zuknow learn together

新しい教材を作成

第二種電気工事士 低圧分岐回路

カード 8枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/04/03)

  • 低圧分岐回路では、幹線から分岐する点(分岐点)から、過電流遮断器までの距離の違いによって、電線の「 」が異なる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

第二種電気工事士筆記試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    低圧分岐回路では、幹線から分岐する点(分岐点)から、過電流遮断器までの距離の違いによって、電線の「 」が異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許容電流

    解説

  • 2

    開閉器および過電流遮断器は、幹線の分岐点から「 」m以下の場所に施設する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 3

    幹線の分岐点から3mを超え8m以下の場合、過電流遮断器の定格の「 」%以上の、電線の許容電流が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 35

    解説

  • 4

    幹線の分岐点から過電流遮断器の距離が8mを超える場合は「 」%以上の電線の許容電流が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 55

    解説

  • 5

    低圧屋内配線の分岐回路で、20Aの分岐回路に必要な電線の太さは「 」mm以上。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.0

    解説

  • 6

    低圧屋内配線の分岐回路で、30Aの分岐回路に必要な電線の太さは「 」mm以上。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.6

    解説

  • 7

    20Aの分岐回路に設置するコンセントの定格は、「 」A以下でなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 8

    30Aの分岐回路に設置するコンセントの定格は「 」A以上30A以下でなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

56611

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ