zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(内分泌代謝:§2-①-2:視床下部_食行動の異常)

カード 23枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/04/03)

  • 神経性大食症(過食症)は、神経性食思不振症よりも頻度が(   )。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

神経性大食症(過食症)、神経性食思不振症


<参考>
MEC
病気がみえる


医学/医療/医師/国試


k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    神経性大食症(過食症)は、神経性食思不振症よりも頻度が(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多い
    • 誤答選択肢 少ない

    解説

  • 2

    (   )では、強迫症状にかられ、無茶食いと自己誘発嘔吐を繰り返す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経性大食症
    • 誤答選択肢 神経性食思不振症

    解説

    食べてはいるので体重は正常に保たれることが多い。

  • 3

    神経性大食症では、体重は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保たれる
    • 誤答選択肢 増加する
    • 減少する

    解説

    無茶食い+嘔吐 食べてはいるので体重は保たれることが多い。

  • 4

    神経性食思不振症は、(   )の女性に多く、病識に欠ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30歳以下
    • 誤答選択肢 40歳以上
    • 20歳以下
    • 60歳以上

    解説

    6つある診断基準のうちの1つ。

  • 5

    神経性食思不振症の原因として、ボディイメージの歪みは(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 含まれる
    • 誤答選択肢 含まれない

    解説

    診断基準の1つ

  • 6

    神経性食思不振症の原因として、器質的疾患は存在(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しない
    • 誤答選択肢 する

    解説

    診断基準の1つ。 精神分裂病による奇異な拒食、うつ病による食欲不振、心因反応による一時的な摂食低下などを鑑別。

  • 7

    神経性食思不振症では、体重が標準体重の(   %)減少している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20%
    • 誤答選択肢 15%
    • 30%
    • 5%

    解説

    診断基準の1つ

  • 8

    神経性食思不振症では、大食は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みられる
    • 誤答選択肢 みられない

    解説

    食行動の異常(大食、不食、自己誘発性嘔吐など)がみられる。←診断基準の1つ

  • 9

    神経性大食症では、無月経に(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ならない
    • 誤答選択肢 なる

    解説

    ※月経不順にはなる。

  • 10

    神経性大食症では、月経不順に(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なる
    • 誤答選択肢 ならない

    解説

  • 11

    神経性食思不振症では、無月経に(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なる
    • 誤答選択肢 ならない

    解説

    診断基準の1つ

  • 12

    神経性食思不振症では、活動性は(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上がる
    • 誤答選択肢 下がる

    解説

  • 13

    神経性食思不振症では、恥毛・腋毛は正常だが、(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うぶ毛増加
    • 誤答選択肢 多毛
    • 脱毛
    • うぶ毛減少

    解説

    多毛ではない。

  • 14

    神経性食思不振症では、(   )体温となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

  • 15

    神経性食思不振症では、(  脈)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徐脈
    • 誤答選択肢 頻脈
    • 比較的徐脈

    解説

  • 16

    神経性食思不振症では、(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 便秘、低血圧、貧血
    • 誤答選択肢 下痢、低血圧、貧血
    • 便秘、高血圧、低体温
    • 下痢、高血圧、高体温
    • 便秘、脱力、頻脈

    解説

  • 17

    神経性食思不振症では、(   )は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総コレステロール
    • 誤答選択肢 コリンエステラーゼ
    • アルブミン
    • 総蛋白
    • 白血球

    解説

    摂食低下により胆嚢が動かなくなり胆汁がうっ滞し、総コレステロールが血中にもれでる。

  • 18

    神経性食思不振症では、代償反応として(   )は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GH
    • 誤答選択肢 IGF-I
    • LH,FSH
    • T3, T4
    • K,Cl

    解説

    代償性に上昇するものは、 GH, コルチゾール→BS上昇

  • 19

    神経性食思不振症では、代償反応として(   )が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コルチゾール
    • 誤答選択肢 プロラクチン
    • IGF-I
    • 赤血球
    • Na

    解説

    血糖値を上げようとする。

  • 20

    神経性食思不振症では、(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝性アルカローシス
    • 誤答選択肢 代謝性アシドーシス
    • 呼吸性アルカローシス
    • 呼吸性アシドーシス

    解説

    嘔吐を繰り返し、Cl, Kが低下→代謝性アルカローシス

  • 21

    神経性食思不振症では、抑うつを合併(   )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • する
    • 誤答選択肢 しない

    解説

  • 22

    神経性食思不振症では、10年以内に約(  %)が死亡する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10
    • 誤答選択肢 2
    • 30
    • 0.1

    解説

    内科的疾患の合併、自殺、餓死による。

  • 23

    神経性食思不振症の診断基準6項目中(   )項目満たせば診断となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6
    • 誤答選択肢 2
    • 3
    • 4
    • 5

    解説

    全て満たさない場合は疑診例として経過観察。 <診断基準> 1. 標準体重−20%のやせ 2. 食行動の異常(大食、不食、自己誘発性嘔吐など) 3. 体重・体型に対する歪んだ認識 4. 発症年齢≦30歳 5. (女性ならば)無月経 6. 器質的疾患なし

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ