zuknow learn together

新しい教材を作成

古文の知識

カード 66枚 作成者: 72jewel5 (作成日: 2016/04/09)

  • 我が国最古の書物

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    我が国最古の書物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古事記

    解説

  • 2

    我が国最古の編年体による歴史書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本書紀

    解説

  • 3

    我が国最古の説話集は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本霊異記

    解説

  • 4

    記紀で総称される書物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古事記と日本書紀

    解説

  • 5

    我が国最古の歌集は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万葉集

    解説

  • 6

    古事記の編者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太安万侶 (おおのやすまろ)

    解説

  • 7

    日本書紀の編者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舎人親王(とねりしんのう)

    解説

  • 8

    万葉集の歌風は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ますらをぶり

    解説

  • 9

    我が国最古の漢詩集

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懐風藻(かいふうそう)

    解説

  • 10

    菅家文草の作者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菅原道真

    解説

  • 11

    わが国最初の勅撰和歌集

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古今和歌集

    解説

  • 12

    古今集の歌風は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たをやめぶり

    解説

  • 13

    六歌仙

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧正遍昭、在原業平、文屋康秀 喜撰法師、小野小町、大伴黒主 そうじょうへんじょう、ふんやのやすひで、きせんほうし、おおとものくろぬし

    解説

  • 14

    三代集とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古今集、後撰集、拾遺集

    解説

  • 15

    八代集とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古今集、後撰集、拾遺集、 後拾遺集、金葉集、詞花集、 千載集、新古今集

    解説

  • 16

    新撰髄脳の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原公任(ふじわらのきんとう)

    解説

  • 17

    俊頼髄脳の作者は (としよりずいのう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 源俊頼

    解説

  • 18

    袋草子の作者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原清輔

    解説

  • 19

    古来風体抄の作者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原俊成(しゅんぜい)

    解説

  • 20

    我が国最古の物語は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竹取物語

    解説

  • 21

    我が国最初の歌物語は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊勢物語

    解説

  • 22

    土佐日記の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紀貫之

    解説

  • 23

    源氏物語の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫式部

    解説

  • 24

    我が国最初の歴史物語は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄花物語(えいが)

    解説

  • 25

    紀伝体で書かれた歴史物語は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大鏡、今鏡

    解説

  • 26

    四鏡とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大鏡、今鏡、水鏡、増鏡

    解説

  • 27

    蜻蛉日記の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原道綱母

    解説

  • 28

    更級日記の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菅原孝標女

    解説

  • 29

    枕草子の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清少納言

    解説

  • 30

    清少納言の出仕先は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中宮定子(ちゅうぐうていし)

    解説

  • 31

    紫式部の出仕先は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中宮彰子(ちゅうぐうしょうし)

    解説

  • 32

    枕草子の文学精神は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • をかし

    解説

  • 33

    源氏物語の文学精神は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あはれ

    解説

  • 34

    方丈記の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴨長明

    解説

  • 35

    天竺、震旦、本朝 (てんじく、しんたん、ほんちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今昔物語集

    解説

  • 36

    古今著聞集の編者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 橘成季(たちばなのなりすえ)

    解説

  • 37

    沙石集の編者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無住法師

    解説

  • 38

    発心集の編者は(ほっしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴨長明

    解説

  • 39

    十の教訓に分類された説話集は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十訓抄

    解説

  • 40

    徒然草の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 兼好法師

    解説

  • 41

    十六夜日記(いざよい)の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿仏尼(あぶつに)

    解説

  • 42

    親鸞の思想を説いた法語は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歎異抄(たんにしょう)

    解説

  • 43

    風姿花伝の作者は (ふうしかでん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世阿弥元清(ぜあみもときよ)

    解説

  • 44

    観世流の創始者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観阿弥清次(かんあみきよつぐ)

    解説

  • 45

    元禄の三代文豪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門

    解説

  • 46

    談林派俳諧の祖は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西山宗因(にしやまそういん)

    解説

  • 47

    貞門俳諧の祖は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松永貞徳

    解説

  • 48

    蕉風俳諧の祖は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松尾芭蕉

    解説

  • 49

    徘徊七部集

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬の日、春の日、曠野(あらの) ひさご、猿蓑、炭俵、続猿蓑

    解説

  • 50

    芭蕉の最初の紀行文は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野ざらし紀行

    解説

  • 51

    芭蕉の最後の紀行文は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おくのほそ道

    解説

  • 52

    去来抄の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 向井去来

    解説

  • 53

    三冊子(さんぞうし)の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 服部土芳(はっとりどほう)

    解説

  • 54

    蕉風理念の一つは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不易流行

    解説

  • 55

    天明の中興の代表俳人は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 与謝蕪村

    解説

  • 56

    おらが春の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小林一茶

    解説

  • 57

    古事記伝の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本居宣長

    解説

  • 58

    万葉代匠記の著者は (まんようだいしょうき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契沖(けいちゅう)

    解説

  • 59

    万葉考の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賀茂真淵(かものまぶち)

    解説

  • 60

    折たく柴の記の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新井白石

    解説

  • 61

    日本外史の著者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頼山陽

    解説

  • 62

    好色一代男の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 井原西鶴

    解説

  • 63

    雨月物語の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上田秋成

    解説

  • 64

    東海道中膝栗毛の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十返舎一九

    解説

  • 65

    曾根崎心中の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近松門左衛門

    解説

  • 66

    南総里見八犬伝の作者は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 曲亭馬琴(滝沢馬琴)

    解説

56667

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ