zuknow learn together

新しい教材を作成

企業法 (制度趣旨)

カード 66枚 作成者: Yusuke Misonou (作成日: 2016/04/09)

  • 自己株式の消却の手続きと趣旨

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    自己株式の消却の手続きと趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会設置会社においては取締役会決議 【会社の保有株式数が減少するだけで、株主に不利益を与えないから】

    解説

  • 2

    株式併合の手続きと趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の特別決議 【株主の地位を失う場合があるなど、端数の発生により株主に不利益が生じる可能性があるため】

    解説

  • 3

    株主名簿制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【会社の事務処理の便宜のため】

    解説

  • 4

    株主名簿における、基準日制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【権利行使時における権利行使株主を一時に確定することを容易にするため】

    解説

  • 5

    株式分割の手続きと趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会設置会社においては取締役会決議 【併合とは異なり、株式数が減少しないので株主が地位を失う可能性がないため】

    解説

  • 6

    株式無償割り当ての手続き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本的には株式分割と同じ 取締役会設置会社においては取締役会決議

    解説

  • 7

    株式無償割当と株式分割の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①分割は同一種類の株式。無償割当は異なる種類の株式も割当できる。 ②分割では自己株も株式数増加。自己株に対する割当はできない。

    解説

  • 8

    単元株式制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株式管理コストの削減。併合と比較して、出資単位が大きくならないため、流通性を低下させない。】

    解説

  • 9

    会社の設立手続きの流れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①定款の作成 ②社員の確定 ③機関の具備 ④設立登記

    解説

  • 10

    変態設立事項規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【発起人が権利を濫用し、発起人または第三者の利益を図り会社の財産的基礎を害する危険性のある行為であるから。】

    解説

  • 11

    変態設立事項の規制内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①定款への記載 ②検査役の検査 ③内容が不当であれば裁判所によって変更される。(募集設立においては、創立総会による変更も可)

    解説

  • 12

    現物出資規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【目的物の過大評価によって資本充実の原則を害し、他の金銭出資者との不公平が生じる可能性があるため。】

    解説

  • 13

    財産引受規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【現物出資と同様、財産の過大評価によって会社の財産的基礎を害する危険があり、場合によっては現物出資の潜脱手段として利用される可能性があるから。】

    解説

  • 14

    ”発起人の受ける報酬、その他の特別利益”規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【発起人が恣意的に決定する可能性があるから。】

    解説

  • 15

    設立費用規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【不当な支出をして会社の財産的基礎を危うくする可能性があるから。】

    解説

  • 16

    事後設立規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【財産引受の潜脱防止のため。】

    解説

  • 17

    募集株式の発行、自己株式の処分によって株主が受ける不利益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価の下落などの経済面における不利益と議決権比率低下などの支配面における不利益

    解説

  • 18

    非公開会社における株主割当の手続きと趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会特別決議 【非公開会社の株主は支配比率の維持に関心があるため、株主割当による発行は事実上出資の強制になるから。】

    解説

  • 19

    社債権者集会の決議に裁判所の認可が必要な理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【社債権者保護のため。(裁判所の後見的機能が期待されている)】

    解説

  • 20

    社債管理者制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【社債権者保護のため。】

    解説

  • 21

    持分会社の性格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社員が自ら業務を執行する、社員の個性が強い企業形態。組合的性格。

    解説

  • 22

    事業譲渡における事業の意義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定の事業目的により組織化された有機的一体としての機能的財産

    解説

  • 23

    事業譲渡における譲渡会社側の手続きとその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の承認。 【事業形態が大きく変化し、株主の重大な利害に関わるため。】

    解説

  • 24

    事業譲渡における譲受会社側の手続きとその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業の全部の譲受け→株主総会の承認 【吸収合併の存続会社に近い立場に立つことになるため、吸収合併と同様の手続きが必要となる。】

    解説

  • 25

    吸収合併における消滅会社の手続きとその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の承認 【消滅会社の株主は株主たる地位を失うという重大な影響を受け、また、合併比率においても重大な利害関係を有するから。】

    解説

  • 26

    吸収合併における存続会社の手続きとその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の承認 【合併比率について重大な利害関係を有するから。】

    解説

  • 27

    吸収合併消滅会社における債権者保護の必要性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【包括承継が生じ、債務者の交替という重大な影響を受けるから。】

    解説

  • 28

    吸収合併存続会社における債権者保護の必要性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【包括承継が生じ、債権者の財政状態が変化するという重大な影響を受けるから。】

    解説

  • 29

    株式の定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均等に細分化された割合的単位の形をとる株式会社の社員たる地位を言う。

    解説

  • 30

    株式譲渡自由の原則の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株主の投下資本回収手段を確保するため。】

    解説

  • 31

    株式会社の株主が有限責任である趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【投資家はあらかじめ危険の最大限度を予測して出資でき、ひいては、大規模会社を実現できる。】

    解説

  • 32

    公開会社の株主総会で、2週間前までに書面での招集通知が必要とされる理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株主の出席と準備のため。】

    解説

  • 33

    公開会社の株主総会で、総会の目的の事前通知が必要とされる理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【抜き打ち的な審議を防止するため。】

    解説

  • 34

    株主提案権と言われる3つの権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 議題提案権 議案提案権 議案通知請求権

    解説

  • 35

    株主提案権制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株主の意見を総会に反映させやすくすることを通じて総会活性化を図るため。】

    解説

  • 36

    議題提案権、議案通知請求権において、議決権数要件が設けられている理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【濫用的行使を防止するため。】

    解説

  • 37

    議題提案権、議案通知請求権において、8週間前要件が設けられている理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【会社の準備のため。】

    解説

  • 38

    議決権の不統一行使制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【総会活性化】 【実質株主の意思を反映するため。】

    解説

  • 39

    代理人による議決権行使が認められる理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【総会活性化】 【議決権行使の機会確保のため。】

    解説

  • 40

    書面、電子投票制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【総会活性化】 【議決権行使の機会確保のため。】

    解説

  • 41

    株主1000人以上の会社で書面投票が強制される理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【議決権行使の機会確保のため。】

    解説

  • 42

    1株1議決権制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【資本的貢献度に応じた取り扱いをするため。】

    解説

  • 43

    相互保有株式の議決権が制限される理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【議決権の歪曲化などの支配の不公正や、資本の空洞化をもたらす恐れがあるから。】

    解説

  • 44

    株主総会決議取り消しの訴えの制度趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【法的安定性を確保するため。】

    解説

  • 45

    取締役会制度を設けた趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【所有を経営を制度的に分離して、合理的な経営を確保するため。】

    解説

  • 46

    取締役会を合議体とした趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【取締役の協議と意見の交換によって慎重な意思決定をさせるため。】

    解説

  • 47

    重要な業務執行の決定(362条4項)が取締役会の専決事項である理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【合議体で慎重に判断させるのが妥当だから。また、取締役会の形骸化を防止する。】

    解説

  • 48

    表権代表取締役制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【権利外観理論の観点から取引の安全を図るため。】

    解説

  • 49

    権利外観理論の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外観の存在 外見への与因 外観への信頼

    解説

  • 50

    競業取引規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【取締役がその地位に基づいて取得した知識等を自己または第三者のために利用して、会社の犠牲において自己または第三者の利益を図ることを防止するため。】

    解説

  • 51

    利益相反取引規制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【取締役が、会社の利益の犠牲において自己または第三者の利益を図り、会社に損害を与えるのを防止するため。】

    解説

  • 52

    特別利害関係取締役の議決権が制限される理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【決議の公正を確保するため。】

    解説

  • 53

    取締役の報酬規制(361条1項)の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【お手盛り防止のため。】

    解説

  • 54

    監査役会制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【監査の分担と情報の共有により、監査の実効性を高めるため。】

    解説

  • 55

    監査役制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株主に代わって取締役を監査するため。】

    解説

  • 56

    株券制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株式の流通性を高めるため。】

    解説

  • 57

    振替株式制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【迅速な決済を可能とし、株券以上に株式の流通性を高めるため。】

    解説

  • 58

    株券の善意取得制度の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【取引安全のため。】

    解説

  • 59

    権利株譲渡制限、株券発行前の譲渡制限の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【会社の事務処理の便宜のため。】

    解説

  • 60

    定款による譲渡制限の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【会社経営の安定のため。】

    解説

  • 61

    株主との合意による自己株式取得の手続きとその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会決議 【剰余金の配当と同様、株主に対する財産分配の一形態といえるから。】

    解説

  • 62

    自己株式取得の際、 株主全員への通知と保有株式の買取申込みの機会を与える必要がある理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【投下資本回収について、株主を平等に取り扱うため。】

    解説

  • 63

    特定株主から自己株式を取得する場合に、他の株主に売主追加請求権を与える理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【投下資本回収について株主を平等に取り扱うため。】

    解説

  • 64

    売主追加請求権を与えなくていい場合とその趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市場価格以下の取得 【投下資本回収について株主平等原則に反しないから。】 ②相続人等からの取得 【非公開会社の会社経営安定のため。(譲渡制限では相続による株式取得を防げない)】

    解説

  • 65

    特定株主から自己株式を取得する続きとその趣旨(子会社からの取得)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会決議 【子会社は速やかに親会社株式を処分しなければならないから、子会社が親会社株式を容易に処分できるようにするため。】

    解説

  • 66

    株主名簿の名義書換請求が認められる理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【たとえ株式の所有者であっても、名義書換が未了であると会社に対して権利行使ができないから。】

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ