zuknow learn together

新しい教材を作成

7.太宰府:観世音寺及び周辺(2)

カード 91枚 作成者: enchan (作成日: 2014/03/11)

  • 観世音寺の梵鐘には(1)氏が発見した(2)と記された刻印があった。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    観世音寺の梵鐘には(1)氏が発見した(2)と記された刻印があった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中山平次郎 ②上三毛(かみみつけ)

    解説

  • 2

    観世音寺の梵鐘の音色は(1)で,(2)の一つに選ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①盤渉調(ばんしきちょう) ②日本の音風景百選

    解説

  • 3

    観世音寺の梵鐘の方が妙心寺のに比べ古いという根拠は(3)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大きい事とやや細身 ②撞座の位置が高い ③撞座の蓮華文様が新羅系 他に日本書紀の丹比嶋の記事など。いろんな人の考えはpages資料5参照。

    解説

  • 4

    沙弥満誓は(1)太上天皇の病気快癒を願って出家し,観世音寺にある歌碑は(2)と歌う。また(3)天皇より観世音寺別当に任じられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①元明 ②しらぬひ筑紫の綿は身につけていまだは著ねど暖かに見ゆ ③元正 ※太上天皇とは譲位により皇位を後継者に譲った,いわば譲位元の天皇に贈られる尊号。上皇と略することが多い。 由来は中国の皇帝が位を退くと「太上皇」と尊称されたことにあるとされる。また、出家した上皇を太上法皇と称する。

    解説

  • 5

    昭和34年建立の長塚節の歌碑は(1)と詠う。またその歌が収められている歌集は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①手を当てて鐘はたふとき冷たさに爪たたき聴くそのかそけきを ②鍼(はり)の如く

    解説

  • 6

    長野県生まれの草木染め作家(1)の歌碑は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①山崎斌(あきら) 筑紫なる遠の朝廷の趾どころ観世音寺の鐘けさを鳴る

    解説

  • 7

    川柳作家(1)の一句は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①安武九馬 まほろばの鐘 天平の雲を呼び (天満宮境内の藤田潔の川柳は、興亡を語れ 礎石のキリギリス)

    解説

  • 8

    高浜虚子の弟子で河野静雲等と福岡での俳句普及に努力した(1)の句は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①清原枴童(かいどう) ②露の道 観世音寺の鐘きこゆ (枴とは杖の事)

    解説

  • 9

    (1)を創建し,(2)宗の僧侶でもある河野静雲の句二つ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①花鳥山仏心寺 ②時宗 秋訪えば秋の心に観世音 寺を囲むのは 茂る夏 (魁て雪の飛梅初明かり)

    解説

  • 10

    花鳥山仏心寺の扁額(1)は(2)の揮毫。虚子を祀る(3)と(4)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①花鳥山 ②高浜虚子 ③虚子堂 ④帯塚

    解説

  • 11

    河野静雲には御笠軍団印の発見を詠んだ句がある。それは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏生会 御笠団印 掘りし仁(ひと)

    解説

  • 12

    謡曲(1)に出てくる樹は(2)で種子は(3)の玉に用いられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①道明寺 ②木げん樹 ③数珠 道明寺創建は,垂仁天皇の32(西暦3)年。相撲の祖野見宿祢が「はにわ」を創って殉死に代えた功績で「土師はじ」の姓とこの辺り一帯を所領地として賜わって以来,遠祖天穂日命をお祀りしたのが土師神社の始まり。その後仏教が伝来し,推古天皇の2年聖徳太子の発願により土師八嶋が自宅を喜捨し土師寺が建てられた。

    解説

  • 13

    観世音寺に関連する資料,絵図で(1)905年,(2)室町時代の写しで1526年,(3)1820年に制作されたものは夫々何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①延喜五年観世音寺資材帳 ② 観世音寺絵図(観世音寺伽藍絵図) ③文政三庚辰年三月観世音寺村之内旧跡礎現改之図

    解説

  • 14

    1120年に東大寺の末寺となった際伝来文書の案文を作成し東大寺に進上したものの総称は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観世音寺文書

    解説

  • 15

    太宰府の日吉神社は(1)の鎮守で(2)とも呼ばれ,元々は叡山の鎮守で全国に勧請された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①観世音寺 ②山王権現

    解説

  • 16

    日吉神社は観世音寺の北東つまり(1)に当たる所に(2)年頃建てられたと記録がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鬼門 ②1148(観世音寺堂舎損色「そしき:修理の見積」注文) 創建の時期に関しては諸説あり確定していない。平清盛が1137年は肥後守,1158年には大宰大弐となった時代。

    解説

  • 17

    日吉神社本殿は正面(1)の流造。日本の神社建築様式の一つで(2)が前に曲線形に伸び(3)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一間社 ②屋根 ③向拝 1間流造では不可?社の意味は?

    解説

  • 18

    日吉神社の現在の拝殿は(1)造で墨書に(2)建立と書かれ,奥の本殿は(3)造で(4)C後半に建てられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①入母屋造 ②1714年 ③一間社流造り ④17 (1148年創建?1714年建立は現在に残る拝殿の事。1587年には秀吉が陣を張ったのだから。尚14年は貝原益軒の没年。)

    解説

  • 19

    日吉神社にはある動物三匹の石像があるがその動物とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    有名な絵馬(1)図があり萱島(2,3,4)の父子三人が絵を描き,(5)が賛を書いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①旭日松梅図 ②③④秀山・秀岳・秀峰 ⑤吉嗣鼓山

    解説

  • 21

    武藤資頼の墓は県指定有形文化財となっているが正式名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宰府安養院跡五輪塔残欠

    解説

  • 22

    資頼の五輪塔は何故珍しいと言われる(1-2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①五輪塔になっておらず、下の地;四角、水;丸、火;三角だけ残っている。 ②しかも水;丸は隅切りとなっている。

    解説

  • 23

    資頼の横にある墓は(1)のもので元々(2)にあり,(3)塔となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①二代資能(すけよし) ②横岳崇福寺 ③宝篋印塔

    解説

  • 24

    観世音寺に東接した四方には一風変わった小字がある。それらは(1-4)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御所ノ内、朝日、高橋口、露切など

    解説

  • 25

    その小字群の15次を超える発掘調査で何がわかったか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12C後半〜14Cに繰返し建物が建てられた、居住区を裏付ける数々の遺物が出土した。

    解説

  • 26

    玄昉は唐で18年(1)宗を学び多くの経典などを伝えた。一緒の遣唐使は(2,3)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法相 ②③吉備真備、阿倍仲麻呂 参考迄:安倍晴明,安倍公任

    解説

  • 27

    玄昉は(1)によって左遷され観世音寺(2)となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藤原仲麻呂 ②別当

    解説

  • 28

    伝玄昉の墓と伝えられるものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宝篋印塔板碑

    解説

  • 29

    そもそも宝篋印塔の原型は中国の(1)王が作らせた(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①呉越王 ②銭弘俶八万四千塔

    解説

  • 30

    呉越王の作らせた金銅製の小塔には何を納めて諸国に配ったか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陀羅尼経

    解説

  • 31

    日本では銭弘俶の小塔は(1) になり,最終的には墓や(2)となり,陀羅尼とは無関係となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①石造塔(宝篋印塔) ②供養塔

    解説

  • 32

    1820年に作成された(1)には三つのグループ分けがされ夫々礎石の数や位置が正確に記されている。三つのグループ(2-4)と夫々の礎石の数は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文政三庚辰年三月観世音寺村之内旧跡礎現改之図 ②-④観世音寺(?)、政庁跡(203)、蔵司(133)

    解説

  • 33

    観世音寺の最初の発掘調査は(1)年に行われ継続調査は(2)によって(3)年に(4)跡から開始された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1951(S26) ②九州歴史資料館 ③1976(S51) ④推定僧房跡

    解説

  • 34

    金堂が塔と向かい合って東面する(1)伽藍配置は(2,3,4)などの各寺に見られる。(5)が関与した国家的な寺院が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①観世音寺式 ②③④大和川原寺,近江崇福寺,陸奥多賀城廃寺 ⑤天皇や朝廷

    解説

  • 35

    宝蔵の聖観音菩薩坐像は康平の火災の後,(1)年に造立され(2)時代に修理されたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1066(治暦年間) ②鎌倉時代1251(建長3)

    解説

  • 36

    宝蔵の十一面観音立像は墨名で(1)年造立,作者(2)と分かる。即ち康平7年西暦(3)年の大火の後すぐ建立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1069(延久1) ②甲斐講師暹明 ③1064

    解説

  • 37

    宝蔵の不空羂索観音立像は(1)年に再興されたもので胎内から(2,3)が出てきた。附属文化財である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1222年(貞応1) ②③法華経第七紺(かん)紙金泥、不空羂索呪経 年代的には承久の変の一年後のことである。

    解説

  • 38

    観世音寺宝蔵の仏像は殆どが平安時代の作品であるが二体だけ鎌倉時代の作品がある。それらは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不空羂索観音菩薩,新十一面観音菩薩立像

    解説

  • 39

    観世音寺の宝蔵の仏像で,寄木作りとされるものが七体あるがそれらは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 丈六五体、新十一面観音、吉祥天立像 (他にもない?)

    解説

  • 40

    観世音寺が記録上最初の火災に見舞われたのが(1)年和暦(2)年で講堂はじめ(3,4,5)等を消失した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1064年 ②康平7年 ③ー⑤五重塔、回廊、僧房(五重塔は300年以上存続した事になる)

    解説

  • 41

    康平7年の大火を受け(1)年に権帥(2)は再建計画を作ったが果たせなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1099年 ②大江匡房

    解説

  • 42

    大江匡房が果たせなかった再建を(1)年に別当(2)が成し遂げたがそれでも修復は(3,4)で五重塔は手付かずだった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1111年 ②暹宴 ③回廊、中門

    解説

  • 43

    (1)年に東大寺の末寺となったが(2)上人は東大寺から上納金未納の訴えを物ともせず独自の再建を図った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1120年 ②慈斎上人

    解説

  • 44

    阿闍梨慈斎上人の独自再建策は1222年に(1)を,1242年には(2)を再興したことに現れている。倒壊した不空羂索観音の造像したのは大仏師(3),小仏師(4)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不空羂索観音 ②十一面観音菩薩(新十一面) ③琳厳 ④長尊

    解説

  • 45

    康平7年の大火を免れた(1)も(2)年の大風で終に倒壊し,観世音寺は廃寺同然となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①金堂 ②1630年 その前に康和4年1102年、康治2年1143年の大火や大風被害もあった。 (それにしても金堂は500年以上も存続した!?岩屋城の戦いも潜り抜けた?)

    解説

  • 46

    平成14年に実施された調査によって講堂の礎石に関して大きな発見があったがそれは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 露出している礎石は創建当初のものではなく講堂は9C後半に改築されておりその際の礎石で,定説を覆した。

    解説

  • 47

    現在の金堂は(1)の(2)として建築されたものを,のちに講堂が建てられたため,今度は金堂として移築したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①講堂 ②仮堂

    解説

  • 48

    草創期の瓦は老司瓦窯で焼いた(1)式と呼ばれる瓦で廃寺となった(2)と同等であり,祖型は(3)京の瓦である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①老司Ⅰ式 ②三宅廃寺 ③藤原京

    解説

  • 49

    僧坊跡から出土した(1)瓦は大和の(2)寺の草創期の瓦と同物(同笵)であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①丸 ②川原寺(出土はほんの数例)

    解説

  • 50

    金堂の東面は後世変更されたとする説が多かったが(1,2)の発掘で実例が判明し当初からの東面である事が分かった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②飛鳥寺、川原寺

    解説

  • 51

    1120年東大寺の末寺後は衰退を言われた観世音寺であるが実際は違った。子院から言える理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 49寺あると言われた子院は鎌倉・室町時代の創建であり,衰退はあり得ない。

    解説

  • 52

    1120年東大寺の末寺後は衰退を言われた観世音寺であるが実際は違った。残された書物2冊から言える理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1179年の梁塵秘抄で霊山は大山四王寺清水と記載 ②源氏物語(文献初出は1008年寛弘五年)で長谷寺に対して清水の御寺と記載

    解説

  • 53

    子院の多くは(1)Cに廃絶され,登壇授戒の記録も(2)年を最後に記載はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①16 ②1554年

    解説

  • 54

    (1)年に秀吉は大半の所領を没収,1590年には(2)が寺領全て没収,1600年如水入国に際しては(3)を除き僧侶は退散した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1587 ②小早川秀秋 ③上座坊 (小早川隆景ではない?)

    解説

  • 55

    二代忠之,三代光之による金堂,(1),戒壇院の復興が1688年には完成し,これを(2)の復興と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①講堂 ②元禄

    解説

  • 56

    (1)年には藩命により戒壇院は(2)宗(3)派の禅宗の寺院となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1703年 ②臨済宗 ③妙心寺派 (正式に妙心寺派となったのは明治に入ってからで1703年には博多の禅宗4寺の共同管理とする説もある)

    解説

  • 57

    (1)年に藩命により(2)年に渡り安楽寺に預けられていた(3)が戻された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1870 ②150 ③梵鐘 ※廃仏棄釈との関連か? 明治三年の事で。ある

    解説

  • 58

    1933年に(1)会ができ,金堂・講堂の修復が始まり,戦後新たな(2)会に引き継がれ昭和(3)年に完成した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①観世音寺奉讃会 ②観世音寺復興会 ③26 1951年,西鉄ライオンズ誕生の年!

    解説

  • 59

    全盛期,四王寺~(1)寺,観世音寺(2)余坊,横岳崇福寺(3)坊,原山無量寺(4)坊,多数の坊を持つ(5),宝満山の(6)坊と続いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①坂本善正寺 ②80 ③22 ④8 ⑤安楽寺 ⑥370

    解説

  • 60

    822年に(1)に戒壇が設けられ四戒壇となったが西海道では天台宗僧は(2)で授戒した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①比叡山 ②観世音寺

    解説

  • 61

    観世音寺の天台宗化は1120年の(1)化から始まり,(2)年に(3)が領寺となり,本格化した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①東大寺末寺化 ②1128年(大治3) ③日吉神社(山王権現)

    解説

  • 62

    康平7年の大火後一早く像立されたのが(1)でその中心となったのは大弐(2),組織は(2)であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①聖観音坐像 ②藤原師成 ③造観世音寺行事所(師成を中心とした僧俗100名)

    解説

  • 63

    樟の(1)造である(2)は宝蔵に移るまで講堂の中尊で西隣には(2),東隣には(3)が安置されていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①寄木 ②聖観音坐像 ②十一面観音立像 ③不空羂索観音

    解説

  • 64

    聖観音坐像は(1)の寄木造,聖観音立像は樟の(2)造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①樟 ②一木造

    解説

  • 65

    観世音寺周辺に仏所があった事は1010〜1014年の大弐(1)が東寺の(2)を模して造らせ京都に送った事で知れる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平親信 ②五大明王 平 親信(ちかのぶ) 寛弘7年1010年、大宰大弐として下向。長和3年1014,大宰大弐を辞任し、翌年参議に任ぜられる。

    解説

  • 66

    馬頭観音立像を造像した仏師の一人は(1)で,1098年には権帥(2)が(3)を造らせ京都(4)に奉納させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①真快 ②大江匡房 ③十二神将 ④石清水八幡宮護国寺

    解説

  • 67

    岩屋城合戦の際,島津勢が銅造(1)を潰し刀の(2)にしたというのは誰の何という著作に書いてある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①阿弥陀如来坐像 ②鍔 伊藤常足 太宰管内志

    解説

  • 68

    1064の大火後の復興は官民挙げて成されたが,1222年以降の復興は在地の(1)が主体となり(2)して成された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①僧侶 ②勧請

    解説

  • 69

    1222年の不空羂索観音再興は府大寺の終焉を意味し,観世音寺はその後造像された(1)や(2)狛犬の新時代を迎えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①新十一面 ②宋風

    解説

  • 70

    現在丈六の仏像は五体あるが,以前にはまだあったと記録がある三体は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①銅造阿弥陀如来坐像(観世音寺開創の由緒) ②塑造不空羂索観音(講堂当初の中尊) ③986年菅原輔正寄進の新造観世音寺菩薩

    解説

  • 71

    観世音寺式伽藍が川原寺伽藍と特に似ている二点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①金堂が東向き ②僧房が講堂の北側にある

    解説

  • 72

    観世音寺跡から大量に出土するのは(1)瓦で(2)跡からは出土せず,大和の(3)寺,(4)京から出土したものと同じ文様である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①老司Ⅰ式 ②政庁 ③本薬師(もと) ④藤原京 注意:川原寺は一個の丸瓦のみ出土,本薬師寺は藤原京の中にあった

    解説

  • 73

    観世音寺と飛鳥川原寺は(1)創建目的,(2)発願者が同じ。違う点は,観世音寺は唐 新羅から護る鎮護国家の意があった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①斉明天皇の菩提 ②天智天皇

    解説

  • 74

    観世音寺跡から出土した(1)文瓦は畿内の(2)出土の瓦と同じ鋳型即ち(3)であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①複弁八葉蓮華文 ②川原寺 ③同笵 (出土は一個だけ!?)

    解説

  • 75

    観世音寺の国宝梵鐘の音色は(1)で,兄弟鐘妙心寺の国宝梵鐘の音色は(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①盤渉調 ②黄鐘調(おうじきちょう) 妙心寺の鐘の方が銅の含有率が高く,音色自体の質は比較できないが,音域は広いという意見がある。

    解説

  • 76

    1066年に新造された(1)が講堂の(2)となり,それまでの(3)と代わった。(1)の両脇に(3)と(4)が安置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①聖観音坐像 ②中尊 ③塑造不空羂索観音 ④十一面観音立像

    解説

  • 77

    34年完成した宝蔵の大棟両端を飾ったものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鳥衾

    解説

  • 78

    平成27年に金堂の修理が行われた。鬼瓦の裏に(1)年観世音寺金堂修復 彫刻家(2) 窯元は(3)と刻されていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1950年 ②豊福知徳 ③平井朗

    解説

  • 79

    時宗の開祖一編の師匠である(1)は(2)宗の祖(3)の高弟である。観世音の子院の(4)に時宗の拠点があったと言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①聖達 ②浄土宗 ③法然 ④金光寺

    解説

  • 80

    筑紫道記で観世音寺の事はどう書かれているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸堂・塔婆・廻廊はなく荒廃しているが講堂と金堂はあった。鐘の音は聞けた。

    解説

  • 81

    観世音寺所蔵で九博へ貸出中の(1)像は(2)時代前期の作で(3)材で作られている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①木造阿弥陀如来立像 ②平安 ③榧(カヤ) 兜跋毘沙門天同様,平安前期作。塑像不空羂索観音は奈良時代作。

    解説

  • 82

    国重文銅製天蓋光心は内径約(1)cm,仏・菩薩像などの頭上にかざす(2)の中心部にあたり,中央に(3)を嵌め込んである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①20cm ②天蓋 ③銅鏡(瑞図鑑:ずいずかん)

    解説

  • 83

    塔心礎の柱座の直径は(1)cm,嘗てあった基壇は(2)m四方あり,現在その基壇の(3)石が南西側に残っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①90 ②15 ③地覆

    解説

  • 84

    僧坊趾の礎石は(1)されたもので,(2)間毎に仕切られ(3)となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①復元 ②3 ③一つの部屋(坊)

    解説

  • 85

    兜跋毘沙門天は元々(1)大路南端の(2)にあったとする説が有力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①朱雀 ②羅城門

    解説

  • 86

    観世音寺の創建瓦の特徴は(1)にゆかりのある施設(2)寺,(3)京に使われた瓦の系統である事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①天皇 ②川原寺(&本薬師寺) ③藤原京 本薬師寺は、奈良県橿原市の東南に位置する藤原京の薬師寺と呼ばれた寺院。後に持統天皇となる皇后の病気平癒を祈って天武天皇が建立を誓願した官寺である。平城京遷都で薬師寺が西ノ京に移ると、西ノ京の「薬師寺」と区別するために「本薬師寺」と称されるようになった。

    解説

  • 87

    日本書紀によると(1)年,新羅の客人をもてなす為に(2)寺より(3)を筑紫に運んだと記載あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①686 ②川原寺 ③伎楽

    解説

  • 88

    多治比池守の父で日本書紀に(1)年に大鐘を貢上したとされるのは(2)である。これも(3)寺の梵鐘より古いという根拠。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①682 ②多治比嶋(丹比嶋) ③妙心寺

    解説

  • 89

    905年の観世音寺資材帳に書かれていたもので今に残る二点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塔心礎と講堂の礎石 (但し講堂の礎石に関しては現存するのは平安時代に建替られた際のものであるという有力な説もある)

    解説

  • 90

    (推定)金光寺から出土した3品は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土製地蔵菩薩坐像、懸仏、仏像宝冠

    解説

  • 91

    観世音寺宝蔵を設計したのは(1)で東京の(2)も彼が設計した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①伊東忠太 ②築地本願寺

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ