zuknow learn together

新しい教材を作成

国試(内分泌代謝:§2-①-1:視床下部_性腺機能異常)

カード 16枚 作成者: k_ono (作成日: 2016/04/03)

  • Fröhlich症候群では、(   )がみられる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

Fröhlich症候群、Kallmann症候群、Bardet-Biedl症候群、Prader-Willi症候群、McCune-Albright症候群


<参考>
MEC
病気がみえる


医学/医療/医師/国試


k_ono

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Fröhlich症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進症
    • 誤答選択肢 Leydig細胞の消失、嗅覚脱失
    • 知能低下、網膜色素変性、多指趾症
    • 知能低下、肥満、筋緊張低下、低身長
    • 思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成

    解説

    頭蓋咽頭腫に合併する。 肥満もみられる。

  • 2

    Kallmann症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Leydig細胞の消失、嗅覚脱失
    • 誤答選択肢 尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進
    • 知能低下、網膜色素変性、多指趾症
    • 知能低下、肥満、筋緊張低下、低身長
    • 思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成

    解説

    LHRHの欠損によりLeydig細胞が消失する。

  • 3

    Bardet-Biedl症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知能低下、網膜色素変性、多指趾症
    • 誤答選択肢 尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進
    • Leydig細胞の消失、嗅覚脱失
    • 知能低下、肥満、筋緊張低下、低身長
    • 思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成

    解説

    常染色体劣性遺伝

  • 4

    Prader-Willi症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知能低下、肥満、筋緊張低下、低身長
    • 誤答選択肢 尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進
    • Leydig細胞の消失、嗅覚脱失
    • 知能低下、網膜色素変性、多指趾症
    • 思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成

    解説

    15番染色体異常 外性器低形成もみられる。

  • 5

    McCune-Albright症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成
    • 誤答選択肢 尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進
    • Leydig細胞の消失、嗅覚脱失
    • 知能低下、網膜色素変性、多指趾症
    • 知能低下、肥満、筋緊張低下、低身長

    解説

    5疾患の中では唯一性腺機能亢進タイプ。

  • 6

    McCune-Albright症候群は、(  性)思春期早発症を呈す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢性(仮性)
    • 誤答選択肢 中枢性(真性)

    解説

    卵巣でのエストロゲン上昇→フィードバック→FSH低下 ☆下垂体前葉の機能亢進による中枢性(真性)思春期早発症との違いに注意。 ・下垂体前葉でのFSH上昇→卵巣でのエストロゲン上昇

  • 7

    McCune-Albright症候群では、エストロゲンは(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高値
    • 誤答選択肢 低値

    解説

  • 8

    McCune-Albright症候群では、FSHは(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低値
    • 誤答選択肢 高値

    解説

    真性思春期早発症では、高値となる。

  • 9

    (   症候群)では、肥満、尿崩症、視力障害、頭蓋内圧亢進がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fröhlich症候群
    • 誤答選択肢 Kallmann症候群
    • Bardet-Biedl症候群
    • Prader-Willi症候群
    • McCune-Albright症候群

    解説

  • 10

    (  症候群)では、LHRHの欠損によるLeydig細胞の消失、嗅覚脱失がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Kallmann症候群
    • 誤答選択肢 Fröhlich症候群
    • Bardet-Biedl症候群
    • Prader-Willi症候群
    • McCune-Albright症候群

    解説

  • 11

    (  症候群)では、知能低下、肥満、網膜色素変性、多指趾症がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Bardet-Biedl症候群
    • 誤答選択肢 Fröhlich症候群
    • Kallmann症候群
    • Prader-Willi症候群
    • McCune-Albright症候群

    解説

  • 12

    (  症候群)では、知能低下、肥満、外性器低形成、筋緊張低下、低身長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Prader-Willi症候群
    • 誤答選択肢 Fröhlich症候群
    • Kallmann症候群
    • Bardet-Biedl症候群
    • McCune-Albright症候群

    解説

  • 13

    (  症候群)では、末梢性思春期早発症、皮膚色素斑、骨線維性異形成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • McCune-Albright症候群
    • 誤答選択肢 Fröhlich症候群
    • Kallmann症候群
    • Bardet-Biedl症候群
    • Prader-Willi症候群

    解説

  • 14

    Bardet-Biedl症候群は、(   )遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常染色体劣性
    • 誤答選択肢 常染色体優性
    • 性染色体優性
    • 性染色体劣性

    解説

  • 15

    Prader-Willi症候群は、(   )番染色体異常が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15
    • 誤答選択肢 17
    • 22
    • 8
    • 9

    解説

  • 16

    (  症候群)は、15番染色体異常が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Prader-Willi症候群
    • 誤答選択肢 Fröhlich症候群
    • Kallmann症候群
    • Bardet-Biedl症候群
    • McCune-Albright症候群

    解説

56674

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ