] 不正解 Aさんは、店舗併用住宅建物に保険金額2,000万円で店舗総合保険契約を締結していましたが、この建物から火災が発生し、1,000万円の損害を被るとともに、この火災の延焼により、隣家2世帯の住宅建物3棟のそれぞれ一部を焼失させてしまいました。この場合に支払われる次の1〜4の保険金について、正しい答の組み合わせを答えてください。 なお、火災発生時のこの建物の保険価額は1,200万円とします。また、算出した保険金の額に1万円未満の端数が生じた場合には、千円の位を四捨五入して万円単位で答えて下さい。 1.支払われる損害保険金は、いくらになりますか。 2.支払われる臨時費用保険金は、いくらになりますか。 3.支払われる残存物取片づけ費用保険金は、いくらになりますか。 4.支払われる失火見舞費用保険金は、いくらになりますか。 ≪選択肢≫ ア.1. 1,120万円  2. 500万円  3. 100万円  4. 20万円 イ.1. 1,000万円  2. 300万円  3. 100万円  4. 40万円 ウ.1. 2,000万円  2. 300万円  3. 120万円  4. 20万円 エ.1. 1,000万円  2. 100万円  3. 100万円  4. 40万円 ア イ ウ エ 正解は、イ この場合保険金額が保険価額を超えるので、保険価額を限度とし、損害の額が損害保険金として支払われるので、支払保険金額は1,000万円である。 臨時保険金は、損害保険金の30%なので100万円が3棟のため、300万円 残存物取片づけ費用保険金は、損害保険金の10%なので、100万円 失火見舞費用保険金は被災世帯数2棟×20万なので、40万円となる。  

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ