zuknow learn together

新しい教材を作成

地学(地殻、岩石、地表)

カード 119枚 作成者: 水野雅允 (作成日: 2016/04/16)

  • 接触変成岩:硬くて緻密、泥質岩からできるもの。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    接触変成岩:硬くて緻密、泥質岩からできるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルンフェルス

    解説

  • 2

    接触変成岩:粗粒の方解石からなり、化学組成はCaCO3、酸に溶け、石灰岩からできるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大理石

    解説

  • 3

    低温高圧型の広域変成岩:高圧で形成されるので、柱状の鉱物が一方向に並ぶ組織の片理が見られ、薄くはがれやすいもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結晶片岩

    解説

  • 4

    高温低圧型の広域変成岩:鉱物が粗粒で、白黒の縞模様を示す。高温のため、花崗岩を伴う場合が多いもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片麻岩

    解説

  • 5

    サンゴ、有孔虫、紡錘虫、CaCO3、方解石、やわらかく、酸に溶ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石灰岩

    解説

  • 6

    放散虫、珪藻、SiO₂、石英、硬い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャート

    解説

  • 7

    炭酸カルシウムを主成分とする鉱物。三方晶系に属し,無色ないし白色でガラス光沢がある。石灰岩として堆積岩を構成するほか,鉱脈や温泉沈殿物中に産する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方解石

    解説

  • 8

    無色、透明のガラスのような光沢のある結晶で、へき開がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石英

    解説

  • 9

    黒から黒褐色、六角板状の結晶で、へき開に沿って薄く剥がれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黒雲母

    解説

  • 10

    組織、a、bの名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斑状組織、a石基b斑状

    解説

  • 11

    組織の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等粒状組織

    解説

  • 12

    溶岩の中に含まれる(  )が多いと、粘性が大きくなり、噴火が激しくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二酸化ケイ素

    解説

  • 13

    穏やかな噴火をする火山地形は、(  )や(  )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楯状火山、溶岩台地

    解説

  • 14

    ①〜③の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①超塩基性岩②塩基性岩③中性岩

    解説

  • 15

    ④〜⑦の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ④斑状組織⑤等粒状組織⑥安山岩⑦流紋岩

    解説

  • 16

    ⑧〜⑪の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⑧かんらん岩⑨斑れい岩⑩閃緑岩⑪花こう岩

    解説

  • 17

    ⑫~⑱の名前

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⑫斜長石⑬石英⑭カリ長石⑮かんらん石⑯輝石⑰角閃石⑱黒雲母

    解説

  • 18

    河川の浸食によって作られた地形2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • V字谷、河岸段丘

    解説

  • 19

    河川の堆積作用によって作られた地形2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三角州、扇状地

    解説

  • 20

    海水の浸食作用によって作られた地形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海岸段丘

    解説

  • 21

    石灰岩地域に見られる地形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルスト地形

    解説

  • 22

    氷河によって作られた地形2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • U字谷、モレーン

    解説

  • 23

    砕屑岩は、(  )、(  )によってできた砕屑物が堆積したもので、粒子の大きさによって(  )、(  )、(  )などに分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風化、浸食、泥岩、砂岩、礫岩

    解説

  • 24

    火山灰が堆積したものを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰岩

    解説

  • 25

    生物岩は生物の遺骸が堆積したもので、フズリナやサンゴの死骸が堆積した(  )、放散虫の遺骸が堆積した(  )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石灰岩、チャート

    解説

  • 26

    マグマが貫入して、周りの岩石がマグマの(  )によって変成作用を受けることを(  )作用という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱、接触変成

    解説

  • 27

    泥岩や砂岩が接触変成作用を受けると、緻密で(  )い(  )と呼ばれる岩石になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かた、ホルンフェルス

    解説

  • 28

    石灰岩が接触変成作用を受けると、(  )と呼ばれる結晶質石灰岩になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大理石

    解説

  • 29

    (  )運動などによる大規模な圧力や熱によって変成作用を受けることを(  )作用という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造山、広域変成

    解説

  • 30

    広域変成作用では、再結晶作用により鉱物が平行に並ぶために、縞状構造を示し、薄く板状に剥がれる(  )という性質をもつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片理

    解説

  • 31

    広域変成作用では、片理が発達している(  )や縞状構造が発達している(  )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結晶片岩、片麻岩

    解説

  • 32

    (  )質のマグマは粘性が低く、なだらかな斜面の火山ができる。この火山地形を(  )火山という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄武岩、盾状

    解説

  • 33

    透明な方解石の板(へき開片)を通してものを見ると、二重に見える。この現象を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複屈折

    解説

  • 34

    火成岩中の有色鉱物の体積百分率の数値を(  )といい、これにより火成岩を分類することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色指数

    解説

  • 35

    造山鉱物には2種類以上の鉱物成分が混じり合ってできるものがある。このような物質を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固溶体

    解説

  • 36

    混濁流によって堆積した地層には、水中の沈降速度と粒子の大きさの関係から(  )を形成することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 級化層理

    解説

  • 37

    日本列島の周りの4枚のプレートの名前は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北米プレート

    解説

  • 38

    日本列島のようにプレートの沈み込み帯に形成される弓なりの島を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弧状列島

    解説

  • 39

    図より、海洋地域の地下深部は通常(  )の状態にあると考えられる。Xの状態にある物質が何らかの理由で圧力が(  )か温度が(  )という変化を受けると、マグマが発生する可能性が高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固体、下がる、上がる

    解説

  • 40

    流紋岩質マグマ粘性が大きいので、噴火は、爆発的で(  )を伴うことがあり、(  )を形成することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火砕流、溶岩円頂丘

    解説

  • 41

    マグマの温度が下がると、マグマの中に結晶が生じてくる。はじめにできる結晶は、(  )・(  )・(  )に富み、マグマより密度が大きいので下の方に沈む。最初に結晶する鉱物は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mg、Fe、Ca、かんらん石

    解説

  • 42

    高温なマグマが低温な周囲の岩石に冷やされ、晶出した鉱物と残りのマグマが分離した結果、残されたマグマの化学組成が変化していくことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結晶分化作用

    解説

  • 43

    火成岩を顕微鏡を用いて分類する際、岩石の(  )と鉱物の(  )、(  )、(  )の方向を観察する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組成、色、形、へき開

    解説

  • 44

    岩石の(  )の含有量により、火成岩を(  )、(  )、(  )、(  )に分類することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SiO₂、酸性岩、中性岩、塩基性岩、超塩基性岩

    解説

  • 45

    岩石は(  )・(  )・(  )の3つのグループに大きく分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火成岩、堆積岩、変成岩

    解説

  • 46

    昭和新山は(  )、富士山は(  )で形成されており、溶岩台地という地形は(  )でできている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流紋岩、安山岩、玄武岩

    解説

  • 47

    火山灰が堆積してできた(  )の層が堆積岩の地層の中に挟まっていると、広範囲の地層の対比ができる。このような層を(  )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰岩、鍵層

    解説

  • 48

    (  )の仲間は、地下の高温・高圧状態によって、(  )や(  )が再結晶してできる岩石である。堆積岩の一つである石灰岩は、熱の影響を受けると、(  )という岩石になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変成岩、火成岩、堆積岩、大理石

    解説

  • 49

    火山の形の違いを左右する物質は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SiO₂

    解説

  • 50

    地層の(  )と(  )との交線の方向を走向という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 層理面、水平面

    解説

  • 51

    地層の走向・傾斜を測定するための器具名は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリノメーター

    解説

  • 52

    走向と傾斜を何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 走向:N60°W、傾斜:30°NE

    解説

  • 53

    白色細粒で、手で押すとぼそぼそにくずれ、いくつかの鉱物の結晶からなる岩石は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰岩

    解説

  • 54

    石灰岩をつくっているおもな鉱物は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方解石

    解説

  • 55

    斜長石のように結晶構造は同じでも化学組成が連続的に変化する鉱物を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固溶体

    解説

  • 56

    固溶体であるかんらん石の主要な2種類の元素名は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄、マグネシウム

    解説

  • 57

    輝石はSiO₄四面体が(  )に配列し、両側の四面体と酸素を共有している一重鎖で、(  )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一列、へき開

    解説

  • 58

    斜長石のように(  )をつくる鉱物ではその組成が変化する。これを(  )作用という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固溶体、結晶分化

    解説

  • 59

    SiO₄四面体は(  )では結合しておらず、(  )では2個の酸素原子を共有して単鎖状に結合し、(  )では4個の酸素原子を共有して立体的な網目状に結合している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんらん石、輝石、斜長石

    解説

  • 60

    玄武岩質マグマ→安山岩質マグマ→流紋岩質マグマへと変化するにつれて、増大する化学成分と減少する化学成分を2つずつ答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増大:K₂O、Na₂O 減少:CaO、MgO

    解説

  • 61

    安山岩質マグマが地下深くでゆっくりと団結して等粒状組織になったときの岩石の名前は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閃緑岩

    解説

  • 62

    マグマの結晶分化作用に伴ってマグマは減少し、生成される(  )の量は少なくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩質マグマ

    解説

  • 63

    玄武岩質マグマや花崗岩質マグマが(  )に富む地殻の岩石を溶かし込んで、花崗岩質マグマを生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SiO₂

    解説

  • 64

    地球の上部マントルの主要な構成鉱物を2つ答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんらん石、輝石

    解説

  • 65

    斜長石では(  )とSiおよび(  )とAlがペアとなって化学組成が連続的に変化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Na、Ca

    解説

  • 66

    多形の鉱物は(  )と(  )によって結晶構造が決まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧力、温度

    解説

  • 67

    SiO₄四面体において、4つの酸素を全て共有している鉱物は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斜長石

    解説

  • 68

    頁岩は熱によって接触変成作用を受けてモザイク状組織を示す硬い(  )という岩石に変わる。アルミニウムに富んだ粘土鉱物として(  )に、カリウムに富んだ粘土鉱物として(  )などを含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルンフェルス、紅柱石、黒雲母

    解説

  • 69

    大陸地殻(  )km、海洋地殻(  )kmある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30~50、5~10

    解説

  • 70

    大陸地殻、海洋地殻、マントルを構成する代表的な岩石名を1つずつ答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩、玄武岩、かんらん岩

    解説

  • 71

    地殻とマントルの境界は(  )の違いで区別され、(  )の違いから地震波速度が異なる。硬いリソスフェアと柔らかいアセノスフェアの境界は(  )で区別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構成物質、密度、岩石の硬さ

    解説

  • 72

    (  )という堆積構造により、切っている葉理は切られている葉理よりも新しく堆積していると考えられることから、堆積時の上下を判定することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスラミナ

    解説

  • 73

    堆積岩のうち、火山噴出物からなるものは(  )、生物の遺骸よりなるものは(  )、(  )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰岩、チャート、石灰岩

    解説

  • 74

    XとYにあてはまる粒径は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X:1/16、Y:2

    解説

  • 75

    Aより上:止まっている粒子が動き出し、(  )と(  )の起こっている状態。 AとBの間:動いている粒子は引き続き(  )され、堆積したものは(  )されない。 Bより下:動いている粒子は止まり、(  )している状態。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浸食、運搬、運搬、浸食、堆積

    解説

  • 76

    砂底と泥底の上に水流を生じさせ、徐々に流速を増大させると、(  )が先に動き始める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    石墨は(  )を主成分とする鉱物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭素

    解説

  • 78

    ほとんどケイ素と酸素でできており、キラキラと良く光る無色で透明な鉱物は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石英(水晶)

    解説

  • 79

    (  )の特徴は、鉱物内で原子が規則正しく並んでいるため、ある特定の方向で原子間の結合力が弱く、鉱物が割れやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • へき開

    解説

  • 80

    かんらん石を大量に含む岩石に多く含まれる元素4つは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグネシウム、酸素、ケイ素、鉄

    解説

  • 81

    日本列島の中で石灰岩が分布している地域を具体的に2つ上げるとともに、それぞれの地質時代についても答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山口県秋吉台:古生代、福岡県平尾台:古生代

    解説

  • 82

    石灰岩は(  )や(  )などの死骸が固まってできた(  )と、海水中に溶けていた(  )が凝縮沈殿してできた(  )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有孔虫、サンゴ、炭酸カルシウム

    解説

  • 83

    結晶質石灰岩に含まれる鉱物は(  )である。その鉱物は無色または白色で(  )があり、へき開があり(  )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方解石、ガラス光沢、複屈折

    解説

  • 84

    石灰岩は(  )として利用されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セメントの原料

    解説

  • 85

    日本の大規模な石灰岩体には(  )が含まれることが多く、これらが石炭紀からペルム紀に堆積したことが分かる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フズリナ

    解説

  • 86

    チャートは主に(  )というプランクトンから形成される岩石で、この生物は(  )からなる殻をもつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放散虫、SiO₂

    解説

  • 87

    石灰岩とチャートを区別する方法として、(  )かけて反応を見ることが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩酸

    解説

  • 88

    チャートが(  )に乗って海溝まで運ばれ、大陸側に付加し、地殻変動で山地へと(  )したため、日本列島の山地ではチャートが産出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋プレート、隆起

    解説

  • 89

    XとYに当てはまる酸化物は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X:CaO Y:Na₂O

    解説

  • 90

    石英の中でも特に無色透明なものを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水晶

    解説

  • 91

    愛知県三河地域の地質は、北東ー南西方向に伸びる(  )と呼ばれる大断層を境に、北西部には(  )型の領家変成帯に属する岩石が、南東部には低温高圧型の(  )変成帯に属する岩石が分布している。⑫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中央構造線、高温低圧、三波川

    解説

  • 92

    石英は(  )と(  )のみからなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素、ケイ素

    解説

  • 93

    斜長石は酸素とケイ素のほか、ナトリウム、(  )、カルシウムを含む固溶体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルミニウム

    解説

  • 94

    不透明な鉱物で、磁石に引き寄せられる性質を強くもつものを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磁鉄鉱

    解説

  • 95

    マグマから融点の高いものから順に鉱物が晶出していき、残ったマグマの中の(  )の割合がしだいに増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケイ素

    解説

  • 96

    A~Cの火山の形の名称は何か。⑩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:盾状火山、B:成層火山、C:鐘状火山

    解説

  • 97

    岩石学者のボーエンじゃ、マグマから晶出した結晶と残液との間の反応に注目して反応系列を確立し、火成岩の多様性を説明した。火成岩成因論の基礎になったこの考えを(  )という。⑨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応原理

    解説

  • 98

    斜長石に多く見られる鉱物の内側と外側とで化学組成が異なるような構造を何というか。⑨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 累帯構造

    解説

  • 99

    (  )はSiO₄正四面体の骨組みが、平面網目構造となっている。⑦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲母

    解説

  • 100

    同じ化学組成をもった鉱物でも、化学組成の一部が変化する場合があり、このような鉱物を(  )という。⑦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多形(同質異像)

    解説

  • 101

    マントル中で岩石が溶けるとき、溶けやすい成分から溶けはじめる。このことを(  )という。⑦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部分溶融

    解説

  • 102

    ストロマトライトの一種。北アメリカ・中国 などの先カンブリア時代の地層から産出する。断面は同心円状。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレニア

    解説

  • 103

    カヘイ石(ヌンムリテス)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新生代 第三期

    解説

  • 104

    クサリサンゴ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古生代 シルル紀

    解説

  • 105

    花崗岩中の黒雲母は(  )法で年代を求める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • K-Ar

    解説

  • 106

    かんらん石を構成する(  )と(  )は原子の大きさがほぼ同じであるので、任意の割合で互いに入れ替わることができる。このように化学組成が連続的に変化する鉱物を(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fe、Mg、固溶体

    解説

  • 107

    形成直後の堆積物は軟らかいが、時間とともに固い岩石へと変化することを(  )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 続成作用

    解説

  • 108

    続成作用では、堆積物が次第に厚くなると重みで圧縮され堆積物の粒子間から脱水し、そこに(  )や(  )などが入り込み、粒子間が団結する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭酸カルシウム、二酸化ケイ素

    解説

  • 109

    陸から遠く離れた海域では、微小なプランクトンの殻が地層を構成する物質として重要である。このプランクトンは(  )と(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放散虫、フズリナ

    解説

  • 110

    結晶分化作用で、高い温度で生成する鉱物は(  )、低い温度で結晶となる鉱物は(  )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんらん石、カリ長石

    解説

  • 111

    シエネの町では夏至の日の正午に太陽が頭の真上に達し、井戸の底まで光が届く。これはシエネの町が(  )線上に位置するためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北回帰

    解説

  • 112

    エラトステネスは太陽光線が地球へ(  )に到達するものと仮定し、地球のかたちが球体である場合の周囲の長さを求めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平行

    解説

  • 113

    図はそれぞれ何を表すか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:密度、B:P波の速度、C:S波の速度、D温度

    解説

  • 114

    (  )で構成されているマントルと(  )でできている核の境界は、密度などが大きく変化する深さ(  )kmにあり、液体の外核と固体の内核の境界は深さ約5100kmにある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケイ酸塩、鉄、2900.5100

    解説

  • 115

    マグマが冷える過程でその組成が変化していくことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグマの結晶分化作用

    解説

  • 116

    有色鉱物の割合を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色指数

    解説

  • 117

    苦鉄質のマグマが冷却すると、まずかんらん石とCaに富む(  )が晶出する。これたの鉱物の晶出によって元のマグマよりも(  )が多い中間質マグマに変わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斜長石、SiO₂

    解説

  • 118

    大陸地殻をつくっている(  )の密度は小さく、沈み込むことができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花崗岩

    解説

  • 119

    地殻の(  )はこれまでに何回も逆転しており、海嶺で生まれた岩石が当時の地磁気を記録しながら移動しているために、海嶺の両側に磁気異常の縞模様が記録されたという(  )モデルがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磁場、テープレコーダー

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ